優しい人が幸せになる世界を創る

工藤柊@Veganコミュニティ創造中

肩書き募集中

現在値 0.000434BTC
時価総額 0.434000BTC
発行VA数 1000VA
「優しい人が幸せになる世界を創る」

●現在の活動
・あじのね
廃棄食材を集め調理して提供するあつめ食堂を運営する「食料廃棄救出部隊アツメンジャー」
・ベジプロジェクト
神戸大学の前食堂へveganメニュー導入を提案する「ベジプロ大学神大支部」代表。
・VC(現在立ち上げ中)
Veganを選択する人が手を結び、一人ひとりの豊かな暮らしを実現するための組織を立ち上げ中。

●経歴
<1999年2月28日>
大阪にて生まれる。(2700g)

<2014年4月>
近畿大学付属高校 入学。

<2016年11月1日>
ぺちゃんこの猫を見てVeganに。

<2017年4月>
神戸大学国際人間科学部に入学。

<2017年5月>
大学に入って浮かれて、多くの団体に入ったので、それらの紹介をします。

「NPO法人アイセック神戸大学支部」に入会する。(既に脱会しています)
活動内容:共創的リーダーの輩出の為に、海外インターンシップを企画運営。そのプロジェクトの一つとして、社会企業家の輩出を目指し活動。

「NPO法人ベジプロジェクト」に入会し、神戸大学支部の代表となる。
活動内容:食堂へVeganメニュー導入を提案の為、生協と連携してレシピ作成、試作実施。学生へのVeganの認知度向上の為、映画館紹介などを実施。

神戸大学公認団体「ぶさべじ」に入会する。
農家さんをヒーローに!学生をクリエイターに!を目標に、農家さんから直接購入した野菜で”ご飯会”の実施や、様々な分野の専門家を招いてご飯を囲んで学ぶ”学美食会”、学生が食の原点を体験できる”農業体験”などを企画運営。
(現在は、「あじのね」という団体名になっています)

学生団体「ゆとりの。」に入会する。(既に脱会しています)
活動内容:ゆとりのある社会を目指す活動の一環として、フードロス削減の為に、廃棄されるはずだった食材を調理して提供する”ディスコスープ”や、同じく廃棄されるはずだった食材を用いて、神戸大学内にて料理を学生に提供する”おふくわけ”を実施。

<2017年9月>
ベジタイムTVのインタビューを受ける。

<2017年11月>
ブログ「そうは言っても工藤さん」開設。

<201711月>
スローフードが主催の「We Feed The Planet」にてパネルディスカッション登壇。

<2018年2月>
「ぶさべじ」の一事業として、”食料廃棄救出部隊アツメンジャー”始動。
活動内容:食料廃棄削減のための、廃棄になった食材をゴミ箱ではない新しいルートである”あつめ食堂”を運営し、新しいビジネスモデルを提案する。

<2018年4月>
VC立ち上げ。