キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

VALUERがまだいません

VALUの購入へ
晴耕雨読の「ものかき」を目指してます。古代中国思想史を次の世代につなげていきたいという目標もあります。
Okubo Kohei

これからの防災について考えました。「地域のつながり」を再構築した上での「共助」を行うことであり、来るべき大災害の際に、よりダメージを小さくするために必要です。「自分達のいのちは自分達で守る」(大切な人のいのちを守る)ことができれば、地域住民自らが支援の前線に立つ(人手が足りない行政の力を補う)ことができるでしょう。

Okubo Kohei

2段階認証用の数字ってなんじゃいな~。

Okubo Kohei

「謙譲の美徳」という言い回しがあるように、自分の作品をここぞとばかりにひけらかすのは「美徳」に反しますが、ちょっと見逃してくださいませ。ブログを書きました。よろしければお読みください。いつも投稿をご覧くださりありがとうございます。
http://www.j14chutetsu.com/entry/20170902/1504362479

Okubo Kohei

「日本の若い人は世の中のことを知らない」というある中国出身の先生からの言葉にハッとして、図書館で新聞を読むようになりました。

中国新聞や山口新聞含め、大手のものはサッと目を通します。日本のマスメディアは情報の量や質に偏りが大きいので、同じニュースでも新聞によって違った考え方が見えますし、テレビでは伝えないような話題も載っているので、広く世の中を見渡すことができます。

時間のある大学生だからこそ出来ることかもしれません。

その先生は、日本のマスメディアが流す情報に特に偏りがあることを指摘し、物事を冷静に見つめることが大切だということを重ねて主張されています。嫌中、反日という極端な声はほんの一部の人たちが叫んでいるだけで流されてはならず、お互いに理解しようとすることが、隣人としてあるべき姿勢です。東アジア諸国と日本との関係は古く、これからも続いていくことになりますが、そうしたなかでよりよい関係を構築していくため、理解を欠いた誹謗中傷は無益でしょう。先生は、良き隣人として的確な批判をされたものだと思います。

Okubo Kohei

釜石の「悲劇」を「忘れない」
「50年に一度、100年に一度、つまり、一生に一度の大災害にどう対応するか。それは、「安全なまちなどない」という認識を育むことからはじまる」。
https://t.co/CqyPinCY8S
ある講演会を振り返りました。

Okubo Kohei
VALUER限定公開 VALUERになる
Okubo Kohei
VALUER限定公開 VALUERになる
Okubo Kohei
VALUER限定公開 VALUERになる
Okubo Kohei
VALUER限定公開 VALUERになる
Okubo Kohei
VALUER限定公開 VALUERになる
Okubo Kohei

いかんせん自分はものを書くのが好きなのだと感じます。なんとなくそのように思いながら、やっぱりそうなんだと。いろいろな経験を通じてわかったことはよいことだと思います。復興支援であったり、防災であったり、はたまた専攻である先秦時代の中国哲学であったり、各地で活躍する方々とのふれあいであったり。自分の理想に近づくためには厳しいこともたくさんありますが、今を一生懸命生きることで、なんとか励んでいきます。