VRでクリエイティブを加速させます

検索

ユーザー ハッシュタグ

MuRo (VR Director)

アニメVRを極めし者

現在値 0.082500BTC
時価総額 412.500000BTC
発行VA数 5000VA
ゲーム,映像制作を経て、現在はVR制作のディレクターをしてます。
演出や空間表現、アニメテイストの3D表現などが得意です。

『クリエイティブな人を増やすVR』 をテーマに個人でもVR制作してます。

進行中の個人VR作品【MakeItFilm】【PlayAniMaker】

MakeItFilmは海外メディアもに取り上げて頂き、VRCアワード2017の個人部門では 優秀賞 を頂きました。

活動等はTwitterをご覧下さい。
Twitter : @MuRo_CG
個人制作品(YouTube) : https://goo.gl/DvE42n
MuRo (VR Director)
VALUER 限定公開 VALUERになる
MuRo (VR Director)

12/16にUnity Developer’s Delightでspeakerをすることになりました。
MakeItFilmのアレコレを話す予定です

http://events.unity3d.jp/developersdelight/

MuRo (VR Director)

VRのセミナーをすることになりました。
経験に基づくVRノウハウを2時間ガッツリと話します。

https://spark.adobe.com/page/D9JeLBBPpbfWR/

こう言った依頼もTwitterなどでアウトプットしていることから来た話なので、
アウトプットすることはとても大事ですね。

MuRo (VR Director)

最近、実写の撮影に行く機会がありました。

普段はCGでの映像制作が多くて実写の撮影や方法を見る機会は無かったので新鮮でしたね。

当たり前ですが作り方の考えや、やり方も違うので出来上がった映像は自分が想定してる(CG的な考え)とは違った、カットの繋ぎやカメラワークになってて想像を超えて面白かったです。

やっぱモノづくりをする時は想像を超えることが楽しくて面白いので、相乗効果が生まれるような環境はとても大事ですね。

MuRo (VR Director)

最近Sarahahで受けた質問ををtwitterなどで答えてるのをよく見かけるけど、
これをvaluでやるのも面白いんじゃないかと思う。
と言うよりもvaluでも同じようなサービスが出来ると楽しくなりそうですよね

MuRo (VR Director)

シェアやタップ機能も入ってきたし、UI周りも進化してきましたね。 アプリ化の準備も着実に進んでいるのかな?
楽しみです

MuRo (VR Director)

ゼルダのGDC2017の講演がVR制作にもかなり参考になりますね。
プロトタイプの制作過程のやり方や、出来るかな?と、思った事が出来ることでの感動の作り方など、VR制作に必要なことを話しててとても参考になります。

単純に技術的なVRコンテンツは もう終わっていて、ちゃんとエンターテイメントとして作る必要があるので、こう言った"楽しさを作る"やり方をしていく必要がありますね。

https://youtu.be/QyMsF31NdNc

MuRo (VR Director)

いよいよ分割機能の話が出て来ましたね。
個人的にはチップ機能とシェア機能が楽しみです。

チップ機能はいずれ課金のような形式になるのかな? その辺りは試しながらだと思いますけど。
なんにしても楽しみ!

MuRo (VR Director)

展示の準備をしてきました。明日からがんばります!

MuRo (VR Director)

明日から Japan Content Showcase 2017 というイベントで3日間、池袋のサンシャインシティで展示やります。

MakeItFilmやPlayAniMakerなどが目にとまり展示オファーが来ました。 アウトプットしてると周りから話が来るから面白いですね。

MuRo (VR Director)

大型VRイベントの Oculus Connect4 がいよいよ始まりましたね。今回もOculus Connect3と同じサンノゼの会場です。
今年は参加しなかったのですがライブ配信はあるようなので楽しみです。しかもVR配信らしい!
午前2時からなのでツライですが頑張るぞ!


http://www.moguravr.com/oculus-connect-4-3/

MuRo (VR Director)

アイコンの似ている人がちらほら居て誰が誰なのかパッと見て分からない時が結構ある。

良くも悪くも元のアイコンの人が最初の印象に出てくるけど、VALUで自分の価値を出す場として最初の印象が別の人ってのは良いのかなと思ってみたり。
まあ楽しみ方はそれぞれですけどね!

MuRo (VR Director)

東京ゲームショウのVRは、良くも悪くもデカイ筐体があるアーケード系もコンテンツだったり、ブースにインパクトがあるものだったりが目を引いた印象だった。

VRコンテンツ自体は精度があがってて、VR酔いがどうのこうのと言ったテックデモの話ではなく、コンテンツとして面白いかどうかを体験できるのが増えてきてた。これはとても良いこと。

とは言え、まだVRならではの価値にまで高まっているのは少ないので、これからもっと進化していくことを期待してます!