フリーライターをしています。1969年栃木県那須町生まれ。東洋大大学院文学研究科教育学専攻博士前期過程修了。教育学修士。主な取材分野は、若者の自殺、自傷、援助交際、家出、生きづらさ、ネット・コミュニケーション、教育、福祉、心理学、いじめ、少年事件、ネット事件、裁判傍聴、医療裁判、戦争体験、戦争遺跡などです。東日本大震災以後は、東北沿岸部の被災地の取材、原発事故の被災地、原発避難いじめも取材しています。背景の写真は、2012年の春に撮影した、福島県富岡町の夜ノ森駅付近の桜並木です。ここは原発事故で立ち入り禁止になっていましたが、この撮影日はメディア向けに取材が許可されたときのものです。

著書には、「命を救えなかった」(第三書館)、「絆って言うな!」(皓星社)、「自殺を防ぐいくつかの手がかり」(河出書房新社)、「解決!学校クレーム」(河出書房新社)、「実録・闇サイト事件簿」(幻冬舎新書)、「学校裏サイト」(晋遊舎新書)、「ウェブ恋愛」(ちくま新書)、「明日、自殺しませんか?」(幻冬舎文庫)

【資金調達の目的は.....】
 フリーランスであるがゆえに、取材資金が慢性的に不足しています。そのための経費を確保するためです。
 もちろん、発表媒体が決まっている取材にはメディアによっては経費がでることがあります。しかし、発表媒体が決まってない場合、または、メディアによっては経費がでない場合もあります。特に、基礎的な取材にはほとんと出ません。
 また、生きづらさをテーマにしていることもあるため、取材とは直接関係ない相談をしたり、支援先につなぐことがあります。そのために遠方に出向くことがあります。

文春オンラインでの記事は
http://bunshun.jp/search/author/%E6%B8%8B%E4%BA%95%20%E5%93%B2%E4%B9%9F


週刊女性の記事は
http://www.jprime.jp/search?fulltext=%E6%B8%8B%E4%BA%95%E5%93%B2%E4%B9%9F


BLIGOSでの記事は
http://blogos.com/blogger/shibutetu/article/

Manifesto
Posted Activities