【防災×アクティブラーニング】で自分の命を守れる子を育てたい!

検索

ユーザー ハッシュタグ

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

防災士、ワタシ流働き方改革発信者

現在値 0.000550BTC
時価総額 2.750000BTC
発行VA数 5000VA
息子は全国最年少防災士。私も防災士。
5年前から一人の母親として子育てママを支援するコミュニティを主宰しています。

悲しくて不幸な出来事である災害を教訓として受け止めて、私たちの命を守る大きなチカラに変えていきたいと考えています。

防災や減災は大人だけの仕事ではありません。子どもは10年も経てば大人になる。だからこそ「子ども目線の防災」が大事。

現在、大阪でママのためのコミュニティ「ママコミュ!ドットコム」を運営しています。子育て中のママが自分の人生を見据えて様々なチャレンジができるよう、同じ想いのママが出会い、学び合い、応援し合える場所づくりをしています。mamacomu.com

息子が防災士として活動を始めました。
(防災士試験合格時年齢は9歳で全国最年少タイ、防災士認証時年齢は10歳で全国第3位)

子育てママ向けのイベントを開催する中で防災は子どもや家族の命を守るママのために必須のテーマだと思うに至りました。

長年、国際交流を推進する公益法人で各国の芸術団の招聘やシンポジウムなどの企画、広報宣伝などを手がけてきました。

独立後は自分らしい視点で子どもから大人まで楽しく学べるイベント企画を手がけています。
例えば、地域活性化×ハロウィン、安心安全な地域づくり×ベルギーのサイクリングなどなど。

組織を出て気づいたこと見えたこと感じたことは今の活動の財産になってます。
自分らしい視点で生きること働くこと。
政府や経済界が取り組む働き方改革とは違った視点で「ワタシ流働き方改革」を推進中!

子どもだからできること
ママだからできること
子育てを言い訳にしない働き方や生き方ができたらいいな

そんな私もVALU始めました。よろしくお願いします。
マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

災害級の熱波にご注意を!

命の危険を感じるレベルと言われるこの夏の暑さはまだまだ続きそうです。
今年、多くの人の命を奪うこの暑さは災害と言っても過言ではない気がします。

#NHK の熱中症予防サイトは全国の暑さ指数や予防方法がわかりますよ。
熱中症の理解をいま一度。
https://www3.nhk.or.jp/news/heatstroke/osaka.html

#大阪熱波2018 #災害級の暑さ #命を守れ #熱中症対策 #危険な時間帯がわかる #不要不急の外出は控えめに

大阪(大阪府)の暑さ指数予報|防ごう熱中症|NHK NEWS WEB

NHK NEWS WEB の熱中症予防サイト「防ごう熱中症」では、大阪(大阪府)のきのう〜あしたまでの暑さ指数の実況値・予報値をお伝えしています(データ提供:環境省)

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

親子カフェで防災のお話

大阪北部地震、西日本豪雨被害と立て続けに起きた災害・・・。

発災直後の行動について調査した結果、
いちばん多かったのが「何もできなかった」という答え。
子育て中のママからは「小さな子どもを守らないと!とパニックになった」という声をたくさん聞きました。

・せっかく防災士資格を持っている
・せっかく子育てしている
・せっかく地域で活動している

そんな私にできることはなんだろう? って考えて、

・身近な防災 
・やわらか防災
・ママ目線の防災

を形にしてみました。

赤ちゃんを抱っこしてカフェに入れる、お茶が飲める、おしゃべりができる。そんなカフェが地元にあります。

今からそこで親子向けの防災のお話会に行ってきます!
https://www.facebook.com/events/209704563199182/

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

〜防災は幼い頃からしっかりと〜

防災に携わる者の一人として、このワークショップには様々な思いを込めています。子どもの成長の中に「防災」がしっかり根付く社会を作っていきたいと思っています。

夏休みから取り組む全3回の防災ワークショップは全て満席となりました。
大阪北部地震から1ヶ月も経たないうちに西日本でこんな大きな災害が起きるとは誰も予想していなかったと思います。

災害って怖い。
それだけでなく、災害とどう向き合うか、防災力をどう高めるかという大きなテーマをあえてU15の子どもに向けて問いかける試みです。
http://mamacomu.com/u15nobosai/

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

連日、災害のニュースに心が痛みます。
親戚が暮らす場所、友人知人が暮らす場所、訪れたことのある場所、訪れたいと思っていた場所が被災地として報道されています。
この暑さの中、未だライフラインが復旧せず不安の中で過ごしておられる方も多いと思います。
1日も早く元の生活に戻れますよう、大阪でできること・私たちができることを見据えて頑張りたいと思います。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

大阪北部地震で傷ついた地域に連日の大雨。。。

防災の講座でよく聞く言葉だけど、
「地震は予期できないけど、台風や大雨は予期できるから備えられる」
って簡単に言ったらあかんね。
予期できても備えられるとは限らない。

防災は自然と人との知恵比べ。
勝つこともあれば負けることもある。
負けないように知恵を集めよう。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

【拡散求む】今月18日朝に発生した大阪北部地震では尊い命が失われ、未だに不自由な生活を余儀なくされている方がおられます。1日も早いライフラインの完全復旧が待たれるところです。

阪神大震災以来23年ぶりの地震発生、それも史上最大規模の震度6弱となった今回の地震で家族(特に子ども)の安否確認の方法や平時からの安全確保の取り組みについて様々な教訓となる出来事がありました。

そこで、近いうちに起きるかもしれない余震(と表現しておきます)発生時に落ち着いて行動できるよう役立てるため、今回の地震直後の行動について大阪商業大学公共学部の中嶋先生と一緒にアンケート調査をしています。

できるだけたくさんの回答を集めています。ぜひご協力ください。
https://goo.gl/forms/2J5PDrJEM6ohbM6h1

大阪府北部地震に関するアンケート

6月18日に発生した大阪府北部を震源とした地震について、その発災直後の行動について調査しています。 回答所要時間は約2分です。 調査実施者 : わたし×防災を科学するアイビーラボ  htt...

Google Docs
マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

防災×アクティブラーニングの実験開始!

この夏休みから取り組む「U15のための防災ワークショップ」では、
話題のアクティブラーニングを導入!
http://mamacomu.com/u15nobosai/

自分で考えて、自分で情報を集めて、自分で行動することが大事。

大人が一方的に伝える防災情報が子どもにとってベストかはわからない。
もしかしたら子どもには子どもの防災があるのかも。

ちびっこたちに期待を込めて @防災かあちゃん は頑張ります!
近々クラウドファンディングで資金調達を開始します。

ぜひご支援をお願いします!

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

地震と恐竜の関係あり?!

大きな図書館に行ったついでに災害関連図書の所蔵状況を調査。

ん?地震のコーナーにはほぼ恐竜の本。

そうやったんかぁ〜!

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

今年もやります!子どもにフォーカスした防災ワークショップ。

地域で防災に取り組んでいる方はだいたいが地域の役員さんや地元の名士さん。
防災だけじゃなく子どもの見守りや地域のお祭りなんかも同じ方が色々な役をされてる。

地元っ子じゃない私にしたら、こういう方が何世代にも渡って地域のことをしてくださって
ありがたい気持ちでいっぱい。

だけどふと不安になる。

10年後、20年後の予備軍は育ってるの?

まさに10年後、20年後に立派な(とは限らなくても)大人になってる今のちびっ子たちが
災害に強い大人になってくれていないと困る。

お母さんの視点で見ると小さな子どもにそんな重責を担わせるの可哀想って思う人もいるかも。
だけど、生きる力をつけておくことは大事。もっと言えば親がその力をつけてあげないとダメなんじゃないかなと思ってます。

というわけで今年のターゲットはU-15(15歳以下)。

明日地域の協力者探しに出かけるんですけど、こんなキャッチコピーで伝わるかな。。。
ご意見くださいませ。

※本番のチラシはデザイン上手な人に力を借りてもっとキャッチーなものにします。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

マニフェスト変えました。

これから30年の間に大地震が起きる確率は80%とも90%
とも言われてる。

今、社会で防災に取り組んでいる人が30年先まで頼れるか?
彼らがこれまで蓄積してきた知識やノウハウを
そろそろ未来の担い手に伝えないと!

10年先には小学生だってオトナになります。

防災が世代間交流の有効なツールになるといいなと思いを込めて。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

ご無沙汰でございます。
今年度も防災のお仕事を色々といただいてます。

・健康な60歳代以上の方向け出張講座と防災クッキング@老人総合センター
・0歳からのお子ちゃまと保護者さんのための出張講座@保育園
・大阪市内在住の親子向け出張講座@中央図書館

そして独自事業!
・©︎ジュニア防災キャプテン認定講座「みんなのまち防災マップを作ろう」
地域の防災リスクを自分の目で見て、感じる防災まちあるきと未来の防災リーダーとなる人材発掘を
融合した事業です。
ありがたいことに公的助成金も頂戴しました。会場費、広報費、参加者の安全管理費に充当させていただきます。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

今年度の防災の取り組みにが公益財団法人大阪コミュニティ財団2018年助成金を頂戴することになりました!

‪本日、助成金目録の代表受領者として贈呈式に出席させていただいています。‬
‪緊張で身が引き締まります。。。‬

独自財源では到底実現できない事業に対し公的な助成金や企業の協賛金をいただきながらなんとか形にして今年で3年目。

前職で助成審査をしてたのに自分が申請するとうまくいかない。
そんなもんだよねー。
想いが溢れすぎるのをうまくコントロールして客観視するコツもぼちぼち身についてきたかな。

そんなこんなで今のところ全戦全勝。
助成金、大切に使わせていただきます。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

2018年を子ども防災元年に!

マニフェストを書き換えました。
子どもの目線での防災は10年、20年先の未来の防災の基盤をつくるもの。

大人が取り組む防災も大事。
受け継ぐことも大事。
子どもだからわかる、みえる、感じる防災を今年は追求していきたいな。

息子のテレビ出演のワンショット。
かわいい。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

「地域のことを一番知ってるのは小中学生」説がここでも。

昨日、「防災フェスタinあべの」に行ってきました。
地元中学校の生徒会が3年前から取り組んでいる防災で地域をつなぐ活動。

各家庭での非常食や非常持出袋の設置状況や防災に関する意識調査など中学生らしからぬ(?)綿密な調査を重ね、たどり着いたのは地域との繋がりが防災力に大きく影響するということ。

10代前半の中学生がここまでしっかりとした考えを持って、学校全体の意識を変えようとする姿に感動しました。これからの防災をしっかり担って行ってほしいです。

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

全国最年少防災士と言われている息子ですが、自分では「食いしんぼうさいし」と名乗ってます笑

というわけで「食いしんぼうさいし」のお気に入り防災食シリーズ第一弾。
▶︎ボローニャさんの缶詰パン◀︎

先日のちちんぷいぷいのオンエアの中で「今まで食べた防災食で一番おいしい」と言わしめた一品。
昨年、一昨年のおやこ防災サロンで多くの方に試食していただきましたが、そこでも「焼きたてみたい!」「毎日食べたい!」と大好評でした。

せっかく備えるなら美味しいものを備えたいですね。

特にお子様のいるご家庭では子どもたちが喜んで食べてくれるものを一品入れておくだけで安心感が違います。

ボローニャオンラインストア
http://bologne-shopping.com/

マユミ@全国最年少防災士のママも防災士

マニフェスト掲げました!

・10年、20年後の主役は子どもたち
・災害は非日常だと考えられてるけど、
経験するのは生活者の私たち
・防災をもっと身近なものに変えたい

そんな想いを込めました。

文字数制限あるからむずかしー。