未来を創り出す教育の在り方をデザインする

佐藤祐司

Active LAB 所長

現在値 0.001200BTC
時価総額 1.200000BTC
発行VA数 1000VA
「創る」「調べる」「考える」
子ども達の未来が広がる学び場を作りたい!



2011 東日本大震災
   自分に出来ることを模索し始める

2012  個別指導型学習塾を大阪府堺市中百舌鳥にて開校
   未来を託す子供たちに関われると考え開校

課外授業としてハイキング・博物館見学・大阪城見学・乗馬体験・ジャグリング体験・将棋囲碁・植物工場見学・留学生によるベトナム講習などを実施。
実施目的としては、机上の学習では得られない実物・現場ならではの刺激による向学心の誘発です。


2018 アクティブ・ラボを堺市美原にて開校
   創ることを共に学ぶ時間・空間をデザイン中

「創る」レゴ教室や工作を行っています。
「調べる」探究学習を行っています。プレ開校場所に図書館が
     隣接しているメリットが活かせています。
     調べたい内容の本を借りることが容易です。
「考える」教材として算数ラボを用いています。
 今後、生け花や茶道も実施したく準備中。日本の伝統文化を知ることは、多様性を重要視するこれからの世界では英会話ができることよりも重要なのではと考えております。勿論、英会話ができることも重要です。


進行形 従来型の知識教育に7割、創造性教育に3割の時間配分を子供たちが可能になるように、従来型知識教育の効率的な学習法を開発中。またアクティヴ・ラボを通して創造性教育の実践中。

正直に言えば創造性教育だけをしたいのですが、多くの保護者は従来型の知識教育にしか関心を示しません。残念ですが、それはそれで仕方が無いと思います。学習効率を上げて、子供たちに自分自身が本当に学びたいこと・遊びたいことへ時間を割けるように奮闘中です。


効率的な学習法の一例
2018.04 ハーバード式集中学習法を導入
     最新脳科学と行動心理学に基づく学習法です。
        2018.07現在、中学生実績としては前学年の学年末テス
    トから中間テストで40点、更に期末テストで110点
     の伸びを出している生徒がいます。

















優待予定用メモ書き
1VA:学習能力を3つ
2VA:学習能力の優先順位と習得優先順位
3VA:中学生の教科習得優先順位
4VA:優先第一科目の習得法
5VA:第二科目の習得法
6VA:第三科目の習得法
7VA:第四科目の習得法
8VA:第五科目の習得法
9VA:メンタルトレーニングの習得法