小樽に来るミュージシャン達を応援したい!

検索

ユーザー ハッシュタグ

KATSU@MOCK ONLY ROCK

ミュージシャン

現在値 0.000202BTC
時価総額 1.010000BTC
発行VA数 5000VA
小樽で音楽活動(バンド)をしています。
全国から小樽にツアーを組んでくださるミュージシャンが増えてきています。
また、ツアーを組みたいというミュージシャンも増えてきています。
しかし現実的に移動費や輸送費、宿泊費等でなかなか難しい事が多いのです。
そういった金銭的な問題を少しでも改善できるかもと思いVALUを始めてみました。
たくさんの良い音楽、ミュージャン、バンドに来ていただくことで小樽の音楽シーンの活性化にもつながっていくと思います。優待等はまだ未定ですが、良い方向に向かえば考えていきたいと思います。

<2017年 関わらせていただいた小樽に来たミュージシャン>

 ☆ 本間章浩

(80年代から「赤と黒」のギターとして新宿ロフトを中心に全国で1000本以上のライブを展開。
赤と黒、解散、再結成の後、1996年クラウンレコードよりメジャーデビュー。
90年代からは、自らのバンド「King Biscuit Time」の活動も開始。
現在、「King Biscuit Time」(Vo&G)、「nickey&the Warriors」(G)、「赤と黒」(G)、他などで全国でライブを展開中。
2008年、京都を皮切りに奄美大島まで初のアコースティックソロツアーを開始。
現在、バンド、アコースティックソロで年間180〜200本のライブを全国でやらせて頂いています。
主な参加アルバム
・ 赤と黒「AKAKURO」(クラウン)
・ オムニバス「I WANNA BE A STOOGES」(CBSソニー)
・ 清春ソロ「EMILY」(東芝EMI)
・ オムニバス「赤イジワルケイ」(avex) 参加ミュージシャン:鮎川誠、シーナ、甲本ヒロト、清春、チバユウスケ、花田裕之 他24アーティスト
・ Nickey&the Warriors
「in my Heart」 (ウルトラバイブ)
他多数!!

 ☆ 信夫正彦

ギタリストとしてバンド活動を開始。
2002年、シンガーソングライター『信夫正彦』として始動。
『信夫正彦 with 伴慶充』では、アコースティックギター/ピアノ、ドラムという編成に。
2006年〜2010年、『THE SHAKES』(現在、活動休止中)にサポートベーシストとして参加。
2009年、『NOWHERE』にキーボード/ボーカルとして加入。2015年8月脱退。
2013年、『黒水伸一TRIO』結成。ベース/キーボードを担当。
2016年8月、以前よりレコーディングやライブにゲスト参加していた『近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション』に正式加入。
ピアノ/アコースティックギターを担当。


OFFICIAL BLOG → 『列島 シノ日和』
RELEASE → 『DISCOGRAPHY』ページへ

 ☆ 近藤智洋

BIOGRAPHY:
1994年、PEALOUTを結成。ラウドなギターバンド、ダンサブルなピアノバンドの側面を持つオリジナリティ溢れるバンドスタイルで活動。FUJI ROCK FESTIVALには6回出演(ソロでの出演1回も含む)。8枚のオリジナルアルバムを残し、2005年7月PEALOUT解散。7月30日のFUJI ROCKが最後のステージとなった。

2005年8月より近藤智洋、ソロ活動開始。アコースティックな楽曲をアコギ、ピアノを使い表現しPEALOUT以降の世界を創り出している。2006年6月には、花田裕之(ex.THE ROOSTERS)山口洋(HEATWAVE)ヤマジカズヒデ(dip, qyb)ヒサシ the KID(THE BEACHES)城戸紘志 等が参加した1st アルバム「近藤智洋」を発売。
2007年1月、ソロ活動と並行して、深沼元昭(Mellowhead/PLAGUES)、Hisayo(tokyo pinsalocks)、YA/NA(DRYASDUST/ZEPPET STORE)とGHEEEを結成。7月25日にはアルバム「GHEEE」を発売。
2012年1月にはさらに、佐山忍、恩賀周平、PEALOUTで一緒に活動していた高橋浩司とThe Everything Breaksを結成。いくつものバンドを経てきた4人が原点に戻り、音を鳴らすという初期衝動に真正面から向き合うバンドを作り上げた。(※The Everything Breaksは、2015年12月16日に解散)

現在はソロでの弾き語りを中心に、近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション、GHEEEと積極的に全国各地でライヴ活動を展開し(2007年には160本、2008年には170本)毎年120本前後のライヴを行っている。

  ☆ 橋本孝志

the MADRAS ex HDDR/チューインガムウィークエンド https://themadras.wixsite.com/themadras

  ☆ 木暮shake武彦

1984
レベッカでプロデビュー。
1986
レッドウォーリアーズで2度目のデビュー。
以降、海外レコーディング、武道館、西武球場などの公演を行う。
1988
広島ピースコンサートテーマソング『君を守りたい』作曲で日本レコード大賞特別賞受賞。
1989
ロサンゼルスに移住し、Casino Driveを結成、5年間の音楽活動。
1995
帰国。サイコデリシャス名義でソロ活動を始め、再結成したレッドウォーリアーズも平行して活動。
2003
長男誕生を機に富士山麓に移住。 以降自然をテーマにしたソロ活動と平行して、より自由な音の表現を求めたバンド、Mtデリシャスを結成、2011年まで活動。以後、自然をテーマにしたアコースティックの活動に入る。
2011
初のアコースティックインストアルバム、「水と光の魔法」を発表。
2011年4月より山梨日日新聞にて子育てコラム「富士山と太陽の下で」連載開始。
(2013年3月終了)
2013
2ndアコースティックインストアルバム、「儚(はかない)」を発表。
全国45カ所のツアーを行う。
現在まで通算25枚のオリジナルアルバム、他ライヴ盤、ベスト盤、コンピュレーション、DVDなど多数発表。

 ☆ 高畠俊太郎

1988年 ULTRA POP結成。
1991年 「POP ULTRA」発表。
1992年 ニヤニヤ結成。
1994年 アルバム「GAMES」でULTRA POPメジャーデビュー。「GAMES」収録の「Time」はフジテレビ系列「HEY!HEY!HEY!」のエンディングテーマ。
1995年 2月、渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブをもってULTRA POP解散。解散後、未発表曲、ライブ音源が収録されたアルバム「AFTER GAMES」発表。
下北沢で轟音トリプルギターバンドPOINTER結成。
1996年 ミニアルバム「headline」で再びメジャーデビュー。マキシシングル「ジェットスクーター」発表。全国ツアー。
1997年 下北沢CLUB QUEでのワンマンライブをもってPOINTER脱退。
1999年 AUTO PILOT結成。
2001年 ミニアルバム「surf game rider」を発表。この年「FUJI ROCK FESTIVAL'01」 Field of heavenに出演。
2002年 ミニアルバム「SUN GIRL STAR GIRL」を発表。
2003年 高畠俊太郎名義で初ライブ。ソロ活動開始。
2004年 2月、AUTO PILOT 初のフルアルバム「WHITE LIGHT RIDE」で再々メジャーデビュー。写真はハービー山口氏。ジャケットは横尾忠則氏による書き下ろし。「WHITE LIGHT RIDE」からのカットシングル「C-C-C」がNHKミュージックスクエアのエンディングテーマに使用される。7月、ニヤニヤで「FUJI ROCK FESTIVAL'04」GYPSY AVALONに出演。ニヤニヤ下北沢440でワンマンライブ敢行。ニヤニヤ初のアルバム「ニヤニヤ」発表。この年一年間を「俊太郎日記」としてWEBに連載。
2006年 4月、ニヤニヤでLIQUID HEAVENに出演。5月、高畠俊太郎ソロデビューアルバム「爽雨」で再再々メジャーデビュー。7月、ソロで「FUJI ROCK FESTIVAL'06」GYPSY AVALONに出演。 9月、下北沢440にてソロワンマンライブ「’06爽雨」。12月、AUTO PILOT活動休止。
2007年 8月、高畠俊太郎ROCK'N ROLL BAND始動。「headLine vol.10」でheadLineが10回目を迎える。多方面でのプロデュースワーク。
2008年 6月、高畠俊太郎名義でライブアルバム「SING AS YOU ARE ~'07 live log~」を発表。レコ発ワンマンライブで高畠俊太郎BAND始動(Bass:石川具幸/EG:三木圭/Dr:田沢公大)。
2009年 7月、「FUJI ROCK FESTIVAL'09」木道亭に出演。10月、デビュー15周年記念のベスト盤&トリビュート盤の2枚組CD「’09←’94 ~debut 15th annivarsary best & tribute~」をリリース。11月、下北沢GARDENで「’09←’94 ~debut 15th annivarsary Live!」。
俊太郎日記を「エブリディ下北沢」として発表。
2010年 高畠俊太郎BAND、EGの三木圭が脱退。松平賢一が加入。
8月、「headLine vol.20」でheadLineが20回目を迎える。12月、オリジナルセカンドアルバム「transfer in flowing lights」を発表。渋谷O-nestでレコ発ライブ。
2011年 「TOUR IN FLOWING LIGHTS 2011」初のバンドツアー。
2012年 6月、高畠俊太郎BAND、Drの田沢公大が脱退。12月、松井香趣望が加入。
2014年 11月、下北沢440でデビュー20周年ライブ「高畠俊太郎 debut 20th anniversary live " '14←'94"」。
2016年 高畠俊太郎BANDのアルバム制作中に同メンバーでLOOP LINE PASSENGER(G&V:高畠俊太郎/B:石川具幸/G:松平賢一/D:松井香趣望)を結成。
2017年 3月、LOOP LINE PASSENGER名義で1stアルバム「LUCKY SIGN LUCKY PEOPLE」を発表。

 ☆ 古明地洋哉

2000年、限定シングル「欲望」でデビュー。
同年、ミニアルバム「讃美歌I」「讃美歌II」をリリース。
2001年、1stアルバム「灰と花」でメジャーデビュー。
くるり主催「百鬼夜行2001」等、様々なイベントに出演。
2002年、2ndアルバム「hallelujah」をリリース。
2003年10月、佐野元春プロデュースのイベント「シティ」SPECIAL PROGRAM「SSW-それでは僕は歌を書きました - 」に出演。
同年12月、第3アルバム「孤独の音楽」をリリース。
2004年、ラジオでのチャットアクションを受け取りました
新録版「想い言葉に変わるとき」をリードトラックに据えたマキシシングル「想い言葉に変わるとき」をリリース。
2005年、両A面シングル「空砲/世界の果て」をリリース。
2007年、メーザーを離れてフリーに。
2014年、四日市在住のSSW胡池マキコとのスプライト盤「ふたつの月ひつつの夜」をリリース。

 ☆ 小森清貴、遊佐春菜

壊れかけのテープレコーダーズ
KATSU@MOCK ONLY ROCKさんが優待を追加しました。
ドリンク1杯サービス

ライブに来て下さった方、バリュー保持の証明していただいた方に、ドリンク一杯サービスさせていただきます

保有者全員 2018/05/31~2018/07/07

KATSU@MOCK ONLY ROCKさんが優待を追加しました。
ドリンク1杯サービス ドリンク1杯サービス

ライブに来て下さった方、バリュー保持の証明していただいた方に、ドリンク一杯サービスさせていただきます

保有者全員 2018/05/31~2018/06/16

KATSU@MOCK ONLY ROCK

告知解禁です!

豪華なメンバーでのライブです!

言わずと知れた小樽CRU-Zでは御馴染みの近藤智洋さん、北海道出身「GOGO TIMES」「THE CHEWINGGUM WEEKEND」を経てthe MADRASで活躍中の橋本孝志さん、今回初めての登場、元「「THE CHEWINGGUM WEEKEND」、the pillowsのサポートを経て「fragments」にて活躍中の鈴木淳さんをお招きしてのライブです!

7/7(土)小樽CRU-Z
”like a stardust” - July -
近藤智洋(GHEEE, 近藤智洋&TBL)
橋本孝志(the MADRAS)
Guest: 鈴木淳(fragments) / MOCK
open 18:00 start 18:30
adv.¥3000 door.¥3500+1d

KATSU@MOCK ONLY ROCK

お久しぶりです
5月は漏電しております

6月はやりますよー
残念ながら解散してしまったThe Everything Breaksの恩賀周平(electro53、ex The Everything Breaks)さんが小樽CRU-Zに来てくれます!
The Everything Breaks超絶カッコ良いです!
https://youtu.be/79sjsV45cy4

electro53 https://electro53.com/

恩賀周平   http://ongashuhei.tumblr.com/

北海道出身で日本全国にツアーでまわっている深見順也さんとの初共演
こちらもすこぶる楽しみです!

深見順也   http://fukami-junya.com/

絶賛予約受付中!!

6月16日 ( Sat ) @小樽 CRU-Z

[ Live Act ]
恩賀周平
深見順也
MOCK

Open 18:30 / Start 19:00
Charge ¥2,500 ( +1Drink )
Ticket予約 → otarucruz@yahoo.co.jp ←

( お問い合わせ ) クルーズ
http://otarucruz.wixsite.com/otrc
北海道小樽市稲穂3-15-13
☎ 090-2813-7757 イガラシ (19:00〜22:00)

ドリンク一杯サービスの優待も付けようと思っています!

KATSU@MOCK ONLY ROCK

随分と遅くなりましたが、2018.4.21 近藤智洋「塔」発売ツアーat小樽CRU-Z大成功でした!

走り続けている近藤さんに刺激を受けつつ、相変わらずのツボっちゃう山本厚志さん

とても良い空気の中、楽しませてもらいました

次は6月! The Everything Breaks のベースであった恩賀周平さんが小樽に来てくれます!

全国を唄いまわっている札幌出身のアーティスト 深見順也さんとも初共演

楽しみです!

KATSU@MOCK ONLY ROCK

次のライブは近藤智洋さんが小樽に来てくれます!!

Area : [北海道]
Style : ソロ弾き語り
Date : 4/21(土)
Open/Start :18:00/18:30
Place : at 小樽 CRU-Z
※北海道北海道小樽市稲穂3-15-13

近藤智洋・ニューアルバム「塔」発売記念ライヴ
“GO to TOWER TOUR”
出演:近藤智洋, 山本厚志, MOCK
チャージ(ドリンク別)予約¥3,000/当日¥3,500
※北海道ツアー3日目はおなじみ小樽のクルーズへ。クルーズへ行ったら、やっぱりMOCK、そして山本さんと一緒にやりたい!ということでオファーしたら快諾してもらえました〜嬉しい!ご機嫌な夜になりますね〜!お楽しみに!
(問)090-2813-7757 otarucruz@yahoo.co.jp イガラシ (19:00〜22:00)

近藤智洋 オフィシャルウェブサイト http://kondotomohiro.com/

name:近藤智洋(kondo tomohiro)
hometown:福岡県柳川市

BIOGRAPHY:
1994年、PEALOUTを結成。ラウドなギターバンド、ダンサブルなピアノバンドの側面を持つオリジナリティ溢れるバンドスタイルで活動。FUJI ROCK FESTIVALには6回出演(ソロでの出演1回も含む)。8枚のオリジナルアルバムを残し、2005年7月PEALOUT解散。7月30日のFUJI ROCKが最後のステージとなった。

2005年8月より近藤智洋、ソロ活動開始。アコースティックな楽曲をアコギ、ピアノを使い表現しPEALOUT以降の世界を創り出している。2006年6月には、花田裕之(ex.THE ROOSTERS)山口洋(HEATWAVE)ヤマジカズヒデ(dip, qyb)ヒサシ the KID(THE BEACHES)城戸紘志 等が参加した1st アルバム「近藤智洋」を発売。
2007年1月、ソロ活動と並行して、深沼元昭(Mellowhead/PLAGUES)、Hisayo(tokyo pinsalocks)、YA/NA(DRYASDUST/ZEPPET STORE)とGHEEEを結成。7月25日にはアルバム「GHEEE」を発売。
2012年1月にはさらに、佐山忍、恩賀周平、PEALOUTで一緒に活動していた高橋浩司とThe Everything Breaksを結成。いくつものバンドを経てきた4人が原点に戻り、音を鳴らすという初期衝動に真正面から向き合うバンドを作り上げた。(※The Everything Breaksは、2015年12月16日に解散)

KATSU@MOCK ONLY ROCKさんが優待を追加しました。
ドリンク1杯サービス ライブに来て下さった方、バリュー保持の証明していただいた方に、ドリンク一杯サービスさせていただきます

保有者全員 2018/04/10~2018/06/16

KATSU@MOCK ONLY ROCK

4月8日 日曜日
素晴らしき時間が流れました

良い気がライブハウスに溢れ、気持ちよく、楽しき空間に

圧巻のエンターテイメント

素晴らしい唄声、MCでは大爆笑。山田晃士の世界にどっぷり引き込まれました

山田晃士さんの名曲「ひまわり」を一緒にセッションさせていただきました!

悶絶です!

また是非きていただきたい!

KATSU@MOCK ONLY ROCK

素晴らしいエンターテイメントが見られるはず‼️

御時間作って是非🤘

山田晃士 北海道ツアー 『白い毒』
4/8(日)小樽CRU-Z
open18:00 start18:30
adv¥2500 day¥2800(1D別)
■出演
山田晃士
MOCK
矢吹恭一with青柳慎太郎(Gt)
Noizy Rot(釧路)
川島ダビッドソン(釧路) https://t.co/sTh3hnnkXd

ロックバンド「AROUGE」のボーカルとしてデビュー。1985年に脱退。
1994年2月16日、ビクターエンタテインメントより日本テレビ系ドラマ『横浜心中』の主題歌「ひまわり」でデビュー。同曲はオリコン最高9位を記録し、20万枚を売り上げた。
1997年からバンド「KOSHI au Bourbier」を結成。2001年に「山田晃士 au Bourbier」へと改名。その後、「みんなが読めない」という理由で「山田晃士と泥沼楽団」へ改名。2007年7月の単独公演を最後に、活動休止中。
「山田晃士 au Bourbier」としての活動と並行し、2001年に「KOSHI au Bourbier」のアコーディオンだった佐藤芳明とデュオ「ガレージシャンソンショー」を結成。その後、2006年7月の単独公演を最後に活動を休止していたが2013年より活動を再開。
2007年8月、実験的に「山田晃士セッション」として、後のバンド「山田晃士と流浪の朝謡」を始める。
以後、ソロ演奏のほか、独り舞台、「山田晃士&流浪の朝謡」、「ガレージシャンソンショー」、柿島伸次・kaoruらとのセッション「サンバカトリオ」、元泥沼楽団の塚本晃とのセッションデュオなど、幅広く活動中。

KATSU@MOCK ONLY ROCK

今週土曜日!

“フロムノーウェア2018”

塚本晃
■2018年03月31日(土) 小樽 cru-z
http://otarucruz.wixsite.com/otrc
https://www.facebook.com/cz052308010/
“フロムノーウェア2018”
・塚本晃(NOWERE,HEAVEN,exSHADY DOLLS )
・MOCK
・L.S.D
・The Rock's
・かりてきたキャッツ
開場18:00 開演18:30
予約2,500円 当日3,000円(ドリンク別500円)
otarucruz@yahoo.co.jp
北海道小樽市稲穂3-15-13
問)クルーズ 090-2813-7757(五十嵐携帯/18:00-22:00

NOWHEREのボーカル&ギター。
シェイディードールズ、HEAVEN、サウンドアパートメントなどを経てソロ名義ライヴ&レコーディング。2006年、ノーウェア始動。
■公式サイト
塚本晃オフィシャルサイト[NOWHERE]
http://tsukamotoakira.net
NOWHERE net
http://officestone.net/nowhere

KATSU@MOCK ONLY ROCK

Area : [北海道]
Style : ソロ弾き語り
Date : 4/21(土)
Open/Start :18:00/18:30
Place : at 小樽 CRU-Z
※北海道北海道小樽市稲穂3-15-13

近藤智洋・ニューアルバム「塔」発売記念ライヴ
“GO to TOWER TOUR”
出演:近藤智洋, 山本厚志, MOCK
チャージ(ドリンク別)予約¥3,000/当日¥3,500
※北海道ツアー3日目はおなじみ小樽のクルーズへ。クルーズへ行ったら、やっぱりMOCK、そして山本さんと一緒にやりたい!ということでオファーしたら快諾してもらえました〜嬉しい!ご機嫌な夜になりますね〜!お楽しみに!
(問)090-2813-7757 otarucruz@yahoo.co.jp イガラシ (19:00〜22:00)

近藤智洋 オフィシャルウェブサイト http://kondotomohiro.com/

name:近藤智洋(kondo tomohiro)
hometown:福岡県柳川市

BIOGRAPHY:
1994年、PEALOUTを結成。ラウドなギターバンド、ダンサブルなピアノバンドの側面を持つオリジナリティ溢れるバンドスタイルで活動。FUJI ROCK FESTIVALには6回出演(ソロでの出演1回も含む)。8枚のオリジナルアルバムを残し、2005年7月PEALOUT解散。7月30日のFUJI ROCKが最後のステージとなった。

2005年8月より近藤智洋、ソロ活動開始。アコースティックな楽曲をアコギ、ピアノを使い表現しPEALOUT以降の世界を創り出している。2006年6月には、花田裕之(ex.THE ROOSTERS)山口洋(HEATWAVE)ヤマジカズヒデ(dip, qyb)ヒサシ the KID(THE BEACHES)城戸紘志 等が参加した1st アルバム「近藤智洋」を発売。
2007年1月、ソロ活動と並行して、深沼元昭(Mellowhead/PLAGUES)、Hisayo(tokyo pinsalocks)、YA/NA(DRYASDUST/ZEPPET STORE)とGHEEEを結成。7月25日にはアルバム「GHEEE」を発売。
2012年1月にはさらに、佐山忍、恩賀周平、PEALOUTで一緒に活動していた高橋浩司とThe Everything Breaksを結成。いくつものバンドを経てきた4人が原点に戻り、音を鳴らすという初期衝動に真正面から向き合うバンドを作り上げた。(※The Everything Breaksは、2015年12月16日に解散)

現在はソロでの弾き語りを中心に、近藤智洋&ザ・バンディッツ・リベレーション、GHEEEと積極的に全国各地でライヴ活動を展開し(2007年には160本、2008年には170本)毎年120本前後のライヴを行っている。

KATSU@MOCK ONLY ROCK

4月は山田晃士さんが再び小樽CRU-Zに!!

山田晃士 北海道ツアー 『白い毒』
4/8(日)小樽CRU-Z
open18:00 start18:30
adv¥2500 day¥2800(1D別)
■出演
山田晃士
MOCK
矢吹恭一with青柳慎太郎(Gt)
Noizy Rot(釧路)
川島ダビッドソン(釧路) https://t.co/sTh3hnnkXd

「レッツゴーヤング」でのサンデーズを経て、ロックバンド「AROUGE」のボーカルとしてデビュー。1985年に脱退。
1994年2月16日、ビクターエンタテインメントより日本テレビ系ドラマ『横浜心中』の主題歌「ひまわり」でデビュー。同曲はオリコン最高9位を記録し、20万枚を売り上げた。
1997年からバンド「KOSHI au Bourbier」を結成。2001年に「山田晃士 au Bourbier」へと改名。その後、「みんなが読めない」という理由で「山田晃士と泥沼楽団」へ改名。2007年7月の単独公演を最後に、活動休止中。
「山田晃士 au Bourbier」としての活動と並行し、2001年に「KOSHI au Bourbier」のアコーディオンだった佐藤芳明とデュオ「ガレージシャンソンショー」を結成。その後、2006年7月の単独公演を最後に活動を休止していたが2013年より活動を再開。
2007年8月、実験的に「山田晃士セッション」として、後のバンド「山田晃士と流浪の朝謡」を始める。
以後、ソロ演奏のほか、独り舞台、「山田晃士&流浪の朝謡」、「ガレージシャンソンショー」、柿島伸次・kaoruらとのセッション「サンバカトリオ」、元泥沼楽団の塚本晃とのセッションデュオなど、幅広く活動中。

KATSU@MOCK ONLY ROCK

満を持しての激熱なLIVEです!!


“フロムノーウェア2018”

塚本晃
■2018年03月31日(土) 小樽 cru-z
http://otarucruz.wixsite.com/otrc
https://www.facebook.com/cz052308010/
“フロムノーウェア2018”
・塚本晃(NOWERE,HEAVEN,exSHADY DOLLS )
・MOCK
・L.S.D
・The Rock's
・かりてきたキャッツ
開場18:00 開演18:30
予約2,500円 当日3,000円(ドリンク別500円)
otarucruz@yahoo.co.jp
北海道小樽市稲穂3-15-13
問)クルーズ 090-2813-7757(五十嵐携帯/18:00-22:00

NOWHEREのボーカル&ギター。
シェイディードールズ、HEAVEN、サウンドアパートメントなどを経てソロ名義ライヴ&レコーディング。2006年、ノーウェア始動。
■公式サイト
塚本晃オフィシャルサイト[NOWHERE]
http://tsukamotoakira.net
NOWHERE net
http://officestone.net/nowhere