キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
今給黎 辰郎
VALUを始めました。非営利組織のファンドレイジングに関心があり、現在はDRM(Donor Relationship Management)を組織に定着させるためのコンサルティングを指向しています。

1975年長野県生まれ。2000年に関西大学大学院を卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社しシステムエンジニアとラーニングの分野に携わりました。2010年に認定NPO法人フローレンスに転職し、小規模保育園事業「おうち保育園」や子育て支援事業「グロースリンクかちどき」、被災地支援事業「ふくしまインドアパーク」などの新規事業の立ち上げ・運営のマネージャーを担当をしました。その中でも、被災地支援事業では助成金、個人寄付、法人寄付、物的寄付などで、年間約1000万円以上のファンドレイジングを2011年~2014年の期間中おこないました。

2015年に日本ファンドレイジング協会に移り、ファンドレイジングスクールと、遺贈寄付の新規事業のディレクターとして事業を推進し、2016年にはファンドレイジング・スクール1期の開講、遺贈寄付の分野では一般社団法人全国レガシーギフト協会の立ち上げを行いました。

2017年には、現在の株式会社アイエイエフコンサルティングにて、非営利組織に特化した支援者管理アプリケーションである「GOEN DRM」の担当として、DRM(Donor Relationship Management)を全国の非営利組織に定着させるために活動をしています。
See More
VALUを売買する
後藤史也 3VA
工藤 啓 3VA
鈴木和樹@フードバンク推進中 2VA
田中宝紀 2VA
今給黎 辰郎

昨日はGOENのユーザ会として、『寄付白書2017からみた日本の寄付の状況』『支援者管理(Donor Relationship Management)の考え方』のテーマで2時間セミナーをおこないました。

寄付白書2017のデータを使って最新情報を共有するとともに、『人はなぜ寄付をするのか』について知り、寄付をお願いする際の効果的なはたらきかけについて考えて行きました。

支援者管理については、支援者との関係性をよくするための基礎についてお話しました。システムは導入してすぐに効果でません。チーム全体でファンドレイジング計画のPDCAをまわすためのキモをお伝えできたと思います。

おもしろかったのは同じテーブルの異なる団体さん同士が、GOENの使い方とか、自団体のファンドレイジングの工夫しているところなどを共有している場面が何度もあったことです。企業だとシステムは経営戦略に関わることなのでなかなか共有まではしないのですが、さすが枠を超えて活動するNPOらしいなと思いました。

GOENユーザー会は2ヶ月に1回開催していきます。次回も楽しみです。

今給黎 辰郎

フローレンスで赤ちゃん縁組事業を推進するスタッフを募集しています。元フローレンスの新規事業に携わったメンバーとしてNPOの新規事業に関わる人の7ヶ条考えてみました。この中で5つくらい当てはまる人は適していると思います。

◆その1.虎穴に入らずんば虎児を得ずがモットー
NPOに関心があるからプロボノやボランティアをやってみるではなく、まずは飛び込んじゃう実践重視派

◆その2.火中の栗を拾いまくるエキストリームな性格の持ち主
事業のために、嫌な思いをしてもややこしい球を拾うガッツがある。

◆その3.群れないけどつながりは大切にする
アウトプットを重視するのでそれにつながらないことには関わりません。つきあい悪いといわれるけど、Facebookの友達は多く困った時に頼れる人とつながっています。

◆その4.周りと衝突することもあるが理解すれば修正する柔軟性がある
自分なりの考えや理由を持って自律的に行動しているので、意見の食い違いがありますが、きちんと話し合えれば理解し修正します。話し合う風土がない組織だとただのやな人とみなされる。

◆その5.ワークライフバランスよりワークアズライフ重視
新規事業の立ち上げは短期決戦なので、やらないといけないときにはやりきり力を発揮します。(これは育児や家事などもおこなった上で、仕事にのめりこむ意味で、決して仕事一筋という意味ではありません)

◆その6.去り際を知っています 
事業を立ち上げる能力と、事業を継続する能力は違うことを知っていて、事業のフェーズの切り替わりのところで適した人に引き継ぐかキャラを変えることができます。

◆その7.自分の成長を大切にしています
野武士としての戦闘力・防御力を高めることを重視していますので、経験から何が得られるかについては計算高いです。逆に得られることが合致すると短期間でのパフォーマンスは高いです。
 
https://florence.or.jp/staff/2018/01/22725/

今給黎 辰郎

全国コミュニティ財団協会の年次大会に参加してきました。テーマの「持続可能な社会と地域のためにコミュニティ財団は何ができるか?」について、冒頭のトークセッションにて、これからの日本がどんな価値観をベースに持ちつつ進んでいくのかダイアログがあり、次に各コミュニティ財団のコレクティブインパクト事業の事例紹介がありました。概念的な整理と具体例の提示でかなりはらおちしました。コミュニティ財団は、地域からお金の流れを変え、各地でおこる課題を革新的なエコシステムを創ることで解決し、日本の価値観を変えるのをリードしていくことでしょう。コミュニティ財団って何してるの?よく聞かれるのでアンケートに書いてあった役割の写真を添付します。なにげにわかりやすいです。

今給黎 辰郎

NPOマネジメント支援コンサルタント養成講座の訪問コンサルで昨年より福島県会津若松市にあるNPO法人寺子屋方丈舎様を担当させていただいており、先日最終提案でした。ミッション・ビジョン、ガバナンス、組織、財務、広報、事業と幅広く診断し、内的・外的分析を行い、重要課題の抽出、解決の方向性を絞り込んでいきました。リソースが限られているNPOだからこそ整理して優先順位をつけていくことご必要です。診断は成長に向けた第一歩を踏み出すために欠かせないなと改めて感じました。

今給黎 辰郎

草津白根の災害で観光支援のふるさと納税が始まっています。草津町のGOEN導入団体さんから教えて頂きました。

https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/367

今給黎 辰郎

Salesforce Certified Platform App Builder (WI18) - Platform アプリケーションビルダーに合格しました。昨年も同試験を受けましたが、全く点が届かない不合格でした。試験当日はかなりのプレッシャーで受験前は吐きそうでしたが、今は気分爽快です。

私は、超文系でこれまでNPOの実務やファンドレイジングをしてきたので、Salesforceの資格本当にとれるのか?自分で自分を励ましながらの勉強でした。Salesforceのすごいのは、TrailheadというWebラーニングの仕組みが無料で提供されているところです。項目の最後の確認テストでは実際にSalesforceのデモ環境に設定をして、合格しないといけなません。間違った設定をしていると、その部分を指摘して直すまで合格できないので、講師が人の研修よりもある意味厳しいです。これからの研修ってこういうふうに変わってくるんだろうなと思いつつ悪戦苦闘していました。

NPOが支援や支援者を増やしていくには、ファンドレイジング戦略をたててPDCAをまわすことが必要です。どうDoするのか(取得する情報の項目は何か、活動をどう記録するのか)、何をCheckするのか(目標値は何か、フォローが必要な閾値は?)、どうActionするべきか(支援者の属性、支援額、行動をみてPlanの変更をどうするべきか)を回すにはエクセルではできないので、Salesforceなどのツールが必須となります。そこの部分の知識を学ぶことができたので、これからの自分の活動の視野がひろがったなと思いました。

今給黎 辰郎

今年も残すところあと少しです。ふるさと納税お忘れではないですか?12/29まで広尾商店街のギャラリーで佐賀県ふるさと納税物産展を行なっています。カタログに掲載されている返礼品を手にとって確認することができたり、おいしいお酒を試飲できたりと楽しいスペースになっています。是非お越しください!!

今給黎 辰郎

寄付つきLINEスタンプの記事が、なんとLINEニュースにものりました。8月からがんばったかいがあります。

寄付つきLINEスタンプはこちらから購入可能です。
https://store.line.me/stickershop/product/1746966/ja

LINEニュースの記事はこちらです。
http://news.line.me/issue/oa-asahikids/55ddeffc2721

今給黎 辰郎

12/10に恵比寿で行われた寄付の教室の様子が記事になりました。私はふじぽんの付き添いと、日本クリニクラウン協会様の団体紹介の役割で参加しました。小学生達が楽しく寄付について学んでいる様子がわかります。写真は、クリニクラウンさんが使う赤鼻をつけてで小学生の前でプレゼンする私です。

https://park.commons30.jp/2017/12/blog-post_14.html

今給黎 辰郎

朝日中高生新聞の一面にのりました!!学芸大付属国際中等部ボランティア部の学生さんと寄付つきLINEスタンプをつくったことを記事にしていただきました。

今給黎 辰郎

【認定ファンドレイザーの最短パス:ファンドレイジングスクールのご紹介】

認定ファンドレイザーとして、様々な非営利組織のファンドレイジング戦略を作成し、実施していくには多くの知識や実践経験が必要なのですが、なかなか自分だけではそこを埋めていくのはしんどいです。そこで登場したのが、ファンドレイジングスクールです。

ケーススタディ中心の学びと、実団体のファンドレイジング戦略を作成する実践の場を、仲間と一緒に突き進む濃密な学びの場です。私も一期生と過ごした濃密な一年は忘れられません。

そんなファンドレイジングスクールの説明会が開催されることになりましたのでご紹介します。

◆詳細ページ
http://jfra.jp/event/19778

◆日時
①2017年12月22日(金) 19:00-21:00(開場18:30)
②2018年1月30日(火) 19:00-21:00(開場18:30)
③2018年2月27日(火) 19:00-21:00(開場18:30)
④2018年4月11日(水) 19:00-21:00(開場18:30)※会場調整中
※FRJ2018の2日目ランチセッション(3/18)でも説明会を開催します。

◆場所
日本財団ビル2F会議室 会議室1~2

今給黎 辰郎

8月から毎週学芸大附属国際中等部に通い中高生たちとつくり上げてきた、寄付つきLINEスタンプが完成しました。そのことを東京新聞に掲載して頂きました。黒子として写真の隅に写っています。かわいいキャラのふじぽんの40種類のスタンプで、利益はすべて非営利団体に寄付されます。

・寄付への関心 若い世代に LINEスタンプ開発、発売
http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201711/CK2017112902000155.html

今給黎 辰郎

GOENの説明会@岡山を実施しました。参加の14名のみなさまに、支援者管理(Donor Relationship Management)の基礎をお伝えしつつ、対応するGOENの機能説明とデモをしました。導入する承認を得るために上司を連れてきてくださる方がいたり、具体的な移行方法について質問があったりと、積極的な姿勢の方が多かったです。

今給黎 辰郎

社会課題の解決を支えるICTサービス大賞が開催され、GOEN DRMはNPO運営部門特別賞を受賞しました!2015年から続けてきたとりくみが評価されて嬉しいです。

◎大賞
「Power of Us プログラム 非営利団体向け Lightning Enterprise Edition」株式会社セールスフォース・ドットコム

【社会課題解決部門】
○部門賞
「インターネット上での無料学習サービス提供 」NPO 法人 eboard
○特別賞
「出産と産後の準備アプリ「ファミリースタート」」NPO 法人マドレボニータ

【NPO運営部門】
○部門賞
「Power of Us プログラム 非営利団体向け Lightning Enterprise Edition」株式会社セールスフォース・ドットコム 様
○特別賞
「Google 広告×かんたん 1 枚 Web サイト NPO 広報強化プログラム」株式会社ペライチ
○特別賞
「GOEN DRM」株式会社アイエイエフコンサルティング

今給黎 辰郎

ほとんどの競走馬は引退後、悲しい生涯を終えています。そんな現状を変えるために引退馬を訓練(リトレーニング)し乗馬用の馬としてセカンドキャリアを支援している『NPO法人吉備高原サラブリトレーニング』という団体が岡山にあります。この度GOENの導入が完了しましたのでトレーニングを実施させて頂きました。団体のフェーズとして認知度が一気に高まり、成長痛まっただなかですが、支援者管理をするために今GOENをいれなくては!!と熱い思いを感じました。社会課題の解決を支えるGOENでありたいです。
https://www.thoroughbret.org/

今給黎 辰郎

私のValuerでもある田中さんとお話をしました。外国にルーツを持つ子どもが日本にはたくさんいて、困難な状況下の子も少なくないことを初めて知りました。言葉の壁や貧困など様々な社会問題が絡んでいます。しかし、支援をする側のリソースが圧倒的に足らない状況の中で、この社会問題の認知を広げて、事業を運営し、組織を整え、財源も確保するのは本当に難しいです。支援者管理においてGOENが少しでも役立てばと思いました。