Yoshinori Natsume
漫画やらイラストやらやってます。
LINEスタンプ:  https://store.line.me/stickershop/author/36586/ja
note: https://note.mu/summereye

現状保有者にどういう優待ができるか保障しかねますが自身の活動において市場価値を高めていきたいと思っています。

とら やぎ 10VA
うぃる(ブロガー) 5VA
はま@人生のサポーター 5VA
松山 洋 サイバーコネクトツー 5VA
ピョコタン(漫画家・YouTuber) 3VA
8beeet 2VA
鈴木 みそ 2VA
たーさん 2VA
Sigenori Kubota 2VA
Kamoda 1VA
GOROman (VR/AR/MR) 1VA
もりた毬太 1VA
Yoshiaki Kawazu 1VA
Yoshinori Natsumeさんがアクティビティを更新しました。 6日前 ウォッチ中
カドカワ電子書籍70%オフに含まれてました。 http://amzn.to/2tbq15r 今回のはすごいお買い得だと思います。
1
0
  • まだコメントがありません
Yoshinori Natsumeさんが限定公開でアクティビティを更新しました。 1週間前
VALUER限定公開 VALUERになる
1
1
Yoshinori Natsumeさんがアクティビティを更新しました。 1週間前 ウォッチ中
僕はたまにしか漫画描かない作家ですが、仕事を選んでるわけではなく、単に描けない時期が長いのです。幸いにしてお仕事の話はわりと途切れることなくいただいてます。それでも出てこないときは出てきません。

だからいざ形になりそうなアイデアが出て、それをいくら以上出すなら受けるとかいうこてゃありません。そのタイミング、そのときの人の縁から決まるだけです。なくても描く必要が自分にあると思ったら今回のようにただでも描いて売るという手段もあるのかなーと思いました。

漫画の仕事のときは原稿料の話をちゃんとするんですけど、どこも「今までと同等の額くらいは努力します」というようにおっしゃいます。業界の慣習みたいなものです。

でも実のところどう考えても余裕のあるところとギリギリのところがあるので、別に無理してまでということもあれば全然出せるとこともあるのに同額というのはいい値付けではないと思ってます。

そして一般的に雑誌や出版を目的にしたところと広告や別業種のマンガの仕事があって、後者の方が原稿料は高いのです。印税などが見込めないというのもありますが基本的に企業の広告宣伝費というのは規模が大きいので。

ですから原稿料を聞かれたときはわりと多めにもらったときの額を出した上で別にそれ以下でもやります、と言うようにしてます。それでだいたい単純に僕と作品にいくらまで出せるか、という値付けがされてると思います。

具体的な金額の話は限定で。
3
0
  • まだコメントがありません
Yoshinori Natsumeさんがアクティビティを更新しました。 1週間前 ウォッチ中
VA保有という形で興味を持っていただいた人に対しては優待とかよりもやはり本来の活動で価値を上げつつ、少人数だからこそできる具体的な話なども織り交ぜていきたいと思います。
同時にやはり興味を持ってもらうためには多くの人に向けても自分をプレゼンしていかなければという思いもあります。

ここと相性がいいはなしとしてはやはりお金関係かなというのがありますのでそのへんをつらつらと。
どうしてもこの国では職人・クリエイターがお金の話をするのはいいイメージがない、そのほうが転がす側には都合がいいというのも当然あるとは思いますが、そっちを気にするのは二流以下というような風潮が強いと思います。確かに一流の方はお金のことなど気にしなくても十分入ってくることでしょう。

ただ実際のところそのような一部の勝者のビジネスモデルですそ野が支えられてるわけでもないので、こちらはお金のことは気にしていかなければならないと思っています。それは贅沢や豊かな暮らしというよりも、単純に何かを生み出したり活動を継続する上でお金がないとできないからです。

何をいまさら当たり前のことをと思う人もいるでしょうが、ビックリすることに毎月給料が振り込まれるのが当たり前になってる人にはこの感覚がすこーんと抜け落ちてることが多々あるのです。

そんなことをたまにちょいちょい書いていこうかなと思います。
3
0
  • まだコメントがありません
Yoshinori Natsumeさんがアクティビティを更新しました。 1週間前 ウォッチ中
今時デジタル化で原画がない場合もありますが今回はペンを持つリハビリ目的だったのでわりとガシガシアナログで描いてます。仕上げはデジタルですが。

こういうのは優待の内向け公開にしたほうがいいのか、外向けで保有者を増やす方向にすべきなのか試行錯誤です。個人的には原稿そのものも売ったりしてみたいと思ってます。noteによる一話量り売り形式はkindleみたいに印税以外を大部分で取られたりしない(定額の手数料あり)ので販路として可能性は感じました。データはデータで現物は希少価値でそれぞれほしい人に届く手段が広がればいいなと思います。

まーメルカリに出してもいらん人には紙屑だし。
6
0
  • まだコメントがありません
Yoshinori Natsumeさんがアクティビティを更新しました。 1週間前 ウォッチ中
優待で発表した「極上の食材」をnoteにて有料販売にしました。
https://note.mu/summereye/n/n373a20cd7da4

6Pまで試読可能です。
有料にしたのは見たくない人の権利を守るためで収入にはなりませんね。
3
0
  • まだコメントがありません
Yoshinori Natsumeさんが限定公開でアクティビティを更新しました。 2週間前
VALUER限定公開 VALUERになる
3
3
Yoshinori Natsumeさんが限定公開でアクティビティを更新しました。 2週間前
VALUER限定公開 VALUERになる
2
2