大衆小説・娯楽小説を対象とした地方文学賞の受賞を目指す

検索

ユーザー ハッシュタグ

風富来人@9/22(土)本の杜13

アマチュア小説家、小説家志望

現在値 0.002200BTC
時価総額 0.220000BTC
発行VA数 100VA
アマチュア小説家の風富来人(かぜとみらいと)と申します。
2017年1月に個人事業としてひとり出版社「風富書房」(かぜとみしょぼう)を開業して代表も務めております。
てんかん性精神障害という障害を患いながら小説家を目指しています。

【風富書房ホームページ】
●風富書房
https://kazetomishobo.jimdo.com/


【2016年執筆活動実績】
共幻文庫短編小説コンテスト2016(第2回「復讐」)最終候補


【VALU登録日】
2017年08月15日

【資金調達の目的】
集まった資金は、同人誌制作、即売会出店、文学賞・新人賞応募、資料購入費用にあてたいと考えています。
他の発行者の方々の応援もできる限りしていきたいと思います。
応援していただけましたら幸いです。


現在の主な活動内容は以下のとおりです。

【文芸同人誌即売会出店予定】

本の杜13
開催日時:2018年9月22日(土)11:00~15:30
開催場所:川崎市産業振興会館 9階 第三研修室
一般入場料:カタログ代(必ず購入制)500円(予定)
サークル名:風富書房
詳細:http://ivent-hon-no-mori.com/index.html

第二十七回文学フリマ東京
開催日時:2018年11月25日(日)11:00~17:00
開催場所:東京流通センター第二展示場 入場無料
サークル名:風富書房
ブースNo:未定
WEBカタログ:配信準備中
詳細:https://bunfree.net/event/tokyo27/


【主な文章・小説置場】
●note
https://note.mu/raito_kazetomi

●ホームページ「風富庵(かぜとみあん)」
https://kazetomi2525.jimdo.com/

●ブログ「風富来人(カゼトミライト)のライトなブログ」
https://ameblo.jp/breeze-2525

●PIXIV FANBOX
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/14317836

●小説投稿サイト「小説家になろう」
https://mypage.syosetu.com/248842/

●キャプロア出版100人共著プロジェクト参加
第1弾「100人で書いた本~道具篇~」
http://amzn.to/2AhsfAw


私の小説同人誌及びTシャツを以下のネットショップで通販しています。

●風富来人のBOOTH SHOP
https://raito-kazetomi.booth.pm/
風富来人@9/22(土)本の杜13

2018年7月16日(月・祝)に開催された文章系同人誌即売会「第7回Text-Revolutions」の出店レポートをまとめました。
ご興味ありましたらお読みください。
https://note.mu/raito_kazetomi/n/ncaffeb94a296
#テキレボ

第7回Text-Revolutions出店レポート|風富来人(かぜとみらいと)@アマチュア小説家|note

2018年7月16日(月・祝)に開催された文章系同人誌即売会の第7回Text-Revolutions(通称:テキレボ、以下、テキレボ、テキレボ7)に出店者として参加しました。 備忘録を兼ねた出店レポートを...

note(ノート)
風富来人@9/22(土)本の杜13

【-20歳で生きている(←化粧品のキャッチコピー風)】
僕は今45歳、今年で46歳になります。

でも、気持ち的には-20歳の25歳で生きているような気がします。

実は、20代、30代の記憶をほとんど覚えていないんです。

20代、30代の頃は仕事漬けの日々を送っていたのでプライベートの記憶は数える程度。

なにか思い出すきっかけがあれば断片的に思い出すのですが、今の僕とかけ離れていてまるで別人の人生のように錯覚します。

今はなんというか、20代の人生をやり直してる感覚と言えば良いでしょうか。

気持ち的に若いと思って生きていると、実際に若い方々とお話しするのがとても楽しいです。

若い方々からたくさん刺激をもらって小説執筆をはじめとした創作活動に活かしていきたいです。

風富来人@9/22(土)本の杜13

とは言え、不定期に第三弾まで投稿する予定です。
僕のことを知ってもらうには書いた小説をお読みいただくのが一番の方法だと思うので。

風富来人@9/22(土)本の杜13

試しに一作投稿してみたけどアクティビティは小説投稿用には作られていないため不向きだと感じました。
文章量としては2,000文字以上は読むのがつらい。
任意で空白行が入れられれば読みやすさが改善できるのに。
といったことを感じました。

風富来人@9/22(土)本の杜13

無料配布本に収録している作品第一弾です。
お読みいただけたら幸いです。
【ショートショート「日本お見合い機構」】
 二〇二五年十一月三日、俺の二十七歳の誕生日に自宅のノートパソコンのメールアドレス宛に一通のメールが届いた。差出人は「日本お見合い機構」からだ。
 メールには誕生日祝いのメッセージとともにお見合いの日時と場所が記されていた。
 二〇二二年、政府は晩婚化、少子化を改善すべく政府主導による結婚奨励政策の一つとして「日本お見合い機構」を設立した。かつて地域おこしの一環として地方自治体が行っていた「街コン」を全国展開したような形だ。
 日本お見合い機構設立後、成人した独身男性、独身女性を対象にインターネット上の専用サイトでの任意による「お好みの結婚相手情報」の登録が行われた。俺は結婚相手はお見合いではなく自分で探そうと思っていたのだが、早く孫の顔が見たいという母に半ば強引に勧められてしぶしぶ登録する事にした。
 しかしながら、専用サイトでの男性に対する「お好みの結婚相手情報」の調査項目の中に「おっぱいは好きですか?」や「何フェチですか?」という項目を目にした時、俺はこの国の将来について不安感を覚えた。
 お見合い相手の選考には「キューピッドくん」という愛称のついた一世代前のスーパーコンピュータが使用されている。プログラムによってあらゆる要素を考慮した上で最も相性が良いと思われるお見合い相手が選ばれるそうだ。
 お見合い当日、俺は開始時刻の十分前に会場であるレストランに到着した。
 参加費用三千円で一流レストランの高級料理が食べ放題、高級ワインが飲み放題なので、これまでのお見合いの欠席率は低いとの事だ。
 店員に案内された個室には日本お見合い機構の担当者と思しき男性が既に入室していた。
「いらっしゃいませ。ご自分のお名前が書かれたプレートの置いてある席にお座り下さい」
「あ、はい」
 俺が席に座った後、他のお見合い参加者が入室してきて席に座った。今日のお見合い参加者は男性五人、女性五人のようだ。俺の向かいの席に座る予定の女性はまだ現れていない。俺はうつむきながら開始時刻を待った。
 開始時刻直前、俺の向かいの席に女性が座った。
「……、ま、麻紀……」
「功一……」
 俺の目の前には、二年前に別れた元カノの池田麻紀が座っていた。
「みなさんお集まり頂いたのでお見合いを始めたいと思います。私、本日のお見合いの司会進行を務めさせて頂きます日本お見合い機構の斎藤と申します。それでは、まずは自己紹介からお願いいたします」
 斎藤さんに促されて俺達参加者は順々に自己紹介をした。
「お久しぶりです。山崎さん」
 自己紹介の後、麻紀が俺に声をかけてきた。
「お、お久しぶりです。ま、池田さん」
 思わず名前で呼びそうになった。
 麻紀に挨拶をした後、俺は他のお見合い相手とも話さず、ただ黙々と料理を食べていた。
「みなさんお話が弾んでいないですね。お見合いだと思うと緊張しちゃいますから合コンだと思って下さい」
 斎藤さんが場を和ませるように言った。
「山崎さんは今も夢を追いかけているんですか?」
 不意に麻紀に聞かれた。
「はい。映画監督になる夢を追い続けています」
「山崎さんが監督した映画、いつか見てみたいです」
「……、ま、麻紀、改めて俺と結婚を前提に付き合ってくれないか?」
「……、はい……。私、別れてからずっと、ずっと、あなたに会いたかった」
「麻紀、俺もだよ」
 その後、麻紀と俺は名前で呼び合いながらお互いの近況を話し合った。
 今回のお見合いでカップルが成立したのは麻紀と俺の一組だけだった。お見合い終了後、麻紀と俺は斎藤さんに呼び止められた。
「このたびはおめでとうございます。いやぁ、キューピッドくんがお二人の相性率にあり得ない結果を算出して職員全員驚いたんですよ!」
「俺達の相性は何パーセントだったんですか?」
「測定不能です」
「本当ですか? 俺達一度別れたんですよ?」
「お二人が別れた時は、多分本当の天使がお二人に嫉妬していたずらをしたんでしょうね」
 斎藤さんはうれしい言葉をなげかけてくれた。
 二年後、麻紀と俺は結婚した。結婚式の誓いのキスの時、麻紀の俺への深い愛情を感じた。俺も麻紀への深い愛情をキスに込めた。
「斎藤さん、山崎さんと池田さんの相性率が測定不能だったって事、本当なんですか?」
 斎藤の後輩は斎藤に聞いた。
「いや、再計算してみたら相性は最悪だった。お二人がお見合いに選ばれたのはスーパーコンピュータのミスだ。お二人を再会させたのは『天使の気まぐれ』ってやつかもな。でも、お二人が幸せならそれでいいじゃないか」
 山崎功一と池田麻紀のようなケースがその後相次いで発生し、真実の愛は優れたコンピュータでも計測できない事を知った政府は、スーパーコンピュータを用いた相性率の算出を取りやめ、昔ながらの仲人を介したお見合いの形式に変更した。変更後のカップル成立数は変更前よりも上がっているそうだが、スーパーコンピュータ導入に多額の費用をかけた政府がこれを公に発表する事は無かった。

風富来人@9/22(土)本の杜13

最近のアクティビティを見ていると1,000文字以上の長文のアクティビティが見受けられるので、試しに無料配布本に収録している作品をこちらで公開してみようと思います。
ご興味・ご関心ありましたらお読みいただけたら幸いです。

風富来人@9/22(土)本の杜13

【今日はこれからシール貼り】
バイトじゃなくてイベントの準備です。
イベントで配るチラシにブース番号のシールを貼っていきます。
チラシ印刷の最小ロットが100枚で、イベントでは100枚配れないので複数のイベントで使い回すための工夫です。
初めてイベントに参加した時に隣の方から教えていただきました。
印刷会社で鍛えたシール貼りのテクニックを見せてやるぜ!
見るのは僕なんですけど。^_^;

風富来人@9/22(土)本の杜13

【拙作Kindle(無料)のご紹介】
中編コメディー小説「ハードボイルド主夫 竹田竜作」
初めて書き上げた小説はコメディー小説でした。
【あらすじ】
結婚して五年、会社をリストラされ無職になった竹田竜作(たけだりゅうさく)は、
妻の恭子(きょうこ)から専業主夫になることを提案される。
竜作は専業主夫になることを引き受けるが、
専業主夫になることは会社からリストラされた日から決まっていたことだった。
恭子から依頼される家事雑事をなんとかこなしていきながら一ヶ月が過ぎた頃、
竜作は元同僚の剣崎虎之介(けんざきとらのすけ)と再会する。
虎之介は、竜作に竜作と恭子のことを何者かが監視していることを忠告する。
何者かによる監視下におかれている中、竜作は以前勤めていた会社の社長と面会し、
リストラの真相と、竜作と恭子を監視している者たちの正体を聞き出す。
恭子には恭子自身も知らない秘密が隠されていた。
幸せな夫婦生活の中に漂い始めた不穏な気配。
竜作は夫婦に忍びよる危機を脱することができるのか!?
※中編小説ではありますが、プロローグからエピローグまでを32話に分割していて一話一話徐々に読み進めることができます。
※本編作品の他、ショートショートなど9編を収録しています。
ご興味ありましたらお読みいただけたら幸いです。
【近日中に有料化する予定です】
今回なぜお知らせしたかと言いますと、
近日中にKindleを始めとした電子書籍版を有料化する予定です。
作品内容に変更はありませんが、巻末に記載している特典(動画など)を追加して
小説投稿サイト投稿版との差別化を図っていく予定です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01E519O8S

風富来人@9/22(土)本の杜13

【久しぶりのBTTF感を体験しました】
「BTTF」というのは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の略称で、僕の中ではタイムリミットが迫っている状況の緊張感を「BTTF感」と呼んでいます。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中で主人公のマーティはいつもタイムリミットギリギリだったじゃないですか。
あの時の感じです。
昨日の14時59分に印刷所に原稿を入稿しました。
入稿締め切り時刻は15時。
マジでギリギリでした。
人間はタイムリミットなどの極限状態に陥ると手が震えます。
震える手でマウス操作するの大変でした。
ドラマや映画で時限爆弾を解除する時に手が震えるってあながち嘘じゃないと思います。
後は野となれ山となれ!

風富来人@9/22(土)本の杜13

新刊の執筆終了。
すべて書き出した満足感。
これから昼食、風呂、部屋の掃除をして気分転換した後、推敲と校正作業の繰り返しに入ります。
今夜はエンドレスになりそう。

風富来人@9/22(土)本の杜13

【「スキ!」がついてました】
いくつかのネットショップからクスリと笑える文章をプリントしたTシャツを販売しているのですが、うれしいことがありました。
いくつかの商品にSNSの「いいね」的なアクションの「スキ!」がついていました。
リンク先の商品には「スキ!」はついていないのですが、こんな感じのTシャツを今後何着も展開していく予定です。
実際に自分用に買ってみたところ、Tシャツ自体はしっかりとした作りのものでした。
僕の場合、近所のコンビニ程度ならこのTシャツを着て出かけちゃいます。
今後も面白いTシャツを作っていこうと思います。
https://raito-kazetomi.booth.pm/items/882933

おことばTシャツ白001「倒れるなら前に倒れろ」 - 風富来人のBOOTH SHOP - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)

クスリと笑えるような言葉をTシャツにしました。 習字のように四つ折りにした半紙に文字を書いたイメージのTシャツです。 半紙の質感を演出するためプリント部分にノイズを施しています。 サイ...

風富来人@9/22(土)本の杜13

おはようございます。
今日は8時の段階で部屋の掃除と洗濯を済ませました。
今日一日時間を有効的に使おうと思います。