キーワードを入力

ユーザー ハッシュタグ

現在値 0.760393BTC
時価総額 7,603.930000BTC
発行VA数 10000VA
VA単価1位、時価総額9位(8/28)。トレーダーズコワーキングスペースを企画中
https://goo.gl/y5Mf7R

3冊の投資本の著者(扶桑社2冊、日本実業出版社1冊)

「好奇心旺盛な方、専用」の講演家でもあります。僕が話すと何でも面白く聞こえるらしい。「好奇心旺盛じゃない人にはあまり価値がない」って説明してもわかってもらえない。

VAはかなり高くなっていますが、分割機能がついてもおそらく分割しません。単価が高いほうが長期保有筋がメインになり、投機売買が減るはずだから。


9月15日までの優待は投資相談ですが、中期的には

1、セミナー参加費割引
2、限定セミナー等のご招待
3、トレーダーズコワーキングスペース(またはサロン会費)の利用料金優待
4、個別コンサル割引
5、スイス国内法で規定されている本物のプレイベートバンク面接紹介料、またはプライベートバンク視察ツアー割引

などになると思います。

9月下旬から連続講習動画による露出が増える予定で、すでに動画の収録は終わっています(遅れ遅れになっています。どこで増えるかはまだ発表できません)。

動画に定評あるのでもっと動画でないとなぁと思うけれど、なかなかめんどくさがり。


自己紹介
・民族派(らしい。過去も現在も民族派団体には所属も勉強会出席の経験もありません。民族派の本もたぶん一冊も読んでいません)
・神道信者(過去も現在も教団所属なし)
・ベーシックインカム賛成
・自由主義
・ガチの科学信者(でも、スピリチュアルもかなりわかります)
・裏技師
・投資家
・英語話せません。ろくに読めません
・旧漢字旧仮名遣い復活派

性格
・どうしても戦略系から離れられない
・どうしょうもなく総合家でしかない
・もともとはかなりコミュ障
・自分の感情論と論理とを分離認識しない人との議論はかなり苦手
・炎上芸できるほど世渡りは上手くない
・無意識にはガンガン嘘ついてるだろうけれど、意識して嘘つくのは苦手

お仕事(いろいろ)
・裏技
・経営コンサル
・財務コンサル(税務を含む?)
・投資家
・教師(富とお金。金融、投資。雑学全般)
津島 朋憲

基本ヨタ話ですが、
今のイーサリアムの上げは特定のICOを買うためと言われているので、

これが本当なら、
「イーサリアム建て」で仮想通貨を買っておくと、ICOが行われた時に儲かるということになります。

でなくても、ビットフライヤーならビットコイン建で、ビットキャッシュが買えるので、

ビットコインよりビットキャッシュという人を信じるならそんな投資もできますね。

でも、基本で最強は均等&リバランスですけどね。

津島 朋憲

持ち込みは均等分散が論理的正解。ここでも日々のを晒してみるかな。

津島 朋憲

仮想通貨の相談多し。

かなりの数の人が脱税になる年末かも。

ウォレット連動のデビットカードで日常の支払いをして所得申告しないのは解釈差のない脱税だからね。

バレないだろう殻と海外ウォレットの利益を申告しないのも脱税。入出金で紐付いてるといずれ確実にバレます。

7年遡っての税額で7000万円を超えると刑事裁判の可能性が出て来て、判決後に払えないと実刑になるかも。

ビットクラブのアップあたりは月収で数千万円の人が多数いるが、かなりの割合の人が無申告をやらかそうとしてるようだ。

ビットクラブは証拠もはっきり残ってるし、言い逃れは無理。一網打尽にされると思われる。税務当局からは美味しい案件。

金額的にも追徴で終わらず、重加算、前科までは確実であろう。

焦点は実刑か執行猶予かぐらい。

津島 朋憲

仮想通貨税務の流れ
1.入れた金額を把握する(以下、把握略)

2.出した金額。

3.セミナー代金、参加交通費、電気代など。

4.残玉。

5.残玉の平均取得価格。

6.5×4+2-1-3を計算

マイニングマシン代金は3に入れられない。ビットクラブ会費を3に入れられるかどうかはかなり解釈差あるが、100%は難しかろう。

津島 朋憲

グアテマラのコーヒーのハチミツ売りますよ

100gあたり300円(送料別)で!

これは良いのです!

津島 朋憲

9月中旬からコンサルではなくプレイヤーとしてのネタを探しはじめて、

今週1件のビジネスがキックオフ
もう1件も開始決定
さらにもう1件も止まってはいない

どんどん展開するねー

津島 朋憲

九段下駅の出発のチャイムは「大きな玉ねぎの下で」なんやな^ ^

津島 朋憲

12月から
伴走者を半分やめて、走者になりまっす。

コンサルより、プレーヤーのほうが面白いよねと思ってしまた。

さて、数ヶ月でちゃんと結果が出るかな?

津島 朋憲

長男から初めて聞いた、
「マレーの虎、山下が226のときに自害しようとしたのに陸軍大臣によって助命された話」
から、

僕が
「死ぬ死ぬと言って死んだ人の試しはありません」
と言うと、

長男から
「いやそれじゃなくてね」
と戻ってくる。

自分の遺伝子が残ってよかったなぁと思うこともある


説明すると・・・
「死ぬ死ぬと言って………」はインパール作戦の牟田口廉也から作戦失敗後に「自害しようと思う」と言われた藤原参謀が「そんなら何も言わずに、はよ死ね」と(いう意味で)返した言葉の一節です。

マレーの虎の連想は、山下を介して辻政信に繋がっており、戦時の大悪人とされた2人(牟田口と辻)の類似性から引っ張って僕が冗談で言ったものです。

http://blog.goo.ne.jp/oceandou/e/866374912a8b10b8c0c4fd2de8bb8ce9

160.牟田口廉也陸軍中将(10)心置きなく腹を切って下さい。作戦の失敗は、それ以上の価値があります - 陸海軍けんか列伝

「抗命」(文春文庫)によると、第十五軍司令部の部付将校、中井悟四郎中尉が司令部で仕事をしていると、牟田口軍司令官が、参謀の藤原少佐の机の所にやってきて、中井中尉ら部付将校のいる前で...

160.牟田口廉也陸軍中将(10)心置きなく腹を切って下さい。作戦の失敗は、それ以上の価値があります - 陸海軍けんか列伝
津島 朋憲

ちょっと疲れが溜まってるかも。
プロジェクトが実際に動作しはじめて、なかなか忙しいです。

このプロジェクトの先にはやはりトレーダーズコワーキングスペースの実現があるので、ブレはないかな。

結局、自力での立ち上げになるのだろうか・・・

津島 朋憲

CME・シカゴ・マーカンタイル取引所グループが、年内にビットコイン先物の取引を開始するようですね。

これで板の厚さやマーケットメイクが保証され、少しは取引しやすくなったかも。

つまり、昨今、実際にはワークもしないのに情報商材で盛り上がっているらしい、「先物&取引所現物のアービトラージ」がまともにワークするようになるのかも。

現状は、板の厚さを見てから発注しなければならないのであんまり利回り出ないし、自動化といっても注文ボタンの自動化ではなく口座残高や板情報まで含めての自動化が必要なので、人に情報商材で自動売買ソフト売ってどうにかなるようなもんじゃないんだけどなぁ

と、実務がわかってると(自分でわかってなくても仲間内で実務を聞けるありがたい人がいると)、大抵の傾向はわかります。

なんにしてもこれでやっとまともなアービトラージの道がひらけそうなわけですが、情報商材やさんで本当のアービトラージを売れる人がどれぐらいいるかな?

日本からだとIB証券の口座を開いて取引しなければなりませんからのう。

津島 朋憲

最近、希望通り、予定通り、大好きな戦略レベルの仕事が増えて来てます。

例えばビジネスモデルの構築に失敗して、儲かりづらいビジネスを始めると、どんなに努力しても一定以上の時給にはなりません。

今回、改めて商売のネタを探して回って、数えてみると2ヶ月で34個のビジネスモデルが手元に集まりました。

そこからさらにブラッシュアップして、例えば代理店制度ならひとつでも上位に食い込めないか、商品ならブランドの安定性を求めてOEMで扱うとどうなるのか、併売品での展開はどのようなものが考えられるのかなど、さらに煮詰めていかなければなりません。

結果的には自分の苦手なオペレーションも解決しなければならないこともあります。

欲しいと思ってから2ヶ月、人には既に囲まれていましたが、誰もが経験できるわけではない恵まれた時間を過ごさせていただいています。

感謝です。

津島 朋憲

今夜のセミナーが開催者ルールで中止に(T_T)

いきなりオフをフェイスブックで募集してみるなど

津島 朋憲

予算と放送法と記者クラブがあれば、安定した政権与党は数学的に生成できます

そういうふうにこの世の中はできているのが見えていないから「国会議員になろう」とか思うのです。そんな人が当落でヒヤヒヤするのは当たり前です


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

豫算と放送法と記者クラブがあれば、安定した政權與黨は數學的に生成出來ます

さう云ふふうに此の世の中は出來てゐるのが見えてゐないから「國會議員に成らう」とか思ふのです。そんな人が當落でヒヤヒヤするのは當たり前です

津島 朋憲

「プロジェクトの進行管理」
という慣れない作業をやっております。

高収益案件に触れたり、開発したりできるのはもはや
「ツシマも歩けば高収益案件に当たる」
という感じで、

これはもともと持っていた裏技系の能力が花開いている感じがします。

もちろん、収支算段では投資家脳も全開。

このパラメータでは今のチームの中で一番らしいです。

パートナーに期待するのは、具現化能力。

しかし、それを説明するのに納得の行く進行表が必要で、試行錯誤しております。といっても、下手の考え休むに似たりかもね。

明日には適当なところで折り合いをつけて具現化したものを提示しよう。

プロ同士が集まると、相手の負担を減らす動作を考えるため、
ほうれんそうは控えめになるけれど、
その匙加減を決めるのがこの進行表だと思っています。

津島 朋憲

契約書を交わしていないものの、戦略レベル提携が半ば合意にいたり、
「とりあえず案件動かそっか」
ということで、さらに業務時間が延長されつつある本日です。

あんまりたくさん仕事するのは性に合わないけれどね。

今回の提携は
「社会変革のために投入する無駄遣いキャッシュ(経営的には)を作りたいよね」
というところで共鳴しておりますので、

きっと
「採算性はないけれど社会のためになる」
ことをたくさんするのだと思います。

そのためにスケールするぜ!

乞うご期待。持久力は(たぶん)続く予定。