鬼頭哲也@個が立つ和の共同体(J humind)
【個が立つ和の共同体社会】提唱者
実現に向けて活動中;http://jhumindassociation.hatenablog.com/entry/2017/04/09/000000
※構成する為に必要な4本の柱
・根幹
①和心(もともと人は全部自分であり、皆違うけど素晴らしい)
・構成要素
②安心の場づくり(∞発信・∞受信)
③個を立てる(特性を知り、規定する)
④心の循環=経済循環(自分以外との循環により生活の全てを互いに支え合う)

【進行中のプロジェクト】
① 志々島國創りプロジェクト;https://shishijima.themedia.jp/posts/2469500
『志々島國創り計画案』
私が提唱する新しい社会の在り方『個が立つ和の共同体社会』の実現を前提とした案となります。

それに必要な要素として、人が間を作らず壁を作ってしまっている現状を打破するために、教育課程では教えてこなかった『人間関係』を、勉学ではなく体験しながら自分の在り方を更新していける滞在型の村(テーマパーク)を作ろうと思っています。

人によって態度を変えたり、自分がいろいろな条件状況を理由に出来ないや無理を勝手に決め付けて、自分の可能性をフル活用出来ず、自分の人生なのに誰かのルールの上で生きていっているのが現代社会だと思っています。

誰とでもちゃんと自分自身の全てを表現し、正面からコミュニケーションをとっていく自分の在り方になっていくことで、自分の意見をハッキリと伝え、真意の循環ができる関係性を築いていける人になり、昔の村ぐるみで子育てをしていたような、人と人とが血の通った温かみのある地域社会をもう一度作り上げていけるようにしていくのが目的です。

インターンや自分探しの旅をするぐらいなら、ここに来てそこに住む人と何日か寝食を共にすることで、こんな関係性が理想的だなぁと思ってもらえるような村を創りたいと考えています。

② 作家(執筆活動:少しずつ前進中)
作品
【いこうよ】
https://www.amazon.co.jp/dp/B0765PQMBT/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_sND1zb1RCF1V9



ひとりじゃないよ・みんなひとつ・みんな違うがそれが素晴らしい・人生再創造・人生RPG・現実を遊び直す・想像と創造(imaginationとcreation)

優待情報

日々増える私のウォッチャーにあなたを紹介したら、アクティブな人に認知されます!

1日に大体20人ペースで増えていってる私のウォッチャーさんに

あなたをしっかりと認知してもらえるような紹介文を書きます!

私の座右の銘は【どうせやるならきちんとやろう】

●あなたのFacebookやTwitter
●貼ってある全てのリンク
●VALU内での投稿など

徹底的に渡り歩き、細かなご紹介をさせていただきます!


コピーしてどこに出してもあなたのことが細かくわかる紹介文を書きますよ\(^o^)/

ご希望される方は、

Facebook
https://www.facebook.com/jhumindkito

または

Twitter
https://twitter.com/jhumindkito

にメッセージでご連絡ください( ゚Д゚)b




まだまだ増え続ける新規さんや、

古参のVALU利用者さんに、

再度あなたの事を深く知っていただきましょう(*^-゜)v
  • 保有者全員
  • 期間:2017/07/26~2020/12/31
  • 登録日:2017/07/26

島の復興支援功績者の一覧に、あなたの名前を記載します!

今私が主として立ち上げている『志々島國創りプロジェクト』は、志々島の整地開拓も念頭に置いたプロジェクトとして動いています。
皆様のVA購入を島の復興の一部として使わせていただく予定です。
そこで私の株を一定数保有してくださった方に、神社やお寺などによくある『奉賛者芳名板(写真)』のようなものを創り、志々島復興支援功績者として列名させていただきます。

【条件】
『20VA保有』で列名権利取得。
『50VA保有』で芳名板の最上段に列名。

志々島は最大1200人居た島民人口が現在は17名、島民平均年齢65歳以上で、40歳以下の移住者が2名という、島の手入れや維持をするのには厳しい状況にあります。
島には重機が通れるような道もなく、車やバイクもないまさしく自然と人が共存した素晴らしい島です。

皆様のご支援が、島民の生活基盤の活性化に繋がります。
是非ともご支援くださいますよう、宜しくお願い致します。
  • VALUers(20 ~ 50)
  • 期間:2017/07/05~2020/12/31
  • 登録日:2017/07/05

※ 優待の発行・配布および優待内容の実施は、VALU発行主の責任で行われます。