音楽家が自活でき、音楽家として、より社会に貢献できる環境づくりを目指します。

キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

宮本史利@オペラ歌手

オペラ歌手/よこすかの音楽家を支援する会

現在値 0.000700BTC
時価総額 0.700000BTC
発行VA数 1000VA
神奈川県立横須賀高校、横浜市立大学経営学科、東京芸術大学声楽科を経て、パルマ国立音楽院を満点で卒業。2008年より、20世紀最高のソプラノ歌手、ミレッラ・フレーニの元で研鑽を積む。

2005年にイタリアに渡り(8年間パルマ、2年間モデナ、その後ノマド的に転々としています)、
現在はイタリアと横須賀市を拠点とするオペラ歌手です。
2015年に、
【(社)よこすかの音楽家を支援する会】
を立ち上げました。

イタリアではプッチーニフェスティヴァル、ロッシーニオペラフェスティヴァル、スポレートフェスティヴァルをはじめ、モデナ・パバロッティ劇場、パルマ王立劇場などで、オペラに多数出演。

日本でも多数のコンサートに出演するほか、横須賀での企画は立ち上げの2015年に5公演/年から2017年に30公演以上/年と拡大中。

音楽家が音楽活動に専念できる環境づくり、横須賀の音楽文化振興を目指し、鋭意活動中。

2017年の駒ヶ根高原音楽祭ではコンサートに出演する他、特別講師を務める。

2017年10月14日には東京文化会館にてリサイタルを開催。

2017年2月イタリア永住権を取得。

2018年1月よこすかピアノスタジオをオープン。

▶︎詳しいプロフィール・コンサート等出演予定等◀︎
詳しい情報はYMSAホームページ
https://www.yokosuka-ymsa.org/prof/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E5%88%A9/
をご覧ください。

▶︎VALUの利用目的◀︎
VALUは様々なジャンルの方との交流に、VALUで得た資金は現在の活動を進めるための、おもに設備投資(現在はスタジオ開設の融資に向けた自己資金)に使わせていただきます。

▶︎優待をご利用される方◀︎
FBメッセンジャーで、または、 miymaon@gmail.com あてにご連絡ください。
宮本史利@オペラ歌手

久しぶりの投稿になってしまいました。

今日は僕がやっている法人が企画するワンコインコンサート、内容は僕のソロコンサートです。

今日のコンサートからプロジェクションマッピングを導入。
本当に実現したいことまではまだまだ足りないのですが、まずは第一歩。

コンサートに本格導入できれば、かなりのメリットがあります。

・反響版に映し出すので音響効果のアップ
・舞台セットを用いなくて良い
・照明代を抑えられるので節約になる
などなど。

必要なものも、

・マッピングソフト 約5万円
・パワーポイント
・Syphonというソフト 約千円
・パソコン
・プロジェクター(ホールレンタル3000円/日)
・ケーブル 役千円

くらいでしょうか。

習得するのにも1週間も要りません。
こんな簡単なこと、なんでみんなやらないんだろう、ってレベルです。

理想をいえば、定価が100万円以上するプロジェクターを使いたい!
しかし、そこに進めるかどうかも、今日の出来にかかっています。

開演まであと4時間、ドキドキです。
(準備は30分で終わってしまいました^^;)

宮本史利@オペラ歌手

日本に戻ってきました。
帰ってくる前の4日間はポーランドはヴロツワフの友人宅へ。

初めて訪れたポーランドでしたが、とても素敵なところでした。
食事も美味しいし、物価も安いし、建物も自然も素敵でしたが、
日本人を含めた東洋人はほとんど見かけませんでした。

まだ知られていない観光の穴場かもしれませんね。

宮本史利@オペラ歌手

昨日からローマに3泊4日です。

なんかローマもずいぶん物価が上がってしまったイメージで、カルボナーラを食べようにも10ユーロを超えるところばかり。

そんな中持ち帰りならば7ユーロというお店を宿の近所に見つけたので早速食して来ました。
実際あまり期待していなかったのですが、これがまたずいぶん美味!
7ユーロでこれが食べれるのなら、レストランで食べるのがバカらしくなってしまいます。

さて、イタリアといえば美食の国と知られますが、よくレストランの評価として話にでるのが、

Buono come a casa!

(家のように美味しい)

したら、外で食べる意味ないやーん、と思ってしまうのですが、
イタリア人が家を、家族をいかに大事にしているか、というエピソードでした。


ちなみに、現地の方に美味しいレストランはどこ?って聞いても、ほとんどの方が近所の行きつけのところしか知りませんからね。

探す時は、いろんな方に聞いて、何人かから挙がったお店に行くことをお勧めします。

そうじゃなければ、ガンベロロッソという、イタリア版ミシュランみたいなもので探すのがいいかと思います(値段は跳ね上がりますが)。

それでは、これからカルボナーラ、二件目を堪能してきます^^

宮本史利@オペラ歌手

イタリアで初めて置き引きにあってしまいました。
ボローニャの駅は最も危ない場所の一つだ、と認識はしていたのですが、前日の疲労と睡眠不足で、完全に油断でした。

盗まれたものは、

・リュック
・パスポート
・身分証明書(carta d‘identita)
・MacBook air
・着替え

などです。
幸い明日にはローマに行く用事があり、大使館ですぐにパスポートの再発行ができそうなこと、パソコンのデータ管理は基本クラウドで行なっていたことなどから面倒なことにはならなくてよかったです。

パスポートも再来年に更新が迫っていましたし、身分証も来年が更新でしたし、macは十分なパフォーマンスを発揮できておらず、次のappleの発表で買い替えを、とおもっていたので、それらが少し前倒しに、強制的になされた、という風に考えれば…^^;

これで盗まれたのが、MacじゃなくてiPad(シム入り)だったら、パスポートじゃなくて無期限滞在許可証(永住権)だったら、本当に大変なことになっていたかと思います。

ボローニャは数多くの友人たちが被害に遭っている場所で、ついに自分にも、という感じでした。皆様もどうぞお気をつけくださいね。

知らない人に話しかけられた時は、狙われているときかもしれませんよ。

宮本史利@オペラ歌手

パルマの音楽院に同期入学し、ビール好きということで意気投合をし、ルームシェアするようになったベネズエラ人の親友フィデール、歌はやめてしまって、でもオペラ好きとして知り合ったピエモンテのグラッパ工場の経営者の娘さんと結婚し、今はトリュフやお酒の販売をしています。

先日、初めて新しいお酒(ベルモット)を自分で開発し、今はその販売活動をしていますが、今日はTorinoのEatalyでの販売イベント。
彼の名前を冠したお酒がずらっとお店に並びます。

その名は、

FIDEL ERNESTO‘S

Eatalyの公式サイトでも購入することができます。
彼の名前も世界中に鳴り響く日も遠くないでしょうか?!

https://www.eataly.net/it_it/vermouth-fidel-ernesto-0-75l-fidel-ernesto

宮本史利@オペラ歌手さんが優待を追加しました。
イタリア留学のご相談承ります イタリア留学には大きな障壁がいくつもあります。

・イタリア文化会館での手続き
・ヴィザの取得から滞在許可証の取得
・音楽院の選び方
・留学に必要な語学の習得方法
・長期滞在の家の探し方

などなど、僕の経験とこれまで何十人とお世話をしてきた経験から、より良い道を探すのをお手伝いしたいと思います。

また直接留学とは関係なくても、それに準ずることでしたら、なんでもご相談ください。

保有者全員 2018/03/21~2018/09/21

宮本史利@オペラ歌手

パルマの生ハムも10年くらい前から比べると3割ほど値段が上がっています。

パニーノにしても10年前は3.5〜4ユーロが相場でしたが、今は6ユーロを超えるパニーノも珍しくありません。
(ただしケバブは今だに安定の3.5ユーロ!)

最近はイタリアの賃金事情は知らないのですが、まあ物価が上がることは本来喜ばしいこと。僕の年収が増えていないことの方が問題ですね^^;

ところで、写真は新しくできた「伝統」を売りにするパニーノ屋さんのもの。使われている生ハムは、一番ポピュラーな生ハムではなく、「クラッタ」という生ハムによるものです(めちゃめちゃ美味しかったです)。

パルマの生ハムは、世界で最も有名な生ハムだと思いますが、パルマにある生ハムだけで何種類あるかご存知ですか?

その辺りについてもそのうち書いてみたいと思います。

宮本史利@オペラ歌手

昨日は、息のことを説明するためにごちゃごちゃ書きましたけれども、
それを頭でわかっていたところで、息が自由に使えるわけではありません。

簡単な練習方法としては、

①息を限界まで吸い、さらに3回くらい"ゆっくり"吸おうとする
②息を限界まで吐き、さらに3回くらい"ゆっくり"吐こうとする

(これだけで呼吸筋のストレッチになるのでおすすめですが、ゆっくり行うことがとても大事です)

そして、この①の状態を100として、②の状態を0と考えます。

試しに100の状態から0の状態まで"S"の子音(Shでも構いません)でずっと同じ音がし続けるようにできるでしょうか?

これを試すだけで、吐き始め、と吐き終わりの時の難易度を理解していただけるかと思います。
"S"または"Sh"の音が変わったところで息の変化が怒ってしまっているということです。

これはリップロールでも確かめることができます。
まずは自分が息をどのように「扱ってしまっているか」を知ること、これが上達への第一歩かと思います。

宮本史利@オペラ歌手

たまには歌のことでも。

よく歌や声の良し悪しについて聞かれますが、正直、歌にも声にも絶対的な良し悪しなんてないと思います。

どうやったらより多くの人に好かれるか、などは何かいうことができるかと思いますが、基本的には自分が歌いたい歌が歌えているか、ということだと思います。

そんな中であえて歌の良し悪しをいえば、下手に聞こえる原因の多くはフレーズの終わりにあるといっても過言ではないと思います。

それはなぜか?フレーズの終わりというのは、自分の思っているように歌いにくいから、といってしまっていいかと思います。

人間の声というのは、息のコントロールによって生じるものですから、フレーズの終わりは息のコントロールが思うようにできないことが多いんですね(または、コントロールできているつもりで実はできていない)。

例えば、ある方が使える息の量が100だったとします。
それを10秒間おんなじ音で一定に伸ばそうとします。そうするとどうなるでしょう。
1秒あたり10の息を均等に使うことになります。
それを簡単な図(?)で表します。

(歌い始め)10|10|10|10|10|10|10|10|10|10(歌い終わり)

さて、上記のように10個に分けられた10の息は同じように使えるでしょうか?
少し図に補足をしてみましょう。

(歌い始め)10|10|10|10|10|10|10|10|10|10(歌い終わり)
<---肺に息が沢山ある   肺に息があまりない--->

このような状況となるわけです。
肺というのは息を吸うときに筋肉の力(主に横隔膜と外肋間筋)で拡げます。
ですので、息を吸った後に力を緩めると息は勝手に出て行きます。

(歌い始め)10|10|10|10|10|10|10|10|10|10(歌い終わり)
<---肺に息が沢山ある   肺に息があまりない--->
①力を抜くと息が出る→|(この辺りまで)

しかし、そこで息がなくなってしまうわけではありません。
残った息はどうすればいいでしょう?主に内肋間筋の力を使って息をさらに出すことができます。

(歌い始め)10|10|10|10|10|10|10|10|10|10(歌い終わり)
<---肺に息が沢山ある   肺に息があまりない--->
①力を抜くと息が出る→|(この辺りまで)
   (この辺りから)|→②息を吐こうとすると息が出る

このように2つの要素を使って息を最後まで吐き切ることができます。

さて、①の要素が終わってから②の要素を入れるとどうなるでしょう。
それでは、元の前提の10を均等に出し続ける、ということはできませんね。

①の要素はほったらかせば最初の方に沢山出てしまいます。

②の要素はどうでしょう?最初は息が残っているので弱い力で息がでますが、最後は息が残ってないのでだんだん吐く力を加えていかなければなりません。

つまり、息を均等に吐き続ける(同じ声を出し続ける)為にも色々な力をタイミングよく組み合わせなければならないのです。

(歌い始め)10|10|10|10|10|10|10|10|10|10(歌い終わり)
<---肺に息が沢山ある   肺に息があまりない--->
①力を抜くと息が出る→|(この辺りまで)
   (この辺りから)|→②息を吐こうとすると息が出る
(脱力)---(吐く力を加え始める)------------->(吐く力を最大)

という風にまとめることができます。

ではこの中でどこのコントロールが難しいのでしょう?

それは、息が最大に入っているときに徐々に力を緩めるとき、そして、息が残っていないのにしっかりと吐こうとするとき、なんです。


(歌い始め)10|10|10|10|10|10|10|10|10|10(歌い終わり)
<---肺に息が沢山ある   肺に息があまりない--->
①力を抜くと息が出る→|(この辺りまで)
   (この辺りから)|→②息を吐こうとすると息が出る
(脱力)---(吐く力を加え始める)------------->(吐く力を最大)
難--->易易易易易易易易易易易易---------->最難


ということなんです。
ですから、何も考えないで(?)歌うと、フレーズの始め、フレーズの終わりがヘタッピになりやすいんですね。

歌の上達のためには、その2点をしっかりとケアーすることが必須です。
(印象のためにはフレーズの始めが最重要です)

ちょっと長くなりましたが、また気が向いたら続きを書きたいと思います。
それでは〜。

宮本史利@オペラ歌手

イタリアでも、お寿司をはじめ、枝豆、豆腐、納豆、日本のビールなど、随分簡単に日本のものを食べられるようになってきましたが、未だに普及が進まないもの、それが海苔とイクラです。

海苔は巻き寿司で見かけるので、かろうじて普及しているといえば普及しているのですが、まあ敬遠されます。話によると、海藻が海のゴミだというイメージであること、黒い食べ物であること、この辺りが大きな理由のようです。

そして、イクラ。これは本当に見かけません。(ロシア食材屋さんに売っています。お寿司屋さんでイクラのお寿司を出すところはトスカーナの一件だけ知っています。)
どうやら魚の卵、ということがダメなようです。

だから、個人的にスパゲッティに一番合うものはタラコだと思っていますが、イタリア人には全然ダメ。日本から持ってきたたらこスパゲッティの素で調理をし、タラの卵のスパゲッティだといって友人に提供すると「うえぇ〜」って顔をされます。

しかし、イクラやタラコを食べさせる方法もあるのです。それは、魚卵と言わずに、

Cavia giapponese(日本のキャビア)

だというのです。
すると、うまいうまいと食べてくれます。

まあ、そこまでして食べてもらいたいわけではありませんが、いずれにせよ、タラコやイクラが普及するのにはまだまだ時間がかかりそうです。


その代わり、というわけではありませんが、イタリアにも魚卵を食べる文化がないわけではないんです!

それは、何かと言うと、


カラスミ!!


カラスミはイタリアでも高級食材として普通に使われます。

ところが、高級食材といっても、日本と比べたら安いものです!
写真のは大きな2腹のカラスミですが、これで1500円ほど!!

日本で買ったら(化粧箱付きで)1万円はくだらないですよね。
こんなカラスミがこの値段で買えるのは、本当にイタリア万歳です!

ちなみに、タラコスパゲッティの代わりに、カラスミをおろし器でおろして、ちょっとバターで合えると、タラコスパゲッティのような味になります^^
(そのためにカラスミを消費するのが有意義かどうかはわかりませんが…^^;)

イタリアでは、スライスし、オリーブオイルとレモン汁を軽く垂らして食します。
ワインに合わせるのはなかなか難しいですが、とっても美味しいおつまみですよ^^

イタリアの冷凍魚介チェーンのお店で簡単に買えますので(前述の通り1500円=12ユーロほど)、旅行の際にはぜひお試しください^^
(ミラノでカラスミのパスタなんて食べるとカラスミはちょっとしかかかっていないのに20ユーロはしますからね…!!)

宮本史利@オペラ歌手

Ficoの公式サイトはこんな感じ。
ただのレストランの集まりではなく、食文化を教育し、守っていこう、という動きのようです。
https://www.eatalyworld.it/en/

Eataly World FICO- The largest agri-food park in the world

FICO Eataly World. Discover the world's largest agri-food park. 100,000 Sqm! Bologna. Free entry.

宮本史利@オペラ歌手

友人に招かれて、ボローニャ郊外にあるFicoというところに行ってきました。

最初はなんのことだかわからなかったのですが、市街地からバスで20分ほどかかり、到着してみると建物は巨大で、たくさんのお店、企業が集まっていて、どうやら食品見本市のようでした。

そして友人と合流、話を聞いてみると、見本市のように一時的なものではなく、常設の施設だとのこと(友人はそのワイン屋さんで働いていました)。

それにしてもデカイ、そして、良さそうなお店がたくさん。
ただ、イタリア人が好きなのって、伝統に則ったものだし、
外国人がイタリアに求めるものも、伝統的なもがメインなきがする中、

最新のテクノロジーや考え方をこのような場所に集めても、厳しいんじゃないかと思って聞いてみると、やはり平日はガラガラなんだそう。

昨年の11月に出来たばかりだそうですが、見通しはどうなんでしょうか。
しかし、このように新しいものを生み出そうという流れがイタリアにあるのもしっかりと感じました。イタリアだけ時間が取り残されているようなイメージがありますが、中にいる人は色々考えています。

これからイタリアがどのように変わっていくのか、楽しみに見守りたいと思います^^

宮本史利@オペラ歌手

かつての恩師と再会して来ました!

例えば芸大に在籍していることや、卒業してすぐの頃は、何で芸大は優秀な先生方を海外から呼び寄せないんだろう…、なんて思っていたのですが、

そんな考えは大いに間違っていました。


誰かがするのを待つのではなく、自分がやればいい。
せっかくスタジオを開設したのですから、思うように自分でやれるんです。

早速、恩師三人にそんな話をして来たところですが、
2つ返事でオーケーをいただきました。

もちろん、まだ正式なオファーではありませんので、これからビザや日程のことを調べて、今年中か、来年には実現したいですね。

横須賀がベルカントとしても日本の中心地になったらすごいなと。
一歩一歩進めていきたいと思います^^

(VALUの優待にも使えそうかな!?)

宮本史利@オペラ歌手

久々にイタリアに戻って来ました!

昨年の5月1日に日本に到着したので、およそ10ヶ月ぶりのイタリア、こんなに離れたのは2005年に留学をスタートさせてから初めてのことでしたので、すごく新鮮な感覚です^^

イタリアについたと思ったら大雪、滞在はすみ慣れたパルマの友人宅なのですが、電車も動かず、果たしてたどり着けるのか、という状況でしたが、氷点下の中、暖房のきかない電車に揺られて2時間、なんとかたどり着くことができました。

もちろん大雪なのでその後2日間はほとんど外出することもなく、iPad用のsimの申し込みだけは済ませ、食事は近所の食べ放題の日本料理屋(何しにイタリア行ってん…と思われるかもしれませんが、長期滞在のコツは疲れを溜めないことだと思っていますので^^;)で2日とも済ませました。

(ちなみに、その日本料理屋はバイキング制で1400円ほど、夕食もいらないくらい食べればかえってお得だと言うわけです。2年前に行った時にすごく美味しくなくて、2度と行かない、と思っていたのですが、今回行ってみたら、かなり良くなっていました…!)

さて、そして大雪も収まり、ネットも開通したので、早速街をブラブラ散策、今はFacebookで簡単にライブ配信ができるので、そんな配信も実験的にしつつ、久々のイタリア、パルマを楽しんでいます。(今回は就職活動、つまり、事務所のオーディションなどを受けるために来る予定でしたが、結果滞在が1ヶ月になってしまったので、そんなのもやめておいて、のんびり体と頭をリフレッシュしようかと思っています)

そして、ようやく昨晩パルマの生ハムを食べることができました。
いやぁ、ほんっとうに美味しいですね。
僕の人生観を変えてくれた食べ物です。

皆様も機会がありましたら、ぜひパルマにお越しください^^

宮本史利@オペラ歌手

ブラタモリのアシスタントに知り合いのアナウンサーが起用されます。

芸大の後輩で(といってもかなり下なので在学中には面識がありません^^;)、一度コンサートに来ていただき、一緒に食事をしただけなのですが、知的で素敵な方でとても印象に残っています。

数少ない僕の好きな番組なので、知り合いがメインを務めるなんて、ほんとに嬉しいです^^
ぜひ、皆様も応援よろしくお願いします。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180222-OHT1T50059.html

「ブラタモリ」5代目アシスタントに東京芸大卒林田理沙アナ

 NHKは21日、都内で4月からの新キャスター発表会見を開き、「ブラタモリ」(土曜・後7時半)の5代目アシスタントを林田理沙アナウンサー(28)が務めると発表した。前任の近江友里恵...

スポーツ報知
宮本史利@オペラ歌手

スマートロックをスタジオのドアに取り付けました。

これで、遠隔での鍵の開け閉め、時間指定の開け閉めができますので、いよいよ無人での営業が可能となりました。

しかし、このスマートロックを取り付けるために、リフォーム会社にドアの交換を依頼しましたが、全然話が進まず、結局自分で改造して、自分で取り付けるという、どこまでやるんだか、自分でもびっくりです。

しかし、初めて使用しましたが、スマートロック、いいですね!
スマホで鍵の開け閉めができますが、スマホをポケットに入れたまま開閉ができたり、iftttと連携させることもできたり、一気に近未来感が出てきました^^
(しかし、鍵が蹴飛ばされそうな位置についているので、金具でしっかり補強しました^^;)