Kino Ryosuke

近代資本主義社会においても「主体」として生きたい個人。