キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ
ドットドットコム・タワラ@デジタル×アナログ物づくり
ゲーム中心にCGデザイナーとして20年以上活動。
現在はCGプロダクションでアートディレクターとして活動中。

主にゲームグラフィックの仕様作成、クオリティ管理をやってます。
モデリングからモーションまで一通りやります。
デザイン、お絵かきを少し。
大昔本業だったドット絵がVALUで趣味として復活。

3D造形出力、AR、VRなどにも興味あり。
テクノロジーを使った教育に興味あり。
良いご縁お待ちしてます。

3Dプリンターを購入して物作りを開始。
デジタル×アナログを駆使した物作りを模索中。
色々なスキルを持った人との繋がりで徐々に大きな事をやりたいと画策中。
VA持合いでなくともお声がけ大歓迎です。

VALUは色んな職業、人を知るツールとしての活用がメイン。
そこから始まる、形にできる何かを期待しています。
VA売却で得たBTCは気になった方のVA購入に基本あてていきます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3Dプリンターの消耗品など
amazonの欲しい物リスト公開
援助してもらえると作業が捗ります
http://amzn.asia/bXSFZlQ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*****
優待の申し込みはTwitterやFacebookのDMなどでお気軽にどうぞ
*****
See More
VALUを売買する
そんぷ~@香港 20VA
三谷高史 10VA
TURBO (ターボ) 10VA
絵描きのタマ 10VA
クソおじさん 10VA
Ryo@道産子 10VA
An Taro 10VA
タカギタイキチロウ∞インコ編集長 10VA
青木裕一 10VA
加曽利りあら 10VA
Akira Nakanisi@愛媛 10VA
はま@人生のサポーター 10VA
kaki 10VA
かたくり@アニメーター・同人作家 10VA
こがんち@ペン画家ワーホリAU 10VA
まつぐん@アイコンころころ 10VA
harashow 10VA
くらげネコ@VALUマウス絵師 8VA
がね@心理系職員 5VA
北畠徹也@調達コインで東南アジア写真旅 5VA
ドットドットコム・タワラ@デジタル×アナログ物づくりさんが限定公開でアクティビティを更新しました。
VALUER限定公開 VALUERになる

【昔語りシリーズ -その6-】
モーションの奥深さと自分なりの勘所を掴んだというのが前回のお話でした。
ん?お尻…?
なんの話ですかね?(笑)

ゲームモーション作業の奥深さを知った僕でしたが、やはりもっとゲーム制作の根幹部分に関わりたいという気持ちが強く、次第に毎日モーションだけを作っているのが苦痛になっていきました。

そこで改めて古巣のチュンソフトに出戻ることになります。
この辺りの事情は少し複雑な大人の事情があるので説明を割愛します。
一度去った職場に再び暖かく迎え入れられ、本当に嬉しかったのを覚えています。
しかし、仕事の面では暖かいどころかお尻に火の着いた激熱状態でした。
3Dグラフィックに明るいスタッフが少ない中で開発が進んでいたプロジェクトがあり、社内の作業も社外への発注もままならない状態になっていました。
そんな鉄火場となっていたプロジェクトの立て直しが最初の仕事となりました。

印象に残っているのが、やはりその激熱だったプロジェクト「風来のシレン3」です。
ローグライクゲームの金字塔として有名なシリーズ、久しぶりのナンバリングタイトルでした。
完成されたシステムにRPG的な要素を加え、間口を広げてゲームとしての厚みを加えようという挑戦を試みたものでしたが、ファンからの評価はなかなか厳しい物だったと記憶しています。

開発がかなり厳しい状況だったというのは上に書きましたが、それはネガティブ要因からそうなった訳ではなく、これまで積み上げてきた評価やタイトルらしさという物を再構築する上で越えなければならないハードルが非常に多かったからです。
従来の物の再構築に加えてRPG要素という新たな要素を加えることで、想像以上にゴールへの道のりが遠く険しい物になったのです。
グラフィック面でも3Dライクなビジュアルというのではなく、初めて完全にリアルタイム3Dでの表現という事で、パッと見では2Dが3Dに置き換わるだけだと感じてしまうのですが、どちらも理解しているつもりの僕にとっても想像以上に課題がたくさん出てきて苦しみました。
そうした細かな課題が障害になったことや、途中参加で先回りができず取り戻せない部分があったこと、このゲームの押さえなければならないツボとビジュアル的に納得感のある表現という部分の擦り合わせが上手くできなかったという思いが重なり、今でもリベンジしたい仕事のトップです。

そうして当時15年近くのキャリアの中で、久しぶりに色々なことがカッチリと嵌らない仕事となり、自分は経験を積んで割となんでも上手くやれるようになったという慢心を粉々に打ち砕くプロジェクトとなりました。
それなりの実績も知名度もあるIPだっただけに、ちょっとしたトラウマとして記憶に残るタイトルになったのですが、その後の同社や周辺から発売されたローグライク作品では、僕が手直ししたいと思っていた部分が概ねイメージしていた方向性で改善され、またそれがゲームのプレイ感の向上に繋がっているのを確認できたので、最近になって少し冷静に当時を思い返して語れるようになりました。

今思うとキャラクターのモデルからモーション、イベントムービーのコンテから仕上げまで全て発注からスケジュール管理、チェックに指示出しとかなりの部分を行い、自分のキャパの限界と現場を俯瞰で見る視点を獲得できた貴重なプロジェクトだったと思います。
慢心が打ち砕かれたと書きましたが、同時にもっと上手くやればゲームのグラフィック全体のディレクションができるようになるかもしれないと考えるキッカケとなった仕事でもあります。

そしてせっかく出戻ったチュンソフトですが、再び去ることになるのです。
ニンテンドー3DSの発売が間近に迫った頃でした。
結婚して子供も生まれ、一番安定を求める時期だったはずなのですが、モヤモヤした気持ちを抱えて毎日居心地の良い職場に通うのがツラくなり、初めて転職に際してエージェントの話を聞きに行こうと考えました。

エージェントに何を言われたのか、次にお世話になった会社とは。
続きはまたこの次にしたいと思います。

2007年~20010年頃の話でした。

#昔語り

おはようございます。

今日から取引が24時間ですね。
できるだけ朝に定期投稿するような形で進めて来ていましたが、今日からは不定期投稿で内容的にも制作活動に絞った物にしていきます。

おかげ様で始めた当初は何をやって良いのかわからない状態でしたが、ドット絵や3Dプリンターでのオブジェ制作、各種コラボや企画参加と、定期的に活動の報告ができそうな物がたくさんできました。

直近では「モッコメリアンプロジェクト」が動きつつありますので、そちらの動向をお見せできるのかなと思います。
(まだ何も決めてないんですが…)
アクティビティの投稿は数日~1週間に一度を目標に、皆さんのアクティビティは毎日見に行かせてもらいますので、ちょっとValuと距離を取ったと思わずこれまで通りお付き合い頂ければと思います。


では今週もよろしくお願いします。

おはようございます。

子供が公文の宿題をするのを眺めながら書いてます。
やりたい事があるのに自分のペースで出来ない、自分の時間が確保出来ない等、色々と悩みを抱えながらやって来て今の生活スタイルになっているという事の再確認。
いわゆる組織に所属する会社員や子供を持つ身としてはコレでも結構融通の効く形になってるとは思うんですが、時間が足りないなぁ…と贅沢にも窮屈さを感じる最近。
そういやがねさんの心理テストでも思いっきり指摘されてたなぁ。w

またちょっと時間の使い方や考え方、動き方を見直す時期なのかもしれません。
valuの取り引きが24時間になりますが、これを機に取り引き時間の区切りも意識しての1日1回のアクティビティ投稿はもうやめようかなと思いました。

今後は数日に一度やってる事の報告を中心にして、やりたい事に注力するようにしたいと思います。
表現物として何かアウトプットする作業に近道はなく、極端なことを言うと必要なのはお金でも知識でも技術でもなく、自分と向き合う濃密な時間なのだというのがvaluを通して見えてきた現時点での印象ですかね。

というわけで、息子も公文の宿題が終わったようです。
本日もよろしくお願いします。

おはようございます。

新しい取引ルール発表で色々な意見が出ていますが、興味深く読ませてもらっています。
色々と思うこともありますが、相変わらず上手く言語化してまとめることができないのと、僕のここでの在り方はそう変わらないだろうなということで通常営業で。

出向作業で固定の拘束時間があるのがストレスだなぁと感じているのですが、多くの職場ではそれが当たり前のことだと思い返して、気が付けば僕は随分と恵まれた働き方をしていたのだなと思いました。

環境を変えるのか自分が変わるのか。
意識してやるのか無意識でやるのか。
結果を求めてやるのか定めずやるのか。

VALUに限らずここ数年はこの辺りで思考も行動もふらふらしているのかなと感じてます。

そんな感じで書いてる内容もフワフワふらふら~。
本日もよろしくお願いします。

おはようございます。

年末に井手 剛さん(https://valu.is/idetsuyoshi)がTwitterで行っていたプレゼント企画に応募し、ウエストバッグが当選したのですが昨日届いていました。
リツイートさせてもらったのですが、あまり拡散力が無かったようで随分と高い当選率だったようです。
当選は嬉しかったのですが、なんだか申し訳ない気持ちで複雑な気分になってしまいました。

バッグは想像していたよりもコンパクトでしたが、丁度持っていないサイズ感の物でちょっとした外出では活躍しそうです。
寸法足らずの部分があったとのことですが、どの辺りなんですかね。
長財布を入れるにはちょっと窮屈とかそんな所なんでしょうか。
質感も良くて自分には十分素敵な品物でした。
大事に使わせていただきます。
ありがとうございました!

…と言っているソバから、浮気。
他の商品も気になりまして、amazon見たらボディバッグが今丁度欲しいサイズ…。
あ、これモッコメリアンが買ってたヤツだ。
どうしようかなぁ。




ポチッ。




買っちゃいました。w


今後も素敵な商品をたくさん作ってください。
手持ちなくてVA買えませんが、1ユーザーとして応援します!



という訳でほんとに色んな物が続々と家に届いて、ますます奥さんから不審がられていますが、最近これなに?とかあまり言って来なくなりました。w
本日もよろしくお願いします。

おはようございます。

昨日は仕事始めでしたが、なかなか順調な滑り出しでした。
同じく休み明けの同僚と、休み中に何をやっていたかの情報交換。
仕事以外でも何かを作ったり考えたりという事を続けている人間は仕事でも信頼出来ます。
示し合わせている訳ではありませんが、僕とその同僚では興味の方向も得意な事も違う訳で、何かを調べたり試したりという時には自然と住み分けが出来ています。
普段からの何気ないコミュニケーションが仕事の上での効率化につながる事も少なくありません。
ここでも自然とそのような繋がりが出来ることを願って、日常のアレコレをポロポロと投下していきたいと思います。

色々な事を並行で行なっているので歩みが鈍いのですが、手応えを感じる瞬間というのはある時突然やって来ます。
物作りの中でのこの瞬間がたまらなく好きで、今年はそういう瞬間をいくつか経験出来そうです。
出来れば目に見える形としてここで見せられると良いのですが…。

仕事を放り出して没頭したいところですが、昼間は妄想とイメトレに留めておきます。w

本日もよろしくお願いします。

新たな気分で厳かに仕事に向かうのか…?
否!
未来を見ることも大事だが、過去の愚かな自分と向き合うことも大事です。
僕にとってその過去の愚かな自分の象徴となるのがこのシリーズ。

「どうしてそれをドット絵にしようとした!?」シリ~ズ-その4-

今回は醤油入れです。
最近すっかり見なくなった気がします。
スーパーで半額狙いでお寿司を買っても袋の醤油だったりしません?

せっかくなので、中に醤油が入ってるバージョンを描きました。
割と雰囲気出たかなと思うのですが、誰得感が更に増すだけなような…。w

いつもはピクセルグリッド(ドットの境界線)の入った物をあげているのですが、今回はアリとナシを並べてみました。
ドット絵の解像度が分かりやすいのと、色数が少なかったり塗り面積の大きな絵の時にグリッドがないと、かなり引いてみないと単調に見えるのでそうしていたんですが、どっちが見やすいですかね?
元解像度も並べるというのも考えたりと、皆さんどんな風に見ている(見たい)のかなとふと思ったので、コメントにご意見ありましたらどうぞよろしくお願いします。