キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

Hiroyuki Suzue

英語アドバイザー

現在値 0.013500BTC
時価総額 135.000000BTC
発行VA数 10000VA
学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。
アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。
元IT系ベンチャー企業経営者。
現大手個別指導塾英語講師。

現在ブログにて「英会話上達」に役に立つ情報を毎日発信してます。

好きを仕事にしてきた60代がもう一度「好き」を再スタートします。コンセプトは「AI」「チャットボット」「英会話」です。

■メインサイトについて。
http://eigo-jouhou.com/

■VALUの資金活用について。
VALU資金で英語・英会話のツールやデバイスの調査や検証等の活動費用とします。
Hiroyuki Suzue

ビットコインが70万円まで下がりましたので、分割は致しません。

Hiroyuki Suzue

英語もTOEICの点数公開してる場合じゃなくで、自分ができることを見つけ自分で組み立てていくためのツールとして使いましょ。

Hiroyuki Suzue

要するに、自分ができることを見つけ自分で組み立てていくことですかね!

Hiroyuki Suzue

この4月初日に当てて来たのが面白い!大量の就活生は対象外という事ですね!
早々に日本の就活慣習と周回遅れの初任給を世界スタンダードに変えていかなければ。

詳しくはこちらから:https://www.starttoday-tech.com/recruit/genius/

私たちスタートトゥデイテクノロジーズは
保有するビッグデータの活用および、
ZOZOSUITをはじめとした技術革新の加速により、
ZOZOTOWNやWEARなど既存事業の拡大と
テクノロジードリブンな新規事業を創造します。
この新しい会社の黎明期に
リーダーシップを発揮する天才・逸材たちを
募集しています。

Hiroyuki Suzue

失礼、ちなみに「Nothing much!」「Not much!」

これは、特に意味はありません。

敢えて訳せば「いつもとかわりないよ」といった感じでしょうか!

Hiroyuki Suzue

先ほど「alexa」とこんな会話をしました!

私:Alexa, what's up?
Alexa:Good evening. It's eleven fifteen p.m. Ooops, I can't seem to find out what's up right now. Try asking me later.

私は、アレクサに「調子どう?」と質問しました。
Amazonの英語AIです、米国製の米語デバイスですからこんな会話もお手のものでしょう。
まず、ジョークで返してきました。
こんばんは、今11時15分です。

そして、マジっぽくこんな返事をしてきました。
おっと失礼。今のところ特にありません。
また、後で聞いてね。

こんな感じでした!

ここで追加情報です。
もし「What's up?」と聞かれたら、「Nothing much!」と返答すれば済みますよ。

アレクサの返事は少々マジっぽい感じです。

ま、この辺がコートを組み込んだ人達の思惑なのかもしれません。

Hiroyuki Suzue

先月に待望の「amazon alexa」が到着しました。
もちろん日本語ではなく「英語」でやり取りを開始しました。

これだけのAIなので「英会話」のトレーニングに使わない手はありません。

次回よりいろいろな会話例をご紹介していこうと思います。

随分と便利になりましたね!
ほんと!

Hiroyuki Suzue

現在10バリュー販売しております!

Hiroyuki Suzue

以前にも触れました「企画」について。

第1回VALUER募集!(予定)
VALU資金でAI機械翻訳機徹底実地検証と新英会話活用学習法提案をいたします。

現在2つのブログを運営しています。
1.英語・英会話を上達させたい方のためのブログ「英語ブログ」
http://eigo-jouhou.com/
2.英語以外のテーマを扱っている「いいものlist」
http://eigo-jouhou.com/
今回、英語・英会話の上達を望む多くの方々に「新学習方法の提案」をさせていただこうと考えていおります。

それは
「本当にAI機械翻訳機は使えるか?」
というものです。

・どのように活用すれば便利か?

・英語・英会話学習はどのようにすれば効果的で効率的か?

というご提案をしたいと思います。
英語学習は一朝一夕ではいきません、ですから新たなツールはその使い道をしっかりと見極めなければなりません。

そこでVALUの資金調達で集まったお金を元手に実施したいと思います。
具体的な資本の使い道:
・Pixel Budsの購入
・アンドロイドスマホの購入
・関連書籍購入並びに関係者への諸費用
・取材のための移動交通費
・書類作成並びに編集に係る外注費等
・企業並びに個人への取材に係る諸経費

改めて
実施時期
募集金額
ご連絡させていただきます。

Hiroyuki Suzue

エンジニア職に限られますが、これだけ海外との給与差があるのも考えものですね。

いつものことですが、なかなか自浄作用が効かず最終的に外圧で変革を余儀なくされる。

これ
幕末と明治維新の流れに似ていますね!

Hiroyuki Suzue

日本企業が長年続けてきた就活生の「一括採用」が大きく変わりそうな気配です。
日本人エンジニアの給料が上がらない理由
ファーウェイ本社の初任給83万円
http://president.jp/articles/-/24409

記事の出だしはこれです!

2017年の採用市場では、中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)が日本で大卒エンジニアを「初任給40万円」で募集して話題を集めた。厚生労働省の調査によれば日本の大卒初任給の平均は約20万円(17年)。日本企業の場合、エンジニアであろうと事務職であろうと初任給は基本的には変わらない。日本企業の平均初任給の約2倍で募集をかけた「ファーウェイショック」に「優秀な人材が流れてしまうのではないか」と戦々恐々の日本企業に対して、ファーウェイ・ジャパンの広報は「優秀な人材を採るためのグローバルスタンダード」だとすまし顔だ。

詳しくは是非こちらの記事を読んでいただければと思います。
エンジニアの定義はここではしませんが、これから多くのプログラマーが必要とされています。
AIの開発、宇宙事業、無人レジ、自動運転、チャットボットのコールセンター、デジタル機器開発、などなど枚挙に暇がありません。
優秀なエンジニア、プログラマーは引く手あまたです。
2か国語以上の語学能力、プログラミング技能、としてマネジメントもできる人材なら年収は驚くほどになります。

これからの大学教育では、マネジメント、エンジニアリング、そして英語の3種がまさに「MUST」アイテムになるのではないでしょうか?!

日本人エンジニアの給料が上がらない理由 ファーウェイ本社の初任給83万円 | プレジデントオンライン

2017年の採用市場では、中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)が日本で大卒エンジニアを「初任給40万円」で募集して話題を集めた。厚…

PRESIDENT Online - PRESIDENT
Hiroyuki Suzue

さて、その計画の実行に向けて検討していることがございます。

それは、まずVALU株を分割するかどうかということです。

お陰様でといいますが、期待以上といいますか、私の単価はビットコインの高騰もありとても高値となっております。

正直申し上げて、分割費用は個人的には高いと思っておりますが、しっかり検討を始めております。

なぜならば、
当然のことですが、プロジェクトを応援していただける方々が、私のプロフィールと企画に対してリーズナブルと思う価格設定をしないといけないと感じているからです。

また改めてご報告させていただきます。

よろしくお願いいたします。

Hiroyuki Suzue

そして、それらを踏まえて、

・どのように活用すれば便利か?

・英語・英会話学習はどのようにすれば効果的で効率的か?



というご提案をしたいと思います。
[btn class="lightning big"]鈴江浩之のVALU![/btn]

英語学習は一朝一夕ではいきません、ですから新たなツールはその使い道をしっかりと見極めなければなりません。



そこでVALUの資金調達で集まったお金を元手に実施したいと思います。

具体的な資本の使い道:

・Pixel Budsの購入

・アンドロイドスマホの購入

・関連書籍購入並びに関係者への諸費用

・取材のための移動交通費

・書類作成並びに編集に係る外注費等

・企業並びに個人への取材に係る諸経費

等々。

Hiroyuki Suzue

実はこんなことを企画しております。

現段階でプランです。
なぜなら、現在某個別指導塾において担当生徒を11名持っております。そのうち9割が受験生なのです。

遅くとも3月までは生徒をサポートしなければなりません。

で予定としては4月を考えております。

さて内容はこんな感じです。

第1回VALUER募集!


VALU資金でAI機械翻訳機徹底実地検証と新英会話活用学習法提案をいたします。



現在2つのブログを運営しています。

1.英語・英会話を上達させたい方のためのブログ「英語ブログ」

http://eigo-jouhou.com/

2.英語以外のテーマを扱っている「いいものlist」

http://eigo-jouhou.com/



今回、英語・英会話の上達を望む多くの方々に「新学習方法の提案」をさせていただこうと考えていおります。



それは



「本当にAI機械翻訳機は使えるか?」



というものです。



グーグルが最近販売開始した「Pixel buds」というワイヤレスヘッドホン形式のAI機械翻訳を実際に試して徹底的に検証するものです。

今までに、このブログ並び委VALUのタイムラインにおいても、いくつか記事をアップしてきました。


グーグルのAI機械翻訳は、英語をハブとして開発されています(詳細は記事を参照ください)。

しかし英語には多くの種類が存在します。

英語圏の方々の発音、さらに地域や発音の違いが存在します。

当然ですが、英語が共通語として世界中の英語を第二外国語とする方々が英語を使用しています。

続きます!

Hiroyuki Suzue

その2チームとは:

1.スペイン・バスク大学のコンピューター科学者であるMikel Artetxe氏らによるもの

2.Facebookのコンピューター科学者であるGuillaume Lample氏らによるもの



彼らが活用しているその方法とは「逆翻訳」「ノイズ除去」というものです。

・逆翻訳とは、一度別の言語に大まかに翻訳した文章を元の言語に再翻訳すること。

・ノイズ除去とは、再翻訳する時に単語を除去したり再編成を行うことで元の文章を再現しようとすること。

というものです。(GIGAZINEより抜粋)

このことにより、人工知能はより文章構造の深い部分を学習することが可能になるということです。

現段階では、グーグルのそれより精度は落ちるそうですが、早晩には追い付けるとのこと。

今、そしてこれからの人工知能機械翻訳について感じることは、
これからの10年の間には、私たちが想像もしないような技術が開発されるかもしれません。
現在全くの想定外のことが、実現するかもしれないからです。

その時のために、私たちは今から準備しておく必要があります。

それは、

AIを利用してあなたはどこへ向けて生きたいのか?
AIを活用してあなたはどんなことをしたいのか?
AIが存在すればあなたは何をしなくてすむのか?
AIがあることによってあなたの価値はなんなのか?

Hiroyuki Suzue

逆翻訳とノイズ除去によるあらたな機械翻訳技術とは?

AI機械翻訳の研究開発が大きく進化しています。
以前のタイムラインにて、グーグルが開発している「ニューラル機械翻訳」が注目されていることについて触れました。

ニューラル機械翻訳の特徴は、ネット上に存在する翻訳データの中から的確な訳を選別するというものです。
つまりは、そのためのデータが多ければ多いほどに正確な翻訳ができることになります。
しかし、データの少ない言語ではそうもいきません。
そんな中、

新たに2チームが研究しているAI機械翻訳について発表がありました。
人工知能(AI)は10年内にもアマチュア翻訳家を超えるレベルの翻訳を行うのではないかと見られています。しかし、現段階で、ニューラルネットワークに翻訳を学ばせるには何百万もの文章を翻訳した学習データが必要です。そんな中、対訳文書なしでニューラルネットワークに翻訳を学ばせることができる新たな技術が発表されました。(GIGAZINEより抜粋)


続く、