キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
大黒 貴之
現代アート系の彫刻家です。

大黒で「だいこく」と読みます。

これまでに2度の渡独を行い、ベルリンを中心に約6年半活動を行ってきました。所属はベルリンのギャラリー、Semjon Contemporaryです。

1976年滋賀県生まれ。2001年晩秋、コネなし、語学なしでヨーロッパの現代アートの中心地であるベルリンで個展を開くことを目標に渡独。

2003年までにベルリンでグループ展、個展を行い、国際木彫シンポジウムにも参加。帰国後、関西を中心に活動。2011年、再び渡独を断行。2012年、ベルリンのギャラリー、セミヨン・コンテンポラリーに所属、グループ展や個展を多数開催。ブランデンブルク州ハーフェルランド郡やピーター・トンプソン財団と連携し、ブランデンブルク州ヴァーゲニッツ村の自然公園内やヴェーゼンベルグ市彫刻パークに大型彫刻を展示する。

約5年半の滞在を経て、2016年夏に帰国、滋賀県を制作拠点にする。「アンビバレント(両義性)」をテーマに、彫刻、ドローイング、ペインティング、インスタレーションを表現方法にしています。

現代アートにも触れてもらえる1つのきっかけになればと思います。VALUの資金は作家活動や制作の展開につなげていきたいです。
See More
VALUを売買する
日高研の助教(仮) 6VA
INOUE Shinya = KUMINO = 世界中で親しまれる日本発のつみきに! 3VA
そんぷ~@香港 3VA
Youji Kitaura 3VA
Yu Hasegawa 3VA
しましまP (@shimakid) 3VA
坪田佳大@海外で活動する人を応援するよ! 3VA
K. TOM研究者@ヨメざんまい 3VA
アンバー遥 3VA
かとうともき@くつろぐ小さな経済圏 3VA
Aika@地域クリエイティブ・プラットフォームを創る! 3VA
つよしやま♠2/17失恋科&VALU静岡 3VA
坂本親一 3VA
田淵厚志@八頭身v[゚~゚]Vガニー 1VA
大黒 貴之

先週末、札幌近郊の江別市から芸術家2人が訪ねにきてくれた。1年半ぶりの再会と新しい出会い。話題は自然と芸術の話になる。そのような二泊三日の至福の時間は瞬く間だった。今度は江別に行きたい。2007年の夏にフェリーで敦賀から苫小牧まで。そこから札幌経由で北見市、知床まで行ったことがある。船旅は僕が好きな時間。混沌としていた当時。日本海を眺めながら湯船に浸かり、いろいろな出来事が頭を駆け巡った。2人の芸術家と話をしながら北海道の光景が目の前にチラついていた。

井上さんとKUMINO研究を僕の仕事場で行った。そういえば、この場所で誰かと何かを創造するのは初めて。そしてライブ中継も。吊り下げながら組み上げることに挑戦した。そのような積み木の行為はおそらくKUMINOでしか出来ないと思う。重力を利用したKUMINOの使い方。これがなかなか手強い。しかし大人が真剣にあーでもないこーでもないと試行錯誤しながら遊べる時間。このような遊びの時間が今とても大切だと感じる。ライブが終わってから井上さんとの話。僕たちは後世に何を残せるか。人が残せるものは、3つしかないと誰かから聞いたことがある。お金、技術、思想。僕は何を残すことがてきるだろうか。

ベルリンで行われる展覧会が2つ決まった。1つはアートフェア、もう1つは個展。双方ともドローイングによるもので、セミヨン・コンテンポラリーとのコーポレート。アートフェアはイスラエル出身の作家と2人展になる。今、制作中の作品2点の搬入が来週末に終わった後、ドローイングの新作に取りかかる。今日から制作の追い込み。 

昨日の夜は東京でアートの勉強会に出席させていただいた。世界の最前線で戦っておられる、ある会社の社長の話を伺う事ができ、大切貴重な時間になった。また自分の姿勢を再確認できたと感じている。今朝は始発で近江に戻る。

大黒 貴之

「おい~、やっとるか?ちょっと休憩させてくれい!」

アトリエで仕事をしていると幼馴染の親父さんが散歩の途中でフラリと立ち寄る。

ここにアトリエを構えた当時は、歩き方に違和感があった親父さんだったが、散歩を始めてから筋力が付き出したのかだいぶスムーズに歩けるようになった。それに顔色も良くなったように感じる。彼とアトリエで話すことと言えば、それぞれの昔話や近況、家族、地域の話。

その親父さんは、アートことは分からないと言うし、現代アートとなると、なおさら分からないと言う。アトリエの壁にゴッホの「糸杉」という作品シリーズのコピーを貼り付けていたので、「ゴッホは知ってるやろ?」と尋ねると「なんやて?ゴッホ?そんなもん知らんわい」となる。僕の作品も「う~ん、ふむぅ」何やらと唸りながら、眺めている。とは言いつつも、この1年間で、その親父さんが一番多く、僕のアトリエに来ている。本投稿の最初にある写真はこの親父さんが僕の携帯で撮影してくれた。「なんやようわらかんわ」と言いながら。

ところが、目下、制作中の作品を観て、「この作品は、近くやとそうでもないけど、遠くで観たらええ感じやなぁ」と、ボソリと言う。その言葉を聞いて、(おぉ~、僕の作品も1年ほど眺めると、そのように感じてくれるようになるのか)と内心、興味津々でもあり、嬉しくもあり。

アトリエで制作している時間は、そのような時間もありながら淡々と流れていく。

・・・・・

今週末は、札幌からお客さんが2人ご来訪くださる。2016年、ドイツから帰国直後、アーティスト・イン・レジデンスで1か月滞在した岩手県大船渡市で出会った筋金入りの彫刻家とその彼が慕う芸術家。久しぶりの再会と新たな出会いに心を躍らせている。

翌週、12日は、井上さんとKUMINO研究の日。KUMINOを触りながら、ニュルンベルクのおもちゃ見本市のことや4月の合宿のことなどいろいろと話をしたいと考えている。

大黒 貴之

カーヴ・ペインティング

Carve Painting (white & black No.2)
2016
150×105.5cm
アクリル絵具・和紙・柿渋・木製パネル
photo:Takayuki Daikoku

大黒 貴之

Jeden Morgen geht die Sonne auf.
(イェーデン モルゲン ゲート ディー ゾンネ アオフ)

陽はまた昇る

・・・・・

「器用な人は作家の道を続けていくことが少ない。作家を続けていくには、ある程度の鈍感さがなかったらアカンなぁ」

ある彫刻家から聞いた話。

作家の場合、1か月と1年とかではなく30年40年という超ロングスパンで制作、発表を続けていく必要があります。作家には、資格や免許制はなく、あるのは作品と実績、あと、人柄で勝負するしかないと僕は考えています。

生きているといろいろな壁や失敗が訪れますが、それでも七転び八起きで知らぬ間にまた制作をして発表をすることの繰り返しです。そのような人たちが作家として生き残っていくのでしょう。程よい鈍感さを持ち、根気よく自分が信じる道を切り開いていくことが、事を成し遂げる一番の近道なのだと思うのです。

大黒 貴之

冬の語源は「ふゆる」。そして「ふゆる」は「ふえる(増える)」から成った言葉だと聞いたことがあります。なかなか前に進むことができない冬の時期は次の春に向けて開花するためのエネルギーを増やしている時期なのだと。

季節にも四季があるように、冬の時代があれば、また春の時代がある。そのようなことをタキエさんという日本人女性から教わったように感じています。

2002年、ドイツでタキエさんという日本人女性にお会いしたことがありました。40年以上ドイツに暮らし、日独の友好に力を注がれました。初めてお会いしたにもかかわらず、以前にも会ったことがあるかのように食事を作ってくださったり、南ドイツの街を案内してくださるなど大変良くしてくださった思い出があります。

「困っている人を見るとほっておけないのよ」

元気な笑顔でぼくに接してくださった姿を忘れることができません。そのような包容力のある心はどこから生まれてくるのだろう。彼女の生涯を聞くとまさにドラマのような人生を送ってこられました。中には言葉では言い表すことのできない辛い出来事を何度も経験してこられました。

時折、笑顔の隙間に一瞬見せる彼女の悲しい表情がぼくの眼に焼き付いています。

ある日、彼女がぼくを車に乗せて、ニュルンベルクの街を案内してくださいました。街から帰宅する途中、夕立になりました。車中から前が見えないくらいの土砂降り。T字路から幹線道路に左折する際、車の往来でなかなか曲がることができません。ぼくは心中「はやく、車の往来が止まらないかなぁ」とヤキモキしていました。

その刹那、彼女が小さな声で、「大丈夫ですよ。いつか必ず行けますからね」

タキエさんはもう遠くに逝ってしまいましたが、彼女と共有した時間は、ぼくの心の中に大切にしまってあります。僕も40年生きていると、なかなか前に進まないときはあるものです。そんなとき、あの車内の景色と彼女の言葉をいつも思い出します。

「いつか必ず行けますからね」

大黒 貴之

展覧会のお知らせ

FACE展2018 損保ジャパン日本興亜美術賞展

・・・・・

新進作家の動向を反映する公募コンクール「FACE2018 損保ジャパン日本興亜美術賞」に、絵画作品「Carve Painting(red-green-white-black)」を応募し、入選いたしました。本作品が、2月24日(土)から3月30日(金)までの5週間に渡って、西新宿にある損保ジャパン日本興亜美術館に展示されます。

今回は、970人が応募し、五次の入選審査と二次の賞審査を経て、71名が入選(内9名入賞)しました。入選率7.3%の狭き門を突破できたことは率直に嬉しく感じています。こちらの入選入賞者71人の作品が展示されることになります。

このCarve Paintingシリーズはドイツで生まれた作品で、今回、日本の皆さまにもみていただけることになり悦ばしい限りです。お時間のございます折に、本作品をご覧くだされば幸いに存じます。長い作家人生ですが、1つ1つの発表を大切にし、活動を行っていきたいと考えております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・

FACE展2018
損保ジャパン日本興亜美術賞展
http://www.sjnk-museum.org/program/5250.html

会期:2018年2月24日(土)~3月30日(金)
休館日:月曜日
会場 :東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間:午前10時-午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
観覧料 :観覧料 ( )内は前売料金 20名以上の団体は当日料金各100円引き
一 般:600円(500円)
大学生:400円   ※学生証をご提示ください
高校生以下:無料  ※生徒手帳をご提示ください
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社
協賛:損保ジャパン日本興亜

・・・・・

Carve Painting (red-green-white-black)
2017
192×145cm
アクリル絵具・和紙・柿渋・木製パネル

大黒 貴之さんが限定公開でアクティビティを更新しました。
VALUER限定公開 VALUERになる
大黒 貴之

ある日ラジオから「専門家とはどういう人のことを言うのか?」という話題が聞こえてきました。その話によると「専門家とは自分に何かできて、何ができないのかを知っている人」だといいます。なるほど、それが結果的に1つのことに特化していくことだというのは一理あるなと思いました。

僕が彫刻家と言い始めたのは2002年からでした。ギャラリストのセミヨンさんが「君は彫刻家なんだよ」と言ってくれたのが、大きな切っ掛けの1つでした。また関西の彫刻家の方には「自分が何者がを知ることによって、いつでもまた自分の立ち位置に戻ることができるんだよ」と教えてもらいました。

自分にとって彫刻家というのは、自身がブレないための1つの芯になるようなものだと捉えています。以前は彫刻をつくる人が彫刻家かなと思っていましたが、どうやらそうでもないようなのです。ドイツではセミヨンさんからいろいろなアドバイスをもらいながら、ドローイング、インスタレーション、絵画、写真などにも挑戦して制作をしてきましたが、それでも僕は彫刻家を名乗っていますし、彼もそういう認識です。

おそらく、彫刻家としての捉え方というか、表現の仕方がどのような作品をつくっても端々に浮かび上がってくるのだろうと思います。1つ思うのは、特に21世紀に入ってから、何か1つのことに集中して特化するだけでなく、2か、もしくは3つくらいの「できること」を掛け合わせた仕事をできるようにしていく必要があるのではないかとも感じています。

・・・・・

そういえば、もう8年か9年前になるでしょうか。友人の占い師に西洋占星術をしてもらったことがあります。西洋占星術のホロスコープには誕生日ごとに360個の部屋があるそうです。そして、その部屋の1つ1つには、その人についての暗示があるといいます。例えば、水瓶座10度なら「 一時的だと証明される人気」というように。

僕の誕生日、ホロスコープ上では「射手座27度」の部屋にあるそうです。
結果が出た後、友人が、一言「あぁ、やっぱり出たわね」と。

その暗示が「仕事中の彫刻家」

神社のおみくじはもう20年間引いていない僕ですが、偶然なのか必然なのか。兎に角、驚いたことをよく憶えています。

大黒 貴之

折ることによって線を描く、フォールド・ドローイング・シリーズの一枚です。

・・・・・

ドローイング

Fold drawing(green-red)
2017
53.7×38cm
紙に鉛筆とアクリル絵具
photo:Takayuki Daikoku

大黒 貴之さんが優待を追加しました。
優待:DREI(ドライ)-3- 「ドローイング(A4サイズ)」 3VA以上保有の方に、A4サイズの新作ドローイングを進呈いたします。

アクティビティでも投稿している自身のドローイング。
僕のドローイングは、作品をつくるためのスケッチでも図面でもない、彫刻や絵画、インスタレーションが現前する以前のアメーバのような原始的なものです。ヨーロッパでは、ドローイングばかりを蒐集するコレクターも存在するそうです。

現代アート作品を生活空間の中に置いてみませんか?
眺める度に、きっと違う表情を見せてくれることでしょう。

ご希望の方はFB経由か、Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡ください。

※本優待につきましては、1VA以上大黒貴之本人からご購入いただいた方に限定させていただきます。2017年12月31日の時点で3VA以上保有しておられたVALUERの方はこの限りではありません。どうぞご了承くださいませ。

VALUERS(3~10) 2018/01/15~2018/02/28

大黒 貴之さんが優待を追加しました。
優待:ZWEI(ツヴァイ)-2- 「VALUERさん限定!アトリエでお茶会」 VALUERさんのご来訪に合わせて、これまで制作してきた彫刻、ドローイング、カーヴ・ペインティングなどをアトリエに展示します。そしてその空間の中でお茶をしましょう!

アトリエには制作中の作品、何気ないメモやスケッチ、試作品、材料、道具などが至るところにあります。それらは展覧会に出すことはそうそうありません。

実物の作品に加えて、作品が生まれるまでのプロセスの断片を垣間見ることができます。

ご希望の方はFB経由か、Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡ください。

もちろんご家族やご友人たちとご一緒にお越し下さることも可能です。

お互いのスケジュールを調整し詳細を決めましょう!

VALUERS(2~10) 2018/01/14~2018/02/28

大黒 貴之さんが優待を追加しました。
優待:EINS(アインス)-1- 「ドローイング(ポストカードサイズ)」 1VA以上保有の方に、ポストカードサイズ(148×100cm)の新作ドローイングを進呈いたします。

アクティビティでも投稿している自身のドローイング。
僕のドローイングは、作品をつくるためのスケッチでも図面でもない、彫刻や絵画、インスタレーションが現前する以前のアメーバのような原始的なものです。ヨーロッパでは、ドローイングばかりを蒐集するコレクターも存在するそうです。

現代アート作品を生活空間の中に置いてみませんか?
眺める度に、きっと違う表情を見せてくれることでしょう。

ご希望の方はFB経由か、Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡ください。

保有者全員 2018/01/13~2018/02/28

大黒 貴之さんが優待を追加しました。
優待:EINS(アインス) -1- カタログ「アートと自然の融合」をお渡しします ベルリンのギャラリー、セミヨン・コンテンポラリーと協同で編集しじっくりと作成した自身の初カタログです。

エディションは500部(そのうち約250部はギャラリーが管理)で日本にはそれほど部数は残っておりません。

彫刻、ドローイング、ウォール・オブジェクト、平面作品の他に日独英語で書かれた作品の評論も掲載されています。

カタログの冒頭ページにサインを致します。

ご希望の方はお1人様1冊限りでFB経由か、Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡ください。

その際に、お名前、ご住所、電話番号をお伝えください。

送料はこちらが負担いたします。(海外にも発送いたします)

今後とも応援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

大黒貴之

・・・・・

「アートと自然の融合 /
DIE HOCHZEIT VON KUNST UND NATUR」

2016, 20 x 25.5 cm, ソフトカバー, 80頁, カラー,
エディション 500部, ISBN-No.978-3-9816830-3-5
発行者 Semjon Contemporary

http://k-daikoku.net/catalog/

お教えいただいたデータはカタログの発送のみに使用致します。

保有者全員 2018/01/13~2018/02/28

大黒 貴之さんが優待を追加しました。
優待:NULL(ヌル)-0-【Kindleで観る:大黒貴之の作品電子カタログ】 彫刻作品の電子カタログ「Takayuki Daikoku sculpture」を、ご希望の方に(VALUER以外の方にも)お渡しいたします。

日本とドイツで制作した彫刻の代表作を収録しております。

約60頁のボリュームになっております。

データ形式はKindleで観ることができますよう、mobiファイルで作成しております。Kindleならではのカタログ感をより味わってもらえるのではないかと思います。

電子カタログのデータをご希望の方は、FB経由、またTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡ください。

私のipadで確認しましたところ、うまく表示されていますが、デバイスによって若干表示が異なりますのでその旨ご了承ください。

このカタログを通じて、彫刻家・大黒貴之の世界観をより感じていただければ幸いに存じます。

(NULLはドイツ語で「ゼロ」を意味しています)

保有者全員 2018/01/13~2018/03/31

大黒 貴之

水野酒店に隣接する蔵と道に挟まれた空間に展示した彫刻作品。道の反対側から離れて撮影した写真です。白い雫のような彫刻は漆喰を使用しています。水野さんから東京在住の左官職人さんを紹介していただき、この作品のための漆喰を大船渡まで郵送してくださいました。独特のマットな漆喰の白は自然の色を感じさせてくれます。

・・・・・

彫刻

whitedrops & blackline No.4
2016
水野酒店
サイズ可変
ミクスドメディア
岩手県大船渡市
Photo : Takayuki Daikoku

大黒 貴之

2016年8月、5年半滞在したドイツから日本に帰国しました。帰国前に岩手県大船渡市で開催される三陸国際芸術祭2016というアートティスト・イン・レジデンス型のアートイベントに招聘されました。滋賀県に帰省することなく、ラーテノウから直接大船渡に現地入り。そのまま約1か月間滞在し、制作をする生活を送りました。

現地の方々にも制作を協力していただき、滞在中、5点の彫刻を制作しました。写真はそのうちの一点です。同市の水野酒店という老舗で、日本酒「酔仙」は銘酒です。その酒店に隣接している蔵があり、その前の空間に展示をさせていただきました。

・・・・・

彫刻

whitedrops & blackline No.4
2016
水野酒店
サイズ可変
ミクスドメディア
岩手県大船渡市
Photo : Takayuki Daikoku