きぐみのつみき KUMINO を、100年先まで届くプロダクトにする

検索

ユーザー ハッシュタグ

イノウエシンヤ@クミノ工房

玩具作家

現在値 0.015000BTC
時価総額 15.000000BTC
発行VA数 1000VA
考案した「きぐみのつみき KUMINO」を、日本を代表するつみきにすべく、滋賀県東近江市奥永源寺エリアの箕川町に工房を設け、2016年より事業をはじめました。

「日本の家は木を組んで作るのに、木を組んで家をつくる玩具は、どうして無いのだろう?」KUMINO が生まれるきっかけになったのは、そんな単純な疑問でした。

実際に木を組んで作る家の、仕口や継ぎ手と呼ばれる木と木をつなぐ方法は多種多様です。柱や梁や桁などのそれぞれの部位が、それぞれ違った形をしています。それをそのまま小さくしたのでは、模型になってしまい、自由さを秘めた玩具にはなりません。

KUMINO は、イノベーションを起こしたつみ木です。KUMINO が独創的なのは、ただ一種類のピースであること。それなのに、木組みを生かした、これまでのつみ木では実現できなかった造形ができることです。

遊んだ人からは「レゴみたい」という感想を聞くことがあります。
確かに、組み合わせてしっかりした立体を作るのはレゴに通じるところがあるかもしれません。

しかし、KUMINOの基本形は「柱状」です。軸から軸に、荷重が伝わる感覚はレゴとはかなり異なります。

また、レゴほど接合が強くないので、しっかりした構造物を、あっという間にバラバラにすることができます。これは KUMINO ならではの体験です。

また、レゴの様にリアルな造形はできません。しかし、その分、遊び手が想像力を発揮して楽しむことができます。

【KUMINOの遊び方】(2分間の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=G3ldKF1-W5U

つみ木は、ドイツ人のフレーベルが、教育のための玩具として開発した「恩物」が始まりと言われています。様々なつみ木が流通していますが、多くは海外産であったり、海外で生まれた形の模倣であるものが多いと思います。

日本の国土の2/3は森林です。これだけ豊かな森林資源があるのに、日本で生まれたデザインで、世界中で親しまれているつみ木というのは、まだありません。KUMINO は日本の木材と大工の技術から発想した、日本で生まれたデザインです。折り紙のように世界中で親しまれる可能性を秘めていると考えています。

KUMINO は国内の実用新案登録を行っています。また、PCT国際出願を行い、外国での特許取得に向けた審査を受けています。その結果、「進歩性」「新規性」「産業上の利用可能性」いずれも「有り」の審査結果が得られました。つみき発祥の国であるドイツをはじめ、特許権の各国への国内移行手続きを行いたいと考えています。

KUMINO は、森と人の新しい関係をつくる存在となることを目指して、全てのピースに木材の産地の焼き印を入れています。「あの山の木が、こんな風に使えるんだ!」ということが多くの人に伝わり、山の木が使用されるきっかけを作りたいと考えています。

KUMINO の面白さを多くの人に知ってもらいたい。

KUMINO が日本を代表するつみ木になり、世界中で楽しまれるようになるまでを、一緒に楽しめる仲間との出会いを期待して Valu にエントリーしました。

どうぞよろしくお願いいたします。
イノウエシンヤ@クミノ工房

東京おもちゃ美術館の企画展で「木のおもちゃ20作家展」が開催されています。

今回、展示の仲間に加えて頂きました。

企画展の「木に親しんでもらうコラボレーション企画」で、基尺が4cmの KUMINO を作成しました。(販売しているバージョンは基尺が3cmです。)基尺を4cmにすると長辺は24cmという巨大サイズになってしまいますが、杉の軽さが生きています。

3cmのものと4cmのものを持ち比べると、その違いが色々と感じられて面白いです。
是非、触れて頂ければと思います。

開催期間は 2018/9/15(土)~2019/2/3(日) です。

VALUERさんは言って頂けましたら、招待券を送らせて頂きます。

イノウエシンヤ@クミノ工房

今日は空気が乾燥しているので、営業セットに風をあてました。

14ピース×108セット+α。

とりくる優待の抽選をしなくてはいけないのですが、このところ余力がなく、もうしばらくお待ちください。

イノウエシンヤ@クミノ工房

今日は 19:00〜21:00、京都市役所近くのペレット町家ヒノコさんというところにおります。

https://www.facebook.com/events/273817693198811/

イノウエシンヤ@クミノ工房

昨日、測量のお手伝いで、久しぶりに山に入りました。そこで出会った立派な杉。AさんとBさんの敷地の境界にある木ということで残されてきた木だと思うのですが、樹齢100年は軽く超えていると思います。杉の古樹は樹皮が若いものと全然違って、その風格に惹きつけられます。動物のような動きや熱はなくとも、樹木とは存在としての交流があります。



にっちもさっちもいかないような気持ちになると、原点に帰ってきます。

結局のところは
「その山に”本当”に登りたいのかい?」
と言うことなのだと思います。

イノウエシンヤ@クミノ工房

この方の文章には、いつも適切な重みがあり、温度があります。

くじけるような気持ちの時にこの方の文章を読んで励まされています。

さて、この方とは誰でしょうか?


答え: https://valu.is/shinichiro884

そんな林真一郎《築炉職人》さんにVAをご購入頂きました。ありがとうございます。

前の会社では、鉄くずを溶かす時に使う電極を作っている工場の近くにいたので、炉は身近に感じておりました。

住まわれているところは意外と近くだと思うので、いつかお会いしたいと思っています。

林真一郎《築炉職人》 on VALU

生活に必要な製品は必ず炉から始まり、使い終われば大半は炉で最後を迎える縁の下の力持ちの炉を作る築炉職人ですが、縁の下すぎて誰にも知られていないので、築炉職人の世界を知ってもらえれば...

VALU
イノウエシンヤ@クミノ工房

【KUMINOワークショップ in 柿原】のお知らせ
https://www.facebook.com/events/1850166021731884/

鳥取宣伝隊ガニー@田淵厚志さん(https://valu.is/tabu-)からお声掛けを頂き、7月に予定していたものの台風の為延期した「KUMINOワークショップ in 柿原」。

あらためて 2018年9月29日(土) 13:30 〜 開催することとなりました。
ワークショップの後は交流会があり、続けて宿泊も可能です。
つい最近、どこかでこんな合宿があったような気が…w

鳥取での新しい出会いを楽しみにしています!

イノウエシンヤ@クミノ工房

『とりくる優待』

久しぶりに設定した「キューブはんこの優待」ですが、もう少し届け易くする為に、一つアイデアを考えました。

VALUを見ていて、今すぐにはVAを買う形では応援できないけれど、気持ちでは応援しているという人は、誰しもいるのではないかと思います。

クミノにも、そういう人はいるかと思い『とりくる優待』というのを考えてみました。

これは、自分が出しているVAが1つ売れたら、VALUER さんでない人にも優待を発動するというものです。VAが1つ売れたら、VALUER さんでない方 2人迄に「キューブはんこの優待」を発動します。とりあえず9月中、お試しでやってみます。

8月末に樋口さん(https://valu.is/nashville)にご購入いただいたので、まずは 2人迄募集したいと思います。締切は9月14日(金)で、2人以上の希望があった場合には抽選とさせて頂きます。ご希望の方は、この投稿のコメントでお知らせ下さい。

もし、9月中にVAが売れた場合は、10月に募集したいと思います。

(写真は3cm角バージョン。ハンコにしてはでかいです。100均で買った朱肉の枠に収まらなかったのでスタンプ台でテスト。)

イノウエシンヤ@クミノ工房

8月は2つVAが動きました。

一つは、筆頭VALU主の Inanaga Takeharu さんに、10月でVALUを退会される a.k.a 猫 さんが売りに出していたVAをご購入頂きました。もうひとつは、樋口 直孝@ものづくり さん(https://valu.is/nashville)に新規にご購入頂きました。ありがとうございます。

VALUER さんが増えるというのは、やっぱり嬉しいものですね。

樋口さんの鍵付き投稿が読みたくて先にVAを購入していたのですが、逆に購入して頂いて驚くとともに、大変嬉しく思っています。樋口さんのプロフィールにある、機械・設計・製作・管理。お話を伺いたいことばかりです。九州方面に行く際には、必ず連絡しなれけば!と思っています。僕は母親が北部九州(今は福津市というところ)出身なので、地理的にそちら方面の方には親近感を感じてしまいます。

9月は、13日(金)に春野さんのVRイベントがあり(KUMINOが登場するかも?)、その翌週は初香港や工場訪問等、VALU関連PJでまとまった費用が発生する為 VA を幾つか売りに出しております。

よろしければ、ご支援よろしくお願いしますm(_ _)m

イノウエシンヤ@クミノ工房さんが優待を追加しました。
端材ではんこを作ります。 KUMINO の制作時に発生する端材に、
レーザー加工機で彫刻しはんこを作ります。
はんこではなく、置物にするようなデザインでもOKです。

要は3cm角の端材にレーザー加工機で彫刻を行うので、

(1)認め印的なはんこ
(2)URLや仮想通貨アドレスのQRコードはんこ
(3)任意の刻印をした無垢材キューブ(置物、つみ木)

なんかができます。

基材は、その時にある端材を適宜使います。
ヒノキかスギがメインになると思います。

1ピースだけ作るのも味気ないので、
(1)と(2)を3ピースずつ、6ピース程送りたいと考えています。
(3)を希望される場合は、白黒2色のベクターデータをSVG形式で送って下さい。

面白いアイデアがあれば、できる範囲で対応したいと思います。

納期は忙しさで変わりますので、個別に連絡、相談させて頂きます。

保有者全員 2018/09/01~2018/09/30

イノウエシンヤ@クミノ工房

クミノを作っていると3cm角の端材がたくさん発生します。
設備にカスタム刻印用のレーザー加工機があります。
合わせると、こういうオリジナルハンコが作れます。

この写真は認印として作ったもので、3cm角を2cm角になるよう鑿で4辺を落としています。
木目に任せて割れるのでワイルド感がでました。

優待にしたらニーズあるかな。
QRコードのハンコも作れます。

イノウエシンヤ@クミノ工房

合宿のふりかえり

・VALUの事、やっていない人にどう伝えるのか?正確に伝えようとするほど怪しくなっていくような…。参加者の奥さんから「つみ木を見ていたので。つみ木を作っている所に行く、と聞いて来ました。」と聞いて、KUMINO が受け入れられている事が感じられて嬉しかったのでした。

・何かをする上で直接顔を合わせていると、信頼度が段違いに高まります。古い人間でしょうか?3回目の合宿では TURBOさんに一つ相談をしました。9月14日(金)に京都にて、人前で少し話をするのですが、それ迄に、ひとつでも形にできたらなぁ、と思っています。(その一環で新しく考えた造形を、ツイッターにしばらく続けてアップするつもりです)

・写真はKTRK( https://valu.is/ktrk )さんに優待で頂いたそうめん「島の光」です。赤帯の評判が良かったですが、喉を通り抜けるときの滑らかさと香りの奥行きで、個人的には黒帯の方が美味しいと思いました。ブラインドで食べ比べをして当てる自信は無いですが(^_^;)

イノウエシンヤ@クミノ工房

合宿のふりかえり。

合宿では、事務所の古民家と集落の集会所を、食べる泊まるの場として準備していました。
そこに、夕食や朝食で集まると、親戚の集まりみたいな雰囲気になりました。

昼間の作業を、力をあわせてやっている為でしょうか。
準備も片付けも、参加者同士でやる為でしょうか。
家族での参加がある為でしょうか。

どれもあると思いますが、家族での参加があり、子どもがうろちょろしているというのが大きいように思いました。

今回の合宿は、家族で参加できるものにしたい。このアイデアを明確に打ち出したのは、そんぷ〜さんでした。VALU発の企画で、家族で参加できるものってないんだよね、と。

実際にやってみて、
一つの家族ではなく、価値観に接点のある仲間で、そのひとときをシェアするということに、新しい可能性を感じました。

親戚の集まりみたいな、あたたかい雰囲気。
そこで交わされる話題はそれぞれが属する分野の最先端、みたいな。
それぞれの特技を合わせた先に見える夢の共有、みたいな。
これは親戚の集まりではなかなか発生しない反応だと思います。

こうやって楽しんでもらえた手応えから考えると、上質な田舎体験や、本質的な自然体験ができる場というのはニーズがありそうです。

この経験を生かして、また考えていきたいと思います。

(写真は2回目のときのものです。)

イノウエシンヤ@クミノ工房

KUMINO 合宿の振り返り。

春野さんとの出会い。https://valu.is/users/feed/2676853

満点の星空の下で言葉を交わして、春野さんが見ている景色の一部が、僕にもはっきりと見えました。

仮想でも現実でも、並んで見上げる星空は、居合わせた仲間にとって、かけがえのない記憶になるのですね。

時空を超えたクミノ体験ができる日は、そう遠くないのかもしれません。

(写真は本文と関係ありません。たぶん。)

イノウエシンヤ@クミノ工房

KUMINO 合宿の振り返り。

大黒さんの造形に、ぶん殴られたようなショックをうけました。

ワークショップにおける造形の心構えを教わりました。

https://valu.is/users/feed/2668753

イノウエシンヤ@クミノ工房

第3回目の合宿が無事に終わりました。
支援者の皆さん、参加者の皆さんに厚く御礼申し上げます。

今回は、1回目の合宿で伐採した木をソリに乗せて林から運び出し、皮を剥き。満点の星空の下、バーベキューをやり、夜中まで語らい。朝から流しそうめんをやり、KUMINO 制作現場を見学してもらい、仕上げ(面取り・焼印)を体験してもらい、大黒さんと河原で造形。当初の予定より2時間以上延長することになりましたが、今回もKUMINO合宿ならではの体験ができたのではないかと思います。

「大人が真剣に遊ぶと、こんなにおもしろいんだぜ!」

この企画の目的である、欠けているピースの「物語」を紡ぐ部分について、支援者・参加者の皆さんのおかげで、様々な方向から光があたったように思います。独りよがりの思い込みの物語ではなく、確かな実感を伴った物語が紡げるように思います。

これから電子書籍の制作を進めていきます。そこでもまた、応援・協力を頂けましたら嬉しく思います。

合宿は今回で一段落と思っていたのですが、当初の計画を見ると6回の予定だったのですね。

https://peraichi.com/landing_pages/view/kumino2

「またやって欲しい」という嬉しい声がちらほら聞こえていますので、相談したいと思います。