Makoto Okada
認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ(DFJI)の共同代表理事です。https://www.facebook.com/dementia.friendly.japan/

DFJIでは、企業・自治体・NPOといったセクターを越え、認知症の課題を起点としたアクションを起こすプロジェクトを支援しています。

下記もその一環です。
http://runtomorrow.jp/
https://www.amazon.co.jp/dp/4621089277/

valuを通じて、DFJIの活動をよりたくさんの人と取り組みたい。
そう思っています。

好きな言葉は、”幸せのハードルは低く”。

富士通研究所R&D戦略本部所属。国際大学GLOCOM客員研究員、慶應SFC研究所上席所員です。
小野たつなり 30VA
藤田 稔 魚屋の店長@バンコク 10VA
Takero Fukunaga 7VA
垣内俊哉 5VA
Daichi Mizuno@夫婦で育休中 5VA
Tomoya Kawanishi 5VA
さいとうたくや@アニメーター 3VA
しん 3VA
Ryosuke Wexer | フォトアーティスト 3VA
双子のパパ  3VA
Eri Fuu @ヨーロッパの小さな街 3VA
坂本悠生 3VA
Hiroki Noma 3VA
さくらたん(花山さくら)@大阪の人 2VA
Komatsu Yuya 2VA
KAZUAKI TOMONO 2VA
Tatsuya Suzuki 2VA
Akihito Tsuji 2VA
Keisuke Ozki 2VA
Rika Yoshikawa 1VA
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
DFJIの事務局および関係者で、zoomを本格的に活動の中に取り込んでいくための試験的な運用を開始します。https://www.facebook.com/events/122820761689164/

認知症に関するさまざまなアクションは、地域ごとのローカルな活動(縦糸)と、それぞれの地域で生まれた知恵を地域を越えて寄せていく活動(横糸)の活動が必要だと思っています。

一方、福祉の分野はいわゆるITに強い人ばかりではなく、地域の知恵を寄せていく横糸の部分がどうしても弱くなりがちでした。

zoomのような離れた地域間のコミュニケーションを深めるシステムのコモディティ化を踏まえつつ、それを使いこなせる人を増やしていくことは、DFJIの重要な役目ではないかと思っています。
8
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
一緒にDFJIの共同代表理事をしてくださっている国際大学GLOCOMの庄司さん。私だけがvalu保有者っていうのも寂しいので、ぜひ応援を。
https://valu.is/mshouji

http://www.glocom.ac.jp/researchfellows/masahiko_shoji
5
0
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
昨日、専修大の4年生と話していて嬉しかったこと。認知症の活動に関わってよかったということを話して貰えたこと。

「岡田さん、去年、認知症に関する活動に参加してよかったです。認知症のプロジェクトでちょうどオランダに行っているときに希望している会社から連絡があり、あわてて"いまオランダにいるんです"って電話をしたんですが、それを担当の方が伝えてくれていたらしく、面接でもそれを尋ねられ、すごく話しやすかったです。」

それは君が頑張ったからだと思うよ。

DFJIの活動としては派生的なことですが、応援するということは応援されるということなのだなと、改めて思ったのです。

https://mainichi.jp/univ/articles/20170217/org/00m/100/030000c
8
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
zoomを試用を兼ねて、DFJS2017(*1)のプログラム調整の打合せ。

概ねプログラムの中身が固まり、当日のスケジュールも見えてきた。明日からは外部へのプログラムの公表に向けた調整の予定。

定例ミーティング含め、zoomへの移行していこうという手ごたえ感も得られた。これで、エデュケーションセッションを反転授業的にできたら完璧だ。

https://www.facebook.com/events/708223182711133/
8
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
今日の専修大でのイベントの目的は大学間の交流。私は後半のプロアクションカフェの進め方について短く説明を。その他はすべて専修大イベント班が実施。

「認知症の人の社会共生と課題解決」のための学生による国際交流・共同研究プロジェクト。
http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000078743.html
6
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
「認知症の人の社会共生と課題解決」のための学生による国際交流・共同研究プロジェクト。
http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000078743.html

専修大学生田キャンパスで、専修大学・慶應義塾大学・青山学院大学の3大学合同交流会。今日は、専修大のイベント班のメンバーの後方支援。
5
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
自分にはなかなかできていないなと思った。同時に、「ちょっと違った展開」が生まれるのは、確かにそういうときかもしれないとも。

「自分が人の話を素直に聞けているかを測定する方法」https://www.kayac.com/news/2017/06/yanasawa_blog_vol28

11
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
一緒にDFJIの共同代表理事をしている徳田雄人さんがサポートしているクラウドファンディング「認知症の方と作る「注文をまちがえる料理店」 イベント実現へ!」がReadyforから発表されました。

リンクをみていただくとわかるように、内容もさることながら、サポートするメンバーもかなり強力です。

https://readyfor.jp/projects/ORDERMISTAKES
9
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
9月15日夕方に、DFJS2017のプレイベントを実施する"Shibaura House"は素敵な場所です。広告製版社というその名の通り製版の会社の社屋を建て替える際に、「地域にスペースを開きたい」と考えた社長が、 SANAAの妹島和世さんに設計を依頼した建物です。

何回か使わせてもらいましたが素敵なスペースで、様々なイベントが開かれています。JR山手線の田町駅からも遠くなく、valu関係のイベントにも適当なのではないでしょうか。ぜひ、一度、訪ねてみてください。

http://www.shibaurahouse.jp/
8
0
  • まだコメントがありません
Makoto Okadaさんがアクティビティを更新しました。 2週間前
9月16日・17日に明大中野キャンパスで実施予定の認知症フレンドリージャパン・サミット(DFJS2017)の前日9月15日(金)夕方にDFJS2017のプレ・イベントを実施します。

正式のアナウンスはこれからですが、その骨格がだんだんに決まってきました。

日時: 9月15日 19:00~21:30
場所: シバウラハウス( http://www.shibaurahouse.jp/about )

スピーカーは3名で、一緒にDFJIの共同代表をしている徳田雄人さん、日本医療政策機構の栗田駿一郎さん、ブリティッシュ・カウンシルの湯浅真奈美さん。

徳田さんからは、DFC(Dementia Friendly Community)の世界的動向、栗田さんからスコットランドの第三次認知症施策ほか、湯浅さんからは英国におけるアート×認知症の取り組みを伺う予定です。

正式なアナウンスはこれからですが、ご関心があれば、ぜひ予定表に入れておいてください。シバウラハウスも素敵な場所です。
9
0
  • まだコメントがありません