キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

高木 薫


現在値 0.024000BTC
時価総額 24.000000BTC
発行VA数 1000VA
ファイナンシャルプランナーの高木薫です。

相談はFBにて受け付けており、特に資産運用・ライフプランの提供に自信があります。必ずあなたの資産構築に貢献していきます。

資産構築にむけたノウハウをアクティビティにて配信していくのでご参考ください。

投資家としても長者番付入りを目指してます。

世界旅行と読書のブログ「キャプロア」のアドバイザーをしています。(http://www.caplore.com/
高木 薫

福山さん https://valu.is/ichigosan のいちごが優待で届きました。
すでにちょっと漏れている香りが美味しそうです(*^^*)

高木 薫

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの高木薫です。

支出がコントロールできていれば投資を成功させることはそれほど難しくないと伝えました。それでもどのような資産に投資すればいいのでしょうか。

ここは、結局のところどれがいいか断言はできません。例えば、私の昨年の投資成果はビットコインより遥かに下なので、最適なものはわからないからです。

ただ、基本的には円資産ではないものにも投資はした方がよいし、個別の銘柄を調べることが楽しい人以外は、世界全体のインデックスや、ロボット投信等を使用するのがよいと思います。

なぜかというと、日本の円資産の成長の方が優れているという状況は、日本の景気が他国より絶好調ということであり、その場合、多少投資結果が悪くても、日本で働く場所はたくさんあって、給料もよく、年金の運用もうまくいく状態なので生活に問題はないと思われるからです。
やはり日本の国力が相対的に落ちても大丈夫という方向をヘッジしたほうがいいと思われます。

もちろん、優良な個別投資先を見つけた方が成果はあがりますが、世界全体のインデックスやロボット投信であれば、基本的に世界の中央銀行がお金を擦り続ける限り上昇が見込めると思います。

ただし、私は個別の投資先を調べることが好きなので、あまりそれらに投資していません。

年単位で投資を継続することで、驚くような資産を貯めることができると思います。

高木 薫

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの高木薫です。

前回までに支出を自分の価値観に合わせた形にコントロールすることを伝えました。支出が適正な形となり、自然と収入>支出という形になれば、投資で成功することは非常に簡単になります。

資本主義では基本的に資産はインフレしていき、ピケティの法則より、給与収入より資産の成長が早いので、値動きにとらわれずに剰余金を投資していけば期待値が大きくプラスとなるからです。

よく、株なんて9割負ける等の意見を見かけますが、なぜ期待値がプラスなのに9割も負けてしまうなどという意見がでるのでしょうか?
大半の個人投資家は半々で勝つか負けるとします。負けた投資家は負けて嫌になって退場するのでこの時点で半分負けます。勝った投資家は気分を良くして、パーッと散財しつつ、次は勝った額をそのまま再投資します。

これを繰り返していくと、賢明な一部の投資家を除くと、最後は負けて退場するので、9割負けるということになってしまっているのではないかなと思います。

逆に考えると、支出をコントロールできていれば賢明な一部の投資家になることは、それほど難しくないのではないかということです。

高木 薫

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの高木薫です。

生活面における節約は個々の価値観によりますが、税金・保険等誰でも有効な節約もあります(税金をどうしても多く支払いたいという場合は止めませんが・・・笑)

例えば、仮想通貨も額が非常に大きくなっているのであれば、法人で扱った方が節税になりますし、累進課税なので、一人に所得を集中させずに家族に分散させるように投資したほうが節税になると思われます。

住宅ローンについては闇雲に繰り上げ返済や、頭金を多く積むよりも、住宅ローン減税を最大限に活用してから繰り上げ返済をしたほうが効率的です。
また、子供の教育費を貯めるぐらいであれば、教育費は奨学金で捻出し、ローンをその分返済したほうが奨学金の金利の方が低いため、お得になるでしょう。

ふるさと納税については非常にお得な制度となっています。収入が多い方ほど、大きなメリットがあるので、実行する時間より、私の時給は高いんだ!ということは発生しません。安心して取り組んでみるといいと思います。

保険について、多くの日本人は保険に入りすぎて逆に生活に支障が出ていると思われます。年金と健康保険の費用でかなりの面をカバーする制度になっていますので、特に生命保険、医療保険などはかなり支払いを抑えても大丈夫であると思います。

これらの支出は基本的に節約しても、体感する生活レベルには一切影響がでないと思います。

高木 薫

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの高木薫です。

では、削ってよい支出とはなにか?それは個々の価値観によるので、相談して決めていきましょう笑
基本的には毎月固定化してかかっているものの中から、周囲に流されて高額になっているものをスッキリさせれば、それだけで大丈夫ですよ。(とっても簡単!)

とにかく、無理はいけません。短期的な数字よりもメンタルを重視して楽しく生活しましょう。

高木 薫

きゃっぷさんのTシャツ優待 https://valu.is/caplore/incentives を申し込みました。少し前からしってたんだけど、15日になると忘れてたりしていました笑

これでTシャツ買わなくてもいいかと期待しています笑

きゃっぷ@未来を編集パンダ on VALU

世界旅行と読書のブログ「キャプロア」運営者 http://www.caplore.com/

VALU
高木 薫

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの高木薫です。

資産構築への目標が定まったら早速行動していきましょう。収入と支出の差額を大きくするためにまず手をつけるところはどこでしょうか。収入が増えただけではお金持ちになれないという例は多くあります(下記のスポーツ選手例等)。なので、まず支出を適正な形にするべきです。

もちろん支出をあれもこれもと削っていくとホームレスになってしまいます笑
ここで、自分の価値観が確立していることが重要となります。ほとんどの家計で削っても全く体感的な生活レベルに影響のない支出があるはずです。(もし、そんな支出はない!ということであれば、それは現在の生活が分不相応な贅沢をして成立しているということです。)

例えば、私は駅近に住むことで、車のない生活をしています。ドライブが趣味というわけでもないので、これだけで一般的な家計と比較して大きく支出が減っていると思います。今後、必要になったとしても、スマホにおける格安シム同様に安く抑える手段はかなりあると思われます。

興味のない支出をどんどん削っていくと、逆に自分が楽しいと思うことに多少支出を増やしても、今までより支出が減っているということになるのではないでしょうか。

こうなれば、今までより、生活レベルをあげつつ自然と資産が貯まるという状態になります。一旦貯まるようになれば、収入面では資産からの収入が徐々に加算されていくので、時間が立つにつれて、生活レベルも向上し、資産も貯まるということが可能となります。

高木 薫

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの高木薫です。

前日、収入が増えるだけでは、資産を増やすことができず、支出をコントロールすることが重要と話ました。要するに、あるだけ使ってしまうという状態から脱却する必要があるということです。

支出をコントロールするためには、お金に関する目標、夢、価値観がしっかりと確立されることが最も近道であると思います。

私は、新入社員として入社した会社でずっと勤める人生はしたくないと思っていました。また、サラリーマンよりずっとお金持ちになるという目標があったので、そのために最適な生活をしようとすると自然と出費が抑えられていきました。

私と同じような目標を持てというわけではありませんが、目標を持って自然と目標に近づくように生活をすることで、我慢して貯めるんだという意識から離れることが大切です。

例えば、私の顧客の一人では、それまでお金が全く溜まっていませんでしたが、よくよく理想的な生活をイメージしてもらうと、毎年、半年間ヨーロッパで趣味のサッカー観戦ができるようになりたいとのことだったので、その生活であると、1億強の資産を保有し、年間500〜1000万ぐらいの不労所得があれば達成可能ではないかと至りました。

これまで彼は、どうせそんな生活は無理だろうと思っていたので、資産を増やすことができていませんでしたが、目標が数字となり確立されたことで、支出を抑える行動や、収入を増やす行動を面倒・聞くだけ聞いてやらないといったことがなくなり、徐々に資産が増え始めています。

人間が行動することなので、とにかくメンタル面を整備してからスタートすることが結局は近道であるということです。

高木 薫

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの高木薫です。
本日より、資産構築に向けたノウハウを配信していきたいと思います。

<投資を始める前に>
資産というのはもちろん、収入ー支出が+のときに増加し、ーの時は減少します。魔法はありません。なので、資産を増やすということは収入を増やすか支出を減らすしかないということです。

じゃあ、収入を増やすから、どの株に投資したらよいか。次に流行る仮想通貨はなにかというような情報が欲しい方が多いのではないかと思いますが、たとえ次に流行る仮想通貨が分かっていても、それは確実に資産構築できる情報ではありません。

同様に収入が増えればお金が貯まるのに・・・と思っていることも正しくありません。

なぜか?例えば、収入が多い代表である人気スポーツ選手は非常に破産する確率が高いです。
NBAプレイヤーの約6割が引退から5年以内に自己破産し、NFL選手の約8割は引退後2年を持たずに破産するか、経済的に困窮する。というようなデータもあります。

収入が多くてもお金持ちであることとは関係ないということが分かっていただけましたか?今、資産(貯金)が増えていないという方は収入が増えたとしても、おそらく支出がつられて増加し、資産が増えていかないということが予想されます。

ただし、じゃあケチになればいいかというとそうではありません。それではただの貧相な生活になってしまうし、なにより、ケチをする本人がいずれ耐えられずに散財してしまうからです。私も含めて、人間のメンタルは非常に弱いので我慢はよくありません。

よって、資産を築くためには、まず支出がコントロールできるようになることが必要です。

高木 薫

現在、投資技能がない方が投資をする場合、積立ニーサは非常におすすめできます。

積立投資が成功するためには、長期で右肩上がりという前提が必要ですが、資本主義のシステムでは世界経済全体は右肩上がりになるだろうと予想されるからです。

日本国民の5000万人が20年積立を実施し、現状のように年3%程度、世界経済の成長があると過程すると、積立総額は約550兆円(一人当たり1100万円)、その後、資産から年15兆円の収入が発生していきます。年金問題も解決しそうな気がしませんか?

高木 薫

1月末にて会社を退職しました。

生活資金を安く抑えていることも含めて、投資のみで十分生活ができると見ています。

今後の身の振り方として、投資のみで生活を可能にしている真に資産運用力のあるファイナンシャルプランナーとして、一般の方の資産運用・ライフプランの構築を手助けしていきたいと思っています。

当面はCFPの資格取得勉強と、ブログ等、情報発信の構築を進めていきたいと思います。

育児と合わせて頑張っていきます(画像は我が家のかなこちゃん)

高木 薫

きゃっぷさんhttps://valu.is/caplore/incentives
の優待で海外たからくじが届きました!

当たるといいなあ

高木 薫

ビットコインはすでにバブルのような上がり方ですが、フィンテック、電子マネー、ブロックチェーン等々、全てこれから流行る!革命だ!と言われているんですよね。

元が安すぎただけで、バブルなんてものはなかったということもあると思います。

高木 薫

VALU自体はめっちゃ損したなあと思ってたけど、JPYにすると対して損してないのかな。
BTCの値上がりがすごすぎる