【きぐみのつみき KUMINO 】を、日本を代表するつみきに!

キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

イノウエ = KUMINO = シンヤ

玩具作家

現在値 0.012000BTC
時価総額 12.000000BTC
発行VA数 1000VA
考案した「きぐみのつみき KUMINO」を、日本を代表するつみきにすべく、滋賀県東近江市奥永源寺エリアの箕川町に工房を設け、2016年より事業をはじめました。

「日本の家は木を組んで作るのに、木を組んで家をつくる玩具は、どうして無いのだろう?」KUMINO が生まれるきっかけになったのは、そんな単純な疑問でした。

実際に木を組んで作る家の、仕口や継ぎ手と呼ばれる木と木をつなぐ方法は多種多様です。柱や梁や桁などのそれぞれの部位が、それぞれ違った形をしています。それをそのまま小さくしたのでは、模型になってしまい、自由さを秘めた玩具にはなりません。

KUMINO は、イノベーションを起こしたつみ木です。KUMINO が独創的なのは、ただ一種類のピースであること。それなのに、木組みを生かした、これまでのつみ木では実現できなかった造形ができることです。

遊んだ人からは「レゴみたい」という感想を聞くことがあります。
確かに、組み合わせてしっかりした立体を作るのはレゴに通じるところがあるかもしれません。

しかし、KUMINOの基本形は「柱状」です。軸から軸に、荷重が伝わる感覚はレゴとはかなり異なります。

また、レゴほど接合が強くないので、しっかりした構造物を、あっという間にバラバラにすることができます。これは KUMINO ならではの体験です。

また、レゴの様にリアルな造形はできません。しかし、その分、遊び手が想像力を発揮して楽しむことができます。

【KUMINOの遊び方】(2分間の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=G3ldKF1-W5U

つみ木は、ドイツ人のフレーベルが、教育のための玩具として開発した「恩物」が始まりと言われています。様々なつみ木が流通していますが、多くは海外産であったり、海外で生まれた形の模倣であるものが多いと思います。

日本の国土の2/3は森林です。これだけ豊かな森林資源があるのに、日本で生まれたデザインで、世界中で親しまれているつみ木というのは、まだありません。KUMINO は日本の木材と大工の技術から発想した、日本で生まれたデザインです。折り紙のように世界中で親しまれる可能性を秘めていると考えています。

KUMINO は国内の実用新案登録を行っています。また、PCT国際出願を行い、外国での特許取得に向けた審査を受けています。その結果、「進歩性」「新規性」「産業上の利用可能性」いずれも「有り」の審査結果が得られました。つみき発祥の国であるドイツをはじめ、特許権の各国への国内移行手続きを行いたいと考えています。

KUMINO は、森と人の新しい関係をつくる存在となることを目指して、全てのピースに木材の産地の焼き印を入れています。「あの山の木が、こんな風に使えるんだ!」ということが多くの人に伝わり、山の木が使用されるきっかけを作りたいと考えています。

KUMINO の面白さを多くの人に知ってもらいたい。

KUMINO が日本を代表するつみ木になり、世界中で楽しまれるようになるまでを、一緒に楽しめる仲間との出会いを期待して Valu にエントリーしました。

どうぞよろしくお願いいたします。
イノウエ = KUMINO = シンヤ

優待、お待たせしました。

本日郵便局に預けますので、明後日には到着するかと思います。

幾つか、先にお送りした方もいらっしゃいますが、これにて完納。

ゴールデンウィークまでの約束は、なんとか守れたかと。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

ありがたいなぁ。

VALUER さんと優待発送のやり取りをしている中で、

> 無理をせずに
> 楽しんでくださいね(╹◡╹)

というメッセージを頂きました。

そう言われて、はっと気づく。
このところ、楽しむをすっかり忘れている…と。

ドンピシャのタイミングで、いま一番必要な言葉をかけて頂いたのでした。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

イベントが終わって二週間、ようやくVALUを開く余力ができました。
基本的に体力が無いので、ちょっと頑張ると、すぐに余裕が無くなってしまうのです。

加えて、やることは山積みで、儲かるにはまだ時間がかかりそうで、ヒリヒリした日々は続きます。八方塞がったら、上に行けば良いんだと言う意見を聞きましたが、きっとそうなのでしょう。

いつだって、なんとか凌いで乗り切るしかありません。後で振り返った時に、良い思い出になる事に期待です。

それはともかく、大変遅くなりましたが、VALUER さんへの優待発送を、これから順次進めて行きます。GW前に、全て発送したいと思っています。発送先を確認させていただきますので、ご対応のほどよろしくお願い致します。

遅くなった言い訳をしますと、
一つには、せっかくなのでフォトブックを付けようと思ったことがあります。限定公開で内容まで紹介しなかったのはこの為でした。

もう一つには、ヒノキ版も混ぜようと思ったことが。このヒノキ版は、東京おもちゃ美術館のオフィシャルショップ Aptyさんの KItoTEto ブランドで販売されるものです。素材は東近江産になります。小寺さんのヒノキに負けないくらいのものもある、なかなかの良材です。優待に含めるのは、市販に含めなかった訳ありピースになりますが、個性があって素敵なピースです。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

イベントが終わってみんなが帰り、静かになった事務所に一人になりました。
賑やかさと静けさのコントラストに、なんともいえない感慨を覚えます。

現地での造形に、ライブ放送へのご視聴に、その他にもいくつかの形で、ご参加頂いた皆さんに感謝申し上げます。

今回のイベントでもまた、新しい KUMINO の可能性に気づくことができました。

大黒さんの描いたイメージから、野外で、これまでにない大きい造形に取り組んだわけですが、「野外」であり「大きい造形」であるからこその気づきであったと思います。

そして、この気づきが貴重なのは、取り組む前に持っていた認識の枠を、実感という確かさを伴って、拡げるものであるからだと思います。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

次の土日(3/31-4/1)は、いよいよ大黒さん(https://valu.is/takayukidaikoku)と KUMINO を使ったオブジェ制作ワークショップ。クミノ工房のある箕川町の自然の中で行います。

大黒さんのイメージを元に、参加者が力を合わせて、自然の中で KUMINO を使ったオブジェを作り上げていきます。用意する KUMINO ピー スは 1000 ピース以上。どんなオブジェが生まれるか、とても楽しみです。

前に大黒さんと造形の研究をしたとき、ものすごく楽しかったのです。例えるなら、安心して未知の世界を探検するような感じと言うか。

この体験をもっと多くの人と分かち合いたいと運営で話し合い、今回に限り一般の参加者も募集することにしました。
申し込みの締め切りは準備の関係で、週明け26日(月)までとなります。基本的には会場となる箕川町までご自身で来ていただくことが条件となりますが、乗り合わせの空きがあるかもしれませんので、どうしても!と思う方がいらっしゃいましたらご相談ください。

第2回 KUMINOを使ったオブジェ制作ワークショップ
日程:2018年3月31日(土)
時間:午後1〜5時(予定)
場所:クミノ工房(滋賀県東近江市箕川町107)
参加費:
日中のイベントのみ参加:1500円
イベントと夜の交流会まで参加:4000円

申し込み・ご相談は、Twitter アカウントの @Kumino_Polca2 へお寄せ下さい。

また、そのワークショップの前に、KUMINO の形から生まれる造形について、井上がエッセンスを紹介します。基本になる「つむ」「くむ」 「かみあわせる」という使い方から、それを応用することで生まれる造形について、最新の理解を話してみようと思っています。

イノウエ = KUMINO = シンヤ
VALUER限定公開 VALUERになる
イノウエ = KUMINO = シンヤ
VALUER限定公開 VALUERになる
イノウエ = KUMINO = シンヤ

ニュルンベルク国際玩具見本市への出展にあたってお借りした KUMINO ピース返却について、polca 支援者さんへの連絡が、ようやく全員にできました。

VALUER さんに於かれましては、すみません、もうしばらくお待ち下さい m(_ _)m

イノウエ = KUMINO = シンヤ

(写真)ヒノキの木口。杉とは随分色が違います。

確定申告に向けて、経費と売上高の入力が、ようやく完了しました。
実績を整理したところ 2017年の KUMINO の販売量は約11000ピースでした。

KUMINO が事業として自立するには、この3〜4倍の制作が余裕でできて、売り切れるぐらいが必要だと思っています。

この一年、色々と動いたことでわかった、自分の強み、弱み、価値観、展望、KUMINOの真価、遊び方、伝え方、制作に関するノウハウ、などがプライスレスな得たものです。これらを活かすことができるか、これから試されます。

甘くない、噛みごたえのある現実を味わいつつ、4月からの動きを考えたいと思います。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

諸々キャパをオーバーしたら、安全装置が働いて、風邪を引きました。

3日前から頭痛と吐き気と非常に強い倦怠感に悩まされて、「これは風邪の症状だ」と気づくも、風邪ばかりはどうにもなりません。治すには寝るしかないです。夜になったら起きていられず、2日で20時間くらい寝ていました。

このしんどい症状、何かに似ているな、と記憶を辿ったら、アルコールを摂取した時の感じでした。なので、僕はアルコールは飲まず、苦しくなる液体という認識しかできていないので、人に勧めることができません。

それはともかく、しんどくても、やることはやっておかないと後で困るので、一昨日と昨日で、この先半年分の材料になる木材を切断して乾燥用のビニールハウスに入れたりしました。

杉の木口は色とりどりで美しいです。ヒノキの香りは鮮烈で覚醒されられます。でも、美しさの余韻に浸れないほど頭痛がしていて、香りに吐き気をもよおしたりしていました。これほど仕事が辛いと思ったのはいつぶりだろう、というくらい。

今日は、ようやく快方に向かってきたので、事務仕事をバッタバッタとなぎ倒していました。

そして、久しぶりに VALU のページをちゃんとみたら雰囲気が随分変わっているので、いくつか文言を変えてみました。肩書はとりあえず「玩具作家」として「ものづくり」のカテゴリに引っ越しました。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

ドイツ行きピースを預けて下さっている皆さん、すみませんが、お返しまで、もう少し時間を下さい。m(_ _)m

今日はおはようからおやすみまで、鬼の年度末進行仕事その1の、年度内に作りきらないといけない印刷物の作成を進めていました。

完成スケジュールから逆算すると、グズグズしている場合じゃ無かった!と気づいたのが先月末。新しく試みようと思っていたことはやめにして、いまの繋がりの中でできるやり方に集中することにしました。

今日はデザイナーのS村さんと2回目の作業&打ち合わせ。僕はなんでも自分でやっていまおうとするタイプだけれど、人と組む方が可能性が広がることを実感します。

リーフレットは以前作ったもののバージョンアップを。他産地版でも使えるように、文言を見直して写真を撮りなおしました。

冊子の方は、作り始めには思ってもいなかった、絵本的な構成で仕上げる事にしました。クミノの可能性の様々な側面を見せる写真絵本ができる予定です。状況に追い詰められたら30分で絵本のコンテができました。子どもに絵本を読み聞かせてきたことの賜物です。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

2月末日の今日、市内幼稚園・保育園向けの KUMINO を完納。少し肩の荷が下りました。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

山村の価値をどう見出すか。

田淵さんとは次の合宿でお会いする予定で、支援させて頂きました。
話をして、お互いに、アイデアを膨らませていければと思っています。

目標達成されていますが、もう少し後押しがありますように!

https://www.makuake.com/project/kakihara_reborn/

村を一緒に再活!「Reborn 柿原」プロジェクトのサポーター募集 | クラウドファンディング Makuake(マクアケ)

平成18年に完全廃村となった鳥取県八頭郡八頭町柿原集落。新しい視点・手法により柿原集落の再活に取り組みます。 柿原集落は、鳥取県東部域で「近代文化遺産」あるいは「国登...

Makuake(マクアケ)
イノウエ = KUMINO = シンヤ

1つ前のごめんなさい投稿だけで終えるのもなんなので Facebook で好評だった、焼印を押している動画をアップすることにします。

この焼印が入ると、存在がぐっと引き締まって、完成!という気持ちになります。

一方でミスをすると、これまでの作業がパァになるというプレッシャーもあります。木材の色で、あてる時間を若干変えるという職人技があったりします。

普段はスタッフにやってもらっていますが、この動画では井上が作業しています。事業を始めてから、初めて頂いた、ご当地 KUMINO の仕上げでした。

イノウエ = KUMINO = シンヤ

このところ、ガス欠のようになってしまって、目先のやることでいっぱいいっぱいになってしまっています。

polca 支援者のみなさんから送って頂いたピースですが、長い間、お借りしていてすみません。3月上旬から、順次、お返ししようと思っていますので、もうしばらくお待ち下さい。

VALUER さんへの優待の発送については、 3月中旬以降になると思います。必ずお送りしますので、気長にお待ち頂けましたら幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。