キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

Taro Yamano

自然農法家 路上野菜売 詩の民主花

現在値 0.000230BTC
時価総額 4.600000BTC
発行VA数 20000VA
種を蒔いて自給する暮らし
からひとつ進んで
阪神間の里山にある僕の田畑は
公園という現象
' Central Park'になりました。

もっと多くの人が自由に
農耕採集して暮らせるように
世界に優しく' Central Park'を
拡張し共存したいです。

自然農法家 natural farmer
闇市主催 vegetable pusher
現代百姓 green guerrilla
詩の民主花 daydream believer of poetry reading

https://yamsai.stores.jp
六甲山界隈からhappy setを流通させています
Taro Yamano

啓蟄が過ぎて春の匂い。
帰ったら暖かくてびっくりです。
大地が芽吹いてくると
穀雨あたりまで種まきラッシュなので心拍数があがります。

種まきはタイミング。
作物からこぼれた種は
一年のうちのここしかないタイミングで芽を出しますが、僕らは人間。
ジャストタイミングで蒔けるかどうかは体感と経験と実験と実践で積み重ねてなお外すことも多々あります。

なおかつ僕のやり方は水やりなども全く一度もしないのでこの時期は毎日天気と気温と暦とにらめっこ。

急に暖かくなるとはやくはやく、って思いますが遅霜などグッと冷える日をやり過ごしたり、暖かい静かな雨の前を狙ったり。

社会的なスケジュールはなんの役にも立たない地球の生物の1つになれるこの感覚が好きで畑に立っているのかもしれません。

Taro Yamano

高田みどり さん。

最近界隈でもブームになってて、
ポートランド(正しくはブロッコリー)の禅ピーポーから逆輸入的に入ってきたアルバムと派生したMIXやライブ音源に
夢中になってます。

というのも教えてもらったんだけど
エナジーチャイムの音ぽいやつが
本当に身体に心地よくて
これは自分でも欲しいなあ、と思っていて何かと気にしていたら鉄琴系でも探し物が、
少し方向が変化しました。

アウリスグロッケンのクロマティック20音。

知りませんでしたがシュタイナー的な話らしくてクレヨンハウスとか大地守るあたりでも売ってたぽい(高い)。
なんでused見かけたら教えてほしいです。

鏡の向こう側↓
data:text/html;base64,PG1ldGEgZGF0YS1mYnByZWZldGNodGFyZ2V0IC8+


「時間と体、体の内部に向かうことに対し体がどう反応するか」というテーマを掲げ、マリンバ、ゴング、カウベル、オカリナ、タムタム、足踏みオルガン、土鈴、コーラの瓶、シンバル、ビブラフォン、ピアノなど様々な楽器を一人で演奏し、オーヴァーダビングを重ねて完成させた作品。

Taro Yamano

short sleeper

ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。




朝風呂に入り
朝ごはんもお弁当も済ませて
夜明け前の外は雨ですので
畑にも出れず(昨日種まきたくさんしてよかった)なので
ショートスリーパー考察でもしようかなと思い立ち。


ショートスリーパーでいることは
デイドリーマーでいることが必須です。
空想家。
調べるとそうでてきますが、
僕と1日以上の時間遊んだりした人は
知っていると思うのだけど
日中、行動しながら
脳のほとんどがスリープしている状態の時を見かけると思います。
なにもみていない。

この時僕はデイドリーマー状態に
入っています。
目の前の現実をこなしている僕は
さながらコピーロボットであって
ほんとの僕は
眠っている。
そして夢を見ている。

時計を放棄して10年ほどでしょうか。
うちには時計がない(アイホンとかあるし常識はある)。
目覚ましをかけなくても
朝の時間を持て余すなら問題ない。
まあどこにも何にも属してないから成せるのでしょうが。
なんせ決められた時間がないのだから。

日中に脳が眠ったのだから
頭は覚醒している。

しかし健康のためには
身体も休みたい。
そのためのショートスリープ。
ついでに脳もスリープ。

ここでありがたいのは
風邪を引いたり健康を害していると
起きない。

ということは数時間後に目覚めた(日の出前が多いけど眠る時間も決めていないのでバラバラ)場合は健康。

長く寝る時はそういうこと。


時間がなくて困ってる人は
デイドリーマーでショートスリーパーになるといいです。

Taro Yamano

[世界の路上から]

日本の路上に戻りました。

一週間ほど毎晩座り続けた、微笑みの国の南の南の方の路上は、アメリカの属国であり世界的には対等な国の国旗、仲良くなったビーチボーイズやギャングに言わせるとタイ、オーストラリア、ニホンがセンターラインでありました。先進国のトップだと思って思考停止に陥っている日本人に比べて路上の人たちまで世界情勢を気にして暮らしています。

経済的な豊かさもロシア人と中国人で溢れるダウンタウンの路上では日本人は貧困だとイメージでした。
豊かさは閉塞感に変わるこの国とは違い、路上は解放感で溢れていました。

出稼ぎにくるカンボジアやラオスの人たちの経済観も低く、現地のタイ人もそうですが日本とは違いせっせと一日中働けばそれなりにはなるようで、どんどん搾取される私たちよりも幸せなのかとも思いました。
またベトナム人に危険な被曝労働を、隠して除染作業をさせている日本が恥ずかしくもあります。

仲良くなったファーマーは米のための池に魚を育てろと、食えたらそれで幸せだと、僕ら界隈とシンクロして、有事の際には俺の農園へ来い、うまいナマズ食わしてやる、と大飯原発再稼働に向けていい話ができました。

もちろんブッダスティックやコーク、エクスタシーは大流行でそのあたりは日本やオーストラリアと変わらずですが、日本と違ってリガライズへの道が感じられます。とはいえ、警官は悪いのでなにか咎められるとお金で解決せねばなりません。タイ人に笑われる程度の財布の中身の僕はきよつけろファッキンポリスが来るぞ、と踊らさせて笑ったりしてなかなかに悪くない路上生活を送りました。
ポートランドのブロッコリーマグに見られるように、女性のリガライザーが活躍することも必要だと思います。

これからどんどん閉塞していくであろうこの国にある平和は世界の路上に大いにヒントがあります。
アメリカや日本の路上はもはやインターネットの中になってしまった昨今、日本にも活気のある路上を取り戻したいと思いました。
机上のiPhoneに革命は映らない。

Taro Yamano

南の南の方。
今日は一日中路上。
地元の子ら(タイ人)とリゾバの子ら(タイ人)と路上に座り込んで日が暮れる。
コカインと売春に明け暮れる観光客(7割ロシア人2割チャイナ人)がいなくなる子供が寝てる深夜2時からまた路上で待ち合わせてる。
多分座り込むか踊る。
闇タバコ屋もなぜか連日踊りに誘ってくる。
部屋飲みを誘ってくる路上のバイク上彼は鼻ジュルジュルしてるから行かなイン。
毎日登場人物は全員三十代四十代タイ人男子ばっかし。

Taro Yamano

バンコクの南の方へ。

クラブ前の花売りの歯がないおばちゃんと(前の路上で)踊る。
(端折ると)マッサージ屋の店長とTAXI乗りと路上タバコ屋とヒッピーと間違えて(ないか)タバコをくれる警備員とずっと彼女とFaceTimeしてる警備員の助けを得て宿。
路上の人しかいない時間が好き。

Taro Yamano

暖かくなりました。
畑作業をしていると
界隈の友人たちがよく訪ねてくれます。

暖かい日はみんなでランチ。
ベジ料理人や
天然酵母パン職人の方など
食に関する友人が多いので
野外とはいえ
豊かな食事になり
身体の健康状態は
なかなかにいつも良好です。

僕自身も料理や加工が
趣味なので
家にいる時の大半の時間を
キッチンで過ごしています。

子供たちはそれぞれ
食の好みはありますが
野菜料理が大好きなので
作っていて楽しいです。

特に発酵食品は好みなので
また機会ごとに紹介します。

みなさま今日もいい日になりますよう。

Taro Yamano

私のVALUに関わっていただいている
みなさまありがとうございます。
まだこのシステムに慣れていなくて
こちらからのアウトプットのみでごめんなさい。
コツコツ理解してゆきます。

コツコツはとても好きです。

先日の日本中が寒かった日は
水没して凍結してしまった
山の畑の道路を
2日間コツコツつるはしで割りました。

また、今は凍えた大地の表面を
ホーという道具でコツコツ叩いて
タネを蒔いたり
室内で育てた苗を植えたりしています。

そんなわけで日の出です。
コツコツやりに畑で出てきます。
どうぞよろしくおねがいします。

Taro Yamano

be natural!

今朝は春の匂いがする
しかし暴風に見舞われました。
日の出と共に畑に出ると
道具小屋の屋根が吹っ飛んでいました。僕の作る小屋は、総て現象なので
田畑や里山で採集したものや
峠に捨てられたゴミから
その日その日でカタチを変えますので
また明日からは
新しい小屋作りも楽しみです。
阪神大震災を経ているので
そこら辺に有るものを使い
数時間で建てられることを条件に、
またすぐバラせる仕組みを考えています。
午後はイチビラキでした。
界隈でよく会う方にもらった
差し入れの手作りパンの袋に
ジルクレメンの言葉が書いてありました。

《Faire le plus possible avec,le moins possible contre》
できるだけあわせて、なるべく逆らわない

彼の庭は畑の参考にしています。
なるべく群生し自生すると
畑はより自然になり
環境によく健康にも影響すると感じています。
早めに沈んだ夕陽が綺麗でした。

Taro Yamano

春の穏やかさ。
苦楽園という生まれ育った町で
イチビラキの日でした。
友人のオーガニックボトルフードショップにて
たくさんの方と毎週会いますが
先週までと違って
凍えた肩も力が抜けて
みなゆっくり生きている印象です。
寒い冬でした。
夜は雨になるという事で、
午前中は育てた苗を植えたりと
大地も溶けて
農繁期の支度がさあ始まりました。

Taro Yamano

NICE morning!

週に何度かは闇市、の日。
界隈の畑の収穫物を積んで
町に降ります。

闇市に並ぶ野菜の定義は
ケミカルフリー、ベクレルフリー、
そしてフレッシュである事。

10年近くになる事もあって
個性的なお客さんが集まります。

お客さんとはいえ、
現金化や物々交換やドネーションなど
市に関わるスタイルも色々です。

遠方には箱詰めhappy setを
流通させています。

そんな訳で朝は大体パチリと
4:20頃に目が覚めます。

今日もいい朝。

Taro Yamano

VALUdébut!

ひとまず農園便り、というか
奪われた季節感を取り戻す事が
決められた暦の支配からの脱却。
ということで今週は
トウトウフキノトウが顔を出しました。春です。
写真はオオカワジシャの花。
うちの田畑からどこかに紛れた種が
闇市開催場所であるおみせの横の、
街の溝に落ちて群生し、
花が咲きました。
外来種ゆえ、愛でるだけというわけにはいかないでしょうが、せめて種になる前の花を見ていたいなあ。