キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
Su. (スー)
  • 350
なるべく支援を目的としたプライマリー(当初発行)での売買、なるべく長期保有。運営には売買のインセンティブが働くよう、できるかぎりコミットしてもらいたいと思っています。 See More
Su. (スー)

税金で死ねます。これはやばい。

仮想通貨で売買をかなりやっていたのですが、やり始めた頃はVALUにBTCを全部入れてました。仮想通貨は移動平均法か総平均法で計算するので、VALUのときに取得したBTC価格が取得価格を大きく引き下げてて死んでます。ぶっちゃけると2.7BTCくらいを総額90万くらいで買っていて、これが仮に現在価値で持っていたとすると含み益が+370万くらい。ただその後仮想通貨の売買をかなりしていたので、計算すると通常の損益+ 370万くらい儲けが出ていることになっています。売買で得た利益の何倍も課税される状態。持ってるVALU、今のレンジの最安値でもいいから全部BTCに戻せればまた違うのですが。。。

さすがに頭おかしいのでビットフライヤーのポジション全部JPYに換えて、残高と入金額の差額を課税してもらおうと思います。VALUはほぼ売ってないので説明がつく範囲かと。この方法でもいけるってツイッターやブログ界隈では書いてありますが、自分で確かめた訳ではないので不安になりますね。。なぜVALU出すだけ出して何もしない人より購入している側が頭を悩ませてるのか。全く理解できません。

Su. (スー)

http://www.ikedahayato.com/20171216/73627492.html

最近イケハヤと書きたい内容がかぶる汗

Su. (スー)

【仮想通貨の価値とは】

もう気付いている方もいるかもしれませんが、仮想通貨って単価安い方が儲かりやすいんですよね。仮に1トークン=0.01円の仮想通貨があったとします。これ、100円出せば1万トークン買えます。

例えば10人くらいで結託して、0.01円のトークンを買い漁った後に見せ玉で値段を吊り上げます。ここらへんはみんなで持ち出します。トークンの値段は0.02円になり、0.03円になり。0.1円くらいに1週間かけて吊り上げたとします。
するとあら不思議「○○が発行一週間で10倍に!!!」という売り文句ができます。やった!これは神!!皆も早く投資しろ、乗り遅れるぞ!!と今度は皆で宣伝します。

すると他の人はどう思うでしょう。「10倍はすごいな。今の価格は…まだ0.1円か。10000トークン買っても1万円か。ビットコインで5万買ったし、一万入れてみるかな。」という人が出てきてもおかしくありません。というか出てきます。そういう人が何人かいると、0.2円、0.5円の値段がついてきます。そして1トークン=1円になったとき、


当初結託した10人は100倍の含み益を持っているのです。


勿論、これでハッピーエンドではありません。この後大事なのは、「持っているトークンを売り抜ける」ことです。ここらへんは難しい所ですが、勝率を上げる確実な方法は「トークンの投資家を増やす」ことです。幸い、価格が100倍(!)に上がってるので、宣伝は容易です。あとは結託している10人で少しずつ少しずつ保有玉を落として、無事覚悟完了になります。ビットコインが1か月で2倍?1年で10倍?もっと簡単に夢が見られます。

…多分これ、同士を集めて本気出せばできちゃいます。というか既にあってもおかしくない。コムサですら(すごい失礼)あんな感じなわけだし。どこかで必ず規制させるし、騒動にもなると思うけど、多分まだ数ヶ月はならない。そんな気がします。仮想通貨の名前を借りたマネーゲーム、はまりすぎには注意ですね。

Su. (スー)

http://www.dir.co.jp/research/report/law-research/securities/20171207_012532.html


一読の必要ありかと。

大和総研グループ / ICOに関するSECの規制対応

ブロックチェーン技術などを用いる資金調達手段であり、株式の新規公開(IPO:Initial Public Offering)にも類似した、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)に対する規...

Su. (スー)

AVACUSってサービスもよさそうですね。こちらはサービスとトークンがセットになっているみたいです。

【AVACUS:サービスの方】
・Amazonでの買い物をビットコインで行いたい人(Shopper)と、現金化以外でビットコインを手に入れたい人(Buyer)を結びつけるマッチングサービス。
・付加価値の源泉は2点。1.仮想通貨に対応していないAmazonで売買を提供できる点。2.Amazonポイントを利用してBuyerが商品を買えば、ポイントの有効活用ができる点
・Buyer不利目なサービス。決済は商品到着後だから、Buyerがビットコインを手に入れるのは数日かかってしまう。先にお金を出すのはBuyerなのでカウンターパーティーリスクありそう。
・AVACUSの収益源泉は売買による手数料収入。手数料がどういった料金設定になっているのかは、残念ながら発見できず(わかる方いたら教えてほしいです)

【VACUS:トークンの方】
・AVACUSの手数料収入のうち75%を、トークン保有者で分配。もちろん手数料は割り切れないような数字ので、抽選になる。取引が沢山増えれば増えるほど、大数の法則で分配に近いエコノミーになる。
・配当があるので性質としては株に近い。

サービスが成功するかどうかは二の次にして、仕組み自体を考えた人、めちゃくちゃ頭いいですね。。トークンICOで6千万売り出したらしいです。元手がなくても、IT力とストラクチャーでお金を掘り起こせる時代。時代が変わってる気がします。valuがどうなるかはちょっと怪しくなってきましたが、web信用経済元年なのかもしれません、今年。成り上がるチャンスなのかも。頭使っていきましょう。

Su. (スー)

REAL BOOST、遅ればせながら本日初めて知ったのですが、なるほどすごい仕組みですね。第一印象は良く練られているなあ、といった印象。タイムバンクのように実際運営してみたら欠点も出てくるのでしょうが、この仕組みを考え出したのは素晴らしい。

Su. (スー)

ビットコインと先物、互いに牽制しあって値動きなくなってる?どちらもお互いを材料視しようとして膠着状態になってる感じある。

Su. (スー)

Valuはやりたいことかなりぶれてる印象あります。当初は、インターネット上で、既存の枠とはまた違った信用(クレジット)を想像したかった、という話だったと思います。私はそれには完全にアグリーでした。

優待は設けず、強制力もないけど、valuerは発行者に対してオピニオンを出す権利を持ち、その通りするかは別として発行者は真摯に受け止める。その後の発行者のアクションや業績で価格が変わっていく、というのが理想なのかと思ってました。価格変動幅は上下3パーセントで十分。仮に毎営業日1パーずつ上がり続けたとして一年で20倍。バブルってあれだけ言われたビットコインが一年で11倍なんだから十分高いのがよくわかります。

耳障りのよい美辞麗句で本質を見誤ってほしくないと切に願います。

Su. (スー)

http://jp.techcrunch.com/2017/12/05/valu-fundraising/amp/

読めば読むほど、「えっ、じゃ買う機能だけでよかったやん、売り要らんでしょ」ってなる

自分株式の取引サービス「VALU」が千葉功太郎氏より数千万円調達、投機でない支援のためのSNSを目指す | TechCrunch Japan

模擬株式で自分の価値を取引できる「VALU」は本日、個人投資家の千葉功太郎氏を引受先とする第三者割当増資を実施した。金額は非公開だが、VALUの広報担当者によると数千万円規模という。 VA...

TechCrunch Japan
Su. (スー)

しかし結局課税されるんだとそもそもビットコイン建てでvaluを買う理由がわからんくなりますな。

Su. (スー)

一部valuの損だししました。節税目的です。まだvaluの公式発言は出てないと思うのですが、今後のアップデートで取引レポートが出るようになるらしいので課税の方向かと勝手に推測してます。それを踏まえて、売れないリスクをケアして事前に売りました。

実装は後でもいいから情報は早くほしいですね。

Su. (スー)

桂先生が話題に触れようとしてたけど、Valuの課税関係どうなったんだろう。大本営発表の予定(国税に照会中)が現在のステータスだったと思いますが。

一番おっかないパターンは「ValuをBTCに損益確定させたものだけ課税」。何が怖いって、よく見かける「他の方のValuを買うためだけにやむなく売却しました」って人が死にます。利益確定で売却したら当然利益について課税されます。そして、課税されるはずの利益分は既に投資中。

まあ大半の人は他のValuを売ってを税金を支払おうとしますよね。(ここで損失が出る場合、年内に完了させれば通算ができます)。そうすると、また売りが売りを呼んでしまうことに…w 

一番素晴らしいパターンは「法定通貨(つまり円です)に換算されたもの、もしくは法定通貨で消費された分にのみ利益分が課税」。このパターンだとValuの中「だけ」でビットコインをやり取りしている分には課税されません。ビットコインを円に換える、もしくは円でも購入できるサービスに対価としてビットコインを使った時に、利益と呼べる部分について課税されます。これだと計算は簡単ですし本当に良いですよね。仮想通貨⇔仮想通貨、仮想通貨⇔トークンで課税されちゃうと、購入時点での仮想通貨の価格を遡って探してこなければいけないので、手間もものすごくかかります。

更なる売り相場にならないように願うばかりですね。

Su. (スー)

しかしチップってどの画面で使われるんでしょ?

Su. (スー)

チップ、なるほどねー。いいかも。後から出てきたから、定着するかどうかが勝負ですね。サービス開始時からあればまた全然違う発展の仕方してたかもなあ。運営グッジョブ!!

Su. (スー)

考察です。
思いつきなので簡単に。

ビットコイン先物上場観測が出て金曜にビットコ急上昇しましたが、急上昇していた以上にプラスの話だったと思います。

確かに参加者が増えるのですが、大事なのは「参加者の層も広くなる」ということだと思ってます。

ビットコインの弱点は、突き詰めていくと結局国が本気出せば無価値化できてしまうところにあります。(ここらへんの説明飛ばしますが、必要だったら別途書きます)だから無価値になっても、個人投資家は泣きを見るしかないというのが現状です。

ただ上場されて、プロが買い始め、まずないでしょうがGPIFが買い出したとします。そうしたら、まず国は無価値化させようと思わないですよね。赤信号、皆で渡れば怖くない理論です。なので今回のヘッドラインはビットコインの不安感を除きうる、ものすごいイベントの序章かもしれません。

あとはプロダクトが広がっていって、将来ビットコ投資信託みたいなものが買えるようになるかもしれません。こうなったら、雑所得で累積課税から、源泉分離になるかもしれません。

ビットコインに世の中が引っ張られて私たちに都合のよい展開がくるといいですねえ。ちなみに過去のエントリー見ればお分かりかと思いますが、私のビットコイン予想は全然当たりません笑