キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
INOUE Shinya = KUMINO = 世界中で親しまれる日本発のつみきに!
滋賀県は東近江市より発信します!

考案した「きぐみのつみき KUMINO」を、日本を代表するつみきにすべく事業をはじめました。

「日本の家は木を組んで作るのに、木を組んで家をつくる玩具は、どうして無いのだろう?」KUMINO が生まれるきっかけになったのは、そんな単純な疑問でした。

実際に木を組んで作る家の、仕口や継ぎ手と呼ばれる木と木をつなぐ方法は多種多様です。柱や梁や桁などのそれぞれの部位が、それぞれ違った形をしています。それをそのまま小さくしたのでは、模型になってしまい、自由さを秘めた玩具にはなりません。

KUMINO は、イノベーションを起こしたつみ木です。KUMINO が独創的なのは、ただ一種類のピースであること。それなのに、木組みを生かした、これまでのつみ木では実現できなかった造形ができることです。

遊んだ人からは「レゴみたい」という感想を聞くことがあります。確かに、組み合わせてしっかりした立体を作るのはレゴに通じるところがあるかもしれません。しかし、KUMINOの基本形は「柱状」です。軸から軸に、荷重が伝わる感覚は「レゴ」とはかなり異なります。また「レゴ」の様にリアルな造形はできません。しかし、その分、遊び手が想像力を発揮して楽しむことができます。

【KUMINOの遊び方】(2分間の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=G3ldKF1-W5U

つみ木は、ドイツ人のフレーベルが、教育のための玩具として開発した「恩物」が始まりと言われています。様々なつみ木が流通していますが、多くは海外産であったり、海外で生まれた形の模倣であるものが多いと思います。

日本の国土の2/3は森林です。これだけ豊かな森林資源があるのに、日本で生まれたデザインで、世界中で親しまれているつみ木というのは、まだありません。KUMINO は日本の木材と大工の技術から発想した、日本で生まれたデザインです。折り紙のように世界中で親しまれる可能性を秘めていると感じています。

KUMINO は国内の実用新案登録を行っています。また、PCT国際出願を行い、外国での特許取得に向けた審査を受けています。その結果、「進歩性」「新規性」「産業上の利用可能性」いずれも「有り」の審査結果が得られました。つみき発祥の国であるドイツをはじめ、特許権の各国への国内移行手続きを行いたいと考えています。

現在 KUMINO は、杉材を使って制作しています。KUMINO は、森と人の新しい関係をつくる存在となることを目指して、全てのピースに木材の産地の焼き印を入れています。「あの山の木が、こんな風に使えるんだ!」ということが多くの人に伝わり、山の木が使用されるきっかけを作りたいと考えています。

KUMINO の面白さを多くの人に知ってもらいたい。
また、KUMINO が日本を代表するつみ木になり、世界を席巻するところまで、一緒におもしろがれる仲間との出会いを期待して Valu にエントリーしました。

ご支援して頂いた資金は、KUMINO を普及する為の活動に使用します。

どうぞよろしくお願いします。
See More
VALUを売買する
Inanaga Takeharu 20VA
金子将昭(和風ジャズピアニスト) 10VA
attorney-investor 10VA
石橋 一平 10VA
倉貫眞一郎@北海道東川町 10VA
そんぷ~@香港 10VA
モッコメリアン【公式】 10VA
Yu Hasegawa 10VA
かいぬま ゆい 10VA
タナカユウキ|田中友貴 10VA
鬼頭哲也@個が立つ和の共同体(J humind) 10VA
Haruki Komano 10VA
しもむぅ 1VA
でちでち 1VA
加曽利りあら 1VA
橘乃猫★新優待始まりました 1VA
田淵厚志@八頭身v[゚~゚]Vガニー 1VA

1つ前のごめんなさい投稿だけで終えるのもなんなので Facebook で好評だった、焼印を押している動画をアップすることにします。

この焼印が入ると、存在がぐっと引き締まって、完成!という気持ちになります。

一方でミスをすると、これまでの作業がパァになるというプレッシャーもあります。木材の色で、あてる時間を若干変えるという職人技があったりします。

普段はスタッフにやってもらっていますが、この動画では井上が作業しています。事業を始めてから、初めて頂いた、ご当地 KUMINO の仕上げでした。

このところ、ガス欠のようになってしまって、目先のやることでいっぱいいっぱいになってしまっています。

polca 支援者のみなさんから送って頂いたピースですが、長い間、お借りしていてすみません。3月上旬から、順次、お返ししようと思っていますので、もうしばらくお待ち下さい。

VALUER さんへの優待の発送については、 3月中旬以降になると思います。必ずお送りしますので、気長にお待ち頂けましたら幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

大雪になるかもしれないという天気予報から、2/11〜12 に予定していた合宿を中止にしたのですが、大雪は滋賀県の北部止まりで、東近江エリアにはあまり影響がありませんでした。生活者としてはその方がありがたいのですが、帰国してからの日々を複雑な気持ちで過ごしていました。

合宿では、KUMINO の造形についてミニワークショップを行う予定でした。そこで大黒さん(https://valu.is/takayukidaikoku)と、大量のピースを使った造形のイメージを共有し、春の森での KUMINO 造形ワークショップにつなげる、はずでした。

それができなくなったので、12日は井上が大黒さんのアトリエを訪問して、2人で造形の研究を行うことにしました。そして、その様子を支援者にツイキャスで共有するということをやってみました。

放送の途中から、橘乃猫さん(https://valu.is/nonekotachibana)と、そんぷ〜さん(https://valu.is/songpu)が、声でコラボ参加。アトリエの2人は造形に夢中で、ツイキャスに寄せられるメッセージに気づかなかったり、見ている側の気持ちまでなかなかか意識が回りません。見ているお二人からの声のおかげで、カメラを動かしてアングルを変えたり、質問に答えたりと、内容がより充実しました。そしてなにより、とても励まされました。

この場を借りて、ツイキャスに参加して下さった皆さんに、改めて感謝申し上げます。

造形の研究ですが、大黒さんとの共同作業はとても楽しく、ワクワクしながら新しいことに取り組める、素晴らしい時間でした。新しい世界に迷いなく、軽々と一歩を踏み出す、アーティストの力。春のワークショップが楽しみになってきました。

放送後、録画を少し見てみたのですが、かなり弱っている自分がそこにいました。いつもより余計に猫背になっていましたね。でも、放送を始めたときより、終わってからのほうが元気になっていたと思います。

http://youtu.be/tVmwRfzWkXU

ニュルンベルクの中心市街を、ただ歩く。

PCの場合Chromeで、スマホの場合Youtubeアプリで見ると、360°ぐるぐる回せます。

ニュルンベルク中心市街散策

YouTube

旅の思い出を、思い出すままに。

<交通編>

国際線に乗るのは15年ぶりぐらいでしたが、色々なところで時の流れを感じました。スマホでチェックインできたり、航空券が2次元コードで処理されたり、果ては Apple Wallet や、スマホの画像が航空券になるのですね。最近の旅行では当たり前の事なのでしょうが。浦島太郎的心境。

今回はオランダ航空で関空からアムステルダム経由でニュルンベルクに入りました。アムステルダム空港の規模と美しさには驚きました。ヨーロッパのハブ空港はこんなレベルなのですね。アジアのハブ空港を目指しますとか言っていた関空とは次元が全然違う。でも、アムステルダム空港を見てから、ニュルンベルクの空港に降りたら、そこはこじんまりとした空港で、それぞれ役割があり、器があるのだなと、思い直しました。

ニュルンベルクでの移動では主にUバーン(U-Bahn)という地下鉄を利用していました。ニュルンベルクに着いて、最初に空港前の券売機で切符を買った時、お釣りが正しく出てこなくて困惑しました。3.9€の切符を買うのに10€紙幣を入れたはずなのですが、1.1€しか出てこないのです。入れたのは5€かと錯覚しましたが、両替したのは最低が10€だったのでそんなはずはない…。しばらく券売機を調べていましたが、すぐに気持ちを切り替えてあきらめました。後で現地の人に聞いたら「あれ壊れてるよね」と言うてました。(修理して!)券売機ではお釣りの大きくなる支払いはしないほうが安全なようです。日本の券売機は優秀です。

切符は買うものの改札口はありません。使った日時を打刻機で切符に打ち込み、証明書的に持っておくというシステムのようです。たまに検札に声をかけられた時に、正しい切符を持っていないと60€の罰金が請求されるそうです。全ての人の切符をチェックする日本の改札って、視点を変えたら狂気的かもしれません。この事を現地の人に聞いたら、切符を買っていない人も多いと言うてました。(でしょうね。)ちなみに、メッセの入場券を持っていると、入場券の有効期間、周辺の鉄道は自由に乗れることになっていました。

あと、鉄道の連結部がオモシロイと思いました。古い地下鉄は、一番端のシートがバスの最後部の座席みたいになっていて、連結部で車両間を行き来できない作りでした。(新しい地下鉄は行き来できる作りでした。)一方で、地上を走る鉄道は連結部が窄まっておらず寸胴的につながっていました。そして、連結の機能を提供するために(だと思うのですが)通路がスロープ状になっているという。鉄道内の通路に起伏があるのが新鮮でした。

それぞれの場所のそれぞれのシステムに、それぞれの合理性があるわけですね。

楽しかったニュルンベルク出張から昨日帰ってきて、まだ、なんだかぼんやりしています。これが時差ボケってやつでしょうか。

時差ボケのせいにするのは今日までで、明日からは定常運転に戻していきます。

旅の報告はぼちぼち書いていきます。

写真は、宿の近くの公園でKUMINO。Valuerさんとpolca支援者の皆さんに背中を押されて。

INOUE Shinya = KUMINO = 世界中で親しまれる日本発のつみきに!さんが限定公開でアクティビティを更新しました。
VALUER限定公開 VALUERになる

ドイツに滞在できるのも、あと3日となりました。
予定も半分を過ぎると、残りの時間が過ぎるのが短く感じられます。

「KUMINOは日本を代表する積み木になって、世界に進出する」と言って来ましたが、
「世界に出るとはこういうことさ」ということを、身をもって知りました。

今回の国際玩具見本市に足を運んだ一番の目的は早々に達成されましたが、
考えるべき沢山の主題が思い思い浮かび、
大量のボディブローに打ちのめされた様な気持ちにもなりました。

でも、現実を見たので、これからどう戦って行くか考えることができます。

商品としての KUMINO の評価は、良好だと感じています。
じっくり見て価格を聞いてくる方が、ぼちぼちいらっしゃいます。

https://theta360.com/s/sWyZ2zbIpEVR721IfBKotBafw

Post from RICOH THETA. (2018/02/02) #theta360

RICOH THETA

自分のピースが見つかったら「うふふ」として下さい。

いま、こんな感じ。

いっぱいピース出して、と言うことになり、表に堂々と出ております。

INOUE Shinya = KUMINO = 世界中で親しまれる日本発のつみきに!さんが限定公開でアクティビティを更新しました。
VALUER限定公開 VALUERになる

今日はメッセ会場で、東京おもちゃ美術館ブースの設営のお手伝いをしてきました。

一人で設営する大変さはよく知っていますし、これまで自分も色々な人に助けてもらってやってきているので。「来てもらえて助かりました」と言って頂けて、手伝いに来た甲斐がありました。

もちろん、それだけではなく、メッセの裏側、準備の現場、を見たかったのもありました。

メッセに足を運んでの、最初の収穫は、
「この世界の市場規模はこんなで、ビジネスはこういう規模で動いているのだよ。」
という事が肌で感じられた事でした。
メッセの大きさが市場の規模を、ブースの大きさが各社のビジネスの規模を、投影しているわけなので。

無事にニュルンベルクに到着しました。
寒さを心配してきましたが、寒波に襲われている東近江より、こちらの方が暖かいです。

今日は出展するブース設営のお手伝いをして、
その後は、中の様子を色々と見学したり、街の散策が少しできればと思っています。

体験は考えのベースになりますし、
まわりにあるものが、考えていることに少なからず影響します。

1週間という限られた時間で、
ここで考えられる事を、しっかり考えたいと思います。

まいど、余裕のない工房よりのお知らせです。

出国が明後日に迫ってきましたが、東京に出張に行くのとたいして気分が変わりません。飛行機に乗ると、気分が変わってくるのかもしれません。

今回のドイツ行きでは、7営業日の間、工房を留守にします。
これだけの期間、工房を留守にするのは初めてで、この一週間は、その間の仕事を準備するのに忙殺されていました。
工程には一つだけ(比較的)危険な作業があり、それはスタッフではなく、井上がやることにしています。その為、作業からなかなか抜けられません。作業から抜けれる体制を作るのは課題です。

でも、頑張った成果として、2月中に市内幼稚園に完納できる計画が立ちました。

しかし、忙しいと色々と歪みが出てくるようで、今日は工房へパスポート(!)を取りに行くはめに。必要なものは昨日で全て持って帰って、今日は工房には行かないつもりだったのになぁ。

準備できた!

どれが誰のピースかは申しません。

自分のピースが見つかりましたら「うふふ」と微笑んで下さいw

松浦 康裕さん(https://valu.is/matsuurayasuhiro)の優待で頂いた palmo for iPad 9.7 とフォルダブルが届き、早速使ってみました。

palmo、9.7インチの iPad を持つのがすごく楽になりました。
フォルダブル、Macbook のモニターの高さが上がって、姿勢の楽さがすぐにわかりました。
そして、どちらもとても軽いので、重さが負担になりません。
存在が機能である、研ぎ澄まされたシンプルさにとても惹かれます。
素晴らしい製品を、ありがとうございます!
ドイツ行き頑張ります!!

といいつつ、出発の準備は、まだ全然できていません。
来週の今頃はニュルンベルクにいるはずなのですが…。