デジタルとアナログを駆使した物づくり、お互いの強みを活かせるコラボを積極的に行なっていきます!

キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

ドットドットコム・タワラ@デジタル×アナログ物づくり


現在値 0.001800BTC
時価総額 1.800000BTC
発行VA数 1000VA
ゲーム中心にCGデザイナーとして20年以上活動。
現在はCGプロダクションでアートディレクターとして活動中。

主にゲームグラフィックの仕様作成、クオリティ管理をやってます。
モデリングからモーションまで一通りやります。
デザイン、お絵かきを少し。
大昔本業だったドット絵がVALUで趣味として復活。

3D造形出力、AR、VRなどにも興味あり。
テクノロジーを使った教育に興味あり。
良いご縁お待ちしてます。

3Dプリンターを購入して物作りを開始。
デジタル×アナログを駆使した物作りを模索中。
色々なスキルを持った人との繋がりで徐々に大きな事をやりたいと画策中。
VA持合いでなくともお声がけ大歓迎です。

VALUは色んな職業、人を知るツールとしての活用がメイン。
そこから始まる、形にできる何かを期待しています。
VA売却で得たBTCは気になった方のVA購入に基本あてていきます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3Dプリンターの消耗品など
amazonの欲しい物リスト公開
援助してもらえると作業が捗ります
http://amzn.asia/bXSFZlQ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*****
優待の申し込みはTwitterやFacebookのDMなどでお気軽にどうぞ
*****
VALUER限定公開 VALUERになる

こんにちは。
いよいよ現在にたどり着くこのシリーズ。
久々の更新です。

【昔語りシリーズ -その8-】
初めてグラフィックのディレクションとして仕事をしたという前回のお話。
「タイムトラベラーズ」の後に移植タイトルでしたが、「ダンボール戦機W超カスタム」でもグラフィックディレクションをやらせてもらいました。

他にもちょこちょこと関わらせてもらいましたが、やはりここ数年感じていたモヤモヤが払拭されることはありませんでした。
コンシューマ市場の縮小とスマホゲームの台頭、ARやVR、A.Iといった新しい技術と教育やエンターテインメントコンテンツの融合や発展の可能性を見ていて、ゲームという枠が非常に窮屈に感じられるようになってきている自分に気が付きました。
僕がゲームの仕事に飛び込んだ頃というのは、コンピュータゲームの定義なんて物も曖昧で、技術を使った楽しい遊びはみんなゲームの仕事と思えるような状態でした。
無い物は自分たちで作ろう、自分たちが楽しくて欲しいと思ったものはお客さんにも喜んでもらえる物、というとても恵まれた時代。
いつの間にか自分たちが欲しい物作りたい物というよりも、会社が望む物、売り上げの確実に上がりそうな物、挑戦よりも現状維持、みたいな雰囲気になっている気がしました。
これは業界がとか会社がとかではなく、僕の思考や行動がです。
結婚して家族ができて、安定を求めたいという気持ちに知らず知らずのうちになっていたのかもしれません。

メーカーに居ないとゲームが作れないのか、面白いことができないのか…何度も考えたことでしたが、どうもその流れも変わってきているような気がしました。
スマホのゲームがこれまでのポチポチとタップしているだけのゲームから、物語性やより複雑なゲーム性を備えた物に変わっていきそうな、そしてその流れや勢いは今のコンシューマゲームの辿ってきた道のトレースとは違っているように感じられました。
周囲でコンシューマ業界からスマホのコンテンツ開発を行っている会社への転職の話が度々聞かれるようにも。
そしてやっぱり過去に仕事をした知人からの、こういう事が出来る人が居ないか、やってくれる会社を知らないかという問い合わせ。

一つ一つは小さな事でしたが、それらに後押しされるように徐々に色々な迷いが振り払われて、今の会社に迎えられることになります。
今の会社の代表や同僚はまだ法人化する前からの付き合いで、転職の報告をする度にうちの会社の一員になればいいのにと言ってくれていました。
CGの受託をしている会社なので、ゲームの開発が出来る訳でもないし、そもそも今まで仕事をお願いしていた僕が参入しても会社の利益になるような事が出来る気が全くしなかったので、これまで通りの関係でお願いしますとその度に言っていました。
それが何年も経って何かお互いにやれるかもしれない、と初めてそう思えるタイミングがやって来たんですね。
不思議な感覚でした。

今の会社に入ってもいきなり自分のやりたいように出来た訳ではなく、最初は会社から頼まれる仕事をやっていました。
でもその内にこれじゃいけない、もっとアピールをしなければと思うように。
どこの現場に行ってもなかなか自分よりも年上に会うことは無くなっていました。
業界歴の長さや年齢だけでなく、色々な会社の中を見てきたという人もそうは居ません。
ならばと、単なるCGの外注ではなくゲーム作りわかってます、仕様作れます、データはこういう形で作ればどうですか?と色々と提案してみることにしました。
言った者勝ち、やった者勝ちです。
名刺には堂々とアートディレクターと入れ、僕は実務メインではなくディレクションが仕事ですと、CG受託会社において実務を基本やらない宣言。
うちではこういう形でデータ作成管理を行うので僕が実務をやらないからこそこの人月とこのクオリティですという見積もり。
クライアントでルールの定まっていないものは積極的にルール化するようにしました。

そんなこんなで全部上手くいった訳ではありませんが今に至ります。
早いもので今の会社に移ってもう5年。
まだまだ知人頼みではありますが、CGの受託会社としては珍しく開発の結構中心に食い込んで仕事をさせてもらっています。
ありがたいことです。

ここ最近の紹介できそうな仕事としては3DSのゲーム「パズドラX~神の章~」「パズドラX~龍の章~」の背景グラフィックはうちの会社で担当しました。
仕様段階から全て提案して制作させてもらいました。

メーカーから出てもゲーム制作にある程度参加できるようになってきました。
興味を持っている技術や分野はたくさんありますが、やはり自分の主軸はゲームであることは変えられそうにありません。
僕が思っていたよりもゲームという枠組み業界も柔軟で、変化や進化が早いようです。
とはいえ、業界の変化進化に合わせながら、今後はできればこのゲームの枠から少しずつ広げていきたいなと考えています。

長々と書いてきた僕の四半世紀のお話。
とりあえずはこれで一区切り。
今後はできればVALUの皆さんとの関わりが、いずれ昔語りで紹介できるようになればなぁと思います。

ありがとうございました。
そしてよろしくお願いします。


#昔語り

VALUER限定公開 VALUERになる
VALUER限定公開 VALUERになる

こんばんは。

今月はドット絵強化月間としてちょっとした時間にネタ集めをしたり仕事からの帰宅後にポチポチ描いておりますが、Valuerさんと作る缶バッチ優待というのもやっていて、鍵付き投稿でも皆さんからネタを貰ってやっておりますよ。
コレはターボさんからのお題提供で”からあげ”。

こんなドット絵を缶バッチにして誰か欲しがってくれるんでしょうか?w
まぁ、作った暁にはValuerさんに必ず一つは貰って頂くんですけどね。

さっき鍵付き投稿したんですが、鍵付きではこんな事やってます~という紹介でした。

VALUER限定公開 VALUERになる
VALUER限定公開 VALUERになる

こんにちは。

息子が小学校に入学ということで、滅多に着ないスーツを着て行きました。
同じように今年一年生になるお子さんを持つ方がVALUにも居るみたいで、ご入学おめでとうございます。
たったそれだけでもなんだか親近感沸きますよね。

ついこの間まで赤ちゃんだと思っていたのが、アッという間でした。
朝の保育園までの送りから解放されてホッとする反面、少し寂しい気持ちもあります。
とりあえず息子は小学校は楽しそうなところだと感じて帰ってきたようなので、そのまま毎日元気に通ってくれればなと思います。
できれば上のお姉ちゃんのように勉強嫌いにならないで、勉強も楽しくやれると助かるんですがね…。w

そんな訳で本日は仕事をお休みさせてもらって、午後はゆっくり…とはなかなかいかないようで。
貰ってきた教科書やら何やらに名前を書いたり、プリントに目を通したり。
娘が入学した時にもやったハズなんですが、なんだかんだと準備が大変ですね。
4月に入って僕は新しい案件に関わるようになり、気持ち新たに!な感じではありましたが、我が家的には来週から本格的に新年度という感じになりそうです。
家族の生活リズムの変化が一体何をもたらしてくれるのか、ちょっと楽しみです。

こんばんは。

今月からの案件はとても国際色豊かな現場で、僕の左と後方二人が海外の方です。
いやぁ、もうね、僕なんかにかかればそんなのなんてことないですよ。
ペラペラですから…皆さん日本語が。。
ちゃ~んと僕に話しかける時には流暢な日本語で話してくれます。
なので僕もその優しさに応えるべく、中途半端な英語は使わず日本語を貫きたいと思います。(`・ω・´)キリッ

【どうしてそれをドット絵にしようとした!?】シリーズ-その7-
どうしてこれを?なんて、これに関しては理由を述べる必要ないですよね。
この時期はこれがないと僕は生きていけないので。
ポケットティッシュとどちらにしようか迷ったのですが、安心の大容量である箱ティッシュに5秒考えて決めました。

今月はドット絵強化月間として、週に1~2個は披露できるよう頑張りたいなぁと思います。
色々とネタ出しも自分なりにしているのですが、最近描き始めてお蔵入りする物もチラホラ出てきていて、今後に不安があるため緩くネタの方も募集します。
誰得ドット絵のモチーフにふさわしいネタありましたら、コメントに是非よろしくお願いします。
個人的にツボにハマってドット絵の出来も良い感じになったら缶バッチにするかもしれません。^^

VALUER限定公開 VALUERになる

おはようございます。

昨晩は日付の変わる時間帯に公開時間が約1時間ほどのネタ投稿をしたのですが、思ったよりも目にした方がいらっしゃったようで、なかなかのアクティブ率なんじゃないかと個人的には感じました。

静かな立ち上がりで始まったピックアップ週間ですが、VA購入頂いた方も現れて気付けばウォッチ数も500に迫る勢い。
ウォッチ数300位の時に見て以来全く気にしてなかったんですが、いつの間にやら…という感じです。
一週間ありがとうございました。
VAの売買の有無に関わらず、僕に興味持って頂いた方は緩い感じで今後ともよろしくお願いします。

写真は週末に息子と行った動物園で撮った唯一の動物写真。
今更ですが、日常の捉え方や切り取り方がちょっとおかしい…散々色んな動物を見て回って写真撮ろうと思ったのがコレだけ…?

今週もよろしくお願いします。

ということで、ネタ投稿削除いたしました。
いいねを付けていただいた方15名。
もしかしたらもう少したくさんの方に目にしていただけたのかもしれませんが、ありがとうございました!

ドット絵アイコン作成します

あなたの似顔絵など、ご希望のモチーフのドット絵アイコンを作成します。

この優待は3VA以上保有の方向けの優待となります。
僕の処理能力の都合上、先着3名様までの限定受け付けとさせていただきますが、同内容で継続的に行っていくつもりです。
あまり無いとは思いますが、もし枠から漏れても翌月またお申込みいただければと思います。

申し込み時点で3VA保有であればお申込みいただけます。
(申し込み受理後一部または全てを売却しても有効とします)
また3VAにつき1度受けられる物とし、保有数に応じた回数利用可能ということにします。
優待を受けた後に売却し再度買い増しなどの場合については、優待申し込み後3VA購入につき1回利用可能とします。

更にVAを多数保有する方向けに、ご希望あれば+2VAの5VAで簡単なアニメGIFにさせていただきます。
瞬き+表情変化(僕のアイコン参照ください)程度であれば対応します。
基本のドット絵を大きく描き変えたり枚数がかなり必要な表現を希望の場合は、とりあえず相談ということでお願いします。

データサイズは元データが40×40pixels、16色までを基本として作成します。
モチーフが複雑な物については最大64pixelsまで、こちらでサイズを調整する可能性があります。
背景色やテイストについては、特に指定なければ背景はVALUロゴのオレンジ色に、テイストはいただいたお写真などからこちらでイメージしたテイストとなります。
希望いただいた場合にはできるだけ沿うよう頑張ります。

お渡しするデータは元データサイズとなる40×40pixelsのPNGと10倍の400×400pxlesの2つのサイズをお渡しします。
(元サイズが異なる場合にも元データサイズ+10倍のサイズの2ファイルお渡しします。)
その他のサイズについてもご希望いただければ、最大5バリエーションまで対応用意いたします。

優待申し込み、アイコン作成のための資料となるお写真はFBもしくはTwitterのメッセージでお願いします。

こんにちは。

昨日クライアントにデータ納品してひと段落しましたので、少し気になっていた「シロヤマン、キャラ化計画」に緩く乗っかってみようと拙い絵を描いたところ、なんとVAを購入していただきました。
ありがというございます。

シロヤマンさん(https://valu.is/takashiro)は陸海空の写真動画なんでもカメラマンとのことですが、水中写真世界選手権の日本代表として金メダリストを目指し中だそうです。
アクティビティ投稿に添えられている写真がどれも綺麗で、様々な写真が添えられていますがどの写真も本当にビシッとしていて綺麗です。(僕の印象です)
特にウル○ラマンが写ってるヤツ。(褒めてます)

今回のキャラ化計画、面白いと思うんですよね。
絵描きさんが優待で絵を描きますよ~と出しているケース多いですが、描いて欲しい人からのアピールがあれば意外と乗ってくれる方もいるんじゃないかなぁ、なんて思う訳です。
プロはタダでは描かないという人もいるとは思いますが、そこはソレ、熱い思いで動かしてやるぞくらいの意気込みで。

ただお願いする場合に”どういうオーダーを出せば良いのかわからない”なんて人も多いんじゃないかなと思うので、今後こういった企画がもっと盛り上がるといいなという思いも込めて、ちょっと僕の思うデザインオーダーの出し方について書いてみようかなと思います。

▼自分の欲しいデザインについて掘り下げよう
まずコレです、コレ。
どんな物が欲しいのか本人がわかっていないケースが本当に多いんです。
勿論そこを掘り起こすのもデザイナーの仕事ではあるのですが、デザイナーも魔法使いではないので、何も無いところからピタリと嵌るスゴいアイデアやデザインが現れたりしません。
”なんかかっこいい感じで”とか抽象的な事を言われるケースも多いんですが、まず貴方にとっての”かっこいい”の定義ってなんやねん?とというお話を聞かなくちゃいけません。
なのでまず自分の中でそういったフワフワした物をできるだけ掘り下げてみて、言葉にしてみたり近いイメージを探してみたりして、他人に伝えやすいわかりやすい形にしておきましょう。
こういった掘り下げがどうして大事かというと、色々なアイデアが出て膨らんできた時に大事にしたい要素が定まっていないと決められないからなんです。
腕の良いデザイナーであればあるほど、候補案を出してくる時の捨て案みたいな物でも質が高いです。
(デザイナーは大抵コレで行きたいという一押しを決めて出してきます)
最初に大事にしたい要素がハッキリしていなかったり、コロコロと変わると本当に決まらないです。
最後に決めるのはオーダーを出した人なので、しっかり自分の大事にしたい要素を掘り下げてまとめましょう。
デザインを考えるのはデザイナーですが、デザインの決定に責任を持つのはオーダーを出した貴方です。
そのためにはオーダー内容にも責任を持てるようにしましょう。


▼要素を具体的にまとめよう
上記ができてやっとオーダーがまとめられます。
希望要素は一つ一つ簡潔に箇条書きのような感じでまとめられていると良いです。
できれば優先度の高い物から順に並んでいるとわかりやすいですね。
両立しなさそうな物でも気にしないでください。
気になる物は情報として入れ込んでおいて良いと思います。
具体例を出す際に”○×みたいなの、お願いしたい”という要望を嫌がるデザイナーが多いという話を聞きますが、僕は提示方法が悪いんじゃないかなと思います。
その○×のどこが良いと思って例としてあげているのか、きっと説明がされてないんじゃないかなと。
あとそのオーダーの出し方で嫌がられる一番の理由が”流行っているから”です。
デザインの良し悪しとは別な物差しを持ち出されても正直困るんですよね。
流行に乗るにしても、出来れば貴方なりの流行っている理由や注目しているポイントについてくらいは考えて答えられるようにしておいて欲しいなぁと思ったりします。
言葉で全て的確に説明をするのは難しいので、ビジュアル的な参考例を持ち出してくれることについては嫌がるデザイナーはあまりいないと思います。
イメージを提示する時には、どこに注目しているかをしっかり伝えましょう。
盛り込む要素としてはイメージカラー(キーカラーや起因する感情)やシルエット、ボリューム感(直線的、曲線的、太い、細い)などあると良いですね。
あとは使用用途やキャラクターの場合はポーズの希望の有無などあればという感じでしょうか。


なんか一部ちょっと愚痴っぽい表現入ってそうですが、気にしない気にしない。w
ダラダラ書いちゃいましたが、わからなかったら後は貴方の思いをひたすら文字やらイメージやらで揃えてぶつければ大丈夫です。
結局最後に一番完成度に響いてくるのはコミュニケーションです。

そんな感じでデザイナーが気軽に参加できそうな面白企画やってみてはいかがでしょう?

こんにちは。

珍しく連日の投稿。
今日はクライアントへのデータ提出日なのに!w

ピックアップされても半日以上気づかないほど静かなスタートだった今週ですが、昨日購入久しぶりにVA購入いただきました。

一人目は
Takafumi Hamadaさん
https://valu.is/takadream428

”クリエイターが集まるカフェを作る”というマニフェストを掲げられています。
現在は写真スタジオを都内で2店舗経営されているということですが、経歴を見るとHamadaさん自身もカメラマン、映像クリエイターとして活動されてきた方のようで、クリエイター目線でも見れる経営者って素敵ですね。
今週のピックアップ仲間で僕のアイコンが気になって興味を持っていただいたようで、その流れでVAを購入いただきました。
あいがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。


二人目は
春野カズユキさん
https://valu.is/harunokazuyuki

春野さんと言えば独特な世界観のメカ絵と、振れ幅の極端なキャラ絵というのが僕の中のイメージです。
最近はツイキャスでもお世話になっていて、男の僕でも惚れそうなイケメンボイスの持ち主。
クリエイターに必要な個性と世界観にプラスして、イケメンボイスまで兼ね備えてるなんてズルすぎますね。
色々とこれから活動を広げていこうとされているらしく、ゲーム制作やCGについての相談をしたいという理由で購入いただいたようです。
優待を行使する方が意外にも少ない中、優待目当てでの購入なんて嬉しすぎます。
なんでも聞いてください!
今後ともよろしくお願いします。


という訳で新たにValuerになってくださった方の紹介でした。
本日もよろしくお願いします。

Takafumi Hamada on VALU

クリエイターから経営の方に力を入れています。現在は都内で2店舗写真スタジオを経営しておりますが、今後はクリエイター同士をつなぎ合わせ化学反応を起こし、付加価値をつけてお客様に繋げて...

VALU