日本のアーティスト(さまざまなジャンルのオリジナリティーを創造する表現者たち)と一緒に文化を発信する

検索

ユーザー ハッシュタグ

ワタナベヒロシ@人生、つなワタリ

エディトリアルアーティスト

現在値 0.000236BTC
時価総額 2.360000BTC
発行VA数 10000VA
ロートルです。体調もすぐれないようです。しかし、老兵は消えゆくのみではない! 時代に爪痕を残して次世代にタスキを渡したい!


肩書きは「エディトリアルアーティスト」。
集めて編んで、新しい創造の糸口を提示したい!

---------------
http://www.heart-to-art.net/

『ハート・トゥ・アート』というアート活動を高円寺発でスタートさせたのが2000年春。その後、アートフリマイベントを定期的に高円寺周辺で開催。高円寺駅前や公園、商店街、公共施設、銭湯、周辺民間施設も巻き込んだ形で開催され、いまでは普通に行われている地域密着型アートフリマイベントの形式の先駆け的存在としてアートシーンに足跡を残した。


第1回から高円寺駅前を使わせてもらい、3回目頃からは駅や商店街に巨大絵画を展示したり、駅前で一日限りの高円寺放送局を行って商店街の店主たちのインタビューを行ったり、各協力店舗ブースを作ったり、地域の人が好きな参加作家選ぶ「○○賞(たとえば、当時、純情商店街の会長だった林画材さん賞など)」を作って地域と作家の交流を図ったりなど、現在、一般的に行われているアートイベントの原型を提示した。

 イベントは2日間の開催で、来場者1000数百名〜2000名程度(メイン会場のみの実数。駅前や公園などを含めると大変な数だった)。

 第2回開催時に10回開催すると宣言し継続開催。当初の目標のひとつは『ハート・トゥ・アート』が特別な存在ではなく、一般的にアート関連の催しが増えることがだったので、最終的にひとつの役割を終えた形で第11回の開催後(2005年3月)にイベント自体は休止。

その後、ハート・トゥ・アートという団体は形として残しつつ、渡辺個人がお世話になった地域活動のサポート役として黒子活動を中心に行うこととなった。

---------------
黒子活動もさまざまことに関わってきた。現在は、杉並ボランティアセンターの運営委員長も務めている(2006年より運営委員、2010年より運営委員長/現在4期目)。

さらに地域福祉活動などを援護射撃する形で「カンデンチセンター」を勝手連活動として立ち上げた。


---------------
数年前より大きなアピールはしなかったがアート活動を再開。地域団体と連携しながら東京都新しい公共支援事業(東京都生活文化局)での助成活動、高円寺地域区民センター協議会と共催で「こどもフェア」を開催、ミニ展示「エコーズ(絵交図)」展、ミニイベント、企画展、アートコンサート、竹楽器コンサート、アート演劇制作、パフォーマンス企画など、多方面に渡るアート活動を展開中。2017年より単独イベント再スタート。現在に至る。

---------------
アート活動を再スタートしたのは、日本はこのままでは破綻すると感じており、それをフォローできるのは「文化(創作的活動)」しかないと感じているため。


現在、『生命の壁画』というプロジェクトにもっとも力を注いでいる。検索してみて!

---------------
本業は編集者。キャリアは20数年。企画から取材・デザイン・撮影・記事執筆まで、印刷以外の仕事を一手に引き受けている。

原稿用紙に書き殴っていた時代〜ワープロ時代〜フロッピー入稿時代〜macによるDTP時代という時代の流れをすべて通ってきた。

インタビューメインに商業誌、会員誌、広告などを手がけた。


「人」が好き、それだけで生きてきた。

冒頭にも書いたが、ロートル。死に体状態。しかし、持っている引き出しを開け放し、時代に爪痕を残そうともがいている。


---------------
<できること>
紙媒体(チラシ・パンフレット・チラシ・書籍・雑誌)の企画・編集・DTP・デザインから印刷物納品まで、関東圏内でのスチール撮影(プロフィール写真・イベント撮影・ライブ記録・レタッチ・定点映像記録撮影/1時間10,000円〜要相談)、WEBメディア掲載サポート(企画・編集・SEOライティング・取材・撮影)、オリジナル小説や企画作品の原稿執筆(プロットからの制作可能)、イベント運営(企画・サポート)などのお手伝い。

---------------
<痛切にやりたいこと>
・アート&クリエイトカフェのプロデュース
・2020年に民間レベルでの「アートオリンピック(仮称)」開催
・ギャラリー運営

---------------
個人ブログ
https://27watari.com/