つれづれちるままに、あそび、むすび、ゆらぎながら、いきるおかしみをあじわいたい。

検索

ユーザー ハッシュタグ

青山俊之/としちる

社会文化コミュニケーション研究家

現在値 0.009276BTC
時価総額 9.276000BTC
発行VA数 1000VA
❒専門
批判的談話研究(Critical Discourse Studies:CDS)

❒研究
・新自由主義ディスコースの批判的分析(大学改革論争/自己責任論)
・批判的談話研究における理論再考
・人文学系におけるサイエンスコミュニケーションの実践

❒論文
・日本における「自己責任」概念の考察 ISIL日本人人質事件におけるブログコメントを手掛かりとして
・批判的談話研究を用いた文系学部廃止論争の分析(卒論)

❒キーワード
教養/コミュニケーション(対話)/メディア/コミュニティー/ライフスタイル

❒やってること
・ブログ―TIRU LABO(http://turetiru.com
・言説・談話分析解説サイト―Discourse Guides(https://discourseguides.com
・入門学術メディア―Share Study(https://share-study.net

❒やらせてもらってること
・Tsukuba Place Lab(http://tsukubaplacelab.com/
・灯台もと暮らし(http://motokurashi.com/

❒プロフィール・制作物・業績
http://www.turetiru.com/profile/

❒方針
メディア運営能力を活かした学術と教育関連の活動をしていきます。
青山俊之/としちる

ブログ書きました!

▼日常に落とし込む小さなリーダー論
http://www.turetiru.com/entry/little_leader/

正義や愛を背中で語るヒーローも大事だと思うのだけど、それぞれの自分事に落とし込んだ「小さなリーダー」としての自覚を持つって大事だなって思った話。

日常に落とし込む小さなリーダー論

SNSを始めとして、プロブロガーにYoutuber、今はVtuberというように、どんどんと自分で自分をプロデ ...

TIRU LABO
青山俊之/としちる

としちる2018!
今年度はこれまでの活動を振り返りつつ、基礎体力と人との"むすび"を意識して、コツコツいきます。

青山俊之/としちる

大学卒業間近にして、まとめた「ガンダムとジョジョと卒論と」をTIRU LABOにて更新しました!

人間の“分かり合えなさ”についてしみじみしちゃうんですよねぇ…

ビバ・人間賛歌!

http://www.turetiru.com/entry/gundam_jojo_g-thesis/

ガンダムとジョジョと卒論と―歴史から学べる僕らの”分かりあえなさ”について

ガンダムとジョジョを通じて培った”人間”の持つ可能性と納得を持った生き方と、卒業論文『批判的談話研究を用いた文系学部廃止論争』を通じて抱いた「諦めの悪い」学問との向き合い方について。

TIRU LABO
青山俊之/としちる

卒論「批判的談話研究を用いた文系学部廃止論争の分析」の概要をまとめた記事を更新しました!

https://discourseguides.com/summary_g-thesis_bunke-haishi-ronso/

卒業論文「批判的談話研究を用いた文系学部廃止論争の分析」の概要

2015年6月に文部科学省から出された国立大学に対する通知文書をきっかけに日本学術会議からの批判的声明とさらにそれに対する文部科学省による返答があった「文系学部廃止論争」の分析を、社会...

Discourse Guides
青山俊之/としちる

プロフィールがすっきり読みやすくなったので、より正確なものに更新!

- - - - -

❒専門
批判的談話研究(Critical Discourse Studies:CDS)

❒研究
・新自由主義ディスコースの批判的分析(大学改革論争/自己責任論)
・批判的談話研究における理論再考
・人文学系におけるサイエンスコミュニケーションの実践

❒論文
・日本における「自己責任」概念の考察 ISIL日本人人質事件におけるブログコメントを手掛かりとして
・批判的談話研究を用いた文系学部廃止論争の分析(卒論)

❒キーワード
教養/コミュニケーション(対話)/メディア/コミュニティー/ライフスタイル

❒やってること
・ブログ―TIRU LABO(http://turetiru.com
・言説・談話分析解説サイト―Discourse Guides(https://discourseguides.com
・入門学術メディア―Share Study(https://share-study.net

❒やらせてもらってること
・Tsukuba Place Lab(http://tsukubaplacelab.com/
・灯台もと暮らし(http://motokurashi.com/

❒プロフィール・制作物・業績
http://www.turetiru.com/profile/

❒方針
メディア運営能力を活かした学術と教育関連の活動をしていきます。

としちるのプロフィール

ども!としちる(@ture_tiru)です。 現在(17年11月)、自分ではメディアを4つ運営したり、Web制 ...

TIRU LABO
青山俊之/としちる

いつの間にかVALUのアカウント欄が変わってる!

あっ、卒業確定して院進学します!

http://www.turetiru.com/entry/yaaaat_sotsugyo_dekiruyo/

卒業確定&大学院に進学します!

やっっっっっっっっっっと卒業して、大学院に進学しまっす!

TIRU LABO
青山俊之/としちる

ついに、ついに公開できました!

▼複雑なプロセスを可視化したい―東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程水野雄太さんへのインタビュー
https://share-study.net/interview11_mizuno/

東京大学大学院で分子科学分野、その中でも特に理論研究を行いつつ、基礎と応用、理論と実験の〈むすび〉を可視化させるような研究に取り組む水野 雄太さんのインタビュー記事です。

水野さんとは、2016年の生命科学夏の学校にてお会いさせて頂いたのですが、その後も何度かお話をさせて頂いてきた中での取材でした。

僕が行っている分野はいわゆるディスコース研究というもので、水野さんが行っている研究とは一見すると全然関係ないんですが、話しを聞いていくと研究する動機としては非常に近いものがあったんです。

水野さんの研究では、多数の分子のダイナミクスを◯と→によって可視化させ、いわゆる"地図"を作ることをしているそうです。

そうすることによって、一見煩雑な数値にしか見えないような化学的な事象に近づくきっかけとなり、「人と知の〈むすび〉」を描くことに寄与するのではないかと。

僕が運営しているサイト『入門学術メディア Share Study』も、今月末に行う「これからの大学を考えるAcademic Camp!」も、人と人の〈むすび〉となるような機会づくりを目指して行ってきたものでした。

そして、今後の研究においても理論と応用の架け橋となるようなことをするべく、少しずつ準備を進めています。

「ちょっとでも争いをなくしたいじゃないですか」

と水野さんが仰っていたことが印象的です。

とっつきにくい内容かと思いますが、よろしければぜひご一読をば!

複雑なプロセスを可視化したい―東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程水野雄太さんへのインタビュー | Share Study

「複雑なプロセスを記述し可視化したい!」と話す東大博士課程に在籍して研究する水野さんへのインタビュー。

Share Study
青山俊之/としちる

昨年つくばで行ったACADEMIC PARTYから早1年。
今年のACADEMIC PARTYは長野、つくば、東京で開催だー!

既に長野は終わっているという。

けど、つくばでは「大学×地域」、東京では「大学×学問」をテーマに「これからの大学を考える」をテーマにしたACADEMIC CAMPに向けたプレイベントとして行います!

https://share-study.net/academic-party2018/

ACADEMIC CAMPプレイベント、ACADEMIC PARTYを長野、茨城、東京で開催します! | Share Study

これからの大学を考える『ACADEMIC CAMP』に向けて、プレイベント『ACADEMIC PARTY』を長野、茨城、東京で開催!

Share Study
青山俊之/としちる

ぶっちゃけ、最初の頃は「大丈夫かな…」と心配してたシェアスタッフの平岡くんが書いてくれた最初の記事。

すごく良くなって、オラびっくりしてしまったぞ…!

丁寧に向き合ってて良かったぁと心底思いました。

▼翻訳の真髄「等価」とは ― 形式的等価と動的等価 │ 教養入門
https://share-study.net/translation_equivalence/

翻訳の真髄「等価」とは ― 形式的等価と動的等価 | Share Study

多くの人が想像する通り、翻訳とは「ある言語から他の言語に変換する作業」です。しかし、その言葉が示すほど単純明快なものではありません。 実際には、文化差異、言語的特徴、書き手の意図な...

Share Study
青山俊之/としちる

やっぱり世界はカオスに向かっている…

教育とは根本的には生きる力を養うためのものであり、数値化された学力を身につけることが必ずしも目的ではなく、むしろ主体的な各々の学び方を学ぶために教師と生徒との相互的な学び合いが営まれている、と。

こうした学びの個別化が進むことで、個々のパーソナリティーというか、もはや「キャラクター」が浮き彫りになってくる。

そうした人びとが集う経済のあり方、それが未来なのだとするならば、形式張った秩序ではなくて、複雑化されたカオスの世界が待っている…

これまでの均衡とどう折り合いをつけて行くのだろうか…興味深い。

http://simomath.blog.fc2.com/blog-entry-714.html

青山俊之/としちる

年明けにブログのテーマを変更してリニューアルしてました。
使用テーマは「サルでも分かる図解マガジン  サルワカ」から出された「SANGO」です!

ブログのテーマとして「これからの教養」をつれづれ”ちる”ままに考えています。

http://www.turetiru.com/

TIRU LABO|これからの教養を考える としちるのブログ

これからの教養を考える としちるのブログ

TIRU LABO
青山俊之/としちる

やっっっとまとまった時間を確保できずようになりそうなので、ちょっとVALUも復活!

青山俊之/としちる

「よく分からないけど、とにかく俺は絵にあるような広島にしていきたい。」

広島市にあるゲストハウス縁にて宿泊してきました。

ゲストハウスのオーナーは自転車で日本一周をする中で、支援してくれたさまざまな人への恩を返すためにシェアハウスやゲストハウスをやり始めたそう。

このよく分からなさで、ちゃんと周りがついてきているのがすごい!

合間に見えるゲストハウスオーナーとして機微に気づき動く姿に見習うものがたくさんあるなぁと思ったのでした。

青山俊之/としちる

Webサービス&勉強SNS&仮想通貨の組み合わせした事業案を思いついたけど、圧倒的マンパワー不足…

ボチボチ来年度以降の見通しつけないとですね…

今日からまた広島→京都→徳島→大阪と飛び回っていきます!

ところでANAの荷物自動化されてるの見たり、メルカリNowやらZOZO SUITESの発表を見てると未来への胎動を感じられる1年になりましたね〜

青山俊之/としちる

ACADEMIC CAMPを開催したいと思いはじめて早4ヶ月。目まぐるしく光陰矢のごとしと過ぎ去っていきますが、その中でも直接出会い、話し合った人々の顔を少し思い浮かべています。

あまりにも弾丸の全国47都道府県を巡る旅をしてしまったなかなか大変だと思うことも多いのですが、それでもこの活動そのものにまったく後悔はなく、納得感を持てているのはうれしい。

まだあまり開示してませんが、相も変わらずめちゃくちゃ考えてますし、会った人にはめちゃくちゃ話して「面白い!」と言ってもらえるのが今の励み。

「何をやっているのか分からない」
「何者なの?」

と言われることが増えてきましたが、お仕事的には学ぶ編集者で、研究的には教養学徒とひとまず名乗ろうかなと。

まじめにふまじめに、つれづれ”ちる”ままにVALUもやっていく所存です。

http://www.turetiru.com/profile/

としちるのプロフィール

ども!としちる(@ture_tiru)です。 現在(17年11月)、自分ではメディアを4つ運営したり、Web制 ...

TIRU LABO
青山俊之/としちる

リンク先のOGP貼られるかチェック!
https://camp-fire.jp/updates/view/41633#main

ACA47探しの旅中間報告ーACADEMIC CAMPのポイントと今後の見通しについて by これからの大学を考えるため、47都道府県を巡って学び合う仲間を集める旅に出たい!

瞬く間に季節も移り変わりもうすぐ冬がやってきますね。 ご無沙汰しております。としちる( @ture_tir…

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)