20代の作家から音楽家をあきらめる人がたくさんいるという現状を聞きすぐにできそうな事から始めました。

検索

ユーザー ハッシュタグ

上原一之龍@作曲家

シンセソムリエ
VALUER
1

現在値 0.003300BTC
時価総額 0.330000BTC
発行VA数 100VA
作曲家です。国立音楽大学作曲学科卒業。PCゲーム音楽の世界で曲作りを重ねる日々を13年続けてます。仕事歴よりワイン愛好歴が長いです。旅行好き。ムービーと収録など一括でゲームの仕事を受ける会社を経営しています。

<資金調達の目的>
美少女ゲーム音楽専門の出版社の設立。
美少女ゲーム音楽作品をしっかりと有効活用する事により
関わる権利者、作曲家に利益を生む仕組みを確立しリスナー制作者共に幸せになれる環境を作る事を目指す。


美女ゲーソングは名曲も多く一つの音楽ジャンルを確立したものの統一した配信プラットホームもなく古い曲や倒産したブランドの曲はYouTubeでたまたま配信されているのに頼っている状態です。
また、楽曲は買い取り案件が多いもののその後にしっかりとした音楽ビジネスを構築しているとはとても言えない状況であると感じています。
 
この価値ある多大なアーカイブを消滅させないために美少女ゲーム専門の出版社を作りそこを起点にカラオケなど各種配信を積極的に行いゲーム会社、音楽制作者に利益を還元を行い次なる制作費用に充てる。配信曲を増やしゲームファン以外のファン層の獲得や海外からの訪問も増やしゲーム業界の発展に貢献したいと思っています。


 
<優待>
楽曲の管理登録とカラオケ配信までの手続きをサービス。
上原一之龍@作曲家

クラウドファンディング始めました。

ちばてつやさん原画の「風のように」という1969年の作品がありまして2016年にエクラアニマルというアニメ制作会社がアニメ化して劇場公開されました。
その際のサントラを制作したい!というプロジェクトです。

群馬県沼田市に現れた養蜂家の子供三平と同い年のチヨとの出逢い。
当時の自然いっぱいの中で暮らす仲間達との温かい物語です。

http://camp-fire.jp/projects/view/83587?token=1k3zbn2v

上原一之龍@作曲家

著作隣接権関連の団体って多いんですね・・・・インディーズ向けにIRMAなんてのもあるけど結局MPNがいいのか。

上原一之龍@作曲家

4月29日配信開始しました。
アヴェマリアはカッチーニ、グノー、シューベルトを。
他に主よ人の望みの喜びよ、アヴェヴェルムコルプスなどソロあり合唱ありの
初音ミクとボカロ聖歌の楽曲集です。打ち込みですが生に近づけるよう頑張りました。
見た目が完全に冬で今としては季節感ないですがそこそこ面白い作品ができたかと思ってます。
ジャケットは桜沢かなたさんというイラストレータにお願いしました。


https://itunes.apple.com/jp/album/ave-maria-miku-hatsune-with-bocaro-choir/1373595445

初音ミクとボカロ聖歌隊「アヴェ・マリア/初音ミクwithボカロ聖歌隊によるクラシック」

"アヴェ・マリア (カッチーニ)"、"主よ、人の望みの喜びよ"、"アメイジング・グレイス" とその他を含む、アルバム「アヴェ・マリア/初音ミクwithボカロ聖歌隊によるクラシック」の曲を聴こう。...

Apple Music
上原一之龍@作曲家

「未来ラジオと人口鳩」というゲームのOP曲を作りました。

https://www.youtube.com/watch?v=LMW27kwdSLA

昨年の冬からちょこちょこと作って結局形になったのは今年に入ってからですね。
レコーディングは3月の前半でした。

数少ないバラード風の曲です。エンディングにこういうのは多いのですが
今回のようにOPにしちゃっても全然問題ないかと個人的には思ってます。


【未来ラジオと人工鳩】オープニングテーマ『栖鴉の綿』

『未来ラジオと人工鳩』のOPムービーです。 オープニングテーマ『栖鴉の綿(せいあのわた)』 唄:Ceui 作詞:緒乃ワサビ 作編曲:上原一之龍 Laplacian 3rd Project 『未来ラジオと人工鳩』 企...

YouTube
上原一之龍@作曲家

YouTubeでのコンテンツIDの運用も可能な環境になりました。
自分の曲、動画をあらかじめ登録しておくやつですね。

本来アップされてはいけない曲のフルvarがあったりするので
そういうのを取り締まると同時に再生数集める可能性があれば
広告を付けてもらって広告料をいただく、という事ができますね。

これらの曲が著作権登録されているとついでにその使用料も
徴収できるのでセットで登録しない手はないです。

大した額じゃないんでしょ?と言う思考ではダメなんです。
半放置の状態で勝手に仕事してくれるんですから後は
数を増やせばいいんです。もちろん質も大事です。

上原一之龍@作曲家

CLOCKUPよりErewhonというゲームのティザームービーが公開されました。主題歌を作っております。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=63&v=-FbdEivYrqU
「迷ヒ我」という曲です。
主題歌と言ってもまだインストです・・・・来月には歌入りで公開されるかと思われます。

『Erewhon』 ティザームービー

CLOCKUP アダルトPCゲーム『Erewhon』のティザームービーです。 2018年6月29日発売予定 http://clockup.net 企画・脚本:浅生詠 キャラクターデザイン・原画:ジェントル佐々木 監督:阿久津亮...

YouTube
上原一之龍@作曲家

曲のフル版(いわゆるロング尺)を披露する場が少ないのでそもそもショート完結でいいんじゃないかと思う時もあります。

しかしながらじゃあそれを有効に使おうという事で自費でもいいのでサントラやら配信やらをやる方向でいるんですね。

自分からやらないと曲が使い捨てになってしまうんですよ。これが現状。そして昔は感じなかったのですが最近ゲームの予約特典にサントラが付くってちょっとねえ・・・と思う次第です。

チップとかくれてる方ありがとうございます。仕組み理解したらこちらも何かしますので(まだ理解していない)

上原一之龍@作曲家

直近の作品に関してYouTubeのコンテンツIDの登録を検討中です。ゲームのOP動画と曲をそれぞれ登録すれば例えば曲だけ使って別の動画で自分のチャンネルにアップする、という事に抑止効果があるんですね。コンテンツ所持者がその動画そのものを却下できたり広告を付けて収益を得るといういくつかの選択肢があるようです。

主題歌のフル版を勝手に上げる輩もいるのでさすがにそういうのは取り締まりたいと思ってます。
下手すると本家よりアクセス多かったりしますからねw

フリーで使える部分とそうでないのを改めて明確にしなければ、と思ってます。
近いうちにNexToneに打ち合わせ行く予定です。
(前も行ったのですがNexToneの人って親切ですね)

上原一之龍@作曲家

歌手にインセンティブをという記事で貴重なコメントやチップまでいただきありがとうございました。
(と言うか自分が知らない事大杉・・・・・)

美少女ゲームはサントラ出しても社内で通販して在庫なくなったら終わりという
まあ、手売りみたいなものでそれこそ楽曲の著作権登録すらしてないのがほとんどなんですね。
ゲーム会社が出すさんとらは少なくともそれがほとんどです。
ま、買い取りだからそういう流れになっているわけですが・・・・

過去の曲に関しては今からとやかく言うのも後出しなので
「よろしければ」というスタンスでちょっとずつ打診しています。
それでも流通さんが出資したりしてると権利が事実上そちらにあって
買い取ったらそれでおしまい、となってしまいます。
もっともそれを納得して受けていたわけですが。

こんな事を言っておいて歌の楽曲を作る機会は
そうは多くないのですが次回からの楽曲はもう少し歌手に希望を与えるような
取り決めができるよう頑張ってみたいと思います。

上原一之龍@作曲家

作曲や作詞は著作権というのがあるんだけど歌手はないですよねえ。
なので歌手にもインセンティブ的な仕組み作れないかなあとたまに考えたりするんですよ。

例えば私の曲だったら私が自費でサントラ作って販売サイトも作る。
それで歌手の発信経由で購入者がいたらその分払う、とか。

自費でなくともゲーム会社でもそれは誰でもいいんですよ。
で、そうすれば頑張って宣伝する人もいると思うんですよね。
お金がかかってますからね。

でもね、そうでない人もいるだろうし得手不得手もあるでしょうから
なかなか不確定要素も多くなるわけですよ。

それで、頑張れば売れる率も上がるけどそこまでしたくない人に
わざわざ突っ込むのも面倒だし。
そもそも歌手だっていちいちそこまで言われたくないでしょうしね。
ツイートでつぶやくとかブログ書くとかその人のペースですから。

結局のところ歌手とは複雑な仕組みも作らず常に一期一会でやっています。
結果的に何度か同じ人になる事もありますがそれは基本的に
ディレクターの考えである事がほとんどです。

誰と当たるかわからないけどゲームとその人にとってそして
リスナーにとっていい曲ができればいいというのが
目指すところである、という事ですね。

ただアイデアとしては今回書いたような事もあるのかな、なんて思ったりもします。

また何か思いつくかもしれませんのでそしたらまた書きます。

上原一之龍@作曲家

昨日はレコーディングでした。
なかなかいい感じに録れたと思います。
公開は5月頃なので今から楽しみです。
よい形で皆様の前に発表できると思います。

上原一之龍@作曲家

アヴェマリアを自分で編曲してボカロに歌わせた曲があってそれを著作登録しようとしたら著作とはみなされないのでできないと。それもそうか・・・・。

別曲と思わせるくらいな編曲であれば編曲審査して編曲作品として登録できるらしい。
多分キッスは目にしてとかああいったアレンジですかね。

うーむ、では登録はともかくiTunesで販売に留めようかと思ったのでした。

上原一之龍@作曲家

VALUに記事を投稿しつつ購入の仕方もわかってなかったので少し勉強する事に。
為替取引は実は10年程前からやっていてその頃知り合った為替トレーダーと今でも
たまに食事会を開いてあれこれと談義しています。

肝心のトレードはやっている時期があったりなかったりでしたね。

それで、FX会社の人ともよく食事会をしたのですが結論から言って利益出してる人は
「長期保有」の人だそうです。

確かにデイトレやスキャルでは技術がいるし損を繰り返しながら利益を出していくわけで
まあ、それはトレードとはそういうものなのですが
それにしても勝つ確立はやはり低いようですね。

長期保有の人はレバレッジはほとんどかけてないのでしょう。
なので下落にも耐えて忘れた頃に見たら上がってたみたいな人が多いようです。

そんなわけで仮想通貨でも株でも持ってるのを忘れるくらいが
ちょうどいい?かもしれませんね。

上原一之龍@作曲家

美少女ゲーム音楽を作っていて買い取りが慣習となっていてこちらも普通に買い取りで仕事を受けていました。結論として買い取りも管理委託もどちえらもありとは思います。
ただ、とりあえず面倒が起きないように買い取るという姿勢には当然賛同できないんですね。

例えばJoySoundで歌われたとしてもJASRACやNexToneで管理していないと使用料は払われないんですね。
これはかつてのボカロPの楽曲でも取り上げられました。

はカラオケで歌いたいというリクエストがあってもまだまだ美女ゲーソングは
エントリー数がとても少ないのが現状です。
管理委託されていれば使用者のカラオケ業者側も使える曲と判断できるわけなので
もっともっと採用されると思うんですね。そして作家にも使用料が配分されます。

ゲーム会社も開発が主業務なので過去の楽曲の取り扱いまで手が回らない現状もあると思います。
しかし作家としてはもっともっとファンの手の届くところに楽曲を置きたいしそれで使用料も入れば
作家業の足しに少しでもなるわけです。
(もちろんゲーム会社にも配分します)

楽曲を歌える機会も増えて作家やゲーム会社にも使用料が入る。
ファンの方はお金を出してでも歌いたいという方も多いので
みんながハッピーになれるのではないか、と思ってます。

こうした経緯で今更ですが改めてゲームソングの扱いについて考え出版社を立ち上げた次第です。

ゲーム会社や作家の自己使用は基本的に使用料免除されます。
昔の流れで自社の曲なのに自分で使用料払うんじゃないのか?という事はないので
その辺の誤解がなくなればとも思います。結局こういうのも含めて買い取り当然の
慣習もできたのではないかと思ってます。

作家さんが足並み揃えてくれるといいんですけどね。
もちろん買い取りの方がいい案件もあるのでその辺は柔軟に、ですが。
(例えばエロ度が強い詞やジャケットではiTunesにも登録できないんです!)

上原一之龍@作曲家

美少女ゲーム音楽専門の出版社を作りました。
https://vijyon.official.jp

今後は取り扱い楽曲のサイト紹介など販促もやって行きたいと思います。

美女音-ヴィジョン | 美少女ゲーム楽曲に特化した音楽出版社です

美少女ゲーム楽曲に特化した音楽出版社です

美女音-ヴィジョン
上原一之龍@作曲家

出版社業務始めました。ゲーム音楽でも積極的に管理委託してカラオケなどの二次収入を得ましょうというものです。ゲーム会社が自社でCDを出したりする分などには使用料免除があります。今までは買い取りが当たり前でしたがゲーム会社側にも作家側にも利益を還元し、カラオケに美少女ゲームのラインナップが増えればユーザーも喜ばれる、需要と供給がまさにマッチするかと思ってます。またこのような理念に賛同してくれる作家の方からの連絡もお待ちしています。