検索

ユーザー ハッシュタグ

現在値 0.003000BTC
時価総額 300.000000BTC
発行VA数 100000VA
Systems Adviser Hereof
Dan Kogai

というわけでご覧の通り、本銘柄は日曜日に1:2で分割され、総VA数は100,000となります。手数料1BTCはもちろん一般ユーザーと同様、発行者が支払いました。

Dan Kogai

特定のユーザーを贔屓するのは中の人としてはNGですが、全員を贔屓するのはOKなので、activityはそのように使うことにします。つぶやき以上、blog未満なことを書くのにはちょうどいいですし、SNSとしての機能も今後拡張していく所存ですし。

というわけで第0回のテーマは、なぜVALUは$BTCのみを受け入れているのか。なぜ$JPYを含め他の通貨ではないのか。

私から見た一番の理由は、$BTCが自律しているということです。政府のような特権者なしで成立しているというのは「自分の潜在価値を市場に乗せる」というVALUの存在意義とも合致します。

なぜ$BTCが自律できるかといえば、それがブロックチェーンだから。そしてブロックチェーンである以上、一度ブロックに乗り、チェーンに繋げられて検証された取引は未来永劫残ります。反対取引を行ってその効果を打ち消すことはできますが、取引自体がなかったことには出来ないのです。それが、$BTCをはじめとする仮想通貨、いや、自律型通貨の信用の根幹にあります。

それに対して法定通貨(fiat)というのは、国家が「スーパーユーザー」として信用を律しています。そしてスーパーユーザーだけあって、「あったことをなかったことにする」ことも「なかったことをあったことにする」ことも可能で、実際にそういったことは過去に何度も繰り返されています。今日日いざとなったら買われる通貨になった$JPYですら、つい70年前には新円切替で無価値にされたりしているのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%86%86%E5%88%87%E6%9B%BF

VAも$BTCも、「政府が守ってくれない」という点は共通しています。しかしそれは「無法」なのではなく「自治」。$BTCとは異なりVAに関してはVALU社が「スーパーユーザー」ではありますが、自治の理念に照らし合わせると、`sudo`は極力避けるべきだというのは自明ですし。fiatを避けることで、政府がいざとなったら助けてくれるという危険な誤認識の原因が一つ減るというのは不便を上回る便益だと考えています。

Dan Kogai

VALUの一ユーザーとしての小飼弾が自らに禁じていること

* 他者VAの購入
* VALUerに対する優待

システム上、私を含めVALUの中の人とそれ以外には全く差異がないとはいえ、李下に冠を正さずという考えで行動しております。中の人である以上、受益者はVALUのユーザー全てであるべきですし、特定のユーザーに肩入れしているとみなされる行為は避けております。小飼弾のVAを取引される方は以上の点よろしくご配慮願います。

Dan Kogai

Turned off twitter feed integration. Looking simple?