検索

ユーザー ハッシュタグ
長いこと口コミ・紹介のみで透視によるリーディングをしてます。心理学、数秘術、タロットも必要・希望に応じて使います。クライエントは、28才から55才くらいと幅広。男性と女性の割合は、ほぼ半々。人生の流れ…個々の軌道修正のサポートをメインとしてます。
どうぞよろしくお願い致します(ФωФ)
a-nan-da

8/8 世界猫の日ということで…
Instagramで「いいね」を沢山頂いた、
お気に入りの写真を~♪
いつも癒しをありがとう💚

a-nan-da

おはにゃん♪

a-nan-da

いつも癒されてます🎵

a-nan-da

最初の出会いは、後に心理学を学ぶこととなった先生の著書の中でした。


パワフルで素敵な名言です。

いつもリーディングをサポートしてもらってます♪そして、私自身も何度となくコミットメントし、予期せぬ出来事を体験してきました。
数秘リーディングをすることも予期していなかった出来事のひとつですw




「コミットメント」(献身)


献身を決めるまではためらいが残る

手を引く可能性もある

効果は常に薄い

物事を始める(創造する)行為すべてに当てはまる基本的な心理が一つある

知らないと無数の閃きや立派な計画をだめにする

それは人が真剣に取り組もうとはっきり決めた瞬間 神の意志も動き出すということだ

そうでもなければとても起きるはずの無いさまざまなことが起きて助けてくれる

決意から出来事の大事な流れが生じ都合の良い方向へ運んでいく

わが身に生じることは夢にも思わなかったようなあらゆる予期せぬ出会い 物質的な援助が訪れる

出来そうなこと、夢見る事 とにかく 始めるがいい

大胆さの中に叡智と力と魔術がある

さあ、今始めることだ


~ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ~
     

a-nan-da

時折、数秘リーディングをしている際に、あれっ?巻き戻しテープになってる?と感じる時があります。

話している内容は違うのですが、同じようなところに戻ってしまう現象です。

クライエントさん自身は、もちろん気づいていません。

というのも、本人すら気づかない無意識の抵抗だったりします。

そぉなると、数秘ではなく心理をリーディングし抵抗となっている無意識を意識にあげ解放するプロセスになります。


解放すると意識することができるので、意外とスムーズに数秘の課題にも取り組めるようになったり、生活もスムーズに流れるようになったりします♪

a-nan-da

最近、ほとんど使っていませんが…タロットカードは、心理(無意識)を見ていくセルフセラピーカードを使用してます☆

他、ライトウェイト、OSHO、インナーチャイルドなどクライエントやオーガナイザーの必要・希望に応じて使い分けてます✨

a-nan-da

終わって、始まったもよぉ~♪

9:27…9+2 +7=18=1+8=「9」

a-nan-da

6月6日 暗号通貨の「WWB」が高騰しました♪

「WWB」と言えば、OKWAVEの松田元さん・・・。

以前、松田さんの著書「世界の終わりの歩き方」が出版された時に、興味があったので、
数秘リーディングをしてみました。

その時に書いたものですが、節目・完了「9」について書いていたので、
感覚的に数字のもつ意味をとらえて頂けたらと・・・抜粋をコピペしました。


参考まで



~ 抜粋 ~



本が手元に届き、開くとまず、聖書の引用が目に入り、


次に「6・6・6」という数字が目に留まった。


さらに、数秘術をしていることもあり、ふと発行日はいつだろう・・・と、
つい他の数字もみてしまい、この本が意味するところは、


「今までの土台(世界)をどう変化させ、新たな世界に踏み出すのか?そのために、まず今までのことをしっかりと知り完了する必要がある」


という感じが数字からも読みとれた。


なぜ、そうなるのか?


数秘術では、ユニバーサルイヤーナンバーというものがあり、

個を超えた全体としての宇宙が、ある特定の年に何が必要とされているかを示すナンバーとされている。

平たく言うと、世の中的にはどんな年?という感じ。


今年、2016年は、2+0+1+6=9・・・「9」の年で、


「9」は、終わり、または完了、そして世界などを意味している。(もちろん他にも意味あり)
それぞれのことを整理したり、手放したり、完了していくプロセスが前提としてあり、

聖書の引用の「6・6・6」・・・これも、

6+6+6=18=「9」


この本の内容は、全部で9章・・・、

1章:政治のオワリ

2章:国家のオワリ

3章:経済のオワリ

4章:平和のオワリ

5章:労働のオワリ

6章:家族のオワリ

7章:倫理のオワリ

8章:SEXのオワリ

9章:ヒトのオワリ



すべて「オワリ」=完了。



そして、聖書の引用

最初は、「ヨハネ黙示録 第13章」・・・


1+3=4(今までのベースとなっていること)


次に、「ヨハネによる福音書 第14章」・・・


1+4=5(今までのこと完了し、どう変容していくか?)


最後に、「マタイによる福音書 第28章」・・・


2+8=10=1(あなた自身で切り開いて進んでいく)


黙示録から福音書へとつながる。

ということで、


「今までの土台(世界)をどう変化させ、新たな世界に踏み出すのか?そのために、まず今までのことをしっかりと知り完了する必要がある」


となった。


それから、大切な発行日、

2016年4月24日・・・

2+0+1+6+4+2+4=19=1

発行日は、著者のプロセス(執筆)が終わり、


新たな始まりの日・・・それが「1」


救世主、イエス・キリストならぬ、

イエス・元!(←意味は、本をご確認下さい)


きっと、読む人の新たな目覚め、新たな世界を切り開いてくことを意味していると思われる。

個人的に、誕生数、個人年が2016年「9」になる方におススメ☆

*誕生数は、生年月日をすべて足した数字

*個人年は、2+0+1+6+生まれた月+生まれた日を足した数字



~ 抜粋 ここまで ~




抜粋した文は、2016年5月5日に書いていたのですが、
今日の朝、ふとWWBのチャートを確認した時、
価格が、¥55.22だったことを思い出しました。
これは、意味ある偶然の一致?!ここに書くサインだったのかなと最後の最後に
数字の導きを感じました☆



参考書籍

「世界の終わりの歩き方」 松田 元(著) 

https://amzn.to/2kR9leo

「世界は逆転する」新刊

https://amzn.to/2kTJB16

a-nan-da

4つの流れは、それぞれ軌道数(ライフパス=人生の目的)に乗るための必要なステップになっています。

そして、

それぞれの流れには課題があり、どうチャレンジしていくか…というようなことが隠されています。

その課題を終えるタイミングが、前述した節目となります。

ということもあり、節目をひとつのゴールとしてしっかり完了し、新たな課題への取り組みをスタートできればスムーズに流れるということがなんとなくイメージ出来るのではないでしょうか…。

a-nan-da

数秘術では、人生の流れを大きく4つにわけています。この4つの流れの節目がとても重要になります。

起業等する際は、こうした節目を意識して取り組むだけでもスムーズな流をつくることが可能となります。起業に限らずなので、知っておくといいかもしれません♪


計算方法

生年月日を全て足し、合計を一桁になるまで足します。


例)2002年2月22日生まれ

2+0+0+2+2+2+2=10=1+0=1


「1」これが軌道数(ライフパスナンバー)という数字で、とても重要な数字です☆

そして、

36から計算した軌道数を引きます。
(36-軌道数)

例)36-1=35


これが、一つ目の流れの節目となります


※生まれたときから35歳までが一つ目の流れです。


2つ目の流れの節目は、35に9を足します。

例)35+9=44

44歳が2つ目の流れの節目となります。


※36歳から44歳までが2つ目の流れです。


3つ目の流れの節目は、44に9を足します。

例)44+9=53


※45歳から53歳までが3つ目の流れです。


そして、


※54歳から亡くなるまでが4つ目の流れとなります。


36から計算した軌道数を引き、その数字に9を足すという計算はシンプルなので導き出してみてください。

節目と前後にどんなことが起きていたか(今後どんなことがおきるのか?)をみてみると思わぬ気付きがあるかもしれません♪

参考まで

a-nan-da

こちらは、もう少し簡易になります☆彡

「数秘術の世界」 https://amzn.to/2Ln0dcu

a-nan-da

COSMIC☆Code Chartは、伊泉龍一さんのソフトを使用して作成したものです☆彡

読み解くには・・・


「数秘術完全マスターガイド 」 https://amzn.to/2swiddw


が、ベースになります。



通常は、オリジナルチャートを作成してリーディングします。

a-nan-da

COSMIC☆Code Chartです♪
生年月日と名前に隠された暗号w