バークリー音楽大学を修了。現在ハーバード大学ビジネス・スクールに在学中。VALUで得させて頂いた資金は、世界最先端の音楽スタジオを構築していく資金として使わせて頂きたいと思っています。日本のスタジオは、世界に遠く及ばない現実を見て、口頭で啓蒙するだけでなく自ら行動してみたいと思いました。

バークリーでは世界的権威であるプロデューサー兼マスタリング・エンジニア、Marc-Dieter Einstmann(ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、U2、ヨーヨーマなどを担当)、Jonathan Wyner(デビッド・ボウイ、ジェームス・テイラー、ウォルト・ディズニー映画などを担当)に師事。また映画スターウォーズの楽曲を担当した Andy Edelstein 、CBSやNBCニュース、アメリカン・アイドルなどの楽曲を担当するMark Corss など、ハリウッドやテレビ番組などアメリカ・世界のエンターテイメント界の第一線で活躍する教授陣に師事。

2011年に新日本フィルハーモニー交響楽団との共演で、クラシカル・クロスオーバーの歌手としてCDメジャーデビュー(MAKK RECORDS/KING INTERNATIONALより発売)。

2015年11月には『Romance』を発表。
最新作は2016年4月発表のミニアルバム『ENCORE』。

​2017年には、ETやハリーポッターなどの映画音楽を手掛ける、Sefi Carmelと共演共作。

プロデュース・サウンドエンジニアリングにおいては、ユンディ・リ、アシュケナージ、カツァリス、ツィマーマン、ウィーンフィル、ベルリンフィル、小澤征爾などのクラシック音楽家から、ポップス・ロック系ではエリック・クラプトン、ビリー・ジョエル、エルトン・ジョンなどを担当し、2008年のユンディ・リとのパートナーシップでは、上海万博にて国際放送を行った際、上海メディアグループ・読売テレビとの交渉からブッキング、またパートナーとして大規模な放送を成功に導く実績も残している。

​マスタリング機材の世界的2大メーカーである、ドイツSPL社、並びにelysia社双方の公式本国エンドーサーとして、国際的に極めて高い評価を獲得している。

Manifesto
Posted Activities