日本酒のラベルを書きたい!
日本酒が好きでラベルで買うこともある。ラベルはとても大事な役目だと思う。
飲んでみて、そのお酒に合ったラベルを書きたい!
色々な時代の文字を研究しているからこそできるラベルを書きたい!

篆刻というのは印鑑とは違って趣味に使われる印のことで、書道や水墨画などには欠かせない、名前の後に押してあるもの。また、自分の愛読書などには蔵書印、手紙の封には封書印など、色々な印の用途がある。

大阪市出身、8歳書道を始める。10歳より篆刻を始める。15歳より松永暘石、尾崎蒼石に師事。

日展入選2回
読売書法展幹事
日本書芸院一科審査員
全関西美術展招待作家
日本篆刻家協会理事
グループ展(伍葉展)出品メンバー

現在も国内外様々な展覧会に出品中
ファインアート・ユニバーシアードU-35展
日台青年篆刻交流展

美術年鑑2018評価額
 33万6000円
お宝鑑定団に作品が出れば、これくらいの値段で評価されるということです。なかなか書道は生きている間に評価されることが難しく、VALUでみなさんに評価していただければと思います。
Manifesto
Posted Activities