さかがみ
投資(株、ビットコイン)とサイト運営で生きている1989年生まれの個人投資家ブロガー。

ブログ「さかめも」を運営しています。
https://sakagami3.com/
現在開始7ヶ月で、毎月15万人くらい訪れるようになりました。
今年中に月間20万PV目指します!

石川県から上京して7年間 エンジニアとして大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのち「あれ、もう副業だけで食っていけるんじゃね?!」と独立。

社会の波に流されながらも自由に生きていきたい人です。
やじけん@非公認長野観光大使 30VA
かみき和希 20VA
サカソク@貴方のVALU宣伝します。 10VA
Kumoi Shuntaro 10VA
金 成雨 7VA
井手 剛 5VA
いときん 5VA
けだまトレーダー 5VA
Hiroyuki Yoneda 5VA
【VALUお休み中】わだゆうま@猫変態 3VA
くろっく 3VA
Toshiyuki Takasuka 2VA
吉藤オリィ(分身ロボットクリエーター) 2VA
ドイツ語話せるエンジニア@名古屋 1VA
前田晃 (WEB / ブロガー) 1VA
Kuranosuke Terasawa 1VA
masa 1VA
UK 1VA
竹村貴也@ビットコインで世界一周 1VA
@awow 水沼 たくや 1VA
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
ロボットやAIが普及した未来の姿について書きました!

これからなくなる仕事は? ロボットやAIが働く未来に何が待っているのか、ドラえもんが親切に教えてくれるそうです
https://sakagami3.com/entry/2017/12/14/155843
これからなくなる仕事は? ロボットやAIが働く未来に何が待っているのか、ドラえもんが親切に教えてくれるそうです

休日の朝からショッピングモール「イオン」に出かけていた のび太くん。最近の身の回りのITの進歩にこれからの仕事や将来が不安になってしまったようです。 これは、あの国民的キャラクター ドラえもんとのび太くんが、ロボットやAIが実用化された未来には何が待っているのかを考えているお話。 ロボットやAIによってなくなる仕事とは? のび「ドラえもおおぉぉぉぉぉん!!!!!」 ドラ「なんだい

さかめも
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
過去が変えられたら、未来が予知できたら、悩みなんてなくなる。
だけどそれは絶対ムリなことで、それにも関わらずなぜかできないことにいつまでも悩んでしまう。
悩みを減らしていくには知識と経験と信頼を貯めるのが手っ取り早い。
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
当たり前のことを堂々とブログに書く。
知ってる人は当たり前のことでも、ほとんどの人が初心者だから、その道のプロになって自信を持ってどんどん発信すればいい。
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
「お金を稼ぐ人は悪魔」みたいな偏見を持ってる人は、お金が人生を決めると信じてお金の奴隷になっているだけなのかもね。
「お金はただの手段であって、たくさん持っていても偉くもなんともない」ってお金持ちの人が言ってた。
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
「もっとうまくできるようになってから」、「これが達成できてからやろう」って言ってるときがだいたい絶頂。
そのタイミングを逃すとどうせやる気がなくなってるので、けっきょく思い立ったときにやっておくのが心理的コスパ最強。
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
この漫画がおもしろかったので書きました。

山登り系グルメ漫画「山と食欲と私」がすごい! 登山したくなる。アウトドア飯が食いたくなる。
https://sakagami3.com/entry/2017/12/10/130319
山登り系グルメ漫画「山と食欲と私」がすごい! 登山したくなる。アウトドア飯が食いたくなる。

また、面白い漫画を発見してしまいました。 登山とグルメを合体した漫画「山と食欲と私」。 もともとグルメ漫画が好きでよく読んでるのですが、これも面白い! 山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS) posted with カエレバ 信濃川 日出雄 新潮社 2016-04-09 Amazonで購入 楽天市場で購入 こういうアウトドアの飯ってまた一段と美味しそうに見えるんですよね(

さかめも
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
書きました。

友達が死ぬ夢
https://sakagami3.com/entry/2017/12/09/110110
友達が死ぬ夢

悲しい夢を見た。 それは昔から仲の良かった親友が、バイクで事故を起こして倒れている夢だ。 あたりは真っ暗。その友人はもうろうとする意識の中で助けを呼んでいるが、周りには誰もいない。 しだいに体力がなくなり、意識が遠のいていく…… ----- 目が覚めるとそこは寮の2段ベッドの上だった。 うつぶせになっていた体を起こすと、その下のまくらが少し湿っていることに気がついた。 昨日、泣き

さかめも
さかがみさんがアクティビティを更新しました。
目立つと必ず邪魔する人が出てくるけど、そんなの気にしなくて大丈夫。
そのまま手が届かないくらいダントツに引き離そう。