未来を創り出す教育の在り方をデザインする

検索

ユーザー ハッシュタグ

佐藤祐司

Active LAB 所長

現在値 0.000600BTC
時価総額 0.600000BTC
発行VA数 1000VA
「創る」「調べる」「考える」
子ども達の未来が広がる学び場を作りたい!



2011 東日本大震災
   自分に出来ることを模索し始める

2012 個別指導型学習塾を大阪府堺市中百舌鳥にて開校
   未来を託す子供たちに関われると考え開校

課外授業としてハイキング・博物館見学・大阪城見学・乗馬体験・ジャグリング体験・将棋囲碁・植物工場見学・留学生によるベトナム講習などを実施。
実施目的としては、机上の学習では得られない実物・現場ならではの刺激による向学心の誘発です。


2018 アクティブ・ラボを堺市美原にて開校
   創ることを共に学ぶ時間・空間をデザイン中

「創る」レゴ教室や工作を行っています。
「調べる」探究学習を行っています。プレ開校場所に図書館が
     隣接しているメリットが活かせています。
     調べたい内容の本を借りることが容易です。
「考える」教材として算数ラボを用いています。
 今後、生け花や茶道も実施したく準備中。日本の伝統文化を知ることは、多様性を重要視するこれからの世界では英会話ができることよりも重要なのではと考えております。勿論、英会話ができることも重要です。


進行形 従来型の知識教育に7割、創造性教育に3割の時間配分を子供たちが可能になるように、従来型知識教育の効率的な学習法を開発中。またアクティヴ・ラボを通して創造性教育の実践中。

正直に言えば創造性教育だけをしたいのですが、多くの保護者は従来型の知識教育にしか関心を示しません。残念ですが、それはそれで仕方が無いと思います。学習効率を上げて、子供たちに自分自身が本当に学びたいこと・遊びたいことへ時間を割けるように奮闘中です。


効率的な学習法の一例
2018.04 ハーバード式集中学習法を導入
     最新脳科学と行動心理学に基づく学習法です。
2018.07現在、中学生実績としては前学年の学年末テス
    トから中間テストで40点、更に期末テストで110点
     の伸びを出している生徒がいます。

















優待予定用メモ書き
1VA:学習能力を3つ
2VA:学習能力の優先順位と習得優先順位
3VA:中学生の教科習得優先順位
4VA:優先第一科目の習得法
5VA:第二科目の習得法
6VA:第三科目の習得法
7VA:第四科目の習得法
8VA:第五科目の習得法
9VA:メンタルトレーニングの習得法

   
佐藤祐司

表を鏡に映して、裏側のスリット越しに鏡を除くと、イルカさんがはね飛び、クラゲさんが上下に動くように見えます。

テレビも蛍光灯の明かりも残像現象ですね

硬い話は、子供たちにはスルーされましたが、
お母さんたちに今日は食いつかれました。

誰が何に食いつくが分からないところが面白い

佐藤祐司

残像現象のお勉強をしました。

アニメーションのお勉強ですね。

佐藤祐司

小学校・中学校・高校・大学・会社の順に評価されるものを考えてみます。

それぞれ一言で表現すると

小学校=「座る」

中学校=「覚える」

高校=「考える」

大学=「現わす」

会社=「行う」

これからの世界=「創る」

小学校では、担任の先生に従い大人しく椅子に座っていれば良い子と評価されます

中学校では、各教科のポイントを覚えれば定期テストで400点は軽く取れて評価されます

高校では、理解力が求められますので考える力が有れば、それなりの成績が取れます

大学では、自己を表現することが出来れば、評価されます

会社では、上司に従い行動できれば、評価されます

これからの世界では、今までになかった新しい価値を創り出すと評価されるでしょう

それぞれのステージ、一つ上のステージで評価されることを出来るようになると優等生と判断されるかな

例えば、小学校であれば、大人しく先生の言うことを聞いて椅子に座り、漢字などを覚えていれば

容易に国語のテストでは100点を取って優等生となるでしょうし、中学では覚えるだけでは400点

程度が限界ですが、考える力=思考力があれば450点以上の点数を取れるでしょう。

「行う」までは、どのステージから鍛錬しだしても習得が可能だと思われます。

しかしながら、「創る」は、どうでしょうか?

幼少期から「創る」ことは続けていないと習得が困難になると考えています。

それと小学校での「座る」=従順性もこれからの世界ではバランスが重要でしょうね

何も考えずに従うだけでは、不味いですよね

「創る」の習得法は、今のところ世間では、あまり注目されていないように思います。

ここ最近、教育ママたちに人気なのは、ロボットやプログラミングですね。

将棋や囲碁でも充分に同じような論理的思考力が身につくと思うんですがね

それと人間相手にするので学ぶ範囲が広いと思います。

ロボットの前は、人気の習い事は、ながらく英会話でしたね。

英会話って、どうですか?

出来たら勿論、良いんでしょうけど なんとなく英会話よりも重要なことがあるんと違うのかと

皆さん気付かれて熱が冷めているような気がします

ロボットやプログラミングも同じ様になる気がします

プログラミングも英会話同様に出来たら良いものですしね

佐藤祐司

もう直ぐ子供たちは夏休み

夏休みは学校からの束縛を無くして欲しいと毎年毎年感じます。

堺市在住ですが、堺市はクレージーに宿題が出ます。

学校に行かなくても、無くても子供たちは学校からの束縛を受けての夏休みを過ごします。

本来、夏休みこそすべき自由研究や工作が任意であって、

多くの子供たちに取って罰ゲームなだけのドリル類が必修です。

あああああああああああああああああああああああ! なんてこった!ですよ 本当に

宿題が無ければ夏休みはホームスクーリングが出来る良い機会ですね

宿題が有ったとしても、さっさと片づけてホームスクーリングに挑戦したいものです

探究学習やホームスクーリングが子供に取って学習のベストプラクティスだと言われていますね

子ども達の将来に役立つと言われている体験をさせずに

10年後には「あれは人権無視の体罰に等しい」と言われるだろう体験を思考停止状態で続ける学校

「考える」力が大切だと文科省が御題目を掲げても学校の先生たちは疲弊していて思考できていない

ようです

トップランナーの多くは独学で・学校以外でスキルを身に付けて活躍していますよね

やりたいことを探し出す力を先ずは子供たちに学んで欲しいな

ここはそのエキスパートたち集まりですね

佐藤祐司

これは教室で新規生たちにしてもらっている儀式です。
上にボールを乗せられて、晴れて正式に入塾です。
ほとんどの子供たちが「そんなん無理や!」と言います。
目の前で先輩の生徒達に出来るところみせてもらうと
見せられた新規生は直ぐに成功します。
ところが成功したところ見せないとなかなか出来ません。
脳が可能だと認識すると容易にできるようになり、
脳が無理だと認識したままだと困難なままです。
ここに集まっている方々は、可能性の集まりだと感じています。
皆さんからは、エネルギーをもらえます、ありがとうございます。
今日も可能性エネルギーをいただき、頑張れます。
豪雨被害も可能性エネルギーで一日も早くの復旧を祈念致します。

佐藤祐司

はい、出来ました

佐藤祐司

テニスボールの上にもう一つ乗せられるかな?

佐藤祐司

本日のアクティヴラボは、大雨の為、お休みとなりました。大阪南部は今のところ、被害はないようです。
被害を最小化する情報を必要な人々に的確に迅速に伝える仕組みをSNSなどで、お役人や大手メディアに頼らず構築出来そうな気がするんですが。
難しいんかな?と徒然に空いた時間にボンヤリと考えています。

佐藤祐司

本日のアクティヴラボは、レゴ作り。

七夕が近いので
お星様、笹に短冊、織星、牽牛そして牛さんなどなどを作って楽しみました

佐藤祐司

アクティヴ・ラボの自動車イメージ

佐藤祐司

学力の樹

佐藤祐司

FACEBOOKに載せたものを貼り付けます


去年の秋にスタートしたアクティブラボ Active LAB.で使用したメモ書きを保存用にアップしておきます

Active LAB.って何?
学習塾の枠を超えて、世界をガラリと変えるものを生み出す研究所です
大阪のMITメディアラボを目指します

WHY 願いは、子供たちに翼をもってもらいたい
   学問が子供たちの翼になると信じています

HOW 学問というワクワクドッキドキの大冒険へ飛び出して欲しい
    冒険者たちに道を切り開く為のスキルや装備を
    提供できるActive LAB.でありたい
    そして、学問をするための学力を授け共に学び
        学問の大切さや楽しさを伝えていきます

WHAT 脳科学などを取り入れた科学的教育
    探究学習につながる課外授業

学力を分解して理解しよう
学力を樹にみたててイメージすると
学力=メントレ+読解+記憶
学力を樹木全体とすると メントレは、一番大切な根っこ
            読解は、幹であり枝
            記憶は、葉っぱ 葉っぱは落ちることもあるよね
学校では、テストでは記憶ばかりが確認されます。
でも本当に大切なは、根っこであり、枝や幹です。
それと樹が生える土が肥えていないと樹は大きく育ちません。
メントレをすると肥えていない土も肥えてきます。

Active LAB.の自動車ってどんなん?

多くの塾さんたちの自動車は?
ハンドル無し 進む方向は塾が決める
燃料は生徒自身の健常な精神
エンジンは恐怖心と功利心
車体は記憶する作業のみ

アクティブラボの自動車は
ハンドル付きだから、行きたいとこならどこへでも行けます
例えば、NASAやApple、イスタンブールでもね
燃料は、再生可能なメントレエネルギー
エンジンは、論理的思考と利他、多様性などでできています
車体は、記憶する作業は勿論のこと
    効率よく記憶する技術もしっかり組み込まれています
    記憶の公式は、反復+ざっくりから詳細+イメージ化
自らの自動車も友達の自動車も、もしもの時はJAFになれるのが
Active LAB.の自動車です


佐藤祐司

手作りキャンドルポッドです

佐藤祐司

アクティブラボで
手づくりキャンドルポットを作成と

探究学習の発表及び解説をしました

探究学習では子供たちの疑問の種から
向学心の芽生えが感じ取れたことが
大きな喜びでした。向学心の芽生えを私も含めて多くの親たちが見過ごしているのだろうと気付きました。
ある子供さんが台風への疑問を持っています。
熱帯低気圧から気象について 理科ですね
赤道から地理
台風被害からの経済学などなど
1つの小さな疑問の種から広くて大きな学術の世界へ子供たちの根っこや葉っぱが育っていきます。

キャンドルポット作りでは子供たちの奔放な製作発想に魅了されました。学校などの児童の絵画作品から受ける画一化感からは、かけ離れた自由な創造性に未来への希望を感じました。
日本人は創造性に劣るなどとの論調が多いと思っていましたが、実はその可能性を社会や教育機関が幼少期に摘んでいる、もしくは育てていないだけなのでしょう。
アクティブラボでは、今後も子供たちの創造性の発育を共に楽しんでいきたいです。
今回のラボは、はなまるでした!

佐藤祐司

冒険の始まり