Makoto Okada@DFJI
認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)の共同代表理事です。https://www.facebook.com/dementia.friendly.japan/

DFJIでは、企業・自治体・NPOといったセクターを越え、認知症の課題を起点としたアクションを起こすプロジェクトを支援しています。

下記もその一環です。
http://runtomorrow.jp/
https://www.amazon.co.jp/dp/4621089277/

valuを通じ、DFJIの活動をより多くの人と進めたい。valuでの支援はそのための新しい関係を作ることに使っていきたいと思います。

好きな言葉は、”幸せのハードルは低く”。

富士通研究所R&D戦略本部所属。国際大学GLOCOM客員研究員、慶應SFC研究所上席所員です。

VALUER一覧

北畠徹也@調達コインで東南アジア・写真旅 【VALU225採用主力銘柄】 北畠徹也 - 1974年11月生まれのアラフォー、道産子。善良な世界市民(現在タイ・バンコク/ミャンマー)。1993年東京大学教養学部理科2類入学、99年同大学法学部私法コース卒業。 ASEAN出奔人 20年以上、個人事業主(実業家) 3年間で、東南アジアの9か国、150か所以上を回り、撮影した写真は15万枚を優に超える(被写体2500人以上) 常にコイン不足に悩まされつつも、 <VALU保有数ランキング> http://hisapon.xsrv.jp/valu/topHolderRanking.php では、ぶっちぎりの第一位の保有者数を誇る 双極性障害と言う”誤診”や、アルコール・タバコを含むあらゆる依存症を乗り越えた、卓越した精神力の大人の発達障害(ADHD型) 「うつ??東南アジアで太陽の光あびながら子供と戯れでもすりゃ陰鬱な気持ちは吹き飛ぶよ?」が直近の口癖。 ネットコミュニティに造詣が深く20年以上の経験。実名系ソーシャルネットワークの草分け。オープンソース「米国アパッチ財団」の日本初の(個人)スポンサー(個人は世界初) 大手証券会社における社内のデリバティブ取引システムの開発及び設計、大手不動産会社各社向け不動産取引(B2B2C)サイトの開発、ネットコミュニティ設計・運用(シスオペ)、なども行っており、VALUに類似するシステムの内部に関する造詣もある オープンソース活動、音楽輸出プロジェクト、地方活性プロジェクト、海外プロジェクト、ASEANにおけるボランティア活動、仮想・暗号通貨全体が、現在の主な関心領域。ビットコインを通じた海外(事業)支援も。 現在、調達コインで、タイ王国バンコク都における最大のスラム街での写真ボランティア活動とその一環としての教育里親制度での支援も展開中 【本銘柄について】 ご購入頂き有難う御座います。調達コインで再び東南アジアを暫く回って、日本人に東南アジアを伝えるだけでなく、現地の方々が自国や地域に自信を持ってもらえるようなことをしたいと思います。 所有VA 5VA
1
2
3