セクターを越え、認知症に関わる社会的課題を起点としたプロジェクトを推進していきます。

検索

ユーザー ハッシュタグ

Makoto Okada@DFJI

DFJI 共同代表理事

現在値 0.004000BTC
時価総額 20.000000BTC
発行VA数 5000VA
認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)の共同代表理事です。https://www.facebook.com/dementia.friendly.japan/

DFJIでは、セクターを越えて、認知症に関わる社会的課題を起点としたプロジェクトを推進しています。

下記もその一環です。
http://runtomorrow.jp/
https://www.amazon.co.jp/dp/4621089277/

valuを通じ、DFJIの活動をより多くの人と進めたい。valuでの支援はそのための新しい関係を作ることに使っていきたいと思います。

好きな言葉は、”幸せのハードルは低く”。

国際大学GLOCOM客員研究員、慶應SFC研究所上席所員です。
Makoto Okada@DFJI

DFJI(認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ)主催、第5回認知症フレンドリージャパン・サミットを無事終了することができました。

法政大学CSR研究所主催のプレイベントセミナーを含め、8月31日(金)夕方から9月2日(日)夜までの間、延べ360人の方にご参加いただきました。

DFJS2018ではオープニングセッションからクロージングセッションまで、多彩なセッションオーナーによる27のセッションが行われました。しかも、すべてが実験的であり、対話的であるセッションであり、完成形の提示にこだわらないセッションであり、参加者は、既存のセクターという枠にとらわれていない、認知症という分野におけるイノベーター層・アーリーアダプター層の人たちです。

写真はDFJS2018のチラシに用いたDFJS2017のときのものですが、昨年以上に実験的で拡がりのあるテーマのサミットにできたと思っています。

Makoto Okada@DFJI

交通エコロジー・モビリティ財団から「"認知症になっても交通機関を利用することとは"という 丹野智文さんからのビデオレターを期間限定でYoutubeで公開します」との連絡がありました。

丹野さんからの「当事者の立場を理解して下さい」という思いを込めたメッセージです。

丹野さんにとって外出する意味とは? 交通機関を利用する際の困りごとは? 交通セクターの人たちにお願いしたいこととは?

エコモ財団は「当事者の方が外出に困っているのに対して、外出させるのは危険だと思っている方々への意識改革を思いました」とおっしゃっています。

エコモ財団による丹野さんへのインタビューをぜひご覧ください。

====================================================
【公開者】公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団
【インタビュー映像(ロングバージョン】
 https://youtu.be/yO8yqilyPEQ
---------------------------------------------------
【公開期限】2018年9月6日まで
【視聴制限】二次使用はできません。
---------------------------------------------------
【その他】
 ・DFJS2018 交通セッション 2018年9月2日 15:00-16:30
 ・DFJS2018 交通セッションの内容
   http://www.dementia-friendly-japan.jp/…/DFJS2018-brochure.p…
 ・DFJS2018 参加申込
   https://dfjs2018.peatix.com/view
---------------------------------------------------

「丹野さんインタビュー」ロングバージョン 完成版

フルHDの完成版です。YouTube上での限定公開。ダウンロードやシェア、二次利用はご遠慮ください。

YouTube
Makoto Okada@DFJI
VALUER 限定公開 VALUERになる
Makoto Okada@DFJI
VALUER 限定公開 VALUERになる