キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

Shinichiro Kinjo


現在値 0.002250BTC
時価総額 2.250000BTC
発行VA数 1000VA
1987年沖縄県糸満市生まれ。webマーケティングを専門領域とし2011年からフリーランスとしてNHKなどを相手にソーシャルメディア運用、コンテンツ企画、イベント等のサポートを行なう。

2013年に起ち上げ間もないBASEに入社し、マーケターとしてオンライン/オフライン施策問わず様々な取り組みを行いBASEの成長を担い25万ユーザー獲得に貢献し、アプリのマーケティング等も担当。

2016年に独立し、沖縄におけるデジタルマーケティングエージェンシーとしてオキナワアイオー株式会社を設立。

沖縄ファミリーマート、PMエージェンシー、au沖縄セルラー、オリオンビールなど県内企業のマーケティング活動をサポートする傍ら、10月に初の著書「チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来( http://amzn.to/2ugvush )」をソーテック社より出版し、総務省技術戦略委員会におけるプレゼンターを務めるなどチャットボットを軸とした東京での事業展開も進めている。

ブログ:
http://www.shinkinjo.com/

okinawa.io:
http://okinawa.io/
Shinichiro Kinjo

LINEのAIスピーカー「WAVE」についてのレビュー

そういえばこの前、やっとWAVEが届きましたので簡単にレビューを。

予想はしていたのですが、正直まだまだ微妙すぎますね(笑)。あまりこういうネガティブなアウトプットはしないよう心がけているのですが、改善して欲しいポイントを簡単にw

●声に反応しない
「クローバー」と呼びかけないと、指示を出せないのですが5回中1回くらいしか反応せずまぁまぁストレスですw(距離が遠いとか声が小さいとかではなく、まだ反応が悪いようです)

●連続した音声指示が出せない
一つの指示ごとに「クローバー」と言う必要があるので、大変ですw

●反応が遅い
指示を出して、返事がくるのに3〜5秒くらいかかります。体験したらわかりますが、天気や時間を聞いてこの待機時間だと、途中で「何やっているんだろう、俺」と虚しくなります。音楽かけてと言って、この時間待って流れてくるのが高頻度で西野カナという...

●音楽がLINE MUSICなので選曲が鬼微妙
聞きたいアーティストの名前を伝えてもほぼ反応してくれないですね。J-POP中心で洋楽ですとジャスティン・ビーバーとかばかり流れてきますw もはやBluetoothでPCからSpotifyながしてますw

●LINE MUSICのクーポン入力でストレスw
鳴海さんのこの記事と同じ現象がおきました。
https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/line-wave?utm_term=.oy9mzBEx4#.axELDryb1


全くもって同じ感想ですね... 今後のアップデートに期待ですがこれで1万はきついなと言う感じですw 

アップデート前にAmazonEchoきたらどうするんだろうw

唯一よかった点は、目覚ましに使ったアラートの音がいいですね。大きな声で何度も「クローバー」と呼びかけても反応してくれないので、二度寝せずに目覚めることができました笑

Shinichiro Kinjo

決済、資産運用、ローン、信用評価など、フィンテックド真ん中を行くアント フィナンシャル

中国に遊びに行ってからというもの、中国のIT事情にハマりまくっている金城です(笑)。

その中でもやっぱりアリペイを運用するアント フィナンシャルは桁違いだな〜と思う点が色々とあるのでご紹介。

世界でもここまで「ザ・フィンテック企業」と呼べる企業はないのではないでしょうか。一時、ゴールドマン・サックスを超える時価総額まで達するところまでいっていたのが、アリババの傘下で設立からまだ14年ほどのアントフィナンシャルです(※今年に入りオフライン決済においてはWeChatPayにおされてしまい、ほぼ独占だったのが今はシェアトップを奪われたようですが…)。


中国では5.2億人以上のアクティブユーザーを有し、世界26カ国で利用が可能なアリペイを筆頭に、様々な金融サービスを手がけています。

今回はそのアントフィナンシャルによる展開サービスを一挙にご紹介。続きはこちらからどうぞ!→ https://note.mu/shinkinjo/n/n76dbec4885c0

Shinichiro Kinjo

【ハイプ・サイクル2017】毎年恒例のガートナー社によるハイプ・サイクルが発表されました。テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用率をグラフィカルに表示したものです。

あらゆるテクノロジーは以下の5つのフェーズを得て、一部受け入れられるものだけが、安定期へと駒を進めます。

1.黎明期
2.流行期
3.幻滅期
4.回復期
5.安定期

例えば2009年のハイプ・サイクルの流行期では以下のようなものが
ありました。

・クラウドコンピューティング
・インターネットTV
・ワイヤレスパワー
・3Dプリンティング
・マイクロブロギング

今では当たり前になっているものが上げられますよね(ワイヤレスパワーは除く)。世の中を騒がしているテクノロジーのトレンドが今、どんな状況下にあるのかを視覚的に表しているグラフとなり、ここでのトレンドを抑えておくことは、未来の流れを読むことにも繋がると言えます。

そこで今回は黎明期にあるいくつかのテクノロジーの中から気になった3つを簡単にご紹介したいと思います。

続きはこちら→ https://note.mu/shinkinjo/n/n0892d72babd8

Shinichiro Kinjo

先日、上海に行ってきた際のレポート記事を書きました!その中から数字周りの部分だけ抜粋してご紹介… 記事内ではどのように中国サービスを使っていくのかを具体的に紹介しています。

http://okinawa.io/blog/tech/china-app

中国ではAlipay(アリペイ)、そしてテンセントのWeChatを軸として様々なサービスが人々の生活に深く浸透しており、日本よりも圧倒的にインターネットの利便性を人々は享受していると言えます。

そのモバイル決済利用率は日本6%米国5.3%に対して、中国では98.3%と驚異的な浸透率であり、その決済総額はなんと年間600兆円!これは約5兆円である日本の100倍以上の規模になっています。

様々なサービスのポータルアプリとなっているAlipayは、コミュニケーションを中心としたWeChatに比べて、利息がでる預金機能ユエバオや話題の信用残高を可視化するジーマ信用など金融サービスの幅が広いのが特徴的でした(これらサービスはアリババ傘下でありAlipay運営会社のアントフィナンシャルによるサービス展開です)。

ちなみにオフライン決済はコミュニケーションを抑えているWeChatPayのシェアが高く、オンライン決済は阿里巴巴、淘宝網、天猫などもっているAlipayのシェアが高いそうです。サービススタートが10年も違い(Alipayは2004年、WeChatPayは2014年)、2,3年前までオフライン決済もほぼAlipayが独占していたのに今ではWeChatがその座を逆転させるという凄まじい展開です。

スマホ×コミュニケーションの勢いから決済まで拡張できたベストケースですね。

一方2004年12月にスタートしたAlipay(現アントフィナンシャル)も今ではゴールドマン・サックスの時価総額を超えるなどのニュースがでるほどの規模感になっているというスケールのでかさです。。 あらためて中国、ハンパない!

Shinichiro Kinjo

Amazing⚡️Shanghai🇨🇳

スケールの大きさに圧倒されただけじゃなく、人の多さやエネルギー、そして生活の中にデジタルが浸透しまくっている環境にめちゃくちゃ刺激受けました🇨🇳


スマホだけで速攻で決済できるAlipayは便利すぎたし、街中にバイクシェアサービスのmonikeやofoがあってみんなめっっちゃ乗ってるし(本当みんな乗ってる)、Didiタクシーは観光客にとっても便利過ぎだし(もはやこれなしでの移動はできない)、夜中でも10分で作りたてのお粥を配達してくれたelemeは神ってるし、本当勢い感じました🙏🏼


中国とヨーロッパの歴史がハイブリッドされた街並みもとても綺麗だったし、また行きたいな〜と思える奥深すぎる場所🇨🇳


Google、Facebook、Instagram、Twitter、LINEも使えないけど、また行きたすぎる!今週中にブログにまとめてまたアップしたいと思います。

Shinichiro Kinjo

昨晩から上海に来ていますがいますが、街を歩いていて感じるのがmobikeとofoの多さ!

mobike,ofoというのは乗り捨て自転車サービスで、街中の至る所に大量の自転車が置いてあります。※mobikeは赤、ofoは黄色ですね。

地元の人は移動する時はその自転車を使うのですが、面白いのが乗り捨てスタイルなんです。好きな場所で自転車を置いていっていいという圧倒的な体験価値を出すサービスでここ1、2年で急速に普及しています。

本当にめちゃくちゃ多くの人がこれに乗って移動しているのに驚きました。

しかしそれを使うにはwechat、またはAlipayの決済が必要でして(それこそ決済機能の箇所にデフォルトでmobikeボタンがあるくらい連携されてます、didiなど他のサービスも) 、それを使うためには銀行口座が必要とのことで今中国の銀行にキャッシュカードを作りに来ています。ちょうど銀行で待っている時にこれを書いてますw

キャッシュレス経済が成り立っている中国の生活をもう少し深く体験してみたいと思います。

Shinichiro Kinjo

昔からロールモデルとしてリスペクトしている高城剛がめちゃくちゃ面白い試みをやっていたのでご紹介します。

SOUND MEDITATIONというプロジェクトですが、ぜひ動画でご覧になってみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=XUTxhZOioGE

ヨガよりも深く自分と向き合えそうでとても気持ちよさそうですね。以下YouTubeの概要より引用です。一度体験してみたいな〜

===========

ヨガやスーパーフードに続き、注目を集めるマインドフルネス。直訳をすれば、心が満たされている状態と言う意味で、瞑想を通じて、多くの人が求める平穏な心を作ります。

そこで、私たちは「次世代のマインドフルネス」(Next Level Mindfulness)の可能性を考えました。それが、本プロジェクト「SOUND MEDITATION 」です。

まず、体験者は医療大麻の主成分であるCBDオイルを瞑想に入る直前に摂取し、カンナビジオール受容体やチャクラに影響を与える複合周波数を、DJがライブミックス。そのサウンドを各ヘッドフォンから流すことによって、体験者を未知なる内的探査の旅へと誘います。

第一回の「SOUND MEDITATION」は、日本アルプスの麓にある身曽岐神社の能楽堂で行われました。日本の伝統芸能である「能」(超自然的なものを題材とした歌舞劇)が行われる能舞台からはじまった「あたらしい体験」にご期待ください。
===========

Shinichiro Kinjo

VALUをやっているユーザーにとって興味がある話かはわかりませんが、中国のユニコーン企業ランキングをまとめてみました。

昨日も紹介したのですが、こちらの記事( https://note.mu/shinkinjo/n/necc8472649a1 )でその考察までいれています。また明日から上海行くので色々アップしていきます!1位は画像も掲載している中国版uberのDidiです。


2017年 中国ユニコーン企業ランキング

1位 滴滴出行(Didi Chuxing)50ビリオン(5.5兆円)交通
http://xiaojukeji.com/index/index

2位 小米 (Xiaomi) 46ビリオン(5兆円)ハードウェア
http://www.mi.com/en/

3位 陸金所 (Lu.com)18.5ビリオン(2兆円)フィンテック
http://lu.com/

4位 美団-大衆点評(China Internet Plus Holding) 1.8ビリオン(2兆円)Eコマース
http://www.dianping.com/citylist

5位 今日头条(Toutiao) 11ビリオン(1.2兆円)ニュースメディア
https://www.toutiao.com/

6位 DJI 10ビリオン(1.1兆円)ドローン
http://dji.com/

7位 众安保险官网(zhongan )8ビリオン(8,800億円)保険
https://www.zhongan.com/

8位 链家(LianJia)6.2ビリオン(6,800億円)マンション仲介 
http://sh.lianjia.com/

9位 饿了么(Eleme)5.5ビリオン(6,000億円)デリバリーサービス
http://ele.me/

10位 魅族科技(MEIZU)4.58ビリオン(5,000億円)ハードウェア
https://www.meizu.com/

Shinichiro Kinjo

決済領域をはじめ、日本以上に街中にテクノロジーが浸透しているという中国のリアルを感じるため、8/9(木)から上海に行くのですが、この機会に中国で勢いのあるスタートアップをまとめてみました。

以下は中国の未上場企業の時価総額ランキングとなります。

企業情報データベースのCB Insightsからの引用なのですが、意外なのがXiaomiがまた盛り返してきているところですね。最近大変という噂でしたが、まだこの価値を維持できているんですね。

現地の銀行口座をもっていないとwechatやalipayが使えないのが悔しいところですが、中国から何かしら影響をうけてこようかとおもっています。またこのVALUでも中国の面白い点をどんどんアクティビティ投稿していきたいと思います。

2017年 中国ユニコーン企業ランキング

続きはこちら>
https://note.mu/shinkinjo/n/necc8472649a1

Shinichiro Kinjo

ICOと、またはトークンセール、VALUユーザーにとっては馴染みのあるキーワードなのではないでしょうか。

ざっくりいうと「仮想通貨のインフラを使って、資金を集める手法」のことですが、2017年1月〜7月にかけてICOで集まった金額は約1,300億円を超える水準にあると言います。

世界中でそんなICOブーム真っ只中の今、ついに日本でもICOを簡単に行えるプラットフォームが公開されました。「COMSA(コムサ)」というもので、Zaifという仮想通貨取引所を運営しているテックビューロによるプラットフォームです。

世界中で行われているようなアイデアべースのアプリやソフトウェアのための資金調達というよりも、すでにある程度実績のある企業が追加の資金調達を行なうためのサービスのようですね。TOPページにもあるとおりコンセプトは「実ビジネスのブロックチェーン導入を支援する」ですね。

そのCOMSAの詳細、そしてICOについてブログにてまとめましたので、ご興味のある方はぜひ!→ http://okinawa.io/blog/tech/comsa-ico

Shinichiro Kinjo

新しい体験をデザインする!これからの時代に求められるレストランのカタチとは。

これまでVALU上に投稿していたコラムを、実験的にNOTEへアップしていきたいと思います(1000文字制限があって不便なので…^^;)。

米国、中国、日本にあるユニークな3つのレストランをご紹介しています。
https://note.mu/shinkinjo/n/n93ef92f00dfd


「どうせ同じ時間とお金を使うんだったら、美味しいところへ」という考えで、昔からご飯屋さんを探すのが好きで色々行っているのですが、これからはこういうのが流行るんだろうな〜というユニークな形態のレストランがあるのでご紹介したいと思います。

結論から先にいうと、食事のクオリティはもちろんのこと、どれも”ここだけの体験”にフォーカスしたものになっていて、そして同じテーブルの人たちとの”繋がり”を感じられる、というのが共通してあるように感じます。相席屋をはじめ恵比寿横丁や肉横丁、沖縄の国際通り屋台村やせんべろ居酒屋の大盛り上がりをみても、一体感というのは重要なキーワードだと感じます。

続きはこちら→ https://note.mu/shinkinjo/n/n93ef92f00dfd

Shinichiro Kinjo

VALU攻略にも役立つ?知っておきたい5つの行動心理学


「影響力の武器」のような行動心理学が大好きなのですが、この考え方をどうVALUにも応用できるかをまとめてみました!

1.一貫性の法則
”自分の行動、発言、態度、価値観などに対して一貫したものとしたいという心理”です。人は言動に一貫性を保つことで、社会生活における他者からの評価が高まるという考えをもっています。

例えばnoteなどで購読料100円の記事を書いて、その中でVALUの取得を訴求→
この人に一度お金払ったんだから、VALUも持っておこう、という一貫性を生むことができそうです。

2.希少性の法則

”手に入りにくいものほど、良く見えてしまうという心理”です。まさに今の人気ユーザーがその状態ですよね。

希少性の高い優待を提供するとして、VALU保有者の中からさらにランダムで対象者が選ばれる、というのもプレミアがつきそうです。もちろんそれなりのものが求められますが...w

3.返報性の法則

”他人から何らかの好意を受けると、お返しをしなければならないという感情を抱く心理的な効果”がこの法則です。ウォッチリスト向け優待などがそれにあたるでしょう。この公開で提供している情報も正直なところ、返報性を狙ってのアプローチです。面白いと思ってくれた買い注文入れてくれると嬉しいです笑

4.アンカリング効果

これは最初の価値判断のおおよその基準を設定して、その後の判断を調整してしまう心理です。言ってしまえば、VALUを売りたかったら、アンカリング目的で必ず一番高い価格設定をするべき、といえるでしょいう。そうすれば他の売り価格が相対的に安くみえますよね。高い価格を買ってもらえたらラッキーですし!

5.バンドリングのおとりプラン

まとめ商品を売る際は、それをお得に感じてもらえるおとりの商品も設定しましょう、ということですね。A+B+Cのまとめを売りたいのであれば、意図的にB+Cのセット商品も用意してどちらも同じ値段にすれば、みんなA+B+Cのものを買いますよね、っていうことですね。

ここから、優待はバンドリング形式にして、複数設定するべき、ということがわかります。

他にも松竹梅の法則なども効果よさそうですね!

Shinichiro Kinjo

Facebookグロースの3要因、北極星、マジックモーメント、コアプロダクトバリュー

「フェイスブック 不屈の未来戦略」で最も面白かった箇所をご紹介。当初から順調に成長していると思われがちですが、2007年後半、5000万ユーザーほどでユーザー数の伸びが鈍化していたそうです(当時の王者マイスペースも1億ユーザー付近で停滞)。

そこでグロースハックチームを組織したそうですが、そこで重要にしたのが上記の3つとなります。

1.北極星=最重要KPI
例えばAirbnbなら宿泊数、Uberなら乗車回数がKPIとなりますが、Facebookの場合はユーザーのエンゲージメントとしました。

要するに、定期的にサービスを利用することに価値を見出すユーザーの人数であり、それは徐々にMAU→DAU→DAU/MAUと変遷、洗練され続けています。

2.マジック・モーメント=最も重要な瞬間

いわば北極星を達成するための、ユーザーがWOWとなる体験のことですね。ここでは「ユーザーが初めてニュースフィードで友人の姿を見る瞬間」としています。様々な数字を分析した結果その瞬間が導きだされたそうで、10日以内に7人、2週間以内に10人、その後、できるだけ早く50人の友人と繋がることを目標にしているそうです。

3.コア・プロダクト・バリュー=プロダクトの利用価値
次はプロダクトの利用価値を常にユーザーに提供し続ける必要があります。

「常に友人とつながっている感覚」がそれであり、マジックモーメント到達後はできるだけ頻繁にコアバリューを届けて、北極星達成を目指してグロースチームは動いたといいます。

ユーザー登録の数も最大化させるため、Googleと特別契約を行い、プロフィールの公開情報が検索結果に表示されるようにしてユーザー獲得に動いたと言います。LPOや連絡先インポート機能なども徹底的に開発し、招待値の最大化もされたそうですね。翻訳もチームをもたずにユーザーに任せたそうで、フランス語は1日で翻訳が完成したそうです…!!

様々な取り組みの結果2008年6月に1億2千万ユーザーを超え、マイスペースを超えました。「血と涙と汗が、グロースを作る」とありますが、その急成長は決して偶然ではなく徹底的な努力の賜物だというのがわかります。

Shinichiro Kinjo

まだまだ止まらないFacebookの凄まじい成長😂

Facebookの第2四半期(4~6月)の決算が昨日発表されてましたので、特徴的な数字を箇条書きでご共有いたしますね。

売上予測92億ドルに対して、93億2000万ドルの結果となっていたそうで、改めてすごい数字だなと実感…3ヶ月で1兆円ですよ..😳


============

・月間アクティブ・ユーザー〔MAU〕は20億600万人

・1日当たりアクティブ・ユーザー〔DAU〕は13億2000万人

・第2四半期の売上は93億2000万ドル

・第2四半期の利益は38億9400万ドル(4,325億円)
(Facebookの四半期利益がGoogleを上回ったのはこれが初めて)

・従業員数は2万658人(対前年比43%のアップ)

・広告売上総額は91億6000万ドル(1兆円)

・ユーザー1人あたりの平均売上金額は$1.55
(ちなみにTwitterは$0.50)

・売上増加率は去年同時期に比べ、15%ダウン

・モバイルは広告売上の87%

・動画投稿の5本に1本はFacebook Liveを利用したライブ配信

・Instagramユーザー7億人

・InstagramのDMユーザーは3億7500万人

・Instagramストーリーのデイリーアクティブユーザーは2億5千万人

・Facebookメッセンジャーの月間ユーザーは12億人

============

次の優先度としては「不屈の未来戦略」によると以下になっているようです。

1.中国でのサービス解禁

2.インドでのさらなる展開
(人口に対して1/3程度のユーザー数)

3.サハラ砂漠以南のアフリカ地区
(この地区のインターネットユーザーの1/5程度のシェア)

4.利用率22%の日本と40%のドイツ
(世界3位と4位の広告市場とのこと)

5.ロシア(シェアは11%)

インターネットが及んでいない国にインターネットを普及させる取り組みを行っているなど、さらなる成長があるでしょうね…メッセンジャーの収益化もこれから本格的になると思いますので、楽しみです👏🏻

Shinichiro Kinjo

今日はYouTuberマネジメントの「UUUM」がマザーズに上場承認されましたが、「KOL」という言葉はご存知でしょうか?

KOLとは、中国におけるインフルエンサーを表す言葉で、”Key Opinion Leader”を意味します。

中国人の消費行動として、物を購入する際の判断基準として企業が発信する情報よりも「口コミ」に重きを置く特徴があります。

例えば沖縄那覇にあるラーメン屋には中国人がいつもすごい列をなしているのですが、それは有名な中国人ブロガーがブログで紹介したことにより中国人における沖縄旅行の名所になっていることからも実感できます…笑(※地元ではそれほど人気があるわけではありませんw)

一般ユーザーからの情報も「口コミ」として影響を与えますが、インフルエンサーである「KOL」から発信された情報は信頼度や影響度を強く持っているので、中国人に対して強い訴求を高めることができると言います。

「Weibo(微博)」に多く存在しているそうで、みなさん日本と同じようにKOLプロダクションに所属しているそうですね。ライブ配信でファンとみなさんコミュニケーションをとるのが主流になっています。

有名なのが PAPI醤(ちゃん)で、1800万人のフォロワーを持つそうですね。なんと彼女に2億円が投資されたとか…笑 またKOLである張大奕さんによるタオバオでの配信では2時間で約3億円を売り上げるなど半端ないですよね…

化粧品や健康食品といった商材に関しては法律の関係上、広告出稿が困難な場合が多いそうでそこでKOLの発信力を活かした口コミマーケティングを起こすことに各企業必死なようです。

KOLの投稿で足を運んだ人が、またそれを自慢する、そういう口コミの流れが中国にはできており、それがマーケティングの主流になりつつあるようです。ちなみに画像はKOLと企業をつなぐプラットフォームであるParkLUです。

2016年のKOL生産額は約9,000億円とも言われているそうで、このような会社が乱立しているようですね。http://www.parklu.com/ 

KOLがVALUやったらやばそうだな〜笑

Shinichiro Kinjo

【VALU で知っておくと得する10のこと】という記事がアップされていたのでご紹介します。

VALUを楽しむための有益なツールなども紹介されており、とても参考になる記事なので、一読をオススメします。
http://applembp.blogspot.com/2017/07/best-technic-for-VALU.html

詳細は記事でご覧頂くとして、こちらで述べられている10のポイントをご紹介しますね。

ValueBoxで有望な新規VA銘柄を探すやり方とかいいですよね。ちなみに僕が最近やっているのはTwitterで、「valu lang:ja」とvaluを含む日本語だけ表示されるよう検索をかけて色々と動向をみています笑 

あと、過去に買い注文を出したけど、売りの価格と合わずで約定(取引確定)しそうにもないやつは「取引履歴」から取り消せるので、これで買い注文で放出した資金を戻すことができます。人気のユーザーだとすぐに高値がついて、なかなか約定しませんので、売り注文が出ているやつを狙って買い注文出すのが良さそうですね。


1. VA価格:表示される「本日の取引可能単価は」は正確ではない

2. VA注文:株式注文と違って一部実行で注文は後回しになる

3. 新規MY VALU売り出し1:発行数は多く価格は低く

4. 新規MY VALUの売り出し2:最初は少量ずつ高値で

5. 他人のVA売りも出来るだけ高値で

6. VALU優待と株主優待との違い

7. 優良な新規VA銘柄の見つけ方で先手をとるValueBox
https://valuebox.me/

8. VALUランキングで傾向チェック
http://valu.userlocal.jp/

9. VALU営業時間外に詳しくチェックする VALU tool
http://valutool.biz/cache/

10. ビットコインを購入して VALU を買う