THE WORLD OF DAIKOKU

キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

大黒 貴之

彫刻家

現在値 0.009000BTC
時価総額 2.700000BTC
発行VA数 300VA
現代アート系の彫刻家です。

大黒で「だいこく」と読みます。

【バイオグラフィー】
1976年滋賀県生まれ。2001年晩秋、コネなし、語学なしでヨーロッパの現代アートの中心地であるベルリンで個展を開くことを目標に渡独。2003年までにベルリンでグループ展、個展を行い、国際木彫シンポジウムにも参加。帰国後、関西を中心に活動。

2011年、再び渡独を断行。2012年からベルリンのギャラリー、セミヨン・コンテンポラリーに所属し、グループ展や個展を多数開催。ブランデンブルク州ハーフェルランド郡やピーター・トンプソン財団と連携し、ブランデンブルク州ヴァーゲニッツ村の自然公園内やヴェーゼンベルグ市彫刻パークに大型彫刻を展示する。

約5年半の滞在を経て、2016年夏に帰国、滋賀県を制作拠点にする。「アンビバレンス(両義性)」をテーマに、彫刻、ドローイング、ペインティング、インスタレーションを表現言語にしている。


【VALUの資金について】
作家活動や制作の展開につなげていきたいです。また現代アートに触れてもらえる1つのきっかけにもなればと思っています。
大黒 貴之

【展覧会のお知らせ】

6月8日からベルリンのセミヨン・コンテンポラリーで個展「Faltzeichnungen/Fold Drawings」を開催させていただきます。ベルリンでの個展開催は2016年以来、約2年ぶりになります。

本展覧会は、2017年から制作を始めたフォールド・ドローイング・シリーズを出品します。Fold(折って)drawing(線を引く)という意味が含まれています。

上記の案内状に掲載されている180×283cmの大型作品と先般、ベルリンで開催されたアートフェア、Paper Positons Berlinにも出品された作品等を展示する予定です。

今回は、同展覧会のオープニングにも出席します。ベルリンでの作品発表や現地の友人知人との再会、今からとても楽しみにしています☆

・・・・・

個展 「Takayuki Daikoku : Faltzeichnungen / Fold Drawings」
会期:2018年6月8日~7月14日
オープニング:2018年6月8日19時~21時30分
場所:Semjon Contemporary Berlin
http://www.semjoncontemporary.com/

大黒 貴之

5月16日まで東京のMARUEIDO JAPANで開催されていました展覧会「Diffusion」。今回の展覧会は、多くの方々に作品をご覧いただける素晴らしい機会になりました。VALUを通しても、実物の作品に触れていただき嬉しく感じております。お越しくださった皆さま、ありがとうございました!ある方からは、「ネットの画面上でみるのと実際にみるのとでは全然違いますね」と。リアルから感じ取るデータ量は違うものだと改めて思った次第です。今回の多くの出会いを機に、国内でも作家としての活動がグググっと広がっていく予感をしております。

6月は、8日からベルリンのセミヨン・コンテンポラリーで個展、下旬からは再びMARUEIDO JAPANで個展を開催せていただく運びになっております。同月に、二つの個展を開催するのは初めてのことです。2016年に帰国してから今の仕事場を準備し、黙々と制作を続けてきた作品は、今年、ほぼ全て公の場に出ていくことになります。チャンスというものは当然にやってくるものだと思います。だからこそ、「普段の素振り」が、そのような時に効いてくるのでしょう。

6月、東京の個展でも作品をご覧いただければとても嬉しく思います!
引き続き、制作、個展準備、頑張ります。

・・・・・

Diffusionに展示されたドローイングと彫刻「ドッペルケレス」

大黒 貴之

目下、MARUEIDO JAPANにおいて展覧会DIFFUSIONが開催されております。

明日10日午後~12日の3日間在廊いたします。お近くにお越しの方は是非お立ち寄りください。どうぞよろしくお願いいたします☆会期は5月16日までとなっております。

大黒 貴之

4月26日~29日までベルリンの中心部にあるドイツテレコム首都オフィスで開催された「Paper Positions Berlin」の展示風景です。一緒に出品されたイスラエル出身の作家Gil Shachar氏との2人展です。Paperというテーマが設けられていて、「紙」に特化した作品が出品されていました。世界各地で開催される現代アートのアートフェアのほとんどは、主催者側の審査を通ったギャラリーを通してしか作品を出品できません。ですので、このように展示をしてドイツの多くの方たちに観ていただけるのは光栄です。

僕の作品はドローイング、ウォール・オブジェクト(壁掛け作品)、フォールド・ドローイングが展示されていました。作品に強く興味を示してくださった方もおられ、次のベルリンの個展に向けてのステップにもなったと考えています。

目下、ベルリン、東京で開催される6月の両個展に向けて制作に邁進中です。

大黒 貴之

ドローイング

Fold-drawing (red-green-blue 02-2018)
2018
29.7×62cm
紙に鉛筆とアクリル絵具
photo:Takayuki Daikoku

大黒 貴之

2017年から制作し始めたフォールド・ドローイング・シリーズです。つまり、Fold(折って)drawing(線を引く)という意味が含まれています。

今週、4月26日から29日に渡ってベルリンで開催されているアートフェア「Paper Positions Berlin」に出品中です。ベルリン中心部にあるドイツテレコムのオフィスを舞台にした、紙媒体の作品に特化したアートフェアです。イスラエル出身の作家Gil Shachar氏と二人展形式でドローイングを出品します。ベルリンのSemjon Contemporaryとのコーポレートになります。

線というのは通常、鉛筆やペン、筆などで描きますが、このドローイングに描かれている線の1つは折ることによって描かれています。また、折って描かれた線の周辺は、鉛筆や筆で描かれています。ただ、そのどちらも「線」であることには違いありません。線の境界はどこにあるのでしょうか。

・・・・・

ドローイング

フォールド・ドローイング(red-green 01)
2018
27.2×19.7cm
紙にアクリル絵具と鉛筆
photo:Takayuki Daikoku


Paper Positions Berlin
アーティスト:Takayuki Daikoku(日本)・Gil Shachar(イスラエル)
ギャラリー:Semjon Contemporary
会期:2018年4月26日~29日
場所:ドイツテレコム首都オフィス / deutsche telekom hauptstadtrepräsentanz
jägerstrasse 42-44 / corner oberwallstrasse 10117 berlin

大黒 貴之

東京展覧会・天草ボタンとライブハウス

先週、東京滞在中にTwitterを眺めていたら、なんと天草ボタンの井上さんが三軒茶屋のライブハウスでボタンを販売しているとの情報が!しかも、その場所は坂本さんが主催するライブ!これは行かねばと会場に向かい、念願の天草ボタンを購入いたしました。生演奏も満喫でき、大満足の夜でした☆

次の日、展覧会DIFFUSIONのオープニングにもお二人にも来ていただきました!ありがとうございました!!次の展覧会の時の服装には、天草ボタンをワンポイントにしたいです♪

昨日、4月24日から展覧会「DIFFUSION」がMARUEIDO JAPANにて開催されています。お近くにお越しの方は是非作品をご覧ください!

会期 | 2018.04.24 - 2018.05.16
時間 | 11:00 - 18:00
閉廊日 |日・月・祝日 ※ 5.3(木)-5.5(土)は開廊
場所 | MARUEIDO JAPAN
東京都 港区 赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー1F

6月8日からベルリン、その後、東京でも個展が開催されます。夏にかけて、ダブル個展となりますので、これから制作にエネルギーを集中していきます。更新が少なめになると思いますが、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。作品、展覧会情報、追ってお伝えしていきます。

大黒 貴之

24日から始まるMARUEIDO JAPANのオープニング展には、彫刻とドローイングを出品します。日曜日、運送会社の方が仕事場に来られて、作品は東京へ運ばれていきました。

月刊ギャラリー4月号には、展覧会「DIFFUSION」の告知がなされています。その枠に僕のドローイング「O.T/無題」(04-2014)」も掲載されております。機会がございましたら当書籍も是非ご覧ください!

月刊ギャラリー4月号・63頁・株式会社ギャラリーステーション発行

大黒 貴之

【展覧会のお知らせ】

2018年4月24日より六本木と溜池の間、六本木通り沿いに新しいギャラリースペースを構えMARUEIDO JAPANが始動します。その記念すべきオープニング展に参加させていただく運びになりました。僕は新作の彫刻とこれまでに制作したドローイングを展示させていただきます。お近くにお越しの方はどうぞ当展覧会をご覧ください!

[DIFFUSION]
会期 :2018年4月24日~2018年5月16日
時間 :11:00 - 18:00
閉廊日 :日・月・祝日 ※ 5.3(木)-5.5(土)は開廊
場所:MARUEIDO JAPAN
107-0052 東京都 港区 赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー1F

Website:http://marueidojapan.com/
Facebook:https://www.facebook.com/MARUEIDO.JAPAN

大黒 貴之

ドローイング

Fold-drawing (red-blue 12-2018)
2018
14.8×10cm
紙に鉛筆とアクリル絵具
photo:Takayuki Daikoku

大黒 貴之

第二回KUMINO合宿は、やさしい春の陽気に包まれる中、終了しました。イベントが終わり、1日が経ちましたが、僕の中ではその余韻が残っています。

メインイベントのワークショップでは「KUMINO×大自然×DAIKOKU×偶発的創造」をテーマに「クミノ・カーテン」と「クミノ・サークル」の2点をつくりました。自身の仕事場で行った井上さんとのKUMINO研究や事前に足を運んで見た、川の現場からも当日に向けてイメージを起こしてきました。今回は、子どもが多く参加されるということだったので、彼女/彼らにも是非この制作に加わって一緒に遊んでほしいなと考えていました。

「クミノ・カーテン」では、先ず最初の取っ掛かりを大黒が中心となって付けていきました。「一体何ができるのだろう」と各々の方が思っておられたことでしょう。しかし、少しずつ形が現れ始めると、参加者の方々がパーツをつくりだし、また各々がイメージしたフォルムを「カーテン」に組み込んでいく様子を見ることができました。その中で、子どもたちが「はい、これできたよ!」と自分がつくったパーツを持って来てくれたことがとても嬉しかったです。参加者の方々がつくった「フォルム」を活かしながらも、構図的にもう少しこうすればよいのではないかと思うところは、大黒がほんの少し手を加えながら構築していきました。このカーテンでは、僕が全ての指示を与えてつくるより、このようにしたほうが、きっと自分が想像した意外の「ナニモノか」が出現するだろう思っていました。

このカーテン制作で、もう一つ考えていたこと。ある画家の方にかつてこのように教えてもらったことがあります。「大作を制作した経験があると、小さな作品の質も良くなる」と。僕はこれまでに4mを超える彫刻や2mほどの絵画なども制作してきましたが、一方でハガキサイズの小さなドローイングも描いたりします。大きな作品をつくった経験の後のほうが、小さな作品の質も上がったように感じています。1000パーツほどのKUMINOを用いた大型の造形物をつくるのは全員が初めての経験だったと思います。ですので、きっと、今回のワークショップでも、大きなオブジェ制作に臨むことによって、得ることができる感覚や記憶があるではないかと想像していました。

2日目の朝から行われた2作品目「クミノ・サークル」。主に女性と子どもたちが率先してサークルをつくってくださっていました。それも、物凄いスピードと正確さで。少し時間が経って、振り返るたびに、みるみるそのサークルは姿を現し始めています。展示候補であった大きな樹の下に出来ている洞穴の中に男性陣がサークルを運び入れ、箕川の自然とクミノ・サークルは融合しました。おそらくカーテンを先につくった経験があったからこそ、このサークルの制作展示も上手くいったのだと思っています。カーテンは約20時間、サークルは2時間ほどだけ姿を現し、そしてまた元の1つのピースに還っていきました。ワークショップの時だけでなく、同じ釜の飯を食べ、酒を飲みながら交わした会話や同じ焚火を眺めながら想いに耽った時間もまた、今回のワークショップの一部だったように思います。

当初、掲げていた4つのテーマがリンクしたオブジェが具現化したと僕が感じております。そして、今回のワークショップを通じて、KUMINOの新しい展開や発想につながり、ジワリジワリとその世界観が世に広がっていけばと思います。この時間と光景が、どうぞ素敵な記憶となって残っていきますように。何より、一緒に遊んだ子どもたちの脳裏に、五感で体験した今回の思い出が刻まれますことを。

イベントを共に進めてくださった運営のお三方に心より感謝申し上げます。そして、遠方からお越しくださった多くの参加者の皆さん、KUMINOオブジェを一緒に具現化してくださり、本当にありがとうございました。お陰様で、僕も素晴らしい時間を過ごすことができ、新しい光景を観ることができました。

今日から新年度が始まりました。皆さんもKUMINOも、新しい門出と出会いがありそうですね。またお会いできますことを心より楽しみにしております。

春のやわらかな風を感じる近江の仕事場より。

大黒貴之

大黒 貴之

今週末は、いよいよ第2回目のKUMINO合宿です。

先般、ワークショップを行う現場を下見にいきました。KUMINO工房がある箕川町をグルリを囲むように川が流れています。その川に沿って歩いたり、山にも登りながら、ワークショップに適した場所を探しました。いくつか候補が挙がり、その中で、川の中洲地帯が良いのではないかとなりました。KUMINO工房から歩いて5分ほどのところで、子どもたちが遊べる場所でもあることがその要因になりました。

ワークショップでは、僕が描いたスケッチを見ながらオブジェをつくっていただきたいと考えています。しかし、スケッチは僕の最初の構想にしかすぎません。今回の制作テーマの1つとして、「偶発的創造」という概念が入っています。それは、スケッチを見た参加者の皆さんが、それをどのように具現化させていくのかを考えながら制作していただきたいのです。そうすることによって、僕が思い描いているイメージからさらにジャンプした「何か」が目前に現れるだろうと思っています。

1.「つむ」「くむ」 「かみあわせる」という特性を持つKUMINOを、2.奥永源寺の清流に囲まれた大自然の中で、3.大黒がイメージしたオブジェのスケッチを基に、4.参加者の皆さんが思考しながら組み立てる過程の中で発生する「偶発的創造」

そのようなKUMINOオブジェを一緒に具現化させていきたいと願っております。

自然の中で、大人と子どもが「あーでもない、こーでもない」とコミュニケーションを取りながら、KUMINOを用いて真剣に遊び、オブジェを構築していくプロセス。夜の食事や焚火などで共有するひと時。その場所でしか体験できないそのような時間が余韻となり、素敵な記憶になっていけばと思っております。

今回も、皆さんと一緒に素晴らしい時間を奥永源寺で過ごせますことを心より楽しみにしております!

大黒 貴之

個展1「3×SOLO Sculpture & Carve Painting」(部分)
Semjon Contemporary Berlin, 2016

左: woodbreeze / 木風, 2016, オーク・鉄・彩色, 53×28×26 cm

右:small Ceres, 2016, オーク・和紙, 8.5×19×10 cm

photo:Takayuki Daikoku

大黒 貴之

ドローイング

Fold-drawing (red-white)
2017
20.8×14.8cm
紙に鉛筆とアクリル絵具
photo:Takayuki Daikoku

大黒 貴之

ドローイング

O.T / 無題 (34-2016) for H.N.Semjon
2016
29.7×21cm
紙に鉛筆
photo:Takayuki Daikoku

大黒 貴之

「白梅・彫刻・石楠花」

3月初旬、庭に成る白梅が開花した。

10代、20代の頃は庭の木にはそれほど愛着も無かったが、近年、何故か急に心を惹かれるようになっている。その中でも、この白梅と金木犀は特に気に入っている。共に祖父が植えたもので、何年経つのか定かではない。ただ僕が幼少の頃にはすでにあったので、少なくとも40年はここで我が家を見守っているのだろう。

何故それらの木に魅了されているのか、よく分析できていないが、自分のこれまでの歩みに加えて、祖父がそれらの木を植えた事がリンクしているは事実である。

先般、愛知に搬入した作品は残念ながらその地にはご縁が無かった。先週末、また関ヶ原を越えて迎えに行った。きっと他のところで「起こり」があるのだろう。一方で、東京のギャラリーの方が「作品を観たいです」と言ってくださり、滋賀に来訪くださった。彫刻とドローイングをグループ展に出品させていただける運びになった。4月下旬に新しくオープンするギャラリー。その展覧会はオープニング展になる。大変光栄である。

アート作品が誰の手に渡って行くのかは、僕が白梅や金木犀に感じた「起こり」のようなものなのかもしれないなと最近感じる。誰かがそこに木を植え、長い時間の経過があり、そして、それが良いと感じる瞬間がある。

本当に良いのかどうかがわかるまでには長い時間がかかるのだと思う。アート作品はそれが顕著に現れると考えている。彫刻家を志して20年ほどが経つが、そのような縁起という出会いの不思議さに人間賛歌のようなものを感じている。作家はその「縁起の間」でただただ作品をつくらせていただいているだけなのかもしれない。

5月頃には、この白梅の隣に成る石楠花が淡赤の花を咲かせるたろう。

11年前に他界した父親が植えた石楠花。