アルゼンチン人を超えるアルゼンチンタンゴダンサーになりたい!ショーのご依頼、募集中です。

Kumiko Mori

@kumikom
アルゼンチンタンゴダンサー
アルゼンチンタンゴダンサー、Kumikoです。

アルゼンチンタンゴのメッカ、ブエノスアイレスを訪れること10回、滞在期間4年超、現在は東京を拠点にタンゴダンサーとして活動中。

2007年、アルゼンチン留学から帰国直後、1日だけ練習して出場した「タンゴダンス選手権 アジア大会」でプロのペア達をおさえ三位入賞。

これを機にプロになると決意。再度アルゼンチンへ渡る。

2009年、本場ブエノスアイレスでプロデビュー。当時ブエノスアイレスで活動するアジア人ペアは珍しかったためショーの依頼が殺到。アルゼンチン人も憧れる、数々の場所でデモンストレーションを行う。

2010年にはブエノスアイレスで開催されている、「ミステリオ タンゴ フェスティバル」に唯一のアジア人アーティストとして招聘される。

2012年に当時のパートナーとペア解消。
その後、数々のアルゼンチン人ダンサーとレッスンやショーを行うが、中々固定のパートナーが見つからず、東京とブエノスアイレスを行ったり来たりの生活を続ける。2016年頃からアジア、ヨーロッパを中心に多くのタンゴイベントに参加し、タンゴへの新たな取組みを模索。

2017年、タンゴダンス愛好家のための国際交流イベント「La Media Luna Tango Marathon 」を主催。
2017、2018年の2回で世界40ヶ国超から参加者を集める。

2018年6月、アルゼンチン人タンゴダンサーと劇的な出会いがあり、6年半ぶりに正式にパートナーとしてペア結成。

ここから人生が180度激変する。
(変化が凄すぎて、まだついて行けてない感若干あり)

同年9月にはブエノスアイレスで毎年開催される世界最大のタンゴイベント「CITA」を日本で「CITA JAPAN」として開催。
タンゴ界を変革したレジェンドと呼ばれるダンサーを日本に招聘することに成功。

その直後、本家「CITA 2019」に出演が決定。アジア人がCITAに出演するのは今回が初の快挙。

さらにタンゴ界のオスカー賞と言われる「Premios Tango 」の審査員として選出される。

今後の目標は、活動の場をどんどん広げて、世界で活躍するタンゴダンサーになること。
たくさんの方にアルゼンチンタンゴの楽しさを知ってもらうこと。
私達のショーを観てワクワクしてもらうこと!

valuで得た資金は、衣装やシューズ、メイクアップ用品など、アーティスト活動に必要なものの購入に使わせていただきます。


こちらから私の活動をご覧いただけます↓
https://www.aleykumitango.com/