キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
坂本親一
僕は20歳から7年ぐらいイギリスにいて音楽活動をしていたんですけど、向こうの音楽シーンは日本とはちょっと違うな〜と感じていました。音楽が生活の一部になってるんですよね。 まるで仕事終わりに上司や同僚と居酒屋にいくような感じで、踊りにいこうか、みたいな。 都心部だけじゃなく住宅地でもおもしろいことをやってるし、家の近くでも何かしら不思議なことが毎日、起きている。 もちろん日本だってどこにでもカラオケがあるし音楽は生活の一部になってます。外国からの友達が日本に遊びにくるたびに駅前に必ずカラオケボックスがあるのを見てみんな驚きます。 でも僕はテクノやハウス、ジャズやファンクやソウルやダブといった音楽が好きなのでロンドンの音楽シーンをとても羨ましく思いました。仕事が終わった後に 「クラブ行こうよ」 と誘われる環境がほんとにいいなあと思いました。クラブだけじゃなくて、パブでもライブやDJをやってるし、「飲みに行く」=「音楽を楽しむ」みたいな感じで。若者からお年寄りまでイギリス人からジャマイカ人からインド人から中国人から日本人まで年齢も人種も関係なく、みんなが自由に踊ってるロンドンの音楽シーンがとても羨ましかったし、これを日本に持って帰りたいなと思ってました。 それでロンドンでやってたbudspackersを東京でもそのまま続けていて三軒茶屋のORBITというDJバーで7年、80回以上やっています。毎回ゲストライブをやってくれるミュージシャンを探すのも大変だし、ゲストDJも呼んでるのでメンバー総動員で企画してます。朗読会やベリーダンス、オイリュトミーみたいな舞踏なんかもやる何でもありのパーティーです。 ロンドンは小さなことをやってる人たちがたくさん集まって大きなシーンをつくってるんですよね。 僕たちがやってることはお金になるようなことじゃないかもしれないけれど、せっかくVALUみたいな現代的な遊びもでてきたんで、そういう人たちも絡ませながら東京の音楽シーンの一部になれればいいなと思ってます。 イタリアのレーベルから曲をリリースしてます(https://www.beatport.com/release/black-stone/1249434)
普段はは精神科で看護助手しながらおじいちゃんおばあちゃんと遊んでます。趣味は古地図とグーグルマップでおもしろい俯瞰地図を見つけることと熊本の都市計画を考えることです。
See More
VALUを売買する
TAKIZAWA SAYSHOW 10VA
上田航大 5VA
Shinji Iwami 3VA
黒描 3VA
かとうともき@くつろぐ小さな経済圏 2VA
神尾 武司 2VA
コジマコージ@宣伝会議賞 挑戦中! 2VA
Rokuplus 2VA
中村修治@カエサルお寿司を奢るぜ!!! 2VA
荒井 智典@サウンドクリエーター 1VA
石橋 一平 1VA
タカギタイキチロウ∞インコ編集長 1VA
Chie Iwashita 1VA
Yu Hasegawa 1VA
そんぷ~@香港 1VA
がね@心理系職員 1VA
ぱをら瑞恵|メンタル人体実験 存在=職業 1VA
Yuki Hasegawa 1VA
踊るミエ@平成生まれのレトロオンナ 1VA
ヒマナイヌ川井 1VA
坂本親一

夜勤休憩中。今日のGoogle Mapはニュージャージー(ニューヨーク)のニューアーク港です。ずらっと並んだコンテナは圧巻ですね。100年前は小さな港だったんですが第一次世界大戦を機に貿易量が増えてきて、途中世界でいちばん取扱量の多い港になるんですが、今は世界40位みたいです。ちなみに世界の港の取扱貨物量ランキングを見てみると

2000年

1.シンガポール
2.ロッテルダム
3.サウスルイジアナ
4.上海
5.香港
6.千葉
7.ヒューストン
8.名古屋
9.蔚山(ウルサン・韓国)
10.光陽(クァンヤン・韓国)
15.横浜
16.高雄(台湾・熊本の姉妹都市)
22.大阪
24.北九州
28.神戸

2015年

1.上海
2.シンガポール
3.青島
4.広州
5.ロッテルダム
6.ポートヘッドランド(オーストラリア)
7.寧波(ニンボウ・中国)
8.天津
9.釜山
10.大連
19.名古屋
24.千葉
35.横浜
40.北九州

と、最近は中国の台頭が目立ちます。日本はやっぱり名古屋が強いですね。というかTOYOTAが強いんでしょうね。ちなみにコンテナの世界は奥が深くておもしろいです。インターネットと同じくらいコンテナの発明は革命的で世界の在り方を変えてしまいました。

坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はKool & The GangのWinter Sadnessです。

https://youtu.be/F_VzU5D-734

去年の夏Kool & The GangのSummer Madnessという曲を紹介したのですが、それの冬バージョンです。初めてSummer Madnessのほうを聞いたときはエレピ、ギター、シンセ、ベース、ドラムとシンプルながらも聞いただけではどんな楽器編成なのか理解できなくてその楽器の組み合わせを魔法や宇宙のように感じました。そして友達にそのレコードを聞かされたあとみんなそのレコードを血眼になって探したました。当時はインターネットというものがなかったので、新譜の情報は雑誌とかで得られるんだけど、古いマイナーな情報をピンポイントで仕入れるにはストリートの噂だけがすべてでした。そして噂でSummer Madnessの冬バージョンがあることを知ります。でも探してもなかなか見つかりません。10年後ぐらいに復刻のレコードが出て本当にあったんだとやっと確認することができて買ったわけですけど、今となってはyoutubeで誰でもいつでも聞けるし、ebayやdiscogsで検索すれば世界のどこかでオリジナルを売ってるのがすぐ見つかります。便利な世の中になった反面、希少性は希薄になりました。音楽を聴くことは宝探しゲームの要素が深く関わってた時代があったのですが、昔貴重だった水が今は水道の蛇口からジャブジャブ出てくるのと同じように、音楽や情報も求めるものではなく、ネットの回線からジャブジャブでてくるようになりました。今求めてもなかなか得られないものと言ったらお金なんでしょうけど、いずれ何かからジャブジャブ出てくるんでしょうね。最初仮想通貨がそういう感じになるのかなと思ってたけど、どうなんだろ。

さて、今日は夜勤なので午前中はゆっくりしとこうと思います。それでは本日もよろしくどーぞ!

Kool And The Gang - Winter Sadness

Winter Sadness by Kool And The Gang

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はフレイミングリップスのYoshimi battles the pink robotsです。

https://youtu.be/AzlMeTxVdH8

タイトルがおもしろい曲ですね。Yoshimi battles the pink robots(よしみがピンクロボットと戦う)で歌詞も、彼女の名前はよしみ、空手の黒帯の持ち主だ、彼女は街のために働いてる、って曲調から歌詞までまるで昭和のアニメのエンディングテーマみたいでなかなか引き込まれます。僕の母親の名前がよしみなのでタイトルだけで気に入ったんですけど、いちど聞いたら忘れられない印象的な曲です。聞きやすいコード感やメロディとは裏腹に音自体は実験的で空間を感じるロックです。

それでは本日もよろしくどーぞ!

the flaming lips yoshimi battles the pink robots part 1

rate&comment

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はコーネリアスの いつか/どこか です。

https://youtu.be/4f_Bl9hpIDw

この動画を見てみると小山田圭吾と小沢健二が昔一緒にやってたなんて信じられないですね。方向性が全然違う。昨日紹介した小沢健二の曲は消費がどうとかものすごくメッセージ性が強くて文学的でフォークソング的なんですけど、小山田圭吾はポエム的で、音も実験性に富んでいます。なんとなくイメージとしては小沢健二がジョンレノンで小山田圭吾がポールマッカートニーになるのかな。しかしこの動画を見てみたらいっかいぐらいライブを観に行きたいですね。

それでは本日もよろしくどーぞ!

Cornelius 『いつか / どこか』 Sometime / Someplace (Live)

07/12/17 Live @ Liquid Room Ebisu, Tokyo Japan. Sometime/Someplace Mellow Waves North American Tour Begins 3/3 - corneliusjapan.com/tour1 Sayonara Sayonara B...

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲は小沢健二のアルペジオです。

https://youtu.be/mnnVXeQLvmU

昨日渋谷のイベントに行く前に映画を観てきたのですが、93〜94年にキューティーというファッション雑誌に連載されていたリバーズエッジという漫画を実写化したもので、主役が二階堂ふみ、主題歌が小沢健二のこの曲でした。この漫画は90年代に青春を送ってきた人たちのあいだでは絶大な人気があって、みんな実写化されるのにちゃんと表現できるのか少し不安があったのだけど、映画の背景の写しかたや色合いなんかがフランス映画みたいな感じで、しかも監督や出演者の原作に対するリスペクトがはっきり分かるくらいうまく表現されていて気が付いたら映画の世界に入ってました。暴力、セックス、ドラッグ、売春、ゲイ。90年代の退廃的な若者の空虚さをこれほどうまく描き出した漫画はそうそうなくて、昨日この映画を観終わったあとに渋谷を歩いていると久しぶりに、自分は東京に住んでるんだな〜という実感が湧きました。監督は世界の中心で愛を叫ぶの行定勲です。ベルリン映画祭オープニング作品。ちなみに行定勲は熊本出身で、熊本のPR映画や、復興の映画も作ってます。

それでは本日もよろしくどーぞ!

小沢健二「アルペジオ」(きっと魔法のトンネルの先)

2018(H30)。2/14リリース「映画/リバースエッジ主題歌」 チャンネル登録お待ちしてます(๑•̀ㅂ•́)و✧ https://www.youtube.com/user/fuunee0602 Twitter→https://twitter.com/fuu_nee0606?s=09

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はGEORGE DUKEのBrazilian Love Affairです。

https://youtu.be/tYNEbdvBXlc

ジョージデュークはカリフォルニア出身のキーボーディストで、子供のときに教会でブラックミュージックの洗礼を受けたのと、デュークエリントンのコンサートでピアノに憧れ7歳のときよりピアノの教育を受けています。この曲はブラジルのリズムを使ったディスコビートで、サビの部分のコーラスがいちど聞いたら忘れられないほど印象的です。

しかしブラジルと言えば、先月ブラジルに送ったレコードがまだ届いていないと昨日連絡があり、リファンドの請求があってわりと面倒臭いです。どう考えてもなくしたのは向こうの郵便局のはずなのに、こっちが損をしてしまいます。ちなみにブラジルでなくされたのは初めてなんですが、今までイタリアで2回、マケドニアで2回なくされてます。この3ヵ国は郵便料金上積みして書留で送りたいとこなんですが、どうしようかな。しかし途中でレコードを奪った郵便局員は今ごろレコードを楽しんでることでしょうね。

今日は熊本の友達が渋谷でテクノのイベントをやってるので観に行ってみようかなと思います。それでは本日もよろしくどーぞ!

George Duke - Brazilian Love Affair

Track From 1979.. :p

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はSHUYA OKINOのStill In Loveです。

https://youtu.be/oEqFTiHygrQ

SHUYA OKINOさんは京都ジャズマッシブという兄弟ユニットのDJで、これをリミックスしているのがロンドンのNIK WESTONという日本とイギリスの架け橋的なジャズのDJです。ストリングスとハープの弦のかけ合わせが美しくてなんとなく70年代の映画のサントラとかに使われてそうですね。ちなみにロンドンに住んでるときにNIKの結婚式に招待していただいて、お客さんが有名人ばかりで恐縮した思い出があります。

さて、今日は下北でDJしてきます。ワールドミュージックのイベントです。それでは本日もよろしくどーぞ!

Shuya Okino - Still In Love Exclusive Nik Weston & Rudy's Midnight Machine Epic Strings version

YouTube
坂本親一

今日のゲストDJのプロフィールです。

■ Akira Furusawa
電気グルーヴなどのエンジニアを務める渡部高士がサウンドプロデューサーを務めるLOWBORN SOUNDSYSYTEM所属。
作曲の幅は打ち込み系のクラブミュージック〜ハードコアパンクに留まらず、クラシックや現代音楽まで幅広い。
室内楽においては自作曲が国内外で演奏され、自身のソロ演奏に関してはマルチチャンネルによる立体音響での演奏を中心に行なっている。
日本リズム協会の理事も務めている。

坂本親一

皆さんおはようございます。いま夜勤終わりました。夜勤はいつも看護師ふたりプラス坂本で入るのですが、昨日はバレンタインなのに神のいたずらでしょうか、坂本が苦手な女子にぶち当たってしまいました。それともいつも好き勝手に仕事をしてるんでバチが当たったのでしょうか。

そもそもなぜ坂本がその女子を苦手かと言うと、坂本が患者にゼリーをあげようと思って台に置いといたらその子が勝手に坂本のゼリーを別の患者に食べさせてたんですよね。それで「それ○○さんのゼリーだぜ」って言ったら急に顔が真っ青になって「紛らわしいところに置かないでください!」つって逆ギレされました笑 なので今日は逆ギレされないように細心の注意と圧倒的な集中力を持続させて仕事を乗り切ったしだいです。

あともうひとりの看護師は最近よく英語の参考書を持ってきてたんで坂本が英語を教えてやってたんですが、昨日いきなり「坂本さんお世話になりました。3月で辞めることになりました」って言いだして、「あ、辞めるんだ。次はどこの病院行くの?」って訊いたら慶応の大学院に合格したんで勉強してきますって言っててびっくりしました。仮にも大学院を受験しようとする者が大学にも行ったことない坂本に勉強を訊いてきていいのでしょうか。坂本の中学高校のときの生活を知らないのではないでしょうか。家の勉強机に座ったことは合計で3分ぐらいしかないのに(机は物置だった)どうやったら人に勉強を教えれる身分になれましょうか。たまたま分かる問題だったから良かったけど、選ぶ人を絶対間違ってます。

さて、今日のオススメの一曲は今日は曲じゃなくて、さっき南アフリカの大統領が辞任するとニュースをやってたので南アフリカのヨハネスブルグの音楽シーンのドキュメントをお送りします。いま世界でいちばん大きなハウスシーンが南アフリカなんですよね。実際僕も南アフリカに行ったときにお店だろうとタクシーだろうとどこでもハウスやテクノばっかり流れてるんですごい流行ってるなーと思ってたら帰国してこの動画を発見してなるほどと合点がいったわけです。

https://youtu.be/Ykt2f6o7-e8

いまアメリカやヨーロッパや日本はシーンが成熟しちゃって落ち着いてるんですよね。でも南アフリカは今が盛り上がってきてるんで高揚感が違います。ポジティブなムードに包まれてそこらへんの自己啓発の本を読むよりもよっぽど啓発されます。それぐらい意味のある動画です。これを知ってるのと知らないのとじゃ世界の認識が変わります。20分でぜひ啓発されちゃってください。

それと今日の夜は坂本のオーガナイズするパーティー、budspackersがあります。それまで家でちょこっと寝ようかなと思ってます。

それでは本日もよろしくどーぞ!

Real Scenes: Johannesburg

RA tells the remarkable story of the South African city's thriving house scene. South Africans are the biggest consumers of house music in the world, and Joh...

YouTube
坂本親一

ただいま夜勤休憩中。さて、今日のGoogle Mapはナミビア大西洋側に位置するナミブ砂漠。北はアンゴラとの国境付近から南は南アフリカ共和国北端にまで及ぶ。南北は1,288km、東西は幅48kmから161km。面積は約50,000km²にわたる。約8000万年前に生まれた世界で最も古い砂漠と考えられている。写真は雨季になると東のほうから水が流れてきて大きな川になる。

坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はthe precious lo'sのnight ridingです。

https://youtu.be/acmWgYfsMRk

the precious lo'sはカナダのユニットで、音的にはアメリカ西海岸っぽいエレクトロなディスコサウンドで、ボーカルも気持ちいいネオソウルです。この曲は初めて聞いても懐かしいと感じるような印象的な雰囲気を持ってます。まだレコードは出てなくてCDしか出ていないのですがユニオンの店員に訊いたらレコードをリリースするかどうかはなんのアナウンスもないって言われました。なのでCDを買おうかどうか迷ってます笑 CD買ってすぐにレコード出たら損した気分になるし、でもレコードが結局出なくてCDも売り切れて買えなかったら嫌だし。さあどうしよくなぶつぶつ。

さて、今日は夜勤なので午前中は家でゆっくりしようと思います。

それでは本日もよろしくどーぞ!

The Precious Lo's & Tyler Smith - Night Ridin'

The Precious Lo's & Tyler Smith - Night Ridin’ EP FREE DL: https://soundcloud.com/the-precious-los/sets/the-precious-los-tyler-smith-1 It was a match made in...

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はKendric LamerのKing Kuntaです。

https://youtu.be/hRK7PVJFbS8

アメリカ西海岸のラッパーで音響にもものすごくこだわってるヒップホップです。これはファーストアルバムに収録されてる曲なんですけど、初めてこの曲を聴いたときはほんとぶっ飛びました。右から左からいろんな細かい音が次から次に出てくるんですよ。かなり空間を意識したアルバムです。この曲は後半にギターの音がでてくるんですがその質感もかっこいいです。そのときにwe want funk!と叫ぶ女性コーラスもめちゃくちゃかっこいいです。

それでは本日もよろしくどーぞ!

Kendrick Lamar - King Kunta

To Pimp A Butterfly album out now iTunes: http://smarturl.it/ToPimpAButterfly Target: http://smarturl.it/ToPimpAButterflyTG Google Play: http://smarturl.it/T...

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲は、一曲じゃないんですけどFloating Pointsのライブ映像です。

https://youtu.be/yYqu5NdFMf8

フローティングポインツはマンチェスター出身、ロンドン育ちのDJで、レアなレコードの収集家としても有名です。前はUCL(ロンドン大学)で神経科学の研究の傍ら音楽活動をやっているイメージだったのですが、最近の情報を見るともう博士号を取っているみたいですね。音楽もその研究好きの気質が現れているみたいで機材なんかもたくさん持ってます。音の実験を繰り返しながら曲ができていく感じでなのかな。かっこいいですね。このライブの映像もすごいかっこよくて、キーボードを弾いてるのがフローティングポインツです。ドラムはレディオヘッドのジョニーグリーンウッドのソロでも叩いてるドラマーで、ギターは日本人です。この人のリリースするレコードはエレクトロニカやテクノっぽい感じで、DJのときのレコードはソウルやジャズファンクみたいなレアグルーヴをよく流す人なんですが、このバンドはどっちかというとピンクフロイドみたいな感じですね。実験的なロックという感じです。ちなみにこの人のエピソードとしては、ロンドンにジャイルズピーターソンというレコード収集家の鬼みたいな人がいるんですけど、João Donatoの「Amizonas」という7インチのレコードをフローティングポインツは持ってたけど、ジャイルズがそれを持ってなかったそうで、どうしても譲ってもらいたかったから光岡のビュートというジャガーに似た日本車と交換したそうです。レコード1枚のために車をあげるジャイルズもジャイルズですねw

それでは本日もよろしくどーぞ!

Floating Points - Full Performance (Live on KEXP)

http://KEXP.ORG presents Floating Points performing live in the KEXP studio. Recorded May 3, 2016. Songs: Silhouettes Argente Kuiper Host: Larry Rose Audio E...

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。今日のオススメの一曲はKerri ChandlerのAtmospheric beatsです。

https://youtu.be/dGFMMfn-IvQ

ケリーチャンドラーの93年の名曲です。浮遊感のあるシンセのコードにサンプリングされたサックスの音色がさらに宇宙を感じさせます。僕がロンドンにいた90年代は毎週末クラブに遊びに行ってこういう音で踊って日曜の朝になったらクラブ帰りに公園に行ったりマーケットに行ったりして遊んでました。そういう一連の流れがセットになってて公園とか言っても芝生の上でゴロゴロするくらいなんですけど、それでも毎週楽しみでしょうがなかったです。最近は眠いとかきついとか寒いとかいろんな理由でだんだん遊ばなくなってきたけど、青春って眠いとかきついとか寒いって言葉よりも楽しいって言葉が優先されるんですよね。なんも関係ない。とにかく楽しければいい。もう若いときのような元気はないけど、年を取ってものごとを理解する能力はついたような気がするので、失ったものを嘆くより、得たものに感謝して生きていきたいなと思います。

それでは本日もよろしくどーぞ!

Kerri Chandler - Atmospheric Beats (Original Extented Version)

Genre "Deep House" Released 2000 Mixed By J. Sydenham, K. Chandler Producer Kerri Chandler Recorded and mixed at The Kryptic Bass Monster Studio, New Jersey....

YouTube
坂本親一

皆さんおはようございます。いま夜勤終わりました。さて、今日のオススメの一曲はDigital JusticeのIt's all gone pear shapedです。

https://youtu.be/cCVpzLj8XuQ

It's all gone pear shapedは全て台無しになったという意味で、それを表現するようにとても暗い曲なんですが、僕は夜勤が終わったときにこういう曲を聴くのが大好きです。別に夜勤で失敗したとかじゃないんだけど、というか仕事はほとんど自分の好きなように楽しくやってるのですが、こういう悲しい曲を聴くとシュッと身が引き締まる思いになるんですよね。そしてまた次に繋げようと元気になってくる。でもまあ科学的に言っても悲しい音楽を聴くと想像力を強化し、感情を安定させ、感情移入や共感の度合いをより強くすることが証明されているので悲しい曲を聴いて元気になるのは当たり前のことなんですけどね。しかもこの曲は同じリフやコードが延々と続いて特に構成という構成がないんだけど、とにかくかっこいいです。これぞテクノ オブ テクノですね。機械を演奏してるっていう感じ。ビートはなくてずっとシンセの音の質感の変化で構成を作っていってます。空間に包み込まれるようです。もうほとんど映画のサントラですね。いろんな情景が目に浮かびます。

それでは本日もよろしくどーぞ!

Digital Justice - Theme From It's All Gone Pear Shaped (1994)

Another ambient-trance classic from 1994. Digital Justice - It's All Gone Pear Shaped / Robs Records

YouTube