【不安定な世界、不完全な自分を、それでも愛す】たった一つの想いを伝えるために、アニメ映画を創りたい

キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

鐘崎裕太 @ココロ×アニメ作家

ココロ×アニメ作家(アニメ映画監督志望)

現在値 0.001350BTC
時価総額 0.675000BTC
発行VA数 500VA
アカウント
VALU登録日 2017年07月13日
Facebook 鐘崎裕太
Twitter @kanezakiyuta
Instagram @kanezaki_japancooking
Website http://kokorohouse.jp/
Open Asset AKgEmVFsx4352sqQhxxr5Xtx4vbJD3m7L5
バイオグラフィー
!!期間限定で、VALUによるアニメ資金調達を実施中!!詳しくは↓まで

1分短編アニメ「つけものの朝」
◇テーマ
誰もが感じる、様々な「好き嫌い」を
漬物の味とかけあわせてCM風に表現。
少しだけ、朝が楽しみになる作品。

◇あらすじ
2児の母となった絵美はとにかく不器用。
不慣れな環境、失敗続きの辛い毎日。
次第に朝が嫌いになっていく。
そんな中、おばあちゃんが朝ごはんにと
送ってくれたのは、絵美が嫌いな「漬物」だった。

作品詳細▼
http://kokorohouse.jp/tukemononoasa

調達実施期間:4月21日~6月末
希望額:7万円
◇内訳
 ポスター制作費・・・3万円
 声優起用費・・・2万円
 楽曲制作費・・・2万円
1VA=0.001350(1200円ほど)なので
1000円単位でのご購入となります。
VA数に合わせて、優待ありです!

現在アニメ制作に集中するため、会社や漫画家を
辞めて、週3のアルバイトで何とか生計を立てている状態です。
貯金はほとんどなく、皆様によるご支援によって
アニメ制作を続けることができます。
必ず、現代に生きる、この3人の物語を
素晴らしい形で完成させたいです。
皆様の暖かなご支援が、物語に影響を与えます。
そして、皆様1人1人の心に、少しでも響かせることが
アニメ作家として、至高の喜びです。

今作品は、ロケットプロジェクト第一段となります。
【映画館スクリーンをレンタルして上映会を開催!?】
ロケットプロジェクトとは?▼
http://kokorohouse.jp/rocketproject

●今までの活動
3分ほどの短編アニメ「しあわせのしょうこ」
今年2月に完成!
・本編
https://www.youtube.com/watch?v=12Y6ggQ4A6s&t=5s
・詳細
http://kokorohouse.jp/siawasenosyoko

・クラウドファンディングにて
 145,000円の支援を頂くことができました!
https://camp-fire.jp/projects/view/39768

●簡単な自己紹介
「心の動きを丁寧に汲み取った、繊細で
全く新しいアニメ」をコンセプトに
アニメ映画監督を目指している19歳。

吃音症、ADHD、場面緘黙症という
3重苦に苦しみ、生きる意味をなくしかける。
そんな中、いつも救われていたのは映画だった。
ひたすらに負け続けた僕だからこそ
表現できる世界があると決意し
2017年後半、映画制作に向けたアニメ制作を始める。

【自己紹介】鐘崎裕太って誰?何をしているの?
http://kokorohouse.jp/introduction
【僕が映像を創る理由】負けて負けて負け続けた人生だからこそ、表現できるものがある。
http://kokorohouse.jp/movielife

●映画にかける思い

突然ですが皆さん、人には言えないけど、とても辛い痛みや、苦しみを背負って、生きてないですか?

「ホントは会社辞めて楽になりたい・・」
「私だって、泣きたいのに・・」
「何でこんなにも上手くいかないのか・・」
例えだしたらキリがありません。

僕はそんな人を、腐るほど見てきました。
僕の母や、学校の先生、バイトの先輩や店長など。様々な葛藤を抱えつつも、必死に自分の中で押し殺して、もがいていました。

僕自身もそうでした。吃音症で、学校もバイトも上手くいかず、本当に辛い思いをしました。誰が本当の自分か分からず、ひたすらベットで泣いていた日もありました。
なので、他人の痛みなんてイヤでも感じてしまうんです。
特に高校3年の間、僕は何度も人生を諦めかけました。
そしてきっと、僕のように苦しんでいる人が、この世にはたくさんいるのだろうと悟りました。
僕が、映像を創ろうと思ったのは、それからです。

僕は、基本的に人生に失敗してしまった方のために
映画を創り続けたいと強く思っています。
せめて映画の中だけでは
その押し殺していた心を解放してほしいんです。

そして、少しでもその心をこの世界に持ち帰って、生きる希望となれば、これ以上に嬉しいモノはありません!

また、吃音症やADHDで苦しんでいる方のために
アニメだけでなく、僕自身の活動がエールとなるような
人生を歩んでいきたいと考えています。

改めて、、僕の活動を通じて、今を生きる全ての方々に
少しでも「生きること」に前向きになって頂ければと
思っています。
宜しくお願い致します!
保有中のVALU 29