検索

ユーザー ハッシュタグ

赤いライダーまっつん@山岳写真女

フォトアルピニスト

現在値 0.005000BTC
時価総額 0.500000BTC
発行VA数 100VA
【私について】
世界中の山や自然を冒険して、登山家・写真家として、
撮影したい!そして感動と体験を世界中に伝えたい!

イモトが羨ましくてたまらない!そんな夢を抱く、
山と写真に取り組むアクティブ山女のまっつんです。

今は20代後半のしがないIT系サラリーウーマン(大阪→長野へ移住)です。
一度きりの人生、やりたいことに全力でチャレンジしたいと思っています。

山岳地帯である長野県へ移住し(移住しました!)、山に通い 
山岳写真としての作品を撮っていきたいと思います。

エベレストなど8000m峰を含む世界中の山を登り
撮影を行いたいという夢があります

バイクライダーでもあります。(YAMAHA,YZF-R6@赤色)

ブログ:http://redbike.upper.jp/
ポートフォリオ(作成中):https://mattsun2a.tumblr.com/

【VALUで得た資金】
VALUで得た資金は、撮影や登山のための国内外の遠征費。
装備(冬山)、機材(カメラ、レンズ、ドローンなど)。

山や自然にまつわるサービスを考えたりしているので、
その実現などに活用したいと考えています。

【当面の目標・活動】
山岳トレーニング、ガイド資格取得、撮影技術の向上。

直近で厳冬期北アルプス、他国内難ルート
2年でユングフラウ、マッターホルン、
3年でデナリ(マッキンリー)、5年でアコンカグア。
7年以降でヒマラヤ山系に挑戦を考えています。

【私にできること・優待に関して】
ブログを書くことや、撮影することなど、私にできることで
お返しできることをしたいと思います。優待のリクエストなど
ありましたら、気軽にお話しください。

[スキル・実績]
野外撮影,現場撮影,製品撮影/画像編集(Photoshopなど)
企業PR動画制作/HTML,CSS/Wordpress導入・カスタマイズ,
SEO・ブログアドバイス/IT関連(プログラミング)/その他、科学的知見(動物細胞・腫瘍細胞分野で修士修了)/サイエンスカフェの実施/など

[趣味・最近やっていること]
登山/カメラ・撮影/バイク/サバゲー/
作曲(DTM)/ゲーム/アニメ/漫画/等
赤いライダーまっつん@山岳写真女

来シーズンの冬季アルパインクライミングを目指して、先月からクライミングのトレーニングを開始しました。

ロープを使って岩の壁を登攀するのが夏のクライミングの本番スタイルです。

だいたいはパートナーと二人一組で登ります。
先ずは安全を確保し、そこから一人が先行し
途中途中で安全の支点を作りながら進行します。

もう一人は下で先行者を確保します。
確保とは滑落したときの安全確保のことです。
きちんと確保できていれば、もし落下してもロープで確保した最少範囲でぶら下がり、地面に落ちることはありません。

そうして先行者が行けるところまで進むと、今度は先行者が次の人を確保します。
次の人が先行者の作ったルートを進んで登っていき合流します。

これを繰り返して、岩の壁を上へ上へと登攀します。お互いにつなぎ合ったロープは文字通り命綱で、どちらかが何かを間違えれば、事故が起こります。

学ぶことはまだまだ多いですが、基本からしっかり技術を学び経験を積んで行きたいです

赤いライダーまっつん@山岳写真女

関西から単身で長野に引っ越して、新しいことだらけの日々、
楽しさもあり、苦悩もあり、焦ったり、迷ったり・・しています。

山が見える街での生活はとても楽しく、毎日が幸せである一方で
まだまだ自分の及ばなさに焦りが募ります。

なぜかはわからないのですが・・最近、焦る気持ちを抑えることができません。

どうすればスッキリできるのかわかりませんが、
とりあえず発散がてら登ってきました!

いつも同じようなポーズですが、乗鞍岳のピークから見た穂高連峰をバックに。
乗鞍のスキー場、ゲレンデの終点からハイクアップして、雪原ハイク、最後は急登。

暗闇の中のゲレンデ歩きは圧雪気に踏みつぶされないかひやひやしました笑。

爆風の中でしたが、気温が高く絶景を堪能できました

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは。

2018年に入ってから長野に移住しての2ヶ月と少し、スキーに明け暮れています!
いつか海外の山で山スキーをすることを夢見て、今はゲレンデスキーを練習中です。

スキーは始めたばかりですが、再来週に脱初級者を目指して、
二級の検定を受ける予定です。
正直自信はないですが、今シーズン頑張った結果を試したいと思います。

いつか山で最高のパウダースキーを!
新たな冬山のアクティビティとして取り入れたいです。まずはゲレンデスキーから

そして今シーズンから登山ではクライミングも覚えていこうと思います。
スキーばかりで体力が落ちていますが、なんとか一区切り付けて山へ入り始めたいと思います。

あ、写真は私の情けない滑走の様子です笑
乗鞍のゲレンデに毎週一人で出没していますので、
見かけたらぜひお声掛けください!

赤いライダーまっつん@山岳写真女

先週カメラを持たずに訪れ、「カメラもってくるんだった~」と後悔した、諏訪湖。
今朝カメラをもって撮影リベンジしてきました

朝日に染まる凍った諏訪湖を撮影する予定だったのですが、
八ヶ岳側の雲が思ったより厚く、待てど暮らせど朝日は差し込まず・・

やっぱり写真撮るのは失敗・成功、いろいろあって楽しいです。

構図やカメラの設定など、撮影者の技量、
カメラやレンズなど道具にかけたコスト、
そしてやはり一番重要なのはタイミングや条件などの運や読み・経験によるもの、
これらの結果が作品としてアウトプットされるのが写真です。

そして、写真を眺めながら失敗でも成功でもいろいろ反省点を考えて
次どうするか、想像します。

今後は、長野での素晴らしい自然をたくさんお送りできればと思います。

-------------------------

諏訪湖に関しては、少しずつ気温の上昇にともなって溶けているようです。
しかし、少なくとも今朝はまだがっつり凍ってましたので、
よければご覧になられてはいかがでしょうか。
五年ぶりの全面凍結と御神渡りを見ることができます。

写真の撮影場所は諏訪湖の南側、臨時駐車場が設けられています

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは!VALUでのアクティビティの更新はかなり久々となります。

ようやく長野への引っ越し後、PC周りのネット環境を整え、
落ち着いてSNSでの活動を行えるようになりました。

長野に引っ越してから毎日、目に映る景色に感動しっぱなしです。
白く染まった美しい北アルプスの峰々を町から見ながら、
本当に生きててよかったと想いながら生活しています。

さて、引っ越しただけで満足していられません!
今まで以上に登り、撮影し、トレーニングと技術アップに
やることはたくさんあります。

とりあえず、山スキーをできるようになりたくて、
今はスキー特訓中でもあります。

山スキーができるようになると、下山のコースタイムがかなり短くなることから、
土日で行ける冬山の行程の幅が広がりますし、何より滑り降りるのは楽しいですからね

撮影日 2017.12.30,撮影地 西穂山荘付近

赤いライダーまっつん@山岳写真女

あけましておめでとうございます!

年末年始は富士見平小屋で過ごし、新年1/1は金峰山で初登り、
そして、初富士山、朝焼けに染まる光景に
新たな年の幕開けを感じました。

年末に長野への引越しを終え、
今は新潟地方でスキー上達のため篭っていて、毎日ヘトヘトです。笑

新潟の雪の多さは想像以上で、豪雪地帯に住む大変さを感じています。

2月までは落ち着かない日々が続きそうです。

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは。

プロフィール用の写真変えようかな?
と思って自分の映っている写真を探していたのですが
自分は大体撮る側なので、自分の写真って自分ではあまり持ってないんですよね。

集合写真とかは何となくわざとらしくて、
自然な写真が良いなと思って探していたのですが・・

そんな中見つかった一枚の写真。
吹雪の中、山頂集合写真に映る私ですが、
完全にテロリストですね、笑。

アイコンにはしませんが・・何となく貼っときます

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは。

山に入って写真撮影をしているといつも思うことがあります。
それは、「映像」を撮って作品として公開したいという想いです。

小学校の担任が卒業アルバムに書いてくれた「感動は人生の扉を開く」という言葉。
私は山でまさにその言葉を体感し続けています。

そして、そんな山でのファンタジーを
写真だけでなく映像でも発信できればと思っています。

そこで、GoProを購入しようと考えています。

GoPro HERO 6とジンバルをザックに固定して
山での絶景や色々なルートを撮影し、
動画作品としてYOUTUBEにチャンネルを持ちたいと思っています。

今後、日本だけでなく世界中の山でのアクティビティや
山だけでなくバイクの動画なども公開できればと思っています。

ただ、今は登山の冬用登攀装備購入の出費がかさみ、
購入資金の捻出が困難となっており、

polcaを作ってみました。少しでもご支援いただければ幸いです。
(ちょっとタイトルがヘンですが・・)

https://polca.jp/projects/9rBEecnsw0b

※写真は焼岳からの穂高連峰です。

赤いライダーまっつん@山岳写真女

冬の登山で最も危険なことの一つに「汗冷え」があります。

冬山は外気温が氷点下、風の強さによっては体感温度が-10度を下回ることは珍しくはありません。
そんな環境下でも、雪をかきながらの激しい運動では発汗します。
そして、汗で濡れた衣類によって徐々に体温が低下していきます。

本来、冬は汗をかくような歩き方はNG。
しかし、汗をかいてしまった後で「悪い歩き方をしてしまった・・」と
後悔することがあります。

そんな「汗」の対策の一つとして「網シャツ」なるものがあります。

ミレーが製造している「網シャツ」が有名で、
名前の通り網でできたシャツで、鎖帷子のような感じ。

この製品、かなり機能的に優れているらしく、利用している人は口をそろえて
「とてもいいよ」と教えてくれますが、

その・・いかんせん見た目が・・変態チックなのです(画像/Amazonより)。

冬でも速乾インナーの下に着ることで汗を乾きやすくして
とても良い働きをしてくれるようです。

もちろん皆さんは大真面目でこのシャツを着ているわけですが、
私的にはちょっと、見た目がやばすぎて抵抗があるというか・・

まあ、登山者は服の下にこんなものを着ているという、ご紹介です笑

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは。

今回は山用品のメーカー(ブランド)についてお話ししたいと思います。
山用のウェアやギア(道具)は国内外に多数の製造メーカーが存在します。

私が好きな登山系メーカーベスト5は

1. マムート:スイス (ウェア、ギア利用)
2. ホグロフス:スウェーデン (ウェア利用)
3. ミレー:フランス (ザック利用)
4. マウンテンハードウェア:アメリカ (ザック利用)
5 ブラックダイヤモンド:アメリカ (ギア利用)

登山のウェアなどは高価ですが、機能美にあふれていて、見た目はクールなものが多いです。
機能美とは、ものによりますが、具体的に、丈夫、軽い、撥水、防水などですね。
マムートのウェアのシルエットは私の体にとても合って着やすいので、気に入って使うことが多いです。

最近街着でよく見るコロンビア、ザノースフェイス、アークテリクスなど
も山向けのアウトドアブランドです。

そして、これらのメーカーに共通して言えるのは・・カッコいい!

身に着けていてテンションの上がるウェアやザック、ギアというものは
山に行く楽しさの一つでもあります。

憧れのブランドのウェアを羽織って山へ繰り出すだけで
モチベーションも上がるというものです。単純ですね。

ところで、男性が山用ジャケットを街で着るとカッコいいのに
女性が同じことをしていると手抜き感が出るのはなぜなんでしょうね?笑

赤いライダーまっつん@山岳写真女

再来週の長野県への引っ越しを控えて、現状を整理。

引っ越し当日までの休日は4日、
内3日は雪山へ、1日は実家の用事。

残りの平日は、8日、予定がないのは内6日、

平日の終業後の自由時間は平均3時間(寝るのが早いというのもある)、

つまり、3時間×6日の18時間が私に残された時間。
そう、引っ越し準備をあと18時間で終えなければいけないのだ!

脱線せずに、片づけに専念しなければ私に未来はない!


というわけで(?)
先週は焼岳に登ってきました。

ノートレース(積雪後誰も入山していなくて、道が雪で埋まっている)
&ラッセル(雪をかき分けて進む)祭りでとても楽しい山行でした。

そして、樹林帯を抜けたときに眼前に広がった白く美しい穂高の山々、
私を見下ろす雄々しき焼岳の岩稜、吹き荒れる風と舞い上がる雪飛沫

たまらない。としか言いようのない光景
冬は、たまらなく厳しく美しい

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは。
本日、御一方にVALUを購入していただきました。

「Mcs Dai」様
VALU:https://valu.is/daimcs

ありがとうございます。

プロフィールを拝見した感じ、登山をされる方のようです。
アイコン画像の雪山がとても美しく映っていて、
どこからの景色なのかとても気になるところです!

購入してよかったと感じてもらえるような私になれるように、
前に進んでいきたいと思います。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

さて、12月末にいよいよ長野へ引っ越します。
新居も決まり、あとはその日を待つだけです。

引っ越し後は、まずは今まで以上に山に入りトレーニングをつみます。
理由はまだまだ体力が足りないためです。

山をやるにはいろいろな技術や知識、経験が必要ですが、
何よりもまずは体力が一番。何にチャレンジするにしても、大前提になるものです。

今以上に、山へ入りまくり、重たい荷物をもって登りまくる。
これが出来なくては山岳写真をやる余裕はありません。

加えて、山岳団体に入り、登攀技術などを磨きます。
そうして世界中のどのようなピークにも自分の力でアタックできる
技能を身に着けたいと思います。

今は、将来に向けての礎を築く期間でもあります。

関西はとても良いところでしたが、長野での暮らしもとても楽しみです

赤いライダーまっつん@山岳写真女

さて、今週末は南八ヶ岳へ雪上歩行訓練・アイゼントレーニングを兼ねて
登りに行ってきます。いよいよ冬山シーズンの始まりです。

予定では、赤岳鉱泉~赤岳~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉という
いつもの周回縦走コースです。

積雪期も含めて今年5度目の南八ヶ岳になります。

しかし、今回は一ついつもと違うことがあります。
それは・・・雪上テント泊デビューです!

赤岳鉱泉にて、雪の上にテントを張って宿泊する予定です。
これまで冬は小屋泊しかしたことがなかったので、とても楽しみです。

さて、今回の装備(写真)です。

山岳テント、冬用シュラフ、シュラフカバー、テントマット
ダウンパンツ、ダウンジャケット、ダウンシューズ、
アイゼン、ピッケル、シャベル、ストック、メット
食料、調理器具、山専ボトル、
そして、その他衣類と、いつもの山用品達となっています。
(70Lザック重量 22 kg)

冬はガチャものと呼ばれる金属系のギアが必要になるのと、
防寒具をたくさん持っていくのでどうしても
荷物が重たくなってしまいます。

夏に行った三泊ほどのテント泊の荷物が20kg。
今回は一泊二日でこの荷物。
冬のテントの連泊は一人ではかなり厳しいなと思います。

少なくとも100L越えのザックが必要になりそうですが、
そんなザック背負って歩ける気がしません
・・が、いつか平気でそのくらい担げるようになりたいですね

赤いライダーまっつん@山岳写真女

年内までに今年登った山の写真を整理して
ブログにレポートを上げたいと思っていたけど、なかなか進みません。

最近夜9時を回ると眠気が来て、10時くらいにはパフォーマンスが落ちて、
12時にはなすすべもなく眠りに落ちてしまいます。

とにかく、個人的に今年一番楽しかった
「西穂~ジャンダルム~奥穂~前穂」の
穂高岳三座縦走登山の写真整理中です。

写真は西穂側からジャンダルムを目前にして喜んでいる私です。
ここまでくればあと少しだー!と喜んでいますが、このルートの核心部はジャンダルムを超えた向こう側なんです。
ザックについているマットが左にいがんでますね笑。

実は西穂側から見たジャンダルムはこんな風にお餅のような形をしています。
あとジャンダルムの左奥に尖って見えているのは槍ヶ岳です。

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは。

山での積雪が多くなってきました。
この時期はまだ日中に気温が上がって雪が緩んだり、夜間に冷え込んで凍結したり、
その上に降雪があったりして、実は雪崩が起きやすい時期でもあります。

今年は北アルプスなどでの降雪量が多いので
スキーヤーが山に入ると思いますが、
少し注意したほうが良いかもしれません。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そんな私は今週末は山へナメコ採集に行ってきます。

お味噌汁に使うことの多いあの「ナメコ」です。
山で見つかるナメコはスーパーで売っているものより一回り以上大きく、食べ応えがあります。
が、大量の水で洗って土を落とす必要があったり、手間も多いです。

そんなわけで今週末は、山でナメコをとって、ナメコ料理を作って堪能したいと思います。

今考えているナメコのレシピは・・
〇ナメコ汁(+ナメコ雑炊)
〇ナメコとほうれん草のソテー
〇ナメコとオクラの和え物
〇ナメコ入りすき焼き
〇焼ナメコの大根おろしポン酢

収穫量によってどこまでできるかはわかりませんが、
季節の味を楽しみたいと思います。
おすすめのナメコ料理があれば教えてください!

赤いライダーまっつん@山岳写真女

こんにちは。
山に登るって皆さんどんな姿をイメージしますか?

でっかいザックで酒やお鍋の食材や肉を25キロ以上も担ぎ上げて、、
山上の無人小屋で宴会する、なんて登山もありなんですよ笑。

山小屋に潜り込んだら、おでんやお鍋の仕込みをしたり、
日本酒を片手に山男たちの下世話な下ネタを聞きながらトランプをしたり・・
罰ゲームで初恋の話を聞かされたり・・・

登山って、全くの初対面の老若男女が何時間もかけて同じ道を歩き、
同じ鍋をつつき、酒を飲み、そのまま同じ部屋で寝泊まりする、
なんてことが普通にあります。

なにせ一緒にいる時間が長いので、なんだかお互いの深い話もしちゃったりして、仲間意識が深まったり。
そうして、あっという間に絆が深まって、仲間がたくさんできます。

こんなにも近代的な世の中で、
こんなに原始的に過ごしているときが、私にとっては最も人間らしく、
生きている実感や、本当の仲間を見つけるきっかけになっている気がして、
おかしいなあと思うことがあります。

山がなぜ楽しいのか、いつも明確な理由は応え辛いのですが、
最近は人との出会いも山の楽しみの一つだと感じます。

皆さんも、山、始めてみませんか?

あ、写真のようなキレイな山小屋は殆どなく、
この小屋は穴場中の穴場ですので、
山小屋にはあまり期待されないほうが良いですがね笑