Shuichi Tokumoto
【私について】

農業法人トゥリーアンドノーフ代表の徳本修一です。鳥取県気高町にて、「一人でも多くのお母さんと子どもたちに、安全で美味しい野菜を届けます」をテーマに、有機野菜の生産に取り組んでいます。

鳥取県鳥取市生まれ、高校卒業後、地元の消防士となり、その後、歌手を目指して上京。芸能人のマネージャー等を経て、ITベンチャーの起業に参画し、社内起業するかたちで、農業法人トゥリーアンドノーフを立ち上げ、現在に至ります。2人の娘、1人の息子の父親です。

私の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。
●徳本修一が野菜をつくるまでの話 http://bit.ly/2ipjj8n


【目指していること】

一般的な農業=経験と勘に頼るのではなく、データと解析、植物生理等の情報に基づく科学的アプローチで、これまでの日本農業ではなしえなかった「有機農産物の大規模生産」と、日本のマーケットにおける「有機野菜の物流集約」を実現し、美味しくて栄養満点で安全な野菜を、安定的に適切な価格で消費者に提供することを目指しています。

そのために、日本全国で活動している有機農業生産者たちと、理念だけでなく実際のビジネスで繋がった強固なネットワークを形成し、それぞれの強み=経営者(営農者)の個性と、産地の気候風土を活かした野菜で、マーケットに対してパワーを持つ事業体をつくります。

詳しくは、以下のブログをご覧ください。
●科学的有機農業事業体をつくる http://bit.ly/2xaD7Q9
●提携農場募集 http://bit.ly/2vndIRg

この目標を実現するため、理念を共にする農場との提携を進め、さらに2018年に自社農場における有機小松菜の生産・出荷を国内最大規模に拡大します。


【VALUの使途】

まず「自社農場の規模拡大」のために使用します。

●大規模に土壌及び圃場管理する為の機械(ジョンディア社製トラクター110馬力 1300万円、レムケン社製ディスクハロー250万円、フェリ社製オフセットシュレッダ250万円、スガノ農機社製ハーフソイラ120万円)購入 = 約1920万円
●小松菜の出荷調整の生産効率を500%向上させるライン構築(袋詰め機、コンベアー)=約600万円
●3坪の大型の保冷庫 = 約300万円

以上です。どうぞよろしくお願いいたします!

VALUER一覧

伊藤 万貴 マーケター/編集者/高知県出身/二子玉川にある会社でWEBサービスを運営しています。 🥕🥕🥕 五感をフルで使う唯一の行為である「食」に関心が高く、趣味の料理を通して心を豊かにする食生活の提案をしています。 【調達した資金の使い方】現代の忙しい女性とその家族が栄養バランス良く安心して食べられる食品を提供していきます。(主にリアルの場で)具体的には中食ビジネスを始めます。 🍆🍆🍆 【想い】*お惣菜の罪悪感をなくす*スーパーやデパートのお惣菜は添加物も多く体に悪いイメージが強いため、私自身利用することに多少罪悪感があります。お子さまがいたら尚更だと思いますが、毎日手作りじゃないと愛情がないというわけではないし(誰と食べたかの方が重要)、今後働く女性が増えていく中で毎日の食事を「自炊」「中食」「外食」の中からその人のライフスタイルに合わせて柔軟に選択できるのが理想だと考えています。共働きの家庭やワーキングママが忙しい時や疲れている時に無理をすることなく、気軽に罪悪感なくお惣菜を利用できるようにしたいと思っています。 🍅🍅🍅 飲食店経営者、食品業界の方、農家さんとのネットワークを広げたいので交流できると嬉しいです。また私のビジネスに興味のある方はお気軽にご連絡ください👨‍🌾 http://Instagram.com/itomaki_ 所有VA 3VA
1
2