経糸は私、緯糸はあなたがた

検索

ユーザー ハッシュタグ

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

機織り技術者

現在値 0.002150BTC
時価総額 0.215000BTC
発行VA数 100VA
染めたり織ったり、紡いだり。
2001年からはじめた織りは木綿の手紡ぎ手織りの工房での仕事になりました。
工房では主に反物を自宅ではタペストリーやストールなどを織っています。
2011年からは友人たちと勉強会を始め絹や麻、パイナップル糸の織りも学んでいます。
綿から糸も紡ぎます。
絣が好きです。
〇鹿島アントラーズ、小豆、吹奏楽が好きです。
〇こども4人と孫3人います。
〇似顔絵は中川貴雄さんに描いていただいてだいたものです。
〇VALUを購入していただいた資金は手紡ぎや手織りの仕事ををみなさんに知っていただくため、また作るものは違っても”ものづくり”をしている方のVALUの購入にあてます。
リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

こんばんは。

今日は タワラ コウイチさん
(https://valu.is/tawtaw)から
缶バッチが届きました。

いろんなおもしろ缶バッチや可愛い缶バッチの中から私が選んだのは お弁当などについてくる魚の形のお醤油入れです。



関西のみなさんは落ち着かない一日をお過ごしのことと思います。
地震そのものもですがいつまで不安な日が続くのかわからないことがとても辛い毎日ではないでしょうか。
7年前のことは思い出したくもありません。

それでも日々ささやかな安らぎや幸せを感じたりできますよう願っています。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

こんにちは。

誕生日のお祝いのメッセージをアクティビティやTwitterにたくさんいただきありがとうございました。

これからも伝統と先端を楽しむ自由なおばさんとして機嫌よく生きていこうと思います。
よろしくお願いします。

今日は荻上ネリイさん(https://valu.is/neliy) デザインのTシャツで仕事に来ています。
ちょっと織っているところを撮影してみました。
痩せろ俺って感じですがせっかく撮れたのでアップ。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

おはようございます。

先週末の話ですが県境の山間部でおこなわれている「しな織り」の視察研修のために新潟県と山形県に行ってきました。

6月から7月に家族で山に入ってシナノキの皮を剥ぎ、その皮を年輪に合わせて何層にも剥ぎ何度も煮たり洗ったりして繊維を取り出して糸を績(う)みます。
糸を績んだあとの作業は他の織りと大きくちがうとことはありません。

しな織りの名前も糸の作り方も知ってはいましたが実際に見て、現場にいる人のお話を聞く機会は初めてでした。

6月にシナノキの皮を剥ぐのは春の山菜採りと田植えが終わる時期だからとか、織るのは雪に閉ざされる冬の間など昔からこの地域の人々の暮らしの中に糸績みも織りもあったそうです。
この技術もなくなってしまったらもう復活は難しいでしょうが現代の暮らしの中で続けていくことも困難でお互いに工夫していることなどを話したりもしてきました。

ところでこの旅は真岡木綿とは別にやっている織りの勉強会のメンバー3人で行ってきました。
そのなかでは私がいちばんの若手、あとのふたりは60代と70代。
どちらも織りに対する情熱と勉強熱心な姿にいつも刺激を受けています。
電車の時間をネットで調べたりするのはもっぱら私の役目ですが彼女たちの行動力は私の希望です。

今日ありがたいことに誕生日を迎えましたが目標になる先輩がいて この数ヶ月で若い友人にもたくさん恵まれ 57歳もますます楽しめそうです。
ありがとうございます。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

おはようございます。

Hno Tommy@塗り絵配信サイトさん(https://valu.is/nurie-world)

から質問をいただきまして、それにお応えできているか怪しいですが今日はこちらを紹介します。

この新聞は2014年3月のもので 当時ごく一部で大変話題になったものです。
(私の保存状態があまり良くなくて反省)

栃木県下野市(しもつけし)の甲塚古墳(かぶとづかこふん)で機織りをしている女性の埴輪が2体、全国で初めて出土しました。
6世紀後半のものとみられています。

織る仕組みとしては既に完成されていて現在私たちが使っている機と基本的な仕組みは変わりありません。

埴輪が作られた時点で職業としてかなり評価されていたことがうかがわれますのでこのような形で織りが行われ始めたのはもっと古い時代ということになります。

埴輪は完全な姿ではなかったものの両腕の部分などは残っていて、また赤白灰黒に彩色されていたことがわかっています。当時の機だけでなく機織りの技術やそこに関わる人などを知る上でも大変貴重なものといえます。

また被葬者についても想像するとワクワクします。
お墓に機織りをする女性の埴輪を入れてもらえる人ってどんな人なのでしょう。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

そして、筬通しが終わるとすべての糸を手前の布巻きに結んで織り出します。

藍染めの濃淡の縞が見えてきました。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

筬通しとは 機織りといえばトントンとイメージされることが多いと思いますが、そのトントンをするところに糸を通す作業です。

1cmに26.4本の溝があってそこに2本ずつ糸を通します。

金属の薄い板に糸を引っ掛けて溝に差し込んでいきます。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

こんにちは。

3つ前のアクティビティで途中までになっていた綜絖通し(そうこうとおし)ですが今日の午前中に残り736本の糸を綜絖に通してすべて終わりました。

次は筬通しです。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

こんにちは。

家にいて忙しい日というのもときどきあります。

今の私のもっぱらの興味はタワラ先生の指導のもと春野学級委員長を先頭に行われている3DCGモデリング講座にありましてアバターの自作に挑戦しています。

挫折する人を星の数ほど見てきたとおっしゃるタワラ先生ですが実に根気強く、補習講座まで開いてくださって何人かはもう自作のアバターをVR空間で使えるようになっています。
私はそもそもの知識もないので時間がかかっていますが なんとか先週の宿題が終わってホッとしています。

きょうはそのほかに娘に頼まれたミシン掛けもありました。
吹奏楽のバンドで使うベル、のど自慢の審査員が叩くあれの袋です。
1本1本外してしまうときに入れる袋がくたびれてきたというので新しい袋を縫いました。

そんなこんなで家にいても忙しく一日が終わろうとしています。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

おはようございます。

昨日は綜絖通しどこまで行ったかクイズにたくさんのご参加ありがとうございました。
正解は320本。

一番近い答えを書いてくださったのはikoeさんの264本でした。

また突然やりますのでよろしかったらご参加ください。

さて、今日は 研修旅行です。
とはいっても自主的なものですが。
画像は上越新幹線の座席。
こんな模様のタペストリーも織ってみたいかも(^^)

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

こんにちは。

昨日はいろんな素敵なものが届いて 藍染めの結果についてのアクティビティの更新を忘れてしまったのですが それは後回しにしてクイズに行きます。

今回はチップの用意はございませんがお気軽にご参加ください。

さて画像は綜絖通し(そうこうとおし)の途中です。
以前からお知らせしている通り経糸は全部で1056本用意しました。
その糸1本1本を綜絖の穴に縞模様の順番に通して行きます。
お昼休みまでに私は何本の糸を綜絖に通したでしょうか。

右に見える 糸がだらりと下がっているのが綜絖に通っている糸です。
左のほうに針金のようなものが見えるのが糸を通していない綜絖です。

さあ、何本通したでしょう?

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

こんにちは。

今日は雨かと思ったらとんでもない、晴天になりました。

予定を変えて今日は緯糸(よこいと
)の藍染めをしました。
画像は藍染めの前にムラに染まるのを防ぐため20分ほど炊いた糸を捌いて準備しているところです。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

こんにちは。

今日は会館の案内当番でした。
機織り体験のお客さま22名あり、ご家族で山形から見学にいらしたお客さまあり、老人施設の見学の下見あり忙しい日でした。
最後の仕事は綿の水やりです。

今日はikoeさん(https://valu.is/hanawomusubu8)
に優待でいただいたブローチをつけて仕事をしてます。

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

おはようございます。

昨日のクイズには時差のある方含め10名のみなさんが参加してくださいました。
ありがとうございました。

午前10時頃始めた整経は12本ずつ17.5mを積み重ねていって午後3時頃終わりました。
画像は1056本17.5mの糸の束になったものの重さを測っているところです。
藍染めは糸に付着することで染めているので化学染料や草木染めのものよりも重くなります。

さて、クイズの正解ですがお昼までに何本整経できたかというものでした。
正解は624本。

一番近かったのはトリプロデューサー
(https://valu.is/toriproducer)さんの誤差24本。
次はターボさん(https://valu.is/turbo1019)の誤差48本でした。

私の知らない間に木綿会館まで数えに来てくださった方もいらしたようなので、次回いらっしゃるときは声をかけてくださいね。

みなさん本当にありがとうございましたm(_ _)m

リコサ@染めと織りと糸紡ぎ

午後の作業の前にここでクイズです。

この画像は角度を変えて見たお昼までに整経した糸です。
さて私は何本の糸を整経できたでしょうか?

一番近い数字を答えてくださった方にチップ2、二番目に近い数字を答えてくださった方にチップ1を差し上げます。

ヒントは今回の反物は1056本40cm幅です。また12本ずつ整経しているので答えは12の倍数です。

濃淡のボーダーに見えますが、濃淡の縦縞の反物になります。

締め切りは今日いっぱいとさせていただきます。
数えるもよし、あてずっぽうよし。
ふるってご参加下さいませ。