"個人が活躍できる世界をつくる" そのために、新技術、人、ノウハウを理解、使い、伝え、実践すること。