検索

ユーザー ハッシュタグ

鈴木 明秀


現在値 0.013500BTC
時価総額 13.500000BTC
発行VA数 1000VA
こんにちは!
Valuの育児パパプレイヤーとして絶賛活動の鈴木 明秀です。
あきちゃんって気軽に呼んでくださいませ。

神奈川の川崎住まいの、小学2年生の娘をもつシングルファザーです。


Valuを始める前、知名度もお金も人脈もスキルも何もない。
いわば完全なゼロスタートでした。

それが今ではValuプレイヤーで一番目立つシンパパといえば鈴木!!
と評価いただけるほどになりました。


どのようなハンデがあろうとValuではそれが武器になり強みになります。
それを更に証明したいとので思いついた事はとりあえず行動!


思いつき行動の一環で更新されたアクティビティにガンガン書き込み中
やってみたらValuには他では手に入らない濃い情報のネタが山盛りでした


流し読みしてイイねボタンを押すだけではもったいない!!
気になった事はどんどん聞いて教えてもらうことで、
さらなる投稿者様の魅力にも触れることが出来ます。

そして手に入れた情報を自分に取り入れ
成長していくことがValuにおいての一つの成功だと思っています。


かつてゼロスタートでやる気もなかった僕は
Valu始めることで少しずつ変化してこのような事を発言をするようになり、
オフ会でも顔を覚えてもらい、呼んでもらう等人生に面白い変化が起こりました。


このような僕だからこそ、
Valuよくわかんないよ。。という方に寄り添ってサポートできると思っています。
まずはValuをゼロから初めて右も左も分からない状態の方はもちろん、
人見知りだったり、SNSしたことなかったり、
シングルで子育てしながらValuで成功できるの?と不安が有る方。
はたまた、支援とかわかんないけど話し相手だけほしいよ。
どんな方でもコメントでも、DMでもいただけたら嬉しゅうございます。


コメントはする方もされる方も嬉しくなるのでこれも一つの支援だと思う
まずはコメントから一緒にValu盛り上げていこうとなってくれたら嬉しいな



全国各地のValuプレイヤーを紹介するValu47
http://valu47.club/

このサイトにて神奈川代表として立候補しているので近場の方、
飲み会からお茶はたまた子供同士遊ばせるなど色々企画も考えていますので
お気楽に絡んでほしいです。


Valuプレイヤーとしていただけた支援は2つの用途に利用する予定です
一つはValuオフ会を開いて、様々な人の繋ぎ手になりたいです。
その為オフ会開催費用、交通費等に。


もう一つは娘との思い出づくりをしたいとおもっています。
エレクトーン奏者の夢を持つ娘の衣装代や楽譜代、たまにおやつなどなど。


このような私ですが末永くお付き合いいただけると
うれしゅうございますので何卒よろしくお願いします。
鈴木 明秀

日本マニアな人って、パロディもお好きらしい。


かなり前のお話ではあるんだけど、仲間内にポロッと話したらウケたので今日のネタに。



ある日、ロシア在住のお客さんからメールがきた。

「機動戦士コンドム、っていうのをしってるか?」

という問い合わせがあった。
「しらねー、ガンダムじゃないの?」
とお客さんに返信。

そうすると改めて、
「いや、日本人の友達に直接そう言われた。オレは実物が見てみたい」
コイツ頑固だな、まじかよ・・・


そう思いつつ、お客さんには
「わかった探してみる」
と簡単に返事をしてとりあえずGoogleで検索。


あったわ。。。
てかガンダムじゃねーぞこれ・・・と思いながらお客さんへ報告。

正しくは「安全戦士コンドム」というらしい。
まあ、用途はアレです。


それにしてもしょうもないパロディで雑なイラストながら何故かお客さんは感動。
「是非欲しい、どうにか手に入れてきてくれないか!」
という無茶振り。


そしてなぜかドン・キホーテで大量に売っていた!



それを届けたあとお客さんから感謝のメールが届く。

最近だとポプテピピックじゃないけど、アニメのパロディも国を問わず受け入れられるもんなんだなーと実感した。

鈴木 明秀

日本でアメリカから買い物ができる!?


多分そのうちやるだろうな-って思っていたサービス。
日本のアマゾンで、海外のアマゾンの商品を買う。


コレ今までなんでやらなかったんだろう?っていうほうが疑問になるくらい、アマゾンがやってなかった。
個人でアマゾンから輸入して~ってビジネスを個人でやってる人たちが減っちゃいそう。


そして、僕もアメリカAmazonに販売しているのでアメリカで日本のものが買えるってパターンが広がると困っちゃうのよねぇ。


輸入、輸出ともに関税やら言語やらの問題があるので今日明日にどうにかなるわけでもないけど、リスク管理しなきゃなぁとは思う。

鈴木 明秀

晒されるのも一興。

趣味で遊んでいるゲームがあるのですが、
そのゲームで僕と僕の仲間内がネットの匿名掲示板でさらされてイロイロ書かれていた。


いつぞや、Valuを始めたと知人に伝えたところ何故か危ないことに手を出したといわれ、
仮想通貨始めたといえば、あいつはギャンブラーだといわれ、
今度は趣味のゲームでも晒される。

どうやら、僕は都度叩かれないと物事が前に進まないみたいだ、やれやれ。


匿名掲示板だけあってまったくもって事実無根なことがぼろくそかいてあって笑う。
詐欺してるだの、持ち逃げするだのetc…
しかし、どれ一つ身に覚えがない!!!

だもんで、そこに本人ですが「私なにかした?」って書き込みしてみたのだけれども、それ以降放置される悲しみ。


匿名で他人を卑下する人は一生懸命相手のあら捜しして、見つからないなら捏造してでも人を落とさないと気がすまないらしい。こまったものだ。


当の仲間内についてはさらされてるねーって、ことで大いにネタにしてもりあがりました。


実名やしっかりした立場の人が直接言ってくれる批判は示唆があるので必ず聞くよ。
でもね、匿名掲示板で吼えられたところで誰きみ~?以上の感想が出てこない。


悪いことしていないっていう前提はあるけどさ、
悪口や陰口って、言われているほうが主役なのよね。
誰かを落としたところで自分の地位は上がらない、むしろ下がる。


だから、ひがまれたり、足を引っ張られそうなときは、どうやって踏み台にしてやろうか。
どうやってネタにしてやろうかと一生懸命考える。


自分が目立っていい空気になってさ、陰口叩いてる人が悔しい思いするのが一番の勝利だから。

鈴木 明秀

娘っ子が、なんか新しいことに目覚めた。


きっかけは、じっちゃまの買ってきた300円くらいの子供向けのマジックグッズ。
それとyoutubeでみたプロのマジシャンの華やかなテクニック。


この2つが何かものすごくツボに入ったらしく、
将来はyoutubeでマジックを披露する人になりたいといい出した。


「やりたいことなら頑張れw」



他のニュースとかを見ていると子供になってほしくない職業No1がyoutuberっていうのをよくみる。
でも僕の場合ちょっと違う。


イヤイヤやってることならやんなくてもいいよって止めるんだけど、
やりたいことならとことん応援する。


今の所は自分で見る用のyoutuberごっこで満足してるんだけど本格的に進出するの、あんまり遠くなさそうです。

鈴木 明秀

こんにちは。。。

つどつど間が空いてしまい申し訳ないです。
先日、自宅でPC作業してるだけなのに熱中症になり一週間近くダウンしていました・・・
幸い大事にはならなかったのですが、対して動くことも出来ずあと頭がぼーっとしてたのもあってほぼ寝てるだけの生活してました。



家の中にいるからって安心!なんて思ってたらだめです!!
適度に水分とって、運動もして健康管理気をつけましょう!


ぼちぼち回復もしてきたので、これからまたワイワイやっていきます!

鈴木 明秀

アメリカAmazon輸出あれこれ。


間をあけてしまい、すいません。
先日までAmazonのアカウントが止まるまでの荒稼ぎからのアカウント停止までのノウハウを主観全開で書いていました


アカウント停止した主な理由が
「追跡番号なしで送っていた」
「自己発送のみ。」
主に想定したのがこの2つ。
他にも細かい原因の可能性はあるかもしれないけど考え出すとキリがないのでやめた。


それぞれ分析すると、
追跡番号を貼付しない場合、詐欺の可能性があるので顧客からの不満につながる可能性があるとして確認される。
当時は追跡番号なしでの発送もOKでしたが規約が変わったのとアカウント審査が厳しくなったので今この方法は全くおすすめしません。
これやるとアカウント高い確率でとまります!


自己発送については、Amazonは販売している場所(僕の場合自宅)からの発送を自己発送、それに対してAmazonへ事前に在庫商品を納品してAmazonに発送やらをお任せするのをFBAと分けています。


FBA納品をしている場合はアカウント停止率が大きく下がります。
当時はそれを知らなかった。
なくなってもいい程度のやすい商品をちらほらAmazonへぶっこんでおくと目をつけられる率がへるのでおすすめです。


自宅からの発送にこだわるとどうしても次のアカウント停止の可能性が高いとおもい、FBA販売へとシフトをしました。
やってみたところ、事前に商品を仕入れないといけないので若干の負担があった。

しかし、売れ筋商品であればおすすめとして表示されて売れやすくなるので販売機会も増えて、Amazonへまとめて発送することで送料を安く抑えることもできるのでトータルでは自己発送より大目に利益取ることが出来た。

Amazon販売するならば細かい物や小さいものを大量に送り在庫商品を作ってFBA納品するのはめちゃくちゃおすすめします。
某100円ショップの商品なんかを大量にしいれて海外だと1000円超えて取引される物ってちらほらあるので100円ショップへ行くだけで、仕入れ他はいかないという荒業も可能ではあります。



Amazon FBAだけでずっと稼いで行くつもりでした。
あのトラブルが起こるまでは・・・
つづく。

鈴木 明秀

少し間があいてしまいすいませぬ。

Amazonサスペンド後の対応について。
僕がAmazon輸出を初めて3ヶ月目。

月商100万を目前としたその時、突如アマゾンから
「あなたのアカウントは出品が出来ません。」
との表示がでて出品も出金も出来ない、いわゆるサスペンドという状態になる。


周りの人は3日~1週間程度で復活していたのもあって、Amazonへメールを送る。
「早く販売を再開したい、修正点があるのであれば教えて欲しい」
という趣旨で。

しかし数日まつも音沙汰なし。

1週間経過後、改めて連絡をする。
その間、淡々と発送は続けるものの出品が出来ない以上ビジネスは停滞。


最初の返信があったのが2週間経過したときだった。

その時の内容を要約すると
「あなたのアカウントの健全性を審査している」
的なお前何もすすんでないのかい!!!とツッコミ入れて内容がないので、めちゃくちゃオコだった。


そんな時だった。同じビジネス仲間からebayという存在を教えてもらう。
販売の制限とか言われてとてもめんどくさそうだなと思うものの、とりあえず登録はこなす。
このときにPaypalの存在なども知った。あれ海外系で買い物とかするときはめちゃくちゃ便利なのでアカウント持っておくのもいいかも。


とりあえず登録をするものの、このときはまだAmazon一択でしょと思い込んでいたこともあり放置。
Paypalの本人確認の書類だのがあるので、この放置は特に問題なかった。



アカウント停止中は特に実作業的にはやれることがなかったので、FBAというシステムを調べていた。

単純に説明すると、Amazonの倉庫に先に荷物おくっちゃってAmazonで発送とか全部やってもらおうってシステムです。
日本のAmazonでPrimeって出るやつですね。

実はこれもまた後ほどドでかいトラブルが起きます。まじで・・・
もうふざけんなーーーと何度叫んだことかw


そんなこんなで1ヶ月立つもののAmazonのサスペンドが解除されないが、困ったことに次の支払の引き落とし日がやってくる。


当然会社の給料だけじゃ足りない。
やむなくサラ金へ行った、アコムさんマジで感謝していますwwww
イロイロあって初めてじゃないアコムで10年ぶり?くらいだけど電話したら普通に対応してくれてカード作れたのでクレカの支払に当てた。

自転車操業感あって、文章だと笑えるけど当時は修羅場でしたw


こんなことがあって、会社員としての給料だけに頼っちゃうといざって時ほんっと無意味だなと思った。
やるならとことん出世するのか、それとも足掛けバイト感覚で何一つあてにしないかのどっちかが僕のライフスタイルだなとは確信した。


それとサラ金もクレカも即月支払日で返せるなら最高のツールだと思うけど、ダラダラ長期借りてしまうと利息とか馬鹿みたいに高いので、使わないにこしたことはないね!

そんなトラブルを乗り越えたものの虫の息状態だったので、2ヶ月目になってからは毎日Amazonのカスタマーへ6時間起きくらいにメールした。もはやストーカー

固定費用を下げる為、ツールやら外注先やらを一気に削る。

必死の生き残り策を講じて3ヶ月目になるかどうかのとき、やっと
「あなたのアカウントは問題がないと判断できたので、サスペンドを解除する」
とのメールが来る。


ツールとか解約したわ・・・ばかやろう・・・

鈴木 明秀

Amazon輸出あれこれ
その3


僕の輸出ビジネスの経歴あれこれもついに3回目に。
山の上から谷底へ一気に叩き落されたあの時期は良くも悪くも思い出深い。
そんなAmazon輸出の3ヶ月目を赤裸々に書いてきます。



輸出ビジネス初めて3ヶ月目に突入したころには評価数もそこそこ溜まりどんどんのめり込んでいった。
日本Amazonで得意ジャンルの商品を調べて、アメリカに出品するだけ。

たったそれだけなのにどんどんお金が増えていく。
10日が経過した時点で40万以上の売上があり100万突破も行けそうだ!!とイケイケドンドン♪


この頃になると毎日家にAmazonから大量の商品が届いているので、
会社は残業なんてありえない。
家に帰ったら大量に梱包して郵便局へ持っていくという仕事がある!という状態でした。



そして15日にはなんと95万を達成。
寝て起きたら表示100万超えてそうだなと、ウキウキして寝床についた。


そして悲劇が訪れる。

朝起きて娘を学校へと送り出してパソコンをつける。
そうしてAmazonの管理画面を見たら見たことの無い旗とメッセージ。


なんだろ?と思って読んでみる。

当時のスクショが無いので、記憶だよりになっちゃうんだけど
「あなたのアカウントを停止しました」

的な内容がかいてある。
あなたへの支払いも停止致します。


・・・


読んだ瞬間は理解ができなかった。

何度か読み直して初めて意味がわかる。
だけどもこの瞬間の感想は、ああ2~3日おやすみできるわちょうどいいね。だった。


まさかコレが3ヶ月も支払差し押さえられ、限界まで追い詰められることになるとは
この時は思いもしなかった。

続く。。。

鈴木 明秀

Amazon輸出ビジネスあれこれ。
続き。



僕はアフィリエイトやネットワークビジネス、ブログ運営などいろんなの試してみたけど、
個人的には転売物販が群を抜いて収益速度が早かった。
あとやってることがシンプルなのに稼ぎの安定具合がハンパない。




先日の続きで1ヶ月目の最初の3週間まったく売れない期間がなんだったのかわからないほどに2ヶ月目は爆発した。
日本Amazonでしらべて売れそうだなー、利益取れそうだな-ってものを片っ端から米Amazonで出品していく。


具体的な作業内容としては、
ASINっていうAmazonの専用コードがあるのですが、それは世界中のAmazonで共通なのです。
日本の商品のASINをコピーして、アメリカのAmazonの検索枠に入れてエンターする。



当然米Amazonなのでドル表記なので、簡単に暗算するか計算機叩きましょ。

利益出るなら商品重量をチェック。
※国際郵便の送料は重量できまるので、軽いものを探します。
軽いものなら一番安いものは200円ちょっととかでアメリカへ送れます。


送料を先に支払った(or受け取れなかった)としても利益が残るのであれば出品ボタンを押して出品作業をする。
本当にこれだけ。

Amazonの出品作業って簡単で大半が写真とかも用意されているし、
日本で出品されていれば海外で出品する場合もデータ流用できちゃうんで




日本で1000円で仕入れたものが、アメリカでは3000円で売れる。
ちょっと特殊なものだと500円とかで仕入れたものが5万円を超えたりもした。


単純作業やるだけでもお金は増えるし、アイディアを出せば更に倍々で増えていく。
資格?スキル?いらんでしょ、そんなもん。
当時の僕はそんな感じでした。



そして、売れる量が増えるほどに家に荷物が大量に届くようになりだんだんと一人では追いつかなくなってくる。
一人での作業に耐えきれず実家の両親にも手伝いを頼む。
親父には梱包を。
会計の仕事している母親には収益管理を。

親父にお駄賃渡したりしたので、最初はイヤイヤやってたのにだんだんと文句も言わなくなりました。



僕はひたすらにリサーチと出品に集中する。
やればやるだけ、実力が付けばつくだけ収入が増える。

転売ちょろいwwwww

とか思ってノリノリで稼いでました。。



会社行きながらほぼほぼ片手間の複業だったはずの輸出ビジネスは2ヶ月目にもかかわらず、本業の収益を一瞬でぶち抜いていきました。



2ヶ月目は本当に楽しかった。
そして月終わりには、3ヶ月目は月収100万を越えるぞ!!!
と大きく息をまいて取り掛かっていました。


そして3ヶ月目どん底にぶち落とされるのです・・・
続く。

鈴木 明秀

松本孝一@エグゼクティブスーパー儒医XPさんより、僕のValuライフ初めてのチップをいただけました!!
https://valu.is/koichi89


ありがとうございます!!

松本孝一@エグゼクティブスーパー儒医XP on VALU

【はじめに】YouTubeに自作ラジオ番組をアップしております。 https://www.youtube.com/channel/UCOQqzGy8OMJ6e_ov-frZrqw 情報発信開始! http://www.matsumotokoichi.com 17年12月11...

VALU
鈴木 明秀

Amazon輸出ビジネスあれこれ。


今でこそebayプレイヤーなのですが、最初のスタートはAmazonでの輸出でした。


登録こそしたものの、細かいノウハウなどがわからずネットで情報を漁ったところ、
ほとんどがノウハウ聞くのにお金を取るとかだったんだけど、
一つだけ無料セミナー参加して気に入ったら塾に登録してね。という形式だった。


徒手空拳で戦うよりいいだろうと思い、セミナーへ参加。
参加したところの講師さんが美人だったこともありテンションあげあげ。
(男ってチョロいね。)


そこでは輸出ビジネスの優位性なんかや、ノウハウを一通り聞いたあと
うちで作った専用ツールがあります!コレを使えばあなたも儲かります!みたいな煽り。
ツール面白そうってことでサクッとサイン。


Amazonへの登録だけはしていたから、ショップ契約の方法や配送方法の細かい設定なんぞを見てもらった。
あとは出品するアイテムをツールで設定するだけって状態に。

30万くらいだったけど、今考えるとアホだなーと思うw
ぶっちゃけ今の時代はyoutubeにも登録だけでなく本当にすごい人が無料で稼ぎ方動画とかだしてるんで、
単純に輸出ビジネスやりたいだけであれば、高額塾とかまったくもって行く必要無いと思います。
ただ、そこでビジネスする人の人脈などはできたので他にちゃんと目的があれば悪くない金額だと思いますよ。



さてさて、そんなこんなでツール設定したりしたもののさっぱり売れない。
3週間くらいかな?ホントに1商品も売れなかった。


でも、その時それで腐ることはしなくて、同じように稼いでる人たちがいるから何が違うのかを考え続けた。

ひたすら考えた結果・・・ツールの使用を辞めたw


思考過程としては、

「塾に参加してる人皆同じツール使ってるんだよね。」

「後発組は評価点なんかもあるんだから、同じ商品なら安い方or評価高い人からかうよね」

「じゃ、辞めるべきでしょ」



先行者と同じツールを使うってことは混雑する潮干狩り会場の解禁日の夕方にやっとこさ到着するようなもので、
残りものなんか無いってことに気がついた。


なので誰もいないところで貝を掘るべきだとおもい、
非常に面倒だけど、日本で仕入れて海外へ売ると利益出るが、
他にライバルいないようなものをを手作業で調べ上げて出品していった。


ビジネス初めて3週間ちょっとしたある日。
そしてツール使用を辞めた2日目


とある商品が10個一気に注文がはいった。
すぐさま日本Amazonへ注文して商品を確保。

朝から晩まで会社にいってやっとこさ稼ぐはずの金額を、その一晩の10件の注文の利益があっさり上回った。


そこからは面白い様に金が増えた。
ただひたすらにリサーチと出品を繰り返す。



Amazonの売上金額の欄が数時間ごとに増えていくのがたまらなくエキサイティングだった。



普通Amazon輸出ビジネスは1000商品程度ごとに1日一個売れるって言われていたんだけれども、
ツールに頼らず人力で一番面倒な方法を取っていたはずだったのに500程度のリストアップで
数十件売れていて、自分のビジネスのやり方は間違ってなかったと確信した。



毎日増える注文を処理するために、実家の親に梱包を手伝ってもらう代わりに両金払ったり、
知人などに商品を確保してもらったりと色々奔走した。
過去に取ったが完全に放置していた古物商の資格が突如輝き出した。
新品も中古品もどんどん売ったね。
もうAmazonでもヤフオクでもウェブにて販売しているものは全て僕が転売してやる!とまでいい切ってた。


Amazon輸出ビジネス初めて1ヶ月。
会社の給料なんざ、既に欠片も興味がなくなるまでに僕のビジネスは成長していた。

あの日までは・・・・続く(かな?)


いろんな仕事触れてみたけど、輸出ビジネスのリスクの無さとリターンの大きさの比率はダントツだと思った。

鈴木 明秀

書いてる原稿が、急なPCのシャットダウンできえたアルヨ…

必死で書き直してたけど、これから娘のお迎えの時間になり間に合わず。

続きは夜とかに出せたらいいな。

鈴木 明秀

ebay輸出を始めたわけ

もう5年くらい前だけどなんとなくebay輸出を始めたきっかけを書きたくなったので書いてみる。


きっかけは丁度どん底にいたころだった。
当時の嫁さんが貯金だとかをもって娘と僕を残して失踪した直後あたり。


子供の育児優先ってやってたら当時の職場的にアウトで仕事までなくなって
完全に娘と二人で途方に暮れてたころ。



ひとり親家庭であったことと、それまで持ってた技術が技術なだけにほんとに次の仕事が決まらなかった。

「定時で帰りたい」「残業は無理。」

それを受け入れてくれるけいの会社が当時はなかった。

この時ほど自分のスキルや資格ってゴミだなって思ったことはなかった。
あと、ひとり親ってちょー大変だなーってこの時期すごく思い知った。


それでも2日に一回はハロワなりいったし、日雇いのバイトとかこなしながらなんとかやってた。

そんななか、ハローワークの人から電話があって紹介を受けたのが発送代行の会社だった。
定時帰宅や突然の休みについてもある程度は問題ないってことだったので勤務開始。


勤務して3日目に娘がインフルエンザかかって更に一週間休んだのは思いがけないトラブルだった。



で、行った会社での業務は
顧客から大量に荷物を預かって、大口として日本郵便へ引き渡す。
そんな会社。
そこで、システム面や顧客のサポートなんなりを担当する。


そこで見たのが、毎日海外へとてつもない数発送される日本のモノ、モノ、モノ・・・
ゲーム、フィギュア、調理器具、画材etc


日本の商品って海外で人気っていうのを、この会社で身にしみて思い知る。
しかも、毎日何百、何千と言う数が発送されていく。


その時、日本が不況ってまじ??って今までの自分の常識が覆ったほど。
顧客によっては個人で1日200点以上を毎日海外へ発送していた。
儲けすぎでしょwって呆れたほどに。


それまで国内でのAmazon転売に触れたことがあったこと、
ゲーム大好きなのでゲームの相場だけはわかっていたこと。
あたりから、お客さんが1件いくら稼いでいるのか(粗利だけどね)がなんとなく推測付くようになった。


顧客サポートも担当していたので、お客さんから電話を受けたときに色々聞き込みをしていった。
人によっては顧客とも飲みにいった。



そんな中で漠然とだけど形がわかっていった。
皆AmazonやEbayなどを筆頭としてECサイト経由でビジネスしているんだな。と。


漠然と聞くと、日本Amazonで仕入れて、アメリカAmazonで売るだけっていう一番ポピュラーかつ簡単な方法を教えてくれた。
ネット何かでしらべてみても自分にもできそうだな。とおもいその日のうちに登録をした。


これが僕の輸出ビジネスのスタートだった。

鈴木 明秀

ブラジル在住のお客さんとちょっとだけ他愛の無いメールから雑談をした。



ブラジルでは日本のアニメってめちゃくちゃ評価が高くドラゴンボールや聖闘士星矢みたいな少年ジャンプ発のアニメだけでなく日本でやってる深夜アニメ系も追っかけているって話をしていました。



おもしろいのが、日本語がわかる人の家におしかけて通訳させながらアニメを見るということも友達同士でやってるみたい。



テレビなどで最近日本の○○が素晴らしい的な物を見聞きするんだけど、
自分の顧客からちょくで聞くとやっぱり嬉しさが違うね。


いつかブラジル行って、Anime Friendsっていう日本で言うアニメイベントみに行ってみたくなった。