だいち
大阪出身。スポーツ健康科学部という学部在学中に公認会計士試験に合格。現在、webマーケティングのベンチャー企業で働く。
将来は盟友とフィットネス事業で食べていくために、その前身となる、たのしく運動が続けられるオンラインコミュニティ「コットホーム」を2017/7/1に開設。2021年本格的にフィットネス事業を行う。
志はないけど夢はある。そんな人間です。
しん 7VA
藤沢篤@VALU完全マニュアル発売中 4VA
濱彰史(はまー in Asia) 3VA
疾風@ぺーたーず 3VA
はま@人生のサポーター 3VA
トツオ@経験知 1VA
Yasushi Kikuchi 1VA
鈴木 将伍 1VA
克(ミュージシャン・フォトグラファー) 1VA
だんのマン/Earthlete 1VA
井手 剛 1VA
Aika@地域クリエイティブ・プラットフォームを創る! 1VA
KEI(精神科医) 1VA
Kazuo Dobashi(イナゴマン) 1VA
後藤史也 1VA
F太 1VA
だいちさんがアクティビティを更新しました。
ほんとに人を頼れるってことはすごいし、頼られる側はうれしくなる。頼られた側は味方になってくれる。
必要な存在だと認められたからだ。

そうやって、人に存在意義を与える。それで救われてる人もたくさんいるはず。
だから、「周りに頼ってばっかで情けない」なんて言わないでほしい。
だいちさんがアクティビティを更新しました。
1990年代に生まれた人は、50%の確率で100歳まで生きることになると言われている。それを悲劇と捉えるか喜劇と捉えるかは「生き方を自らデザインしているかどうか」で変わってくる。

生まれてから大きくなって学校に通い、会社で勤め上げ、引退をする。この3ステージ制が崩れ始めていることにはもう気付いているかもしれない。

どんどん働き方が柔軟になる一方、自ら主体的に働き方を選択していく必要性に迫られているのも、今の時代ならではだ。

我がブログより抜粋→http://www.wonderland02.com/entry/life-engine
だいちさんがアクティビティを更新しました。
会社勤めじゃなかったら
いろんな時間が生まれるなぁ

会社に勤めてたら
いろんなこと知れるなぁ

幅を広げるって会社勤めじゃないとできないんかなぁ

割り込みタスクがガンガン入ってきて、
やりたくないことでもやる必要があって、
大きなお金を動かせて。
幅が広くなるなぁ。
幅は広くなるけどなぁ。

器って、そうやって広くなるんやろか
もっと深い器とかもありそうやな

〜日記抜粋〜
だいちさんがアクティビティを更新しました。
最近、自分のなかで「人は統一の処方箋じゃ効かない」っていう考えが強くなってきた。
人それぞれに合う合わないがあって、自分に合うからってだれかに教えても効果がないことの方が多いし、本読んでもその著者とタイプが違うならやっぱり上手くいかない。

自分と同じタイプで、なんかたのしそうな人を見つけて、教えてもらうでも、勝手にマネするでもいい。
師は能動的に選ぶ。

それ向いてないのに、そんなにがんばる必要あるのかなぁ。。フローに入れることをやった方が、成果出るし、なにせ楽しいと思う。
だいちさんがアクティビティを更新しました。
将来、いっしょに事業を行うパートナーが誕生日を迎えるので、「直接会って祝福したい!」という趣旨でpolcaを始めていました。
そして、早くも達成することができました!みなさん、ありがとうございます。。

現在達成率168%なので、こうなったら200%いって、その盟友に見せつけてやりたいっていうのがあります。
ぜひ以下の思いを込めた記事をご一読いただければ嬉しいです!

"polcaを成功させるための5つのコツと盟友について"
http://www.wonderland02.com/entry/polca
だいちさんがアクティビティを更新しました。
どちらかというと、自分の才能にそぐわない営業職をやっていて、商談時にまったく相手に話が響かず。

「何やってるんやおれは」となっている矢先に、友人は某ブロガー会の大御所から「すごい!」と言われている。やっぱすげぇなぁと思う反面、自分の不甲斐なさに悔しくなる。

自分の強みは自分でわかっている。なのに苦手なことを訓練して、バランスを取ろうなんてバカげてる。
丸く収まってちゃいけないなと思う。トンガリが勝ち残る時代なんだと思う。
だいちさんがアクティビティを更新しました。
論文を調べて、わかりやすい解説記事にする。
引用とかちゃんとやったら、記事いくらでも生み出せそう。
だいちさんがアクティビティを更新しました。
"記録"と"記憶"を残す不死の男「だんのマン」さんにインタビューしてきました。夢が自分とわりと近しい。。!
アツい人でした。
インタビュー記事はこちら→http://www.wonderland02.com/entry/interview/dannoman