Shuichi Tokumoto
【私について】

農業法人トゥリーアンドノーフ代表の徳本修一です。鳥取県気高町にて、「一人でも多くのお母さんと子どもたちに、安全で美味しい野菜を届けます」をテーマに、有機野菜の生産に取り組んでいます。

鳥取県鳥取市生まれ、高校卒業後、地元の消防士となり、その後、歌手を目指して上京。芸能人のマネージャー等を経て、ITベンチャーの起業に参画し、社内起業するかたちで、農業法人トゥリーアンドノーフを立ち上げ、現在に至ります。2人の娘、1人の息子の父親です。

私の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。
●徳本修一が野菜をつくるまでの話 http://bit.ly/2ipjj8n


【目指していること】

一般的な農業=経験と勘に頼るのではなく、データと解析、植物生理等の情報に基づく科学的アプローチで、これまでの日本農業ではなしえなかった「有機農産物の大規模生産」と、日本のマーケットにおける「有機野菜の物流集約」を実現し、美味しくて栄養満点で安全な野菜を、安定的に適切な価格で消費者に提供することを目指しています。

そのために、日本全国で活動している有機農業生産者たちと、理念だけでなく実際のビジネスで繋がった強固なネットワークを形成し、それぞれの強み=経営者(営農者)の個性と、産地の気候風土を活かした野菜で、マーケットに対してパワーを持つ事業体をつくります。

詳しくは、以下のブログをご覧ください。
●科学的有機農業事業体をつくる http://bit.ly/2xaD7Q9
●提携農場募集 http://bit.ly/2vndIRg

この目標を実現するため、理念を共にする農場との提携を進め、さらに2018年に自社農場における有機小松菜の生産・出荷を国内最大規模に拡大します。


【VALUの使途】

まず「自社農場の規模拡大」のために使用します。

●大規模に土壌及び圃場管理する為の機械(ジョンディア社製トラクター110馬力 1300万円、レムケン社製ディスクハロー250万円、フェリ社製オフセットシュレッダ250万円、スガノ農機社製ハーフソイラ120万円)購入 = 約1920万円
●小松菜の出荷調整の生産効率を500%向上させるライン構築(袋詰め機、コンベアー)=約600万円
●3坪の大型の保冷庫 = 約300万円

以上です。どうぞよろしくお願いいたします!

保有中のVALU

Shuichi Tokumoto 【私について】 農業法人トゥリーアンドノーフ代表の徳本修一です。鳥取県気高町にて、「一人でも多くのお母さんと子どもたちに、安全で美味しい野菜を届けます」をテーマに、有機野菜の生産に取り組んでいます。 鳥取県鳥取市生まれ、高校卒業後、地元の消防士となり、その後、歌手を目指して上京。芸能人のマネージャー等を経て、ITベンチャーの起業に参画し、社内起業するかたちで、農業法人トゥリーアンドノーフを立ち上げ、現在に至ります。2人の娘、1人の息子の父親です。 私の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。 ●徳本修一が野菜をつくるまでの話 http://bit.ly/2ipjj8n 【目指していること】 一般的な農業=経験と勘に頼るのではなく、データと解析、植物生理等の情報に基づく科学的アプローチで、これまでの日本農業ではなしえなかった「有機農産物の大規模生産」と、日本のマーケットにおける「有機野菜の物流集約」を実現し、美味しくて栄養満点で安全な野菜を、安定的に適切な価格で消費者に提供することを目指しています。 そのために、日本全国で活動している有機農業生産者たちと、理念だけでなく実際のビジネスで繋がった強固なネットワークを形成し、それぞれの強み=経営者(営農者)の個性と、産地の気候風土を活かした野菜で、マーケットに対してパワーを持つ事業体をつくります。 詳しくは、以下のブログをご覧ください。 ●科学的有機農業事業体をつくる http://bit.ly/2xaD7Q9 ●提携農場募集 http://bit.ly/2vndIRg この目標を実現するため、理念を共にする農場との提携を進め、さらに2018年に自社農場における有機小松菜の生産・出荷を国内最大規模に拡大します。 【VALUの使途】 まず「自社農場の規模拡大」のために使用します。 ●大規模に土壌及び圃場管理する為の機械(ジョンディア社製トラクター110馬力 1300万円、レムケン社製ディスクハロー250万円、フェリ社製オフセットシュレッダ250万円、スガノ農機社製ハーフソイラ120万円)購入 = 約1920万円 ●小松菜の出荷調整の生産効率を500%向上させるライン構築(袋詰め機、コンベアー)=約600万円 ●3坪の大型の保冷庫 = 約300万円 以上です。どうぞよろしくお願いいたします! 所有VA 967VA