キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
ハラタクヤ@ゼロからスタート
LINE@の仕事が忙しくてなんも進まない・・・



京都の北のほうにある新大宮商店街でゲストハウスとカフェを使って地域の活性化と大学生のプチ起業支援をしています。
前職は某有名着物会社の広報部のマネージャーやってました。現場が好きで撮影や編集などもやってました。

--

VALUでは今まで接点のなかった人達と繋がるのを大事にしていこうと思っています。
カフェスペースのショーケースにVALUERさんのオリジナルペイントヘルメット展示中!

--

今は、ゲストハウスで商店街を活性化したりEVカー作って新しい文化を作ってみたりしてます。

See More
VALUを売買する

VALUER

Taro Yamamoto 【略歴】 2000年に日本初のオンラインステッカー専門店「brainside.com」を立ち上げ、ステッカーデザイナーを募集するためにキャンピングカーで日本一周(沖縄以外)ツアーを行う。登録デザイナーは順調に増え、ステッカーも好評、そこそこ有名になり東京へ進出。しばらくして、一緒に立ち上げた仲間から「もう太郎さんにはついていけない」と分裂宣言をくらい解散。一旦、事業再開は諦め、実家から通える広告代理店に就職。しばらくサラリーマンをやった後、今のヨメと出会い即決で結婚。その後「IPOを目指す某家電ベンチャー立ち上げ」のお誘いを受け東京へ引っ越し。2年ほど働いたところで、以前お世話になった人から誘われ香川に引っ越し「ヘルパー資格」と「二種免許」を取得し「介護送迎ドライバー」として就職。一年後、副業として「ハンドルサービス運転代行」を立ち上げ。使用車両はHONDAのS660、LINE配車、カード決済、ビットコイン決済等を試しながら無事故無違反で一周年。ほか、ウェブ/デザイン、ウォーターサーバー販売/設置、焼きいも屋、など進行中。暗号通貨については4年前にリップルを仕込み「軽く30倍」で利確。 【今後やりたい事】 今のタイミングだったら『VR体験カフェ』と『ブロックチェーン教室』を合わせた「サロン」のようなスペースをやれたら面白いだろなと考えてます。誰でも気軽に「ブロックチェーン」「暗号通貨」「今後発生するVALUのようなサービス」等のレクチャーを受けたり情報収集できるような場所。あくまで「初心者向け」で。 【優待について】 「ブロックチェーンの可能性をもっとみんなに知ってもらいたい」 「ビットコインを使える仲間をもっと増やしたい」 「みんなにVALUというチャンスを利用してもらいたい」 そういった思いを持った方、また 「良かれと思って説明してるのに怪しいって何や!」 と肩身の狭い思いをしている方、そのような方達がもっと動きやすくなるような、そんな「優待」を作り出せればと考えています。300ウォッチ達成(100にするかも)したら「優待」発動予定です。 所有VA 1VA
pettica@がまぐち×革バッグ 作家 こんにちは! ペチカはがま口、皮革小物、バッグの型紙からデザイン、縫製、販売を一人でこなしているブランドです。 おかげさまで少しづつ気に入って頂ける方も増え、楽しく忙しく製作させて頂いています。 ただ、今は小さな子供もいるので、本当はもっと新作を作ったり、勉強をしたりとやりたいこともありますが、十分に動ける時間もありません。 そして何より、今はただカバンを作り、売るだけでなく [私に出来ること、私だかから出来ること] に視野を広げて将来的にはシフトしていければと思っています。 その為にはこのVALU が飛躍できるツールのひとつになる、と確信しています。 私と繋がり、お互い楽しく拡大して行きたい方、どうぞご贔屓にお願いします。 なにか面白い優待も検討していますが、もう少しお待ちくださいませ。 ご意見、ご感想もお待ちしています!! https://pettica.jp https://shop.pettica.jp ------------- がまぐち×革、バッグ 上質な素材をPOPに楽しむ。 モードとクラフトの間にpetticaはあります。 petticaペチカは愛媛県松山市の工房でバッグや小物を 一点づつ丁寧に作っています。 ポップソングのような、普遍的でさりげない、でも こころに響きつづける、そんなものづくりを目指して。 所有VA 1VA
たなしん たなしん こと 田中 新吾 です。 近代の「価値観(物質の獲得による豊さの追求)」や「枠組み(国民国家、資本主義)」が限界を迎え、地球上には様々な社会問題、環境問題が生まれたため、持続不可能な社会状態にあります。資本主義経済を支えた大手株式会社の上場格下げなどの話題や政府が唱える働き方改革も「限界」を警鐘している身近な例と言えるでしょう。 私たちには生まれた時から「世代間の公平性」というミッションが課されています。これは、次世代のために「使ったものは綺麗にして返す、壊してしまったものは元どおりにする、暮らしやすい環境を用意する」ということです。このように考えていくと、今私たちが取り組まなければいけないことも自ずと見えてくるもの。 それが「持続可能な社会へのシフト」です。 わたしは持続可能な社会へのシフトのための、プロジェクト企画・立案・実装・運用を仕事にしており、コンテンツエディターとして全リソースを充ててコミット中です(ちなみに、一般社団法人ECEFの代表をしています)。 中でも最も注力しているのは「持続可能なエシカルタウンを日本に創り増やすこと」です。 調達できた資金は全てこのビジョンの実現に関係するプロジェクトに充てさせていただきます。豊かさだけを求めていれば幸せになれた時代のその先(=ポスト近代)をイメージして埼玉県西武から仕掛けます。 twitter、facebook、blogとは異なる短いコラム的なものを書いていこうと思います。 所有VA 1VA