検索

ユーザー ハッシュタグ

田畑雄貴(はじめての三国志)

Webサービスの管理人

現在値 0.021000BTC
時価総額 2.100000BTC
発行VA数 100VA
1987年、鹿児島生まれ。
2012年に高級家具/インテリアのバイヤー兼EC運営責任者として通販サイトを立ち上げ。

ECサイト『アンジのお部屋』
http://anthropologiee.shop-pro.jp/

ECサイト『ポプラのお部屋』
http://room-populus.shop-pro.jp/


2014年にGMOインターネット株式会社様を通じて
EC事業を売却。

新たに歴史エンタメWebサイト
『はじめての三国志』を立ち上げました。
https://hajimete-sangokushi.com/

お陰様で特化ブログながら安定的に月間PV150万以上。右肩上がりの媒体で主宰/Webディレクション業務担当しています。

国内の中国史に関するSEOキーワードは掌握済です。コンテンツマーケティングを行いGoogleの大幅な検索ロジックにも影響なく、検索利用者向けに寄り添って制作したコンテンツは日に日に読者に消化してもらっています。


コンテンツを制作する主要メンバーは地方在住のリモートワーカー。南は沖縄から北は北海道、システム構築はホンジュラスとリモートワークとITを駆使し「様々な角度」からアプローチをすることで、新しい「三国志」を創造し続けています。

VALUで調達した資金は、コンテンツの品質強化・メンバーの活動費・多言語化、中国の百度にて翻訳化したデジタルコンテンツを他展開予定です。


【はじめての三国志】
https://hajimete-sangokushi.com/
田畑雄貴(はじめての三国志)
VALUER 限定公開 VALUERになる
田畑雄貴(はじめての三国志)

【人を魅了する分かりそうで分からないモノの正体】

良いコンテンツとはなんだろうか。
最近この考えが頭から離れられない。
いま、僕のなかでは作り手の「幸福感」を含んでいるのが、
良いコンテンツなのではないか?と仮説を立てている。

はじめての三国志の編集長を
務めている編集長と、新企画の立ち上げの中で良いコンテンツについて
数年前に話し合ったことがあった。

残念なことに、当時のことを鮮明に覚えていないが、編集長曰く、
「分かりそうで分からない」 コンテンツが人に好まれると言っていたのが印象的だった。

たしか、そのときに生まれた企画が『はじめての君主論』

http://urx2.nu/LoAM

小難しい名著を分かりやすく解説した新たな試みだったと思う。
君主論を読み終えて、僕もその気持ちをなんとなくだが、共感できた。

人の感情を動かすのは「分かりそうで分からないもの」
でも、人の感情に作用するプロセスがうまく言語化できない。
おかげで、僕の中で腹落ちできずにモヤモヤした感覚だけが残っていた。

数年経っても違和感を抱きながら、ルールの構築方法を模索していたら、
ひょっとしたことからこの感情を紐解くヒントを得ることができた。

適切なルールがあれば、人はルールに守られ、成果を最大化できると思っている。
だけど物事を放っておくと気づいたら複雑化されてしまう。

僕は常にこの過ちを犯すクセがあり、
とくに仕事の面でも、気づいたら多くのルールを作ってしまっていた。

ルールに守られるはずが、ルールに縛られて、
嫌気をさしてしまい逆に成果を出しづらくなってしまうというジレンマに陥っていたのだ。

だから僕は、シンプルなルール設計を模索するために、ヒントを探していた。

そこで川上量生氏の『ルールを変える思考法』を手にとってみたのだが、偶然にも
「分かりそうで分からないモノに惹かれる理由」を分解してくれていた。

おかげで、心のモヤモヤを晴らすことができた。

著書には「分かりそうで分からないに惹かれてしまう」理由は、
人間本来に備わっている『生存本能』がそうさせているのではないか?
と見解を述べている。

「分からないものを分かろう」とする欲求は生存競争に必要であり、
古代の人間から現代人の僕らにもこの生存本能が遺伝子に深く刻まれている。

この生存本能を利用し、どうすればコンテンツや作品に落とし込めるのかを考察すると、
よりこの感情を理解できるのではないか?

また、自分たちが作り手に回った場合、うまくこの作用を作品に組み込むことで、
注目を浴びる作品やコンテンツを作れるのではないだろうか。

この後、VALUER限定公開で考察を共有します。

田畑雄貴(はじめての三国志)

楽天koboやBOOK☆WALKERなどのプラットフォームにも他展開して効果測定を行ったが、amazonのロイヤリティオプションでKDP化してKindle UnlimitedとKDP セレクトのあわせ技で無料展開した方が、新規読者の獲得、売り上げの促進、販売機会の拡大にも繋がるからフリー戦略のメリットは大きい。デメリットとしてロイヤリティ契約を結ぶと他プラットフォームに電子書籍を出版できなくなるので各プラットフォームの属性と特性を理解して綿密に擦り合わせをしないと、かなりの機会損失にも繋がる。

田畑雄貴(はじめての三国志)

2017年も残すところあと数時間となりました。

今年は

「出版レーベルの立ち上げ」

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97/e/B072SLH3T6/ref=dp_byline_cont_ebooks_1


「商品グッズの開発からEC運用」
https://www.sangokushi.shop/

「三国志の武将のデータベース」
https://sangokushi-memories.com/

と様々なサービスを新たに立ち上げ、グッズの開発資金に回せたのも
VALUER様の支援のおかげでもございます。

来年からは、既存の固定概念を排除し新しい「三国志」を創造するメンバーを募集する
「はじめての九品官人法」をリリースします。

私達はそれぞれのパーソナリティを尊重し、
各々の「能力を惜しみなく共有し合う」ことで大きなプロジェクトに挑戦しています。

そしてメンバーが増えるにあたって、ナレッジマネジメントを導入し
価値ある三国志のコンテンツ制作を行い、
広範な専門知識が揃っているクリエイティブ集団が、
事業に関する知識(プロジェクト情報)を広く共有し、活用していただくために構築されたデータベースも構築し、ノウハウを惜しみなく一般公開する予定です。

2018年は組織拡大に伴い、様々なチャレンジが可能になることから、
その分、多くの失敗も経験するかと思います。

しかし、それこそが「はじめての三国志」の良さだと考えます。
とにかく多くの三国志に関するサービスをリリースし、ダメならすぐに撤退して、
次のサービスの開発にトライし、このスピード感が私たちにとって重要だと考えています。

来年は、多くのサービスをリリースすることから、ノウハウや体験談を
VALUERの皆様にも還元できるよう努力して参りますので、
来年も引き続きお力添えいただきますようお願いいたします。

それでは皆様、よいお年をお過ごしください。

はじめての三国志 田畑

田畑雄貴(はじめての三国志)さんが優待を追加しました。
【VAホルダー全員】はじめての三国志の公式グッズ(3980円相当)をプレゼント 当方のVAを購入したホルダー様に

『はじめての三国志ストア』 で実際に3980円で販売している
『スマホケース』をプレゼントさせていただきます。

【はじめての三国志ストア】
https://www.sangokushi.shop/

の中からお好きなスマホケースをお選びください。
対応機種がありますので、必ず確認願います。


ご希望の方は私のVALUコメント欄あるいは、
twitterのDMにて【VA特典希望】を
添えてメッセージお待ちしています。

※1人1回までの優待となります。
※当方の方からはお声かけをしませんので、
ご希望の方のみ【VA特典希望】とお知らせくださいませ。

保有者全員 2017/11/11~2017/12/11

田畑雄貴(はじめての三国志)

【近況報告】
一度落ち着いたと思いきや来年の組織編成に向けての組織体制の変更と
ここ1ヶ月走り回ってしました。VALUも1ヶ月も投稿できず
VALUERの皆様、ご心配おかけして申し訳ございません。

また4年ぶりにEC業界に戻ってきました。
はじめての三国志を母体として、
公式グッズが購入できる「オンラインストア」をオープンしました。

『はじめての三国志ストア』
https://www.sangokushi.shop/

当時はSEO集客がトレンドだったのが、
集客や販促方法も大きく変わりソーシャルCRMがメインになっているので困惑中。

急ピッチでこの遅れを取り戻すよう奮闘します。
それにしても当時は数十万するシステムが今では低価格で
手軽に利用できるのはありがたいです。

EC関連についても今後は不定期に共有をしていきます。

※写真は『はじめての三国志』で人気キャラ「郭嘉」のスマホケースです。
清楚なモデルを起用しました。

田畑雄貴(はじめての三国志)

育児・金融・法律面を取り扱っているブロガーも対象。
検索エンジンにてYMYLを取り扱うメディア媒体のSEOについて(2/2)

今後は、妊娠や育児、ペット関連といった「信頼性が必要な領域」の
メディア媒体は、適当な情報や裏付けのない情報を発信することにより
googleからの影響も受けるということになります。

結局、どんな情報を提供するにしても信頼性が重要になってくることは
変わりありません。

余談になりますが、、、、、
当媒体「はじめての三国志」では「歴史」を取り扱っています。
多くの日本人が知っている三国志は「三国志演義」です。
三国志演義は7割の史実、3割の演出で校正されているため
虚実もあり、逆に虚構が多くの三国志ファンを
「魅了する要素」となっています。

エンタメ歴史による「虚構」をgoogleはどのように判断していくのか。
事実に即した情報だけ提供する必要性が増している検索エンジンの流れに対して エンタメ歴史の評価はどうなるのか。
順位に変動あり次第、共有させていただきます。

参考URL
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/10/06/27067

田畑雄貴(はじめての三国志)

育児・金融・法律面を取り扱っているブロガーも対象。
検索エンジンにてYMYLを取り扱うメディア媒体のSEOについて(1/2)

先月からgoogleにて「お金・健康・安全・法律」といった
人生や身の回りに関する極めて重要なテーマ(YMYL)を取り扱っている
メディア媒体の評価アルゴリズムが大きく更新されたようです。

1回目の変動は2017年9月8日頃に健康・医療系が主な対象で、
2017年9月20日頃には、育児・金融・法律関係の
メディア媒体にも同様の影響が及んでいます。

いずれも、内容の信憑性などが各方面で問題視されたメディア媒体が中心で
googleの手動ペナルティではなくアルゴリズムの改善により、
信頼性が低いと思われるサイトの順位が下落した模様。

今までは、医療や健康系のみのテーマが中心的でしたが、
テーマのジャンルも広がり、お金や法律面にも対象が広がっています。

田畑雄貴(はじめての三国志)

優待が切れていたので新たに優待を2つ設定しました。

優待内容は、

【1VA】 あなたのブログやWebメディアを診断します

現役webディレクターが、あなたのブログやwebメディアの
「改善ポイント」や「読者目線」からみたフィードバックを行います。


【VAホルダー全員】メディア発信テクニックの共有

ブログやメディアを運営する上で、現役webディレクターが、
実際に走らせている施策や知識を、VA投稿限定で共有中。
(不定期更新)

(過去に共有したクローズド情報)

・webメディアに訪れる「読者の中休み」体験を収益化

・インタースティシャル広告とUX

・我々が行ったプラットフォーム別にコンテンツを掲載し成功した事例


合わせて1VA放出させていただきました。
素敵なVAホルダー様との出会い楽しみにしています。

田畑雄貴(はじめての三国志)さんが優待を追加しました。
【VAホルダー全員】メディア発信テクニックの共有 ブログやメディアを運営する上で、現役webディレクターが、
実際に走らせている施策や知識を、VA投稿限定で共有中。
(不定期更新)

(過去に共有したクローズド情報)

・webメディアに訪れる「読者の中休み」体験を収益化
・インタースティシャル広告とUX
・我々が行ったプラットフォーム別にコンテンツを掲載し成功した事例

保有者全員 2017/10/04~2018/05/31

田畑雄貴(はじめての三国志)さんが優待を追加しました。
【1VA】 あなたのブログやWebメディアを診断します 現役webディレクターが、あなたのブログやwebメディアの
「改善ポイント」や「読者目線」からみたフィードバックを行います。

※診断するメディアは1媒体になります。
※フィードバックまでに1週間前後の時間を要します。


VAホルダー様は、私のtwitterアカウントにDMか、
VALU内にURLを添えてコメントお願いします。

保有者全員 2017/10/04~2017/11/04

田畑雄貴(はじめての三国志)

【ブロガーやwebメディアは絶対意識しておくべき、読者の後ろにいるコミュニティ Vol.2】

パーソナライズされたインターネットの世界では、上記を意識するだけで、かなりの追い風になってくれます。

例えば、記事を届ける読者を「個人」として対象にするのではなく、
その「個人」の向こう側にいる友人や仲間、家族をひとかたまりの集団を対象にすれば、あなたのコンテンツが共有やオススメされる幅は格段に広がります。

さらに、この集団コミュニティというのは、固定的なものではなく、常にコミュニティは流動的に変わるので、個人の趣味や家族構成によってその都度変わっていきます。

もし「個人」が料理好きであれば、「この料理記事を●●と話題にしたい」「この記事であの人と議論したい」など「集団」にフォーカスすることによって、あなたのコンテンツが「個人」から共同体的な集団に侵みとおっていきます。

この小さな繰り返しを継続的に続けることによって、SEOだけによる集客以外やパーソナライズされた現象を打破できるコンテンツに変貌してくれます。

今日はこの辺で。
それでは、また。

田畑雄貴(はじめての三国志)

【ブロガーやwebメディアは絶対意識しておくべき、読者の後ろにいるコミュニティ Vol.1】


しばらく前のインターネット界隈での未来と言えば、「パーソナライズ」と言われていました。

パーソナライズとは、個々人の興味・関心・行動に合わせてサービスを最適化すること。

ネット利用者がパーソナライズされたコンテンツを受け取るプラットホームは、
基本的にfacebook、twitter、Youtubeが大半を締めています。


従来のパーソナライゼーションには、自分の好みの記事や動画ばかりが頻繁にオススメされるようになり、興味を持たない記事が目に入らなくなるという現象がついて回ります。


これは今後も続く現象であり、この現象の理解と対策を取らないと
あなたのコンテンツを読まれる機会は減っていきます。

■ 読者のコミュニティにリーチするコンテンツ作りが今後の鍵になる

今までのwebメディアのコンテンツ作りとして多いのが
「読者の疑問を解消できるか」「需要のあるキーワードからコンテンツ作り」

この2つを意識してコンテンツ作りをされているメディア運営者も多いかと思います。

もちろんこの手法によるコンテンツ制作に入る過程は間違ってはいませんが、今後は読者が「家族や恋人、友人、同僚などの仲間たちへのコミュニティへの共有」「議論したいと思うコンテンツ」をもっと意識しないと非常に危険です。

田畑雄貴(はじめての三国志)
VALUER 限定公開 VALUERになる
田畑雄貴(はじめての三国志)
VALUER 限定公開 VALUERになる
田畑雄貴(はじめての三国志)

【ブロガーやweb運営者にとって重要な収益化について】

ブロガーやwebメディアを運営している方にとって
収益化は必ず壁に突き当たる課題ではないでしょうか。

web運営者の収益源としては、
多用な収益ポイントがあるかと思いますが、
一般的なのがPV数に応じて収益がアップするAdSense。

インプレッション課金型、クリック課金型。
web上で商品やサービスを購入や成約すると
収益が発生する成果報酬型(アフィリエイト・プログラム)

他にはサロンや有料コンテンツなどありますが
上記2つが多くのメディア媒体の主な収益源だと思います。
(ネイティブ広告や記事広告を除く)

月間130万PV以上のアクセスがある『はじめての三国志』では
今月中旬から 「読者の中休みを収益化」 の施策を走らせています。

具体的にはコンテンツを消費してくれている読者や利用者に対して、
既存の広告枠を使わずに収益アップ、UXを損なわないよう、
当サイトから離脱時に表示(外部リンクに遷移する直前)
に対してアクションを起こすといった施策をしています。

100万PV規模の場合はアフィリエイトやAdSenseなどの広告収入以外にも
この施策のPDCAを適切に回せれば
4.9万〜8.4万ほどの月間収益がアップする予定です。

ちなみに、500万PV規模だと24.5万〜42万、
1,000万PV規模だと49万〜84万。

現在、実施中なので効果測定の結果や、具体的な手法については、
VA限定投稿や私の有料noteで共有予定です。

はじめての三国志
https://hajimete-sangokushi.com/