サックス、フルート奏者として、日本中で演奏活動を展開、教室「菊地サックス、フルート道場」を発展させる

検索

ユーザー ハッシュタグ

菊地 康正 Kose Kikuchi

サックス、フルート奏者、音楽教室経営

現在値 0.000127BTC
時価総額 2.540000BTC
発行VA数 20000VA
●1953年秋田県生まれ、中高は吹奏学部で活動チューバ、クラ、サックスを担当。同時にピアノ、ギターも独習。

19歳で大学入学のために上京。直ぐにキャバレーのバンドマンを振り出しにプロ活動開始。サックスを松本英彦に、音楽理論は三木敏悟に師事。三木敏悟とインナーギャラクシーオーケストラ、つのだひろ& Japs Gaps などに参加。

 以降一流アーティストのサポートメンバー、スタジオミュージシャンとして活動。共演アーティストには、アイドル系からジャズ、ロック系まで多数。例えば矢沢永吉(vo)、日野皓正(tp)、世良譲(p)、松田聖子、渡辺美里、河合奈保子、サラ・ボーン、ヘレン・メリルなど。マントルー(スイス)やノースシー(オランダ)など海外ジャズフェスなどでの演奏、来日有名音楽家との共演経験も多い。

●自身の活動では1992年から10年間、4サックスアンサンブル集団"Sax machines"を組織、リーダー兼作編曲家として、ジャズ、ロック、ラテン、ポップスの名曲をユニークなアレンジで聴かせるバンドとしてライブ、アルバム制作を10年にわたって続けた。2000年にアルバム"Sax machines"発売後、2003年には、日韓文化交流の一環として、韓国のソウルナショナルシンフォニーオーケストラと共演、2007年には、韓国ソウル市で同オケに客演した。

2010年、チャリティコンサート/ジャズとシャンソンの夕べを東京大井町きゅりあん小ホールにて河津延樹(Vo)稲里ひろみ
(Vo)らと開催、成功させた。

●並行して、長年にわたり教育活動も行っており、東京、横浜、名古屋、大阪の各教室で教鞭を執る傍ら、多数のCD教本、DVD、電子教材の製作、通信教育も実施、成果を上げており、卒業生は1000名を超える。

●再開したsax machines は、東京、大阪の二つのチームでライブ開催中。アレンジ曲も増えて、打ち込みオケとサックス4人のチームで全国コンサートツァーも目論む。最新作 CD は,Reborn again(2017)、60代にして、演奏、アレンジ、教育面でも更に意欲を燃やしている。

菊地康正サイト:https://kose-sax-flute.love