きぐみのつみき KUMINO を、100年先まで届くプロダクトにする

検索

ユーザー ハッシュタグ

イノウエシンヤ@クミノ工房

玩具作家

現在値 0.012000BTC
時価総額 12.000000BTC
発行VA数 1000VA
考案した「きぐみのつみき KUMINO」を、日本を代表するつみきにすべく、滋賀県東近江市奥永源寺エリアの箕川町に工房を設け、2016年より事業をはじめました。

「日本の家は木を組んで作るのに、木を組んで家をつくる玩具は、どうして無いのだろう?」KUMINO が生まれるきっかけになったのは、そんな単純な疑問でした。

実際に木を組んで作る家の、仕口や継ぎ手と呼ばれる木と木をつなぐ方法は多種多様です。柱や梁や桁などのそれぞれの部位が、それぞれ違った形をしています。それをそのまま小さくしたのでは、模型になってしまい、自由さを秘めた玩具にはなりません。

KUMINO は、イノベーションを起こしたつみ木です。KUMINO が独創的なのは、ただ一種類のピースであること。それなのに、木組みを生かした、これまでのつみ木では実現できなかった造形ができることです。

遊んだ人からは「レゴみたい」という感想を聞くことがあります。
確かに、組み合わせてしっかりした立体を作るのはレゴに通じるところがあるかもしれません。

しかし、KUMINOの基本形は「柱状」です。軸から軸に、荷重が伝わる感覚はレゴとはかなり異なります。

また、レゴほど接合が強くないので、しっかりした構造物を、あっという間にバラバラにすることができます。これは KUMINO ならではの体験です。

また、レゴの様にリアルな造形はできません。しかし、その分、遊び手が想像力を発揮して楽しむことができます。

【KUMINOの遊び方】(2分間の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=G3ldKF1-W5U

つみ木は、ドイツ人のフレーベルが、教育のための玩具として開発した「恩物」が始まりと言われています。様々なつみ木が流通していますが、多くは海外産であったり、海外で生まれた形の模倣であるものが多いと思います。

日本の国土の2/3は森林です。これだけ豊かな森林資源があるのに、日本で生まれたデザインで、世界中で親しまれているつみ木というのは、まだありません。KUMINO は日本の木材と大工の技術から発想した、日本で生まれたデザインです。折り紙のように世界中で親しまれる可能性を秘めていると考えています。

KUMINO は国内の実用新案登録を行っています。また、PCT国際出願を行い、外国での特許取得に向けた審査を受けています。その結果、「進歩性」「新規性」「産業上の利用可能性」いずれも「有り」の審査結果が得られました。つみき発祥の国であるドイツをはじめ、特許権の各国への国内移行手続きを行いたいと考えています。

KUMINO は、森と人の新しい関係をつくる存在となることを目指して、全てのピースに木材の産地の焼き印を入れています。「あの山の木が、こんな風に使えるんだ!」ということが多くの人に伝わり、山の木が使用されるきっかけを作りたいと考えています。

KUMINO の面白さを多くの人に知ってもらいたい。

KUMINO が日本を代表するつみ木になり、世界中で楽しまれるようになるまでを、一緒に楽しめる仲間との出会いを期待して Valu にエントリーしました。

どうぞよろしくお願いいたします。
イノウエシンヤ@クミノ工房

壊れた機械というのは、どうも気になってしまいます。

レーザー加工機用の冷却器を、できる範囲で修理してみました。

先の診断の結果、故障したのはファンだけのようだったので、AC 100Vの冷却ファンをネットで検索。

元のファンは消費電力が40Wの大型のもの。全く同じものを探すが、メーカーのホームページは見つかったものの、小売りは見つけられず。でも、20Wぐらいのものであれば1000円くらいで、ヤフオクにそこそこの出品があることがわかりました。

40Wはかなり安全側のスペックだと思ったので、とりあえず20Wのもので修理することに。

ダメだったら、また考えればいい。
うまく行ったら、既存の木工機械(トリマとか)や、設計中の装置の冷却にも使えるかもしれない。

届いたファンは、やっぱり寸法が一回り小さかったので、ネジのピッチを計測してスペーサーを製図。そして、アクリル板をレーザーカット。こういう小さい経験を積んでおくことが、次にできることを発想する上での種になります。

できたスペーサーはぴったり。嬉しい。
配線して、元通りネジを止めて…冷却器は使えるようになりました。

それでは、試作用の板を切り出そう…、とバンドソーをつかい初めたら、すぐにバンドソーの刃が破断。
こちらは自分では修理できません。溶接に出さないと。

イノウエシンヤ@クミノ工房

7/28(土)に、一般社団法人SENRO(https://join-senro.localinfo.jp)にて、KUMINO のワークショップを開催します。

VALU から繋がったご縁で、鳥取宣伝隊ガニー@田淵厚志さん(https://valu.is/tabu-)にお招きいただきました。

ワークショップは午後一杯を使って、
1)一人での遊び方の紹介(テキストはフォトブック)
2)KUMINOのプレゼンテーション
3)みんなで大きいものを作ってみよう(SENROだから、電車やトンネルをモチーフにしたものにしようかな)
の3部構成を予定しています。

参加者の方に楽しんで頂き、可能性を感じて頂けるように頑張りたいと思います。

KUMINOの取り組みを話すときに「いつか、47都道府県の木を使って作りたいと思っています」と、わかりやすいので言っています。これまで、滋賀、兵庫、京都、と来ているのですが、次に鳥取の手が挙がるくらいに(^^;

鳥取に足を運ぶのは、バイクで日本中を走り回っていた頃以来、ほぼ20年ぶりになります。
大量の KUMINO を持って行く必要があるので、交通手段は自動車になるのですが、ならばと夏休みの家族旅行も兼ねることにしました。色々、すごく楽しみです。

イノウエシンヤ@クミノ工房

新玩具の量産試作に本腰を入れようと注文していた、レーザー加工機用の冷却器が届きました。

水温が高くなるとレーザー管が破損する可能性が高くなるので、連続可動させる以上は冷却器を買ったほうが安全だろうと考えて。

注文時に電圧の指定をするのですが、日本仕様にと110-120Vを指定しました。

レーザー加工機の裏につないだら、ファンがすごい勢いで回る、グイグイと水を循環する。やっぱり専用の冷却器は違うなぁ、と見ていたら、嫌な匂いがして、冷却器ならびにレーザー加工機一式の電源が落ちました。

なにか間違ったことしたっけ?

落ち着いて問題を切り分けないと、と、まずブレーカーを確認。ブレーカーは大丈夫。コンセントを一つ一つつなぎながら確認。どれもこれもウントもすんとも言わない。

この時点で結構泣きそうでしたが、とりあえず機械を観察することにしました。

レーザー加工機のサービスコンセント周りとブレーカーを確認すると、250Vに昇圧されてる!

だから冷却器が壊れたのか!220-240Vを買わないといけなかったんだ…。

それならば、冷却器が壊れるのは解るけれど、レーザー加工機の電源も入らないのはおかしい。ということで続けて観察。コンセントのソケットのところにヒューズのイラストが書いてあり、タブで引っ張り出せそうなのを見つけた。

タブを引っ張り出すとヒューズが入っていた。そして、やっぱり切れていた。レーザー加工機についていたスペアのヒューズに取り替えたらレーザー加工機の電源が入るようになって、最悪の事態は免れたことが確認できてホッ。

続けて冷却器の電源を確認すると、同様にヒューズのイラストが。タブを引っばって出てきたヒューズはやっぱり焼き切れていて。入れ替えたところ電源が入り、ポンプは動きだしたけれど、ファンは回らない。ファンのラベルを確認するとAC110-120Vとある。あのときの臭いは、ファンがお亡くなりになった時のものだったのでしょう。そしてファンを交換すれば、たぶん使えるようになるでしょう。

趣味だったら面白い話なんですが、仕事に使っているので切実です。

イノウエシンヤ@クミノ工房
VALUER 限定公開 VALUERになる
イノウエシンヤ@クミノ工房

TURBOさん( https://valu.is/turbo1019 )デザインの包装紙を利用して、KUMINO BOX を試作。

包装紙をレーザーで正確に切り出して、3Mのスプレーのり77を吹いて貼り付けて…。

いい感じにできたけれど、手間かかりすぎる〜(xox)

イノウエシンヤ@クミノ工房

今日は工房のある集落の草刈り作業に出ていました。

人が通らない道は、雪が溶けてからの数ヶ月で、これだけ(写真左)覆われてしまう現実。

作業後は写真右のように。こうしないと、自然に負けてしまうような気がして。

考えているのは、森の側に人が居続けられるデザイン。良いことだから考えているわけではない。考えずにはいられないから、考えている。いろいろやって考えていても、ここに返って来てしまう。

やる前は面倒に思っていも、やり始めると達成感はあるし、コミュニケーションもあるし。熱中症の直前までいって、ヒルに二箇所食われたりしたけど、思いっきり汗をかいて、リフレッシュできました。

イノウエシンヤ@クミノ工房

AliExpress でレーザー管を注文したら10日で届きました。

イノウエシンヤ@クミノ工房

近況。

・今晩の第3回 VALU PITCH 春野さんのプレゼンが熱かったです。

・土日によく寝て、子どもの相手をしっかりしたら、だいぶ持ち直しました。二日間で4回カエルを捕まえに行くというのは、なかなかのものでしょう。アマガエル、ヒキガエル、トノサマガエルの順番で大人になるようです。

・レーザー加工機の交換用レーザー管が、予定より1週間遅れで、ようやく発送したとの連絡が入りました。「水曜日に送ります」と言われて、次の次の水曜日に送るとは!嘘は言っていないけども。

・次の玩具の構想が固まってきました。形のバリエーションをもう2つ思いついたので追加することにします。次のpolca 合宿で量産試作品を見てもらおうかな。

・海外知財権への出願タイムリミットが9月に迫り、資金調達やら補助金やらの事を具体的に進めないといけなくなってきました。先ずは、明後日(29日)に産業支援プラザでプレゼンです。その準備が今日ようやくできました。ちゃんと考えたことならば、どこに行っても胸を張って話せるということですね。採用されますように。

・リピートの注文が入ると嬉しいです。

イノウエシンヤ@クミノ工房
VALUER 限定公開 VALUERになる
イノウエシンヤ@クミノ工房

「このところ尋常でない疲労感があるねん」と家で言っていたら、「毎年、この時期になると同じこと言ってるで」と妻に指摘される。そうだったら心配ないのだけど。

今日は夕方に、「追加で購入したい」と連絡のあったこども園を訪問。園にある分は市の事業で無料配布されたもので、販売価格を言ったら驚かれた。

「よく遊んでますよ」という現場の保育士さんに、どんな風に遊んでいるのか見せてもらったら、確かにみんな持つ手が慣れていて、どのピースもボコボコになっていて。子どもたちはめちゃくちゃ元気で、その子らに囲まれていると、その間は疲労感はどこかに行っていました。

帰って、スマホを開いたり、PCを開いたりすると、またもものすごい疲労感が。ちょっとデジタルデトックスが必要かもしれません。

イノウエシンヤ@クミノ工房

悲しいとき〜。

レーザー加工機のレーザーが照射されないので確認したら
レーザー管が破損していたとき〜(T^T)

レーザーが出ないことに気づいたのは昨日。
少し感電して、ちょっと凹んだ。

たいていのことは一晩超えると落ち着いて考えられるようになる。

今の使い方だと、レーザー管の出力を落としても良いかもしれない。
40Wと50Wで1.5倍ほど価格が違う。

とりあえず、レーザー管を AliExpress で注文やな…。

イノウエシンヤ@クミノ工房

金融機関の方に、産業用機械開発会社の方との顔合わせをしてもらいました。

長さ方向の寸法精度、溝切りの精度、また、それらの作業の安全性をどの様に確保できるかが課題です。

自分のなかでは一番ハードルが高かったワークを動かす部分について、XY軸の移動を制御する汎用のロボットがあること、その機械の価格はそれほど高くないことを知りました。たぶん、設計やプログラムの方が高いですね。

人件費と天秤にかけてペイできるかなぁ。
精度と安全性が担保できたら、その価値は計り知れんなぁ。
量産対応が容易になるなぁ。

など、話をしながら色々と考えました。

背負っている荷物を一つ誰かに預けられると、新しい荷物を背負う余地ができます。

預けられるといいなぁと、思いつつ。

イノウエシンヤ@クミノ工房

今度の日曜日(6/17)、京都リサーチパークで開催される BEYOND 2.0 に行く予定をしています。とりあえずチケットを買いました。

https://www.beyond2nd.com/#contents

BEYOND2.0とは「社会課題に取り組む全ての人のための五感で楽しむイベント」とのことです。

リアルな家入さんに会ってみたいのが動機でしたが、プログラムを見ると飛び入りピッチタイムがあるようなので、飛び入りたいと企んでいます。

VALU PITCH の経験が活かせるか!?

BEYOND2.0

ソーシャルイノベーションの最先端を体感しよう。

BEYOND2.0