キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
がね@心理系職員
売買専門。普段は心療内科と区役所で働いています。
たまに雑学的に臨床心理学関連のことを書きます。相撲と短歌が好き。
臨床心理士試験受かりました。

ラテン語優待やってます。詳細は以下の通りです。
【対象者】
(1)僕にVAを保有されている方
(2)僕と同じVAを保有されている方

※条件(2)の方はどのVAを保有しているかをお知らせください

【内容】
・あなたの自己紹介文をラテン語に訳します。
・自己紹介文を100字程度でご用意ください。
・自己紹介文以外を訳したい場合もご相談ください。


【注意点】
・最大限の注意を払って訳しますが、誤訳等の可能性はあります。ご了承ください。
・優待は先着順で承ります。
・二週間に一人ほどのペースで実施する予定ですが、本業等を優先するため完成までお待たせすることがあります。
See More
がね@心理系職員

【催眠】

大学院時代に催眠を少し習っていました。
催眠術というと怪しい印象もありますが、臨床心理学では一つのテクニックとして利用されています。

例えば自律訓練法というリラクゼーションでは、催眠のテクニックを利用して自己暗示をかけることによって身体的なリラックスを得ることができます。


催眠を行う際は対象者の覚醒レベルを下げる必要があります。分かりやすく言うと寝惚けて貰います。その状態で暗示をかけることで言葉が入りやすくなり、最終的には不安の除去や望ましい行動の獲得を目指します。


勿論人によってかかりやすい、かかりにくい等ありますが、一度体験してみると面白いかもしれません。


ちなみに僕はもうやり方を忘れたのでできません(笑)

がね@心理系職員

早いもので年が明けてから一週間過ぎてました。
皆さん明けましておめでとうございます。

今年は自己投資の年にして、学会や研修会、勉強会などに積極的に参加していこうと思います。
また公認心理師も始まるため(受験資格があるかどうかまだ分からないのですが)そこの勉強にも時間を割く予定です。

VALUの売買専門としては、去年は月に一定額入れていましたが、手数料の高騰につき2,3月に一度の入金にシフトします。買い活動が積極的な時期とそうでない時期が分かれると思いますが、変わらず自分のペースで売買させていただきたく思います。


それでは皆さま、改めて2018年もよろしくお願いいたします。

がね@心理系職員さんが限定公開でアクティビティを更新しました。
VALUER限定公開 VALUERになる
がね@心理系職員

【ペルソナ5を買ったと呟いたらPS3を借りられた話】



皆さん、こんばんは。



TwitterではVALUで繋がった人とよく関わらせてもらっていますが、先日から橘乃猫先生にペルソナ5を熱く推されていました。そこでタイミングが合えばPS3を貸していただけるというので、ハードもないのにAmazonでソフトを注文しました。



そしてソフトが届いたことをtwitterで報告したところ、今度はなんとくろせんが「PS3貸してあげられる」と返信をくれました!

この時点で僕はくろせんさんをフォローをしてもいないしされてもなかったのにw





ということで早速くろせんさんの事務所にお邪魔してPS3を借りてきました。(キャサリンというゲームも貸していただきました。)

初対面で今まで関わりもなかったのに、こんな高価なものを貸してもらえるのはVALUでちゃんと活動しているという信用があるからなのかな?う~ん、本当にありがたい!





また事務所では『VALU FIGHT』の実物も拝見しました。いやー、本当にカード化してるし、売られている商品みたいに綺麗で感動しました。こういうものが実際に作られているのを見ると、またVALUも楽しくなりますね。







さて、久しぶりにゲームをするので今から結構ワクワクしていますw

くろせんさんも橘乃猫先生もありがとうございました!



くろせんさん( https://valu.is/kurosen )

橘乃猫先生( https://valu.is/nonekotachibana )

がね@心理系職員

【付録:推論の誤り】
認知行動療法では「推論の誤り」という言葉があります。人の認知に認められる特徴的な誤りのことですが、面白いので認知行動療法の紹介の付録として共有します。

1『全か無か』:二つの極端なカテゴリーにわける
2『破局視』:他の可能性を考慮せず、未来を否定的に予測する
3『肯定的な面の否定や割引』:肯定的な経験を不合理に無視する
4『感情的理由付け』:自分が信じている、という理由でそれに反した根拠を無視する
5『レッテル貼り』:包括的な決め付けを行う
6『拡大視/極小視』:評価するときに、不合理に重視/軽視を行う
7『選択的抽出』:全体を見る代わりに、些細な面に注目する
8『読心術』:他人が考えてることを自分がわかっていると思い込む
9『過度の一般化』:現状を超えて、大雑把な結論を出す
10『個人化』:自分に原因を帰属させる
11『べき思考』:「~するべき」と考える
12『トンネル視』:物事の否定的な面しかみない