Shuichi Tokumoto
【私について】

農業法人トゥリーアンドノーフ代表の徳本修一です。鳥取県気高町にて、「一人でも多くのお母さんと子どもたちに、安全で美味しい野菜を届けます」をテーマに、有機野菜の生産に取り組んでいます。

鳥取県鳥取市生まれ、高校卒業後、地元の消防士となり、その後、歌手を目指して上京。芸能人のマネージャー等を経て、ITベンチャーの起業に参画し、社内起業するかたちで、農業法人トゥリーアンドノーフを立ち上げ、現在に至ります。2人の娘、1人の息子の父親です。

私の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。
●徳本修一が野菜をつくるまでの話 http://bit.ly/2ipjj8n


【目指していること】

一般的な農業=経験と勘に頼るのではなく、データと解析、植物生理等の情報に基づく科学的アプローチで、これまでの日本農業ではなしえなかった「有機農産物の大規模生産」と、日本のマーケットにおける「有機野菜の物流集約」を実現し、美味しくて栄養満点で安全な野菜を、安定的に適切な価格で消費者に提供することを目指しています。

そのために、日本全国で活動している有機農業生産者たちと、理念だけでなく実際のビジネスで繋がった強固なネットワークを形成し、それぞれの強み=経営者(営農者)の個性と、産地の気候風土を活かした野菜で、マーケットに対してパワーを持つ事業体をつくります。

詳しくは、以下のブログをご覧ください。
●科学的有機農業事業体をつくる http://bit.ly/2xaD7Q9
●提携農場募集 http://bit.ly/2vndIRg

この目標を実現するため、理念を共にする農場との提携を進め、さらに2018年に自社農場における有機小松菜の生産・出荷を国内最大規模に拡大します。


【VALUの使途】

まず「自社農場の規模拡大」のために使用します。

●大規模に土壌及び圃場管理する為の機械(ジョンディア社製トラクター110馬力 1300万円、レムケン社製ディスクハロー250万円、フェリ社製オフセットシュレッダ250万円、スガノ農機社製ハーフソイラ120万円)購入 = 約1920万円
●小松菜の出荷調整の生産効率を500%向上させるライン構築(袋詰め機、コンベアー)=約600万円
●3坪の大型の保冷庫 = 約300万円

以上です。どうぞよろしくお願いいたします!
和多瀬 彰 11VA
まもる|一家だんらん 5VA
りょうかん 4VA
伊藤 万貴 3VA
鈴鳴工房 2VA
Satoru Shimizu 1VA
emi 1VA
後藤 雅尚 1VA
西嶋 利彦@鳥取から福祉を変える 1VA
Yosuke Ishikawa 1VA
関口和人/鳥取 農学部/トビタテ留学 1VA
池谷友秀 / 写真作品 1VA
田淵厚志@鳥取 1VA
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
忙しくて、valuをアップデートする暇がありません。。
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
こんにちは、徳本です。

小規模に栽培している有機ほうれん草を試験的に収穫してみました。

路地栽培(ハウス栽培ではなく、開放された自然のなかにある畑での栽培)によるほうれん草は、味や香り、風味が強いとされていますが、僕たちが栽培した有機ほうれん草は果たして、、、

他の生産者が栽培されたほうれん草と食べ比べたりして、客観的に評価してみたいと思います。
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
こんにちは、徳本です。

大きな台風でしたね。鳥取県東部では特に風の強さを感じました。

毎回そうですが、台風が一過し、実際に畑をこの目で見るまでは生きた心地がしません。

今日、圃場(畑)を見てまわった結果、有機ほうれん草が育つ不織布トンネルの畝何本か剥がされていましたが、心配した大きな被害はなさそう。

風雨が収まってきた午後から、スタッフみんなで復旧作業にとりかかっています。
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
先日、ロック・フィールド様(VEGETERIA)との取引きが始まったとポストしましたが、本日はその詳細をば。

いや~、それにしても、ここまでの道のりは長かったです。

ロック・フィールドという名前自体は、一般消費者には知られていないかもですが、同社が展開するサービスは全国的なもので、例えば、有名デパ地下に出店している総菜店「RF1」や「神戸コロッケ」、「日本のサラダ」などは知っているというより、日常的に利用されている方も多いのではないでしょうか。

多くの消費者に支持される商品、全国的な知名度に加え、同社の食品に対する安全性の考え方、品質管理はかなり徹底されており、ハイレベルに展開されるサービスに、僕たちがつくる野菜をぜひ取り扱ってほしいと、トゥリーアンドノーフを創業した頃から熱願していました。

3年前に初めて商談してもらって以来、どうにかトゥリーアンドノーフの有機野菜を使ってもらいたいと、ほぼこちらが一方的に(汗)何度も品目リストや出荷量を送っていました。

(粘りと打たれ強さは誰にも負けない自信あります)

その気持ちとは裏腹に、なかなか僕たちの栽培技術が追いついてきていませんでしたが、しかし昨年、有機小松菜の栽培を本格的に開始し、今年に入って栽培技術や出荷量等が一定の水準に達したタイミングで、幸運にもロック・フィールドから返信をもらうことができました。

そして、商品開発や品質確認のためのサンプル出荷を何度も重ね、ついに、この10月に取引きが始まったわけです。

嬉しい!!

10月5日から11月1日までと期間は限られますが、以下のVEGETERIA(ベジテリア)の店舗にて、トゥリーアンドノーフの有機小松菜と信州のりんごを使ったスムージーをお飲みいただけます。
http://www.rockfield.co.jp/brand/vege/

(写真はVEGETERIAのHPからお借りしました)
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
おはようございます!

ただいま、名古屋にて開催される「農業を科学する研究会」開催の勉強会に参加するため、新幹線の中です。

「農業を科学する研究会」は、"「安定して栽培、出荷・販売ができるための技術」を磨くために、土壌データの収集や解析、耕起や土づくりに関する情報共有や意見交換できる場を提供しています。特に土壌に関しては、phなど既存の化学的なアプローチだけではなく、重要な物理的アプローチを加えることで、より生産性に直結した課題解決を目指す" ことを目的としたものです。

勘や経験に頼りがちなこれまでの農業から脱却して、科学的なアプローチで問題を解決し、データやソリューションを万人と共有することで、農業を底上げしていきたいと考えるトゥリーアンドノーフにとって、こうした勉強会はとても重要なものです。

しっかり勉強してまいります!
(今日もやや専門的な内容になってしまいました。。)
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
こんにちは!

久しぶりに晴天の鳥取です。こんな日はお昼ごはんを食べるのも惜しいくらい。作業を集中して一気に進めます。

EM研究所との共同試験圃場に、乳酸、酵母、光合成細菌、散布します。
(やや専門的な投稿でごめんなさい)
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
こんにちは!

この週末は、京都で開催されていた「kokokara未来会議」の農業部門に参加していました。大学生、各分野の事業家など100名近くが集い、2日間に渡って医療、農業、観光、政治、ダイバーシティなどの分野の問題解決を話し合いました。みんなエネルギーが凄い!

詳しくは後日共有いたします!
http://www.kokokarafuture.com/agriculture.html
Shuichi Tokumotoさんがアクティビティを更新しました。
みなさん、こんにちは!

弊社の有機小松菜を使用した野菜ジュース「小松菜&信州のりんご」が、RF1などで知られるロック・フィールドの野菜ジュースブランド「VEGETERIA(ベジテリア)」の各店舗にて販売が始まりました!

ビタミンAC、カルシウムがたっぷりの一杯です。

11/1までの期間限定販売。お見逃しなく〜

http://www.rockfield.co.jp/brand/vege/menu/juice/detail_00981.html