大黒 貴之 ・ 彫刻家!
現代アート系の彫刻家です。

大黒で「だいこく」と読みます。

これまでに2度の渡独を行い、ベルリンを中心に約6年半活動を行ってきました。所属はベルリンのギャラリー、Semjon Contemporaryです。

Webサイト「彫刻のない美術館」に作品や文章を掲載しています。
http://k-daikoku.net/

1976年滋賀県生まれ。2001年大阪芸術大学大学院(彫刻)を修了後、コネなし、語学なしでヨーロッパの現代アートの中心地であるベルリンで個展を開くことを目標に渡独。

2003年までにベルリンでグループ展、個展を行い、国際木彫シンポジウムにも参加。帰国後、関西を中心に活動。2011年、再び渡独を断行。2012年、ベルリンのギャラリー、セミヨン・コンテンポラリーに所属、グループ展や個展を多数開催。ブランデンブルク州ハーフェルランド郡やピーター・トンプソン財団と連携し、ブランデンブルク州ヴァーゲニッツ村の自然公園内やヴェーゼンベルグ市彫刻パークに大型彫刻を展示する。

約5年半の滞在を経て、2016年夏に帰国、滋賀県を制作拠点にする。「アンビバレント(両義性)」をテーマに、彫刻、ドローイング、ペインティング、インスタレーションを表現方法にしています。

現代アートにも触れてもらえる1つのきっかけになればと思います。VALUの資金は作家活動や制作の展開につなげていきたいです。
Ryosuke Kamohara 2VA
日高研の助教(仮)エロティックルネ 2VA
Youji Kitaura 1VA
Yu Hasegawa 1VA
しましまP (@shimakid) 1VA
K. TOMONO研究者@嫁ざんまい 1VA
アンバー遥 1VA
かとうともき@α波で新たな経済圏 1VA
Aika@VALU People広報部 1VA
つよしやま☆マジシャン☆静岡の中心でVALUを叫ぶ 1VA
坂本親一  1VA
坪田佳大@海外で活動する人を応援するよ! 1VA
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんがアクティビティを更新しました。 19時間前 ウォッチ中
デッサンと研究所(前)

「美大に行きたいのですが、どうすればいいですか?」

美術の先生にそう尋ねたのは高校3年の春でした。

美大の受験にはデッサン課題があるので、どうやら研究所(デッサンなどの絵を習う教室)というところへ通ったほうがいいらしい。

そのようなことを初めて高校3年の始め頃に知りました。

ぼくが通っていた高校の美術科に来ていた若い先生。

その先生が、ちょうど研究所を開設したというので、そこを紹介してもらいました。

研究所の教室の中には、ぼくたちが普段見慣れているコーラ缶、レンガブロック、布きれ、スコップ、ワインやビール瓶、コンクリートブロックなどが教室の棚にそれに石膏像が数体机の上などに所せましと置かれていました。

「なんでこんなもんがあるんや・・・」

・・・・・

研究所では、1日3時間くらい、夏休みなどの長期休みには6時間くらい、デッサンや色彩構成の課題をしていたと記憶しています。

初めて描いたデッサンは確かコンクリートブロックでした。

絵を描くことには自信があったので、「なんでこんなもん描かなアカンねん」と内心思っていました。

しかし、実際に手を動かしてみると頭で描いているイメージと描き出された絵が全然違うのに気が付きます。

デッサンのトレーニングを積んでいくと観察することを覚えます。

普段何気なく見ているものには、たくさんの要素が含まれているのが観えてきます。

つまり、ぼくが平素見ていたものは、見ているようで実は見えていなかったのです。

カタチ、構成、色、質感、重量感、空気・・・

それらを紙の上に鉛筆で表現していきます。

研究所の仲間たちとは、同年代で同じ志を持っていたこともあって、すぐに仲良くなりましたし、研究所では、互いに絵のことなどについてアドバイスを言ったり言ってもらったり。

それに、研究所の外でもよく遊んだりしたものです。

当時は、ひたすらデッサンを描く日々を送っていたように思います。

研究所でデッサンを描いているときは、鉛筆の「カサカサカサッ」という音しか聞こえてきません。

その独特の音が今もよく記憶に残っています。

(後半へ続きます)
39
4
  • 画家taro3@静かな革命家「カサカサカサッ」という音のところ読んで、すっかり忘れてしまっていたデッサンを皆で描いてたときの記憶が蘇りました (・o・) 18時間前
  • コテラトシノリ@その木暮らし。頭の中のイメージもデッサンする事を積み重ねればいつか思い通りに書けるようになるでしょうか。自分の頭の中にあるものと書いたもののかけ離れ過ぎにいつも失笑してしまってます(笑) 18時間前
  • 大黒 貴之 ・ 彫刻家! 画家taro3さん、コメントありがとうございます!taro3さんもお聞きになられていましたか、あの鉛筆の独特の音、「カサカサカサッ」。懐かしい記憶ですね☆ 5時間前
  • 大黒 貴之 ・ 彫刻家!コテラさん、こんにちは!デッサンは観察力を鍛えるため、そして、鉛筆でそれを表現するための筋トレのようなものだと思います。ですから、そのトレーニングをすれば、描写したものが頭に残ります。そして頭に記憶されたものを鉛筆で描く技術で再現できるようになるのだと思います。 5時間前
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんがアクティビティを更新しました。 1日前 ウォッチ中
ドローイング

O.T / 無題 (14-2016)
2016
29.7×21.0 cm,
紙に鉛筆
photo: Takayuki Daikoku

https://twitter.com/Gross_Schwarz/status/920999612919431168
(Twitterでより大きな画像を見ることができます)
36
0
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんがアクティビティを更新しました。 1日前 ウォッチ中
ツイッターで簡単にビットコインが送金できる「CoinTip」

タカギ タイキチロウさん企画の「おひねり」に参加しました。

https://valu.is/taikichiro

ぼくのウォレットにタカギさんのインコがおひねりを運んできてくれました♪(あれっ、もうインコたち、寝てたような…)

何事も初体験はドキドキするものです。

しかし、なんだか、また新しい展開の予感も。

polcaもそうですが、この少額からできる投げ銭のようなシステム。

今後、拡大していく気配が漂っているように感じます。

タカギさん、新感覚を味わいました。

ありがとうございます♪
32
0
  • まだコメントがありません
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんがアクティビティを更新しました。 2日前 ウォッチ中
大学は、絵画専攻で入学しました。

当時のカリキュラムで1~2回生の間は、彫刻~絵画、版画までの制作を幅広く体験することができました。

その中から自分に一番合っているなと感じたのが「三次元のものをつくること」でした。

また、故郷では、田んぼや琵琶湖、山に川という環境でよく遊んでいたため、自然の素材を使いたいという欲求に駆られていたようです。

初期作品には、荒縄と木が主に使われています。

日本にいた時、その「三次元のもの」は、なんなのかよくわかっていませんでした。

その後、2001年の秋、ベルリンに渡ったことがきっかけで、それは「彫刻」だと気づきはじめたのです。

・・・・・

彫刻

巻 1998 / Coil 1998
1998
H280×W120×D120cm
木・荒縄

https://twitter.com/Gross_Schwarz/status/920638487690338304
(Twitterでより大きな画像を見ることができます)
47
0
  • まだコメントがありません
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんが限定公開でアクティビティを更新しました。 2日前
VALUER限定公開 VALUERになる
0
0
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんがアクティビティを更新しました。 3日前 ウォッチ中
彫刻

woodwing
2016
アカシア・合板・彩色
63×53×49 cm
photo:Takayuki Daikoku

https://twitter.com/Gross_Schwarz/status/920279894218510337
(Twitterでより大きな画像を見ることができます)
49
0
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんがアクティビティを更新しました。 4日前 ウォッチ中
最寄り駅を出たところにあるバスロータリー。

外は雨降る夜。

ドイツから来訪された日本人と1年ぶりの握手をする。

ベルリンに17年在住のフリーライター、ジャーナリストの中村真人さん。

ドイツ・ブランデンブルグ州の小さな村ヴァーゲニッツで開催された野外彫刻展「ランドアート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツ」

同展覧会はベルリンやブランデンブルグ州の新聞、雑誌、ラジオ等で取りあげられました。

一方で、取材、記録をしてくださった日本人は中村さんが唯一でした。

そのことにとても感謝をしています。

自宅での食事や琵琶湖に浮かぶ有人島「沖島」、ぼくの仕事場への訪問など、その間、今のドイツや日本のこと、両国の歴史、お互いの仕事のことから、祇園の天ぷら専門店の話まで話題は多方面に渡りました。

ぼくの仕事場の事務所に貼っているメモや写真。

展覧会のようなかたちでは外に出ることのない、この記録をじっくり観ておられた姿が印象的です。

帰り際、駅の改札を渡ってから、彼が何度も振り返りながら手を振る光景。

見送る側はなんとも名残惜しいものです。

ベルリンやラーテノウで同じ風景を見ていただけに、まるでドイツにスリップしたようでした。

ぼくに渡してくださった岩波書店の「世界」に掲載されている、中村さんの記事「生への列車・キンダートランスポート」

今夜はその記事をゆっくりと拝読させていただきたいです。

・・・・・

中村さんが取材してくださった記事です。

「発掘の散歩術(62) – 番外編:ブランデンブルク州 彫刻家 大黒貴之さんと巡るハーフェルラント」
http://berlinhbf.com/2015/09/06/3959/
(ランドアート・シュロスパーク・ヴァーゲニッツに関する記事です)

「発掘の散歩術(75) -番外編:ブランデンブルク州 市制800年 ラーテノウを歩く-」
http://berlinhbf.com/2016/10/15/4881/
(ぼくが住んでいたラーテノウの街のお話です)

・・・・・

きっとまたドイツか日本で再会できる日が来るでしょう。

点と点がつながっていくプロセスとはこのようなものなのかもしれません。
52
0
  • まだコメントがありません
大黒 貴之 ・ 彫刻家!さんがアクティビティを更新しました。 6日前 ウォッチ中
わたしのドローイングはスケッチではなく、彫刻が現前する、前兆、もしくは予兆のようなものです。

・・・・・

ドローイング

2016
29.7×21.0 cm,
紙に鉛筆
photo: Takayuki Daikoku

https://twitter.com/Gross_Schwarz/status/919197964765052929
(Twitterでより大きな画像を見ることができます)

・・・・・

あと、トップ画面の作品写真を変更しましたよ。

「連綿 -ununterbrochen-」の展覧会風景です。
2013年
セミヨン・コンテンポラリー(ベルリン)
photo:Jürgen Baumann
58
2
  • Akira Nakanisi@愛媛鉛筆✏️でこんなに繊細に描けるんですねΣ(゜Д゜)素晴らしいですo(^-^o)(o^-^)o🎵 6日前
  • 大黒 貴之 ・ 彫刻家!Akira Nakanisiさん、コメントありがとうございます!ドローイングは「自分の線で描く」ことが大切とされています。シンプルな鉛筆が故に誤魔化しが効かないので、なかなか奥深いものです。ぼくのドローイングや彫刻から何かを感じてもらえたり、発見してもらえれば、作家としてとても嬉しいです☆ 6日前