厚木市の実績に基づき、公共施設を映画館として有効活用し、地域における多世代交流拠点として再生します。

青山 大蔵

株式会社シーズオブウィッシュ代表取締役

現在値 0.000200BTC
時価総額 1.000000BTC
発行VA数 5000VA
ご支援いただいた資金は、地域課題の解決を目的とした映画上映会の運営費用(主に映画上映費用)に活用いたします。

例えば、50,000円で100人の映画館で映画を観たことがない子供たちに映画を観せてあげることができます。新しい希望を持たせてあげることができます。

映画館を失った街に、再び映画の灯をともす。それが私のライフワークです。


================

■プロフィール
1968年大阪府生まれ。金沢工業大学大学院工学研究科修士課程ビジネスアーキテクト専攻修了。DIRECTV JAPAN、産業能率大学総合研究所等を経て、2015年、公共施設の戦略的有効活用による「地域共生型映画館」を運営し地域コミュニティ再生に取り組む株式会社シーズオブウィッシュを起業。「映画のソーシャル・ユース」を提唱し、映画を単なるエンタテインメントではなく、地域課題解決の手段として活用する手法を確立、高齢者介護、子どもの貧困の連鎖、さらには引きこもりの若者の社会復帰における地域市民の理解促進を主なテーマとして活動している。

■研究論文
(1)「ミニシアター興行再生におけるソーシャル・プロジェクトの可能性 渋谷、厚木における実証研究」(金沢工業大学大学院修士論文、2014年)

(2)「社会的付加価値を創出する映画館 〜厚木市における映画館再生とシニア・コミュニティ・リーダーとの協働〜」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング『季刊 政策・経営研究』2016年)

http://www.murc.jp/thinktank/rc/quarterly/quarterly_detail/201604_72


(3)「ソーシャル・ベンチャーにおける女性リーダー醸成プロセスに関する研究」(昭和女子大学、2018年)*共同研究者:倉持淳美

■テレビ出演
(1)NHK おはよう日本「“まちの映画館”再生 カギは“高齢者”」2017年7月14日

(2)NHK WORLD NEWS 2017年8月30日

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/newsroomtokyo/features/2017829a.html

(3)TOKYO MXテレビ モーニングCROSS「街の映画館 復活のカギは高齢者」 2017年9月13日

https://www.youtube.com/watch?v=duZhkJG2wK0

■雑誌
(1)おはよう21 2017年7月号 中央法規出版 「鎌田實の△な介護のすすめ」鎌田實先生との対談

(2)介護ビジョン 2017年9月号 日本医療企画 「新・介護時代への挑戦 〜明日の日本を変える者たち〜」

(3)月刊 厚生労働 2017年11月号 日本医療企画 「映画館を再生して高齢者の居場所を創出」

(4)エキシューマー Vol.35 2017年12月 JR東日本企画 駅消費センター 「多様性について考える」(P11,12)

http://www.jeki.co.jp/ekishoken/upload/docs/EKISUMER_vol_35.pdf

■講演
(1)「ソーシャル・ビジネスとしてのミニシアターvsシネコン」主催:エンターテイメント・ロイヤーズ・ネットワーク (青山学院大学 2016年7月19日)

(2)「地域に安心できる“居場所”をつくる 〜子どもも高齢者もその人らしくいられる場を〜」主催:特定非営利活動法人Soar (SHIBAURA HOUSE 2017年7月12日)

(3)「地域コミュニティの創造とアート・映画による介護施設の活性化」主催:高齢者住宅新聞社 (東京流通センター 2017年12月6日)

(4)「映画の社会貢献」(早稲田大学WBS研究センター ソーシャル・アントレプレナー研究所 2018年2月5日)
 
(5)「人生100年時代の生き方、働き方」(嘉悦大学 2018年3月4日)

【お問い合わせ先】
株式会社シーズオブウィッシュ
世田谷拠点(セタガヤ・コモンシネマ・プロジェクト)
〒158-0091 東京都世田谷区中町2-21-12 なかまちNPOセンター311号室
📞 070-1548-0218
✉️ info@atsugieiga.com
担当:倉持淳美(代表秘書)