小島和人ハモニズム【美術×デザイン】

@harmonism
【クリエイティブディレクター、美術作家】
0から1を作ることや
-1を1に変える案件を得意としています。

新規立ち上げのブランドや商品のプロデュースやインパクトが必要なアンビエント広告やプロモーション等。案件に応じてデザインとアートを使い分けて企画提案します。

ライフワークとして行なっている美術作家活動では主に宇宙、シンギュラリティ、ロボット、生命、教育、etcに対して思う問題意識や希望をベースに舞台やデジタルアート作品を製作し発表しています。テレビや新聞での取材も多数ありました。セミナー講演なども行なっております。

【受賞歴】
○International Photography Awards 2016 Fine Art : Portrait / Honorable Mention
○公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団助成事業「クリエイティブアウォード関西2014」グランプリ受賞
○2010 世界ベンチ・イス創作コンテスト入選

【メディア掲載】
2017.2産經新聞「”音楽とパフォーマー融合”新舞台に挑戦」
2016.3/産經新聞「”大阪の日常、海外から見ると・・・”浪速区のギャラリーで写真展」
2015.5/朝日新聞「新聞女(西沢みゆき) ×ハモニズム「聖母出現」」
2014.1/産經/@west「人形?いえ人魚 脱ブームの風」
2013.12/産經新聞/まちかど人間録「”違和感とインパクト 融合”コスプレアートに新たな価値」
2013.7/産經新聞/「数分間・・・「ニンジン畑」出現都市菜園の大切さPR」
2012.12/産經新聞/人気MONO「”町を楽しくおしゃれに”デザインパイロン」


■WEBメディア
2016.12/yahooニュース他/「大阪を「外国人旅行者の視点」で撮った写真展 見慣れた風景がCGに」
2015.8/ハイカラ不動産/「新しい事をしたい、人をビックリさせたい」
2014.12/yahooニュース他/「ホテル客室に「ロボットの幽霊」-現代アーティストのハモニズムさん」
2013.12/MSN産經ニュース/関西の議論「ホテルの部屋に「人魚」がいた…仰天「コスプレアート」のド級表現力」


■TV
NHK「パフォー」
関西テレビ「クリ8」